ブログ「マクロなポケット」Blog

10/11・12秋期レギュラー初級クラスコメント☆

  今日は三連休の中日! 昨日も今日もよいお天気で、本当に行楽日和ですね。 皆さん、どこかにおでかけになられましたか? 正食クッキングスクールでは、連日秋期レギュラーコースの クラスがスタートしています。 本日も、初級クラスの初日。 今回は、昨日一昨日スタートした、上級金曜、初級土曜クラスの 模様を、先生方のコメントを中心にお送りします。 11日金曜日は、上級金曜クラスの初日でした。 担当は奈良からお越しの今村圭子先生。 1011初今村.JPG 上級第1回のメニューは、大豆づくしです。 皆さんには、ひと晩浸水した大豆をミキサーで潰すところから、 豆腐作りにチャレンジしていただきました! 出来立てのお豆腐の味は、いかがでしたか? 今村先生のコメントです。 「上級進級おめでとうございます。第1回目は大豆シリーズ。 手作り豆腐に塩鮭の頭と大豆、おから餅、船場汁と、 とてもおいしくできました。 手作り豆腐は大豆から豆乳を作っての作業でしたが、 皆さんスムーズに進み、にがりうちもバッチリでとっても おいしいお豆腐が仕上がりました!! 有難うございます」 翌日、12日は初級土曜クラスの初日でした。 このクラスは、午前午後、2週間に1回のハイペースで 進んでいくクラスです。 午前の担当は、奈良からお越しの安福昌代先生。 1012初安福.JPG 第1回では、玄米ご飯の圧力鍋での炊き方や、出汁を使わないお味噌汁 蓮根ボールなどを学んでいただきました。 蓮根ボールはそのまま食べてもおいしいですし、 肉団子の代りとしてさまざまなお料理にアレンジできるスグレモノです! 試食の際には、これから一緒に学んでいくメンバーの 自己紹介をしていただきました。 土曜日ということで、遠方からご参加の方や会社員の方など、 さまざまなきっかけや動機をお話いただきました。 安福先生のコメントです。 「今日は皆さん本当にお疲れ様でした! 初日ということで、緊張からかなりの気疲れもあったと 思いますので、ゆっくり休んでください。 玄米の炊き方とお味噌汁(蒸し煮)、次回までに 是非一度実践しておいてくださいね」 午後、第2回の担当は、阪神間からお越しの藤井美千代先生。 1012初藤井.JPG 午後からは早速各班で、圧力鍋を使って玄米ご飯を炊いていただきました。 また、「そばがき」や「玄米団子」など、粉の扱い方やこね方にチャレンジ していただきました! そばがきをお鍋で練るのに、腕が疲れませんでしたか?? でもその分、おいしいそばがきになったことと思います。 藤井先生よりコメントです。 「今日は1日目なので、説明が多く、時間がかかりましたが、 皆さんテキパキと調理をされおいしくできました。 次回はもう少し早く進むと思います。 丁寧にお片付けしてくださり、有難うございました」 次回、上級金曜クラスは10月25日、初級土曜クラスは26日です。 ようやく朝晩秋らしくなってきましたが、冷えにご注意してくださいね! お元気な皆さんのお越しをお待ちしております。 クッキングスクールの詳細は、こちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月13日 11時05分更新
  • ブログカテゴリー:

10/9スペシャルコース「暦を感じる食生活のススメ」秋冬編1

  台風の影響は皆さん大丈夫でしたでしょうか? 今日も真夏日だった大阪ですが、週末からは徐々に 平年並みの気温に戻ってくれそうです。 しかしそこで気をつけたいのが、気温差による体調の崩れ。 どうぞ、風邪や疲労にご注意ください! さて、今回は昨日おこなれたスペシャルコース 「暦を感じる食生活のススメ」秋冬編第1回の模様を お伝えします。 前回好評だった、日本の季節感を大事にしながら、お料理をしていく このコース。 今回は秋から冬にかけてのお料理を学んでいきます。 ご担当は、島田弘子先生。 109暦1.JPG 第1回のテーマは「秋のお弁当」。 まだ紅葉には少し早いですが、秋の風情を愛でながら いただきたい、和のお弁当作りを皆さんにチャレンジしていただきました。 109暦2.JPG 椎茸バーグやさつま芋のメンチコロッケなど、作ったおかずを 縁高弁当箱に、ハランを使い盛りつけをしていきます。 109暦3.JPG 詰めていくと、ひとつひとつのおかずが、さらに上品な 印象に! 109暦4.JPG 秋にふさわしく、菊の花をワンポイントにあしらったりと、 ヘルシー&食欲をそそるお弁当の完成です。 島田先生からのコメントです。 「秋のお弁当、お疲れ様でした。 旧暦を意識することで、自然をいつくしみ 自然と常に一体となることを『美』と 感じてきた日本人の感性をよみがえらせましょう。 さつま芋のコロッケ、おから、きのこご飯等、簡単に できるので、おうちでも是非作ってみてください」 9日の朝は台風の影響で大雨だったのですが、 悪天候の中お越しいただき、皆さん有難うございました! 次回の暦コースのテーマは、根菜のキャセロールなどの洋風メニュー。 どうぞお楽しみに! ↓クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html  
  • 2013年10月10日 17時27分更新
  • ブログカテゴリー:

10/6~8秋期レギュラーコーススタート!!

大型の台風が接近しているようですね。今日はまた曇り空の大阪ですが、 明日から明後日にかけて日本海側を進む台風は大型のようです。 皆様、どうぞ充分にお気をつけてお過ごしください! さて、今回は6日からスタートしたクッキングスクール 秋期レギュラーコースの模様を、先生がたのコメントを 中心にお送りします。 6日は、上級日曜クラスの第1・2回。 午前中のご担当は、岡田昭子校長先生でした。 106上校長.JPG この回では、水に浸した大豆から、豆腐を作っていきました。 また、正食の伝統的なお惣菜「塩鮭の頭と大豆」の煮物にも チャレンジしていただきました。 午後のご担当は、島田弘子先生。 第2回では、練りごまと葛粉を使って、抹茶を加えた抹茶ごま豆腐を 作成。また、大事な食養料理「ごま塩」の復習も頑張っていただきました! 106上島田.JPG 島田先生からのコメントです。 「第1回、第2回で、船場汁、手作り豆腐、鮭の頭と大豆、そしてごま塩。 大切なお料理が続き、お疲れ様でした。 しっかりとコツをつかみ、おうちでも実践できるものは、 忘れないうちにぜひ作ってみてください。 上級は、マクロビオティックの知識をさらに深めるために▽△(陰陽)も、 もっと勉強することをオススメします!」 7日は、初級月曜クラスの初日でした。 第1回のご担当は、今村圭子先生。 107初今村.JPG 玄米の炊き方、そして味噌汁の作り方といった正食のお料理の 基本中の基本の部分を、しっかりと学んでいただきました。 午後のご担当は、笹浪泉先生。 第2回では、そばがき作りにチャレンジしたり、定番おかずの 「切り干し大根と高野豆腐の煮つけ」で切り干し大根や高野豆腐の 扱い方なども学んでいただきました。 107初笹浪.JPG 今村先生からのコメントです。 「ようこそ、初級月曜日にご参加くださり有難うございます。 初回でしたが、皆さん段取りよくスムーズにお料理ができました。 基本のお味噌汁の蒸し煮も上手においしく出来ました。 蓮根ボールも粉っぽくなく、ちゃんと揚げてくださり、 とてもおいしく出来ました。 Verry Goodです! この調子で、月曜W、進みたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します」 笹浪先生からのコメントです。 「各テーブル、少ない人数で5品を頑張ってくださいました。 ごまの炒り方には苦労されていましたが、何回も チャレンジするのが一番です。 ひとつひとつの基礎をしっかり身につけたいから!と 積極的に実習にご参加くださるのが嬉しかったです。 ご一緒に3ヵ月間頑張りましょう」 そして本日。8日も初級火曜クラスの初回がおこなわれました。 ご担当は、小松英子先生。 108初小松.JPG こちらでも、玄米の炊き方、青菜の扱い方など、基本をきっちりを 学んでいただきました。 小松先生からのコメントです。 「初級第1回目、お疲れ様でした。 味噌汁は蒸し煮具合で甘みが違ったことを、実感できたと思います。 また、出汁を使わなくても、美味しかったと思います。 お家でも作って、ご家族の方を喜ばせてくださいね」 また、試食のときには、これから一緒に学んでいくメンバーとして 皆さんに自己紹介をしていただきました。 107初昼.JPG ↑皆さんにエールを送られる校長先生。 6月にクッキングスクールを会場におこなわれた「海の精」サロンや、 野口清美先生の幼稚園・保育園への出張食育講座をきっかけに 受講を決められた方、また、前々から気になっていて、今季やっと 時間を調整して受講が実現した方、ヨガをされていて、食の面からも 考えていかれたいという方、もちろん、ご自身の体質改善がきっかけの 方など、本当にさまざまなご縁で、正食クッキングスクールにお集まり いただき、有難うございます! これから半年間または3ヵ月間、どうぞ楽しんで、おいしいマクロビオティック 料理にチャレンジしたり、新たな仲間との交流を満喫してくださいね! また、今週末にもスタートするクラスがあります☆ 初級日曜クラスは今定員いっぱいになっていますが、まだ余裕がある クラスもあります。 講師、スタッフ一同お待ちしておりますので、 ぜひ、ご参加ください。 ↓クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2013年10月08日 15時52分更新
  • ブログカテゴリー:

