ブログ「マクロなポケット」Blog

12/6、8~10レギュラーコース☆

  今日は天気予報で最高気温9度という大阪、 晴れていますが、どうぞ寒さ対策を充分してお過ごしくださいね! 本日は毎年恒例の「おせち料理教室」。 岡田昭子校長先生に、正食の基本のおせちをみっちり 教えていただきます! 今すでに、教室からおせち独特の準備の匂いが漂ってきています。 さて、今回は6日から10日におこなわれたレギュラーコースの 模様をお伝えします。 (そのうち、最終回を迎えた7日初級土曜クラスは先に お伝えしておりますので、前の記事をご覧くださいませ!) 6日は上級金曜クラスの第5回。 担当は岡田校長先生でした。 この回では、ご病気の方や、離乳食にも活躍する「玄米クリーム」を、 生玄米を炒るところから取り組んでいただきました! 自然食品店で目にするレトルトの「玄米クリーム」はとても お手軽ですが、自分で最初から作ってみると、とても手のかかる 手順を経て作られていることが分かりますよね。 その分、作り手の気持ちがとっても込められるお料理になるので、 校長先生も「お時間があるときは、ぜひ手作りしてください!」と おっしゃっています。 8日は、初級日曜クラスの第5回、第6回がおこなわれました。 午前中の担当は島田敬子先生でした。 この回では、体調を整えるときにいただきたい「小豆粥」や、 蒸し煮をしっかりして作る「水無し炊き」、そば粉で作るシンプルな 「そば団子」を作っていきました。 島田敬子先生からのコメントです。 「今日も楽しくお料理できましたね。5回目メニューの中で一番重要な “水無し炊き”もお野菜の甘みをしっかり出し、おいしく仕上がりました! すばらしい!! そば団子、蒸し器からしっかり湯気が出てる状態で蒸してくださいね。 来年もよろしくお願いします! 良いお年を!」 午後からの担当は、島田弘子先生でした。 この回は、炒り玄米の練習にもなる「玄米スープ」や ヘルシーな「野菜てんぷら」や豆腐マヨネーズ風の ドレッシングを作る「キャベツサラダ」を作っていきました。 1208初.JPG 島田弘子先生からのコメントです。 「今日のポイント、炒り玄米は是非おうちのお鍋で実際に 復習してみてください。 ごぼう、さつま芋、人参などで、天ぷらも少ない油でできるので、 練習してみてください。 授業はあと2日ですが、疑問点などありましたら、 質問をしてくださいね」 そして10日は中級火曜クラスの第5回がおこなわれました。 担当は、永原味佳先生でした。 この回は、ちょっとしたおもてなしにも使える洋風メニュー、 「玄米ドリア」や「ひよこ豆のサラダ」、「黒ごま豆乳プリン」に 取り組んでいただきました。 1210中.JPG 永原先生からのコメントです。 「今年一年お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いします。よいお年をお過ごしください。 かけあがる1年に!! ぜひ、本もチャレンジしてみてくださいネ」 次の授業が来年1月(または担当の先生の授業が来年)ということで、 教室では「良いお年を!」という挨拶が毎日聞かれます。 今年ももうあと半月。 大掃除、年賀状、暮れのご挨拶、忘年会。 慌しい日々が続きますが、マクロの食事で体調管理しつつ、 元気に過ごしましょう☆ また、幼い頃に身につけた習慣は、大人になっても続くもの。 どういった習慣が、「元気に活き活きと毎日を過ごせる心身」に つながるのでしょうか?? そんなお話を聞く機会が、2月1日にありますよ♪ 大阪商工会議所で開催する「食育フォーラム」では、 高取保育園の西福江園長先生の講演がおこなわれます。 正食料理の試食もありますよ。 クッキングスクールの講師陣だけでなく、幼稚園保育園の先生や、 昨日の記事では山村慎一郎先生も来られる、ということでしたよね! ぜひぜひ、ご参加ください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
  • 2013年12月12日 10時13分更新
  • ブログカテゴリー:

12/2、7初級最終回の感想

  「和食」が世界無形文化遺産になりましたね! しかし、子どもたちの間では和食が苦手、食べる機会が減っている、 という話題がニュースになっているようです。 「手間がかかる」 「調味料が多い」 「出汁をとるのが面倒」 「忙しくてつくる時間がない」 「子どもの好きなものを優先」 というのが世間のお母さま方の和食を作らない理由 なのだそうですが、 「出汁を使わないお味噌汁」や 「お塩、お醤油、お味噌」が基本調味料の マクロビオティックのお料理なら、 少なくとも上の理由の2つはクリアできますよね♪ さて、今回は2日と7日におこなわれた初級Wコース (約3ヵ月でカリキュラムが修了)の受講生の皆さんの 感想を一部ご紹介致します。 「 家で蒸し煮をやっていてもうまくいきませんでした。 実際に習いに来ると、我流でやっていたことが分かりました。 スムーズにスマートに料理ができるようになりたいです」

「  野菜は割と食べていましたが、料理のバリエーションが少なかったので、 増えて嬉しい。食べ物を大切にする心が芽生えました」

1207初級2.JPG (筑前煮) 「家にあるだしの素を捨てようかと思っています。 塩気のある料理を食べているのに、血圧がむしろ低くなりました。 健康は他力本願ではいけなとことに気づきました

「ネギの根を、細かく刻んでいただいたり、 人参の首の部分の黒いところも、今まではばっさり 切り落としていたけれど、 こそいでいただいたりすることが新鮮でした。 見た目も美しく盛りつける大切さを知りました」 1207初級3.JPG (豆乳ムース)

「塩で味を決めるということを知りました。 今まで、調理に甘味を使いすぎていたようです。 忙しく働き続けても、疲れなくなりました。 自分の適した塩加減を知るということが大切だと感じました」

1207初級1.JPG (五目炊き込みご飯)

「体温が上がったのか、ホットカーペットだけで、 まだエアコンをつけずに生活しています。 体質が変わってきているのかな、と思っています」

「調理師ですが、この料理には食の原点があると思いました。 調味料の使い方を分かったつもりでいましたが、 素材を味を生かせる使い方を知りました。 人に伝えていきたいと思います」

1207初級4.JPG 7日午前中の担当だった、安福昌代先生からのコメントです。 「初級修了、おめでとうございます! 皆さんの感想発表を聞いていると、それぞれの方が いい一歩を踏み出されたんだなと感じました。 その歩みを無理なく自分のペースで続けていってくださいね。 きっと、どんどん景色が変わってくると思います。 楽しみですね」 午後、最終回の担当藤井美千代先生からのコメントです。 「土曜Wの初級の皆さん、お疲れ様でした。 全てのお料理がおいしくできていました。 豆乳ムースの型抜きは楽しそうでしたね。 大切な筑前煮、おうちでも作ってみてくださいね。 また、お会いできたら嬉しいです」 初級Wの皆さん、修了おめでとうございます! もし、周りに「出汁をとるのが面倒・・・」とつぶやく方がおられたら、 「こうやったら、面倒じゃないよ!!」とお伝えしてくださいね☆ この土曜クラスの引き続きで12月21日より、中級Wクラスが スタートします! 初級だけではまだまだお伝えしきれないマクロのお料理の奥深さ、 ぜひ中級で実感してみてくださいね。 3月スタートの短期集中料理教室も、好評受付中です!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年12月08日 15時53分更新
  • ブログカテゴリー:

12/4暦を感じる食生活のススメ最終回

  本日は暦で「大雪」、「雪が激しくふるころ」とは違って穏やかな日差しの 大阪ですが、着々と冬になりつつあります。 さて、今回は4日におこなわれた「暦を感じる食生活のススメ・秋冬編」 最終回の模様をお伝えします。 1204暦1.JPG 「大雪」から「冬至」にかけていただきたい冬のお料理として、 この回の食材を紹介していく島田弘子先生。 写真で手に持たれているのは、「むかご」です。 メインのお料理は、白菜と蓮根の鍋。 お鍋はお野菜がたっぷり食べられますし、身体がとっても 温まりますよね! 1204暦2.JPG お鍋の具として、こんな大きな乾燥ゆばも登場しました。 (写真だとちょっとわかりにくいですが、40cmくらいありました) また、全員で協力して、餃子を皮から作っていきました。 1204暦5.JPG 鮮やかな緑色の餃子です☆ 1204暦4.JPG 1204暦7.JPG ↑焼いたら、こんな感じに。 1204暦3.JPG 炊きたての、むかごご飯。 「零余子飯(むかごめし)」は、晩秋の季語なのだそうです。 皆さんでお鍋の具をよそっているところ。 1204暦6.JPG つみれ風に見えるのは、正食おなじみの「蓮根ボール」です。 蓮根ボールが油で揚げているので、味にコクもでて、 食べ応えもばっちりですよね。 試食後は、先生による「暦」の講義。 “冬至にかぼちゃを食べると、風邪をひきにくくなる”といったことは よく耳にされると思いますが、 “冬の空になる”、“鮭が川をのぼりはじめる”などなど、 細やかに季節感を感じるキーワードがたくさんあることを 学んでいきました。 最終回ということで、授業後皆さんで記念写真をパチリ! 1204暦8.JPG 皆さん、ご参加有難うございました!! 来年1月からは、野口清美先生による「根菜づくし」の3回コースが スタートします♪ 蓮根・ごぼう・大根の根菜をつかったアレンジレシピを学びます。 「マクロのことを詳しく知らないけど…」とお思いでも大丈夫! おいしい根菜のお料理の仕方をマスターしましょう。 皆さまのご参加をお待ちしています! 詳細はこちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html 1DAY体験教室も受付中です! 「どんな感じに授業をするの??」 と疑問をお持ちなら、実際にしてみるのが一番! ぜひご参加ください。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月07日 11時27分更新
  • ブログカテゴリー:

12/1~3レギュラーコースコメント☆

  ここ数日、お天気が良く日中の寒さが少しだけ緩んだような 大阪です。 二十四節気では、「小雪」から「大雪」に移り変るころ。 10月から11月にかけての急激な気温変化で 体調を崩しやすくなられていたかと思いますが、 これからは本格冬、体を温めて、休養もしっかり確保して 師走を乗り切りましょう! さて、今回は1日から3日にかけておこなわれた クッキングスクール初級クラスの模様を、先生がたの コメントを中心にお伝えします。 1日は、上級の日曜クラスがおこなわれました。 折り返し地点の第5回、第6回。 午前中第5回の担当は、今村圭子先生でした。 この回では、ちょっとしたパーティにも使える洋風メニューと、 体調を崩してしまった方や、赤ちゃんのご飯に最適の 大事な食養料理「玄米クリーム」を学んでいただきました。 今村先生のコメントです。 「師走のおついたちに、上級日曜日クラスご参加 有難うございます。 今日はとっても大切な玄米クリームをお伝えしました。 玄米の炒り方、圧力鍋での炊き方、玄米の絞り方、 土鍋での火の入れ方や塩加減など、たくさんお伝えしましたが、 皆さんしっかりと学んでくださり、とてもおいしい玄米クリームと なりました!! このお味をしっかりと覚えていただき、ぜひにご自宅でも 作ってみてください。 有難うございました!!」 午後、第6回の担当は、藤井美千代先生でした。 第6回では、黒米と玄米で作るちまきや、 ささっと作れるホイル焼き、りんごパイなどお楽しみの メニューに取り組んでいただきました。 藤井先生のコメントです。 「W上級、お疲れ様でした。 黒米ちまきは楽しそうに巻かれ、りんごパイもアイディア いっぱいでしたね。 盛りつけも工夫され、素敵でした。 もう12月、次回は来年ですね。皆さん良いお年を!」 翌2日は、初級月曜クラスの最終回。 午前、第9回の担当は前日に引き続き今村圭子先生でした。 この回では、寒い日に体があったまるけんちん汁、 おせちのお重にも使える紅白が嬉しい高野サンド、 甘くしないおはぎを学んでいただきました。 1202初月.JPG 今村先生のコメントです。 「初級W修了、おめでとうございます。 午前午後の1日を使ってのWコース、 忙しく大変だったと思いますが、