10/3公開「アメリカンベーグル」教室

  いよいよ今日から秋期レギュラーコースがスタートです! トップバッターは上級日曜クラス。 皆さん、どうぞよろしくお願い致します! さて、今回は木曜日におこなわれた 公開料理教室「天然酵母で作ろう! アメリカンベーグル」の 模様をお伝えします。 103ベーグル1.JPG 担当は、スペシャルコースなどでもスイーツ、パン作りを指導 してこられた永原味佳先生です。 パン作り初心者の方でもご家庭で作りやすいというベーグル、 実習では成形、ゆで、焼成をメインに進めていきました。 103ベーグル3.JPG ↑ドーナツ型に成形し、ゆでで天板に並べられたベーグル。 ごまとプレーンの2種です。 103ベーグル4.JPG 焼きたて!です。 103ベーグル5.JPG つけ合わせとして、きのこのマリネと豆腐クリームにもチャレンジ。 もりつけるとちょっとしたブランチになりました☆ 103ベーグル2.JPG こちらは、ベーグルから作ったラスク。 「つい作りすぎた!」と思ったら、こんな感じにアレンジもいいですよね。 103ベゲスト.JPG ちなみにこのクラスがおこなわれた日、タイの 自然食品店「レモンファーム」のオーナー、スワンナさんが ちょうどいらっしゃっていて、授業の様子を少し見学されていました♪ スタッフも試食をいただきましたが、焼きたてのベーグルは 香ばしくてモチモチ、そのままで食べても、つけ合わせと 一緒にいただいても、おいしかったです! 皆様、ご参加有難うございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月06日 11時05分更新
  • ブログカテゴリー:

9/26・29春期師範科クラス

  本日午後8時、いよいよ伊勢の地では内宮にて、 ご神体の遷御(新しい本殿にお引越し)の神事が始まります! 午後1時からは既に一般参拝が終了しているようです。 外宮は、5日の同じく午後8時とのこと。 直接見ることはかないませんが、なんだかとてもワクワクしますね。 さて、今回は9月26日と29日におこなわれた 春期師範科クラスの模様をお伝えします。 26日、木曜日クラスのご担当は今村圭子先生でした。 この回のテーマは「生麩」づくりと、「中華」。 926師今村.JPG 中華料理で気をつけられている「五色」のお話などをはじめ、 生麩は実際に小麦粉を水で練ってグルテンを抽出するところから 始めたりと、なかなか幅広い内容の実習となりました。 926師試食.JPG ↑こちらは松の実を使ったピリ辛ドレッシングのサラダ。 926師須藤先生.JPG 午後からは、長野の麻績村でマクロビオティックと農的生活を 実践されている経済学者、須藤正親先生による講義が おこなわれました。 須藤先生といえば、「むすび」に連載されている映画評の イメージがあるかと思いますが、この授業はとっても 濃いものだったのではないでしょうか。 29日、日曜クラスのご担当は、森脇敦子先生でした。 930師森脇.JPG こちらのクラスでも、テーマは「生麩」づくりと「中華」。 皆さん真剣に取り組みながらも、笑顔は絶えません。 930師範山.JPG こちらの午後の授業は、山村慎一郎先生による講義でした。 ご出身の岩手、東京、大阪そして全国各地を飛び回っておられる 山村先生。 その豊富な経験から繰り出されるお話に、皆さんじっと 耳を傾けていらっしゃいました。 この回で、残すところはあと4回となりました。 来年2月には、春期師範科の皆さんによる卒業制作発表会が おこなわれます。 そろそろ、どんな作品を作成するか考え始めた方も、 いらっしゃるのではないでしょうか。 師範科の皆さん、後半もどうぞ頑張って、そしてお元気な姿で ご参加くださいね! そして来週からは、秋期レギュラーコースがスタートします! まだ受付中のクラスもありますので、ぜひ、お誘い合わせのうえ、 ご参加ください☆ ↓クッキングスクールの詳細はこちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular_course.html ※開催が迫っているクラスにつきましては、 お電話にてお問い合わせのほど、よろしくお願い致します。 06-6941-7506(9:00~17:00受付)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月02日 17時06分更新
  • ブログカテゴリー:

9/28台湾からのお客様☆

  早くも10月になりましたが、日中の気温はまだまだ高い大阪です。 今回は台湾からお越しになったお客様の話題を お届けします。 9月28日、料理教室に40名近い台湾の旅行客の皆様が いらっしゃいました。 その目的は、「クッキング体験」。 干し椎茸をはじめとした日本の食材ファンの皆さんで、 毎年交流を目的とした日本への旅行をおこなわれているそうです。 今年の旅も、老舗の食品会社さんを見学したりといった日程の中、 正食クッキングスクールでのお料理体験をしていただきました。 担当講師は、島田弘子先生。 ベジタリアン食として「素食」が広く定着している台湾ですが、 まずはマクロビオティックの特徴を説明。 そして味噌汁や切干大根と高野豆腐の煮つけの作り方、 海苔巻きのデモンストレーションをおこなっていきました。 927台湾デモ2.JPG ↑盛り付けられる海苔巻きを興味津々に見つめる皆さん。 そして実際に巻きすを使って、一人1本ずつ、 海苔巻きにチャレンジしていただきました! 各テーブルに1名ずつ、講師や指導員たちが海苔巻きの サポートに入り、皆さんのお手伝いをしていきました。 巻いた海苔巻きは切り分けてお皿に盛り付け、 お弁当箱が準備された3階へ。 また、お味噌汁の味つけも体験していただきました。 927台湾試食3.JPG ↑ご自身の手で巻いた海苔巻きと、味噌汁、お弁当でランチタイム。 にぎやかな昼食となりました。 927台湾弁当.JPG ↑お出ししたお弁当の中身。 すべて、校長先生をはじめ講師指導員、この会のスタッフで前日より 下準備をおこない、お弁当を完成させました。 皆さんとても楽しそうに海苔巻き体験をされ、喜んでいただけたようで 本当に良かったです♪ 正食協会にお越しいただき、有難うございました! そして、打ち合わせ・下準備から後片付けまで、ご協力いただいた 先生方、研修生の皆さん有難うございました☆ この模様は、「むすび」でもご紹介させていただく予定です! どうぞお楽しみに♪ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年10月01日 22時31分更新
  • ブログカテゴリー:

9/25秋期集中料理教室上級クラス最終回☆

  9月最後の金曜日、本日は台湾からお客様が来られ、 体験クッキングをしていただきました! またその模様は後日お伝えする予定です。 さて、今回は、前回ご紹介した秋期集中料理教室、 上級クラス最終回の模様をご紹介します。 25日午前の第9回は、ふたたび藤井美千代先生がご担当でした。 この回は、なんといってもメインは鯉こく。 鱗も内臓もすべて丸ごと、鯉さんのパワーをいただく大切なお料理です。 925集中上鯉.JPG 鯉を気絶させる役は、毎回受講生の皆さんから立候補していただくのですが、 このクラスでは、初級から再受講で15日間通われた竹内さんが チャレンジされました。 ちなみに竹内さんは84歳。娘さんの影響でマクロビオティックに目覚め、 「孫のためにも元気でいないと!」と実践されてお元気そのもの。 そのお姿に、こちらもお元気をいただきました! できあがった鯉こくは、皆さんおかわりされたようですね♪ 藤井先生からコメントです。 「今日は鯉こくをしましたが、いかがでしたか。 元気な鯉が現れビックリされたようですが、 皆さんのカメラの中にずいぶんおさまったようですね。 生命をいただくということの尊さを考えさせられる時間を 共有できたことを、嬉しく思います」 午後の最終回のご担当は、岡田昭子校長先生でした。 ちょうど、1日目のご担当のおふたりが、最終回を締めくくる形になりました。 925集中上校長.JPG 最終回には、皆さんに受講の感想を発表していただきました。

15日間、12回毎日一緒に食事をすることの意味、 力のようなものを感じました。 こういうことは家族ともないことです。 同じ食を共にする、つながりの妙味を体感しました。 集中コースの醍醐味だと思います」

「あっと言う間の5日間でした。 近くに住んでいますので、遠方から来られた方と比べると 軽い気持ちで来てしまったなと思います。 分かれば分かるほど奥が深いんだなということ分かりました」

「集中して学んだことと、いろんな先生方とお話して、 マクロビオティックの考えを基本にもって、 いろいろなものを取り入れたほうがいいんだなということを 感じました」

「体がとても楽になりました。ここで皆さんにお会いできて 嬉しかったです。外に出るタイプではなかったので、 大阪に一人で来るのも大冒険で、“初めてのお使い”状態でした(笑)」

「イギリスからの受講でしたが、一言で感想を言うと 思い切って来てよかったと思いました(笑)。 通信講座にしようかと、娘もいるので悩みましたが、 主人の一言で決心がつきました」

「職場で休みをとれたことに感謝していますし、 子どもの面倒を見てくれた主人とか、家族の協力があって、 通えたことに感謝しなければと思っています」

「ストイックな集中が好きで、上級に来ました。 やっぱり楽しかったです。皆さんのパワーと、 いろんなエネルギーを毎日受けたなと体感しました。 料理に向き合う時の気持ちが大きく変わりました

授業の終礼後、修了証を希望された方には、校長先生より 修了証が手渡されました。 925集中授与.JPG 皆さんとても仲が良く、教室ではお互いに記念写真を撮って別れを惜しんで いらっしゃいました。 皆さん、本当にお疲れ様でした! 校長先生が最後におっしゃっておられましたが、 大きな事故も起きず、皆さんのご協力があってこそ、無事に この集中料理教室が終了することができました。 本当にありがとうございます。 多くの方が師範科への進級や、復習での再受講、 公開料理教室などをご検討いただいているとのこと、感謝いたします。 またいつでも、どうぞクッキングスクールにお越しください☆ 講師の先生方、そしてスタッフ一同、心よりお待ちしております。 そして来週から10月! 秋期レギュラーコースが始まります。 今ちょうど夏バテ症状が出ている方もいらっしゃるかと思います。 ぜひ、食生活から健康を見直してみませんか? ↓ クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年09月27日 17時02分更新
  • ブログカテゴリー:

9/21~24秋期集中料理教室上級クラスコメント集

  もうすっかり朝晩は秋の涼しさ、そして日の入りも早くなりましたね。 さて、今回は先週土曜日から5日間に渡って開催された、 秋期集中料理教室上級クラスの模様を、ご担当の先生方のコメントを メインにお伝えします。 9月21日、第1回目のご担当は、岡田昭子校長先生でした。 この回では、手作り豆腐に挑戦していただきました! 皆さん、出来立てのお豆腐のお味はいかがでしたか? 午後の第2回のご担当は、伊勢神宮のお白石持行事などにも 参加され、アクティブな藤井美千代先生。 この回では、抹茶入りのごま豆腐を作っていただきました。 お鍋の中を混ぜ続ける作業、お疲れ様でした。 藤井先生からのコメントです。 「上級集中コース2回目、皆さんお疲れ様でした。 今日のお料理はいかがでしたか。 初級から連続受講の方は11日目、連日にもかかわらず 皆さんお元気でビックリしました。 あともう少し。体調を管理して頑張ってくださいネ」 翌22日、午前中のご担当は、中級クラスでもご登場 いただいた今村圭子先生でした。 今村先生からのコメントです。 「集中上級3回目、皆さんご参加ありがとうございます。 吹き寄せ寿司は美しく仕上げてくださり、盛り付けもバッチリでした。 宝海苔蒸しは、とってもおいしかったですよ。 大切な鉄火味噌、皆さん丁寧に時間をかけて作ってくださいました。 これは、一生習練しかありませんが、今日の作り方、ポイントを しっかり学ばれ、おいしく出来ました。 またぜひご自宅で復習してくださいね。 ありがとうございました」 午後第4回目のご担当は、こちらも中級でご登場いただいた 野口清美先生です。 野口先生からのコメントです。 「集中料理教室、毎日お疲れ様です。 正食(マクロビオティック)の哲学は奥が深いので、短い講義時間の 中で、そのポイントがきちんとお伝え出来たか心配ですが、 いかがでしたか? まずは基本となる陰陽理論を自分なりに修得していただいたら、 そこから無双原理の12定理や宇宙の秩序といった桜沢思想が 広がり、自分の“真の道”が明確なものとなることでしょう。 どうぞ、これからも楽しみながら学びの道を進んでいってください」 ちょうど折り返し地点の23日は、薬剤師であり、野草・薬草教室などで おなじみの龍頭佳世先生がご担当されました。 「今日は、なんと言っても玄米クリームがポイントでした。 皆さん、炒り方も上手で、きつね色比べ(バットで)が、 面白かったですね! 『私のきつね色!』・・・こんなに幅があるなんて、でしょ。 集中クラスも残すところ後2日、最後まで頑張ってくださいね。 コウノトリの話、聞いてくれてありがとう。 皆様にも【福】が来ますように!」 最後のスパート、24日第7回のご担当は、藤井美千代先生が ふたたびご登場されました。 「“おめでとう”の玄米をきれいに炒ってくださって、 ありがとうございました。 そば寿司も大奮闘で、きれいに巻けましたね。 どの班も盛り付けが素敵でした」 午後、第8回のご担当は、初級クラスで皆さんを指導された 島田弘子先生でした。 925集中上まがたま.JPG この回では、食養料理のきんぴらごぼうを復習。また、変わり巻き寿司の 「まがたま巻き」にチャレンジしていきました。 島田先生のコメントです。 「きんぴらごぼう、どの班も丁寧に上手く仕上がりました。 ごぼうの蒸し煮はしっかりと、火加減も弱すぎず強すぎず調整してください。 大切な基本の食箋料理です。四季を通じて、時々思い出しては作り、 自分の料理にしてください。 野菜の甘みがしっかりと出るように。 マクロビオティックはとにかく実践あるのみです」 925集中お菓子2.JPG こちらは、さつま芋が中に入った焼き菓子。 食養料理も、おもてなし料理も、こんなお菓子も、 食べる人のことを思って、真心を込めて作る。 そんな気持ちで皆さんに取り組んでいただけたかと思います☆ 次回は、集中上級クラス最終回の模様をお伝えいたします! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年09月27日 00時35分更新
  • ブログカテゴリー:

9/20集中料理教室中級クラス最終回

  お彼岸の三連休、皆様いかがお過ごしでしたか? 日中はまだまだ30度前後と暑い大阪、 どうぞ皆様寒暖差などでお疲れが出ませんよう、 お気をつけください! さて、今回は先週金曜日におこなわれた集中料理教室、 中級クラス最終回の模様をお伝えします。 最終日の午前中、第9回のご担当は、 今村圭子先生でした。 920今村先生.JPG ↑朝一番に、出汁昆布の始末の料理「昆布の佃煮」用に 昆布を細切りする今村先生。 第9回では、これからが本番の「大根」を使った料理が 並びました。 920試食集中.JPG また、手打ちうどんにもチャレンジ! ボリュームたっぷりのランチとなりました。 920集中校長.JPG 試食では、今村先生と校長先生が各班に入って一緒にお食事。 あっというまの5日間、その感想を皆さんに発表していただきました。 「5年ぶりに受講しました。離れているとやはり食生活が 乱れてきて、それを立て直したいと思い教室に来ました。 先生のお話を聞きながら、『ああ、そうだった!』と思うことばかり。 また迷った時に、見直しに来たいと思います」 「この集中で、初級で基本を学び、体が整ってきたと感じたのですが、 中級になってさらに体が楽になって動きやすくなりました。 胃が喜んでいる、と感じました」 「春に受講して、半年間家でやっていました。 今回中級を受講して、自分の思いこみが入っていたと改めて 感じました。 学んだことを生活に生かして、余裕をもって生きたいと思います」 「子どもを産んでから体調を崩しがちだったのが、 ここに来て肌艶がよくなり、体もしまってきました。 ここでやめると元に戻りそうなので、続けたいと思います」 「初級だけ再受講できればと思いましたが、 メンバー皆さんの魅力で、中級も受講、そして上級も受講します。 体調はきわめて良いです!」 校長先生からのお話です。 「ある時期がくると、自分がする行動がすべて“これでいい”と 思えるときが来ます。 一見悪いことだとしても、いいことにとらえて前向きに考えられるように なります。 このマクロビオティックの考えを基準にしていたら、 大きくぶれることはないと思います。ですので、これからも 皆さんに頑張っていっていただきたいと思います」 午後の最終回のご担当は、野口清美先生でした。 920集中ノグチ先生.JPG この回では、大切な食養料理「しぐれ味噌」や、 お肉の代りに穀物を使った「オートミールバーグ」などを 作っていきました。 授業後、先生方にコメントをいただきました。 今村先生からは、 「集中中級最終日、お疲れ様でした。 よく続けてご参加してくださいました。 今日のお料理、切り干し大根ご飯は、土鍋炊きをしました。 各テーブル、とってもおいしく出来ました。 ご飯をおいしく炊き上げることが一番の大切なことと なります。本日はベスト1でした。 残処理として、出汁昆布の梅酢佃煮や、 即席のお漬物なども作れ、正食料理としてすばらしい物となりました。 皆様が、集中での学びをしっかりとしてくださった証です!! 有難うございます。 また上級でお会いできることを楽しみにしております」 野口先生からは、 「このクラスは4回も担当させていただきましたので、 回を重ねるごとに皆さんと心が通じ合い、大変嬉しく思っています。 また、ほとんどの方が上級にあがってくださることも 素晴らしいことと思っています。 正食の勉強に終わりはないですが、皆さんは、今始まったばかりの ところにいらっしゃるので、ここでもう少し、得た知識と身体が うまくかみ合う時間を持つことは、これから先にとても大切で 特別なことになると思うからです。 先生として出逢いましたが、これからはずっと仲間です。 気持ちが折れそうな時や困った時には助け合って、 精進していきましょうね! 有難うございました」 中級クラス連続5日間のご参加、皆様有難うございました! そして翌21日から始まった上級クラスは、明日が5日目の最終回。 長い方は15日間、半月の受講となりました。 本当に皆様、お疲れ様でした。 上級の模様も、次回以降お伝えいたします! なお、10月からスタートの秋期レギュラー教室も、 各クラス好評受付中です♪ クラス(曜日)によっては、キャンセル待ちとなっているところも ありますので、お早めにお問い合わせください☆ ↓ クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年09月24日 15時32分更新
  • ブログカテゴリー:

9/17~19集中料理教室中級クラスコメント☆

  昨日は仲秋の名月でしたね。 皆さん、お月見なさいましたか? 今日も十六夜でとてもきれいな月が眺められそうです! さて、今回は秋期集中料理教室の中級クラス、 17日から19日までの模様を、先生方のコメントを 中心にお届けします☆ 17日午前中のご担当は、野口清美先生。 917集中ノグチ.JPG この回では、洋風のお料理、きのこソースのスパゲッティや、 人参を使ったドレッシングのサラダを作っていきました。 917人参サラダ.JPG 野口先生のコメントです。 「今回はきのこの豆乳パスタで、皆さん作るのも食べるのも 楽しそうでしたね。 “きのこの良いお味とお野菜の甘みが十分に出ていて、 どの班もとてもおいしく出来ていますね”と 校長先生もほめてくださっていましたよ! 講義の中に陰陽という言葉とその考え方も出てきて、 正食料理を学ぶことが益々面白くなってきたと思います。 陰陽調和した美味しいお料理が作れるように、楽しんで頑張ってくださいね♪」 17日午後、第4回のご担当は、兵庫県からお越しの森脇敦子先生。 917集中森脇.JPG この回では、午前中とは打って変わって、純和風な いなり寿司や大切な食養料理「ひじき蓮根」を作っていきました。 森脇先生のコメントです。 「皆さんが素晴らしいチームワークで調理されているところが とても素晴らしかったです。 今日はひじき蓮根という大切な常備菜を作っていただきました。 やわらかく上手に炊けていましたね。 その調子でお家でも作り続けてくださいね。 残りの授業も頑張ってください!」 18日午前、第5回目のご担当は、今村圭子先生でした。 この回では、おもてなしにも嬉しい、「玄米ドリア」や、 体をほっと温める「あわクリームスープ」を作っていきました。 今村先生のコメントです。 「皆様、集中(初級から数えて)8日目、本当に お世話様でございます。 本日は玄米ドリアなどの洋食メニューでした。 皆さん、さすが8日目、とってもおいしいお味に仕上がりました。 すばらしいです!! 今日が折り返し地点です。 後半も、どんどん学びを深めていってください。 ご一緒に学びを深めさせていただき、感謝いたします」 午後、第6回のご担当は、野口清美先生。 この回では、玄米ご飯に欠かせない、「ごま塩」を作っていきました。 「マクロビオティックのとても大切なメニューである ごま塩の実習をしました。 皆さん、とても上手に出来ました。 何よりも、班の全員の方が交代しながら、全員の力で作り上げたのが、 良かったですね! 集中コースということで、もう何日も一緒に学んでおられる 仲間としての絆が、このごま塩作りに発揮されていて、良かったと 思います。 とはいっても、ごま塩は本当に奥が深いです! これから精進してくださいね」 そして昨日、19日の第7回目のご担当は、前日に引き続き 今村先生でした。 919集中ススキ.JPG 仲秋の名月、ということで、ススキと秋のお花を 飾っていただきました♪ 919集中7試食.JPG そして、大切な食養料理「小豆かぼちゃ」、 松の実の食感が楽しい芽ひじきご飯は、半月盆にのせて、 月見膳風に盛り付けました。 「仲秋の名月の日、本日は半月盆を使い、配膳をしました。 お月様を感じながらの食事は、気持ちもゆったりし、 おいしく感じられます。 お料理も、お振替の方とともに、テキパキと、とっても おいしく仕上がりました!! スープもコクが出ていました。 ご飯は土鍋で炊きました。少し硬かったようですが、 そのときは少し水分を分量より多めにするなど、 微調整してみてください。 また、蒸らしのときに、ほんの少しお酒をふることにより、 ご飯がやわらかくなりますよ」 午後の第8回のご担当は、愛媛からお越しの村上洋子先生でした。 この回では、食養料理の定番「きんぴらごぼう」や、 グルテンを蒸しあげる「コーフ」を作っていきました。 919集中ドーナツ.JPG デザートには、雑穀のひえを使った、「ひえドーナッツ」にも チャレンジしました。 村上先生からのコメントです。 「きんぴらごぼうは、ごぼうの蒸し煮を丁寧におこなうことで、 ごぼうの甘みがぐっと出てきます。 コーフが上手く膨らまなかったグループは蓮団子が美しく 仕上がり、蓮団子が散ってしまったグループは、 コーフが見事に膨らみ・・・と、失敗から学べる機会があり、 良かったです。 有難うございました!」 連日の実習、皆さんお疲れ様です! 本日は中級の最終日、明日より上級クラスがスタートします。 「この食事で、体が楽です!」と皆さんにおっしゃって いただいていますが、長い方は初級から15日間連続、 残りの5日間、体調にお気をつけて、頑張ってくださいね☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年09月20日 15時45分更新
  • ブログカテゴリー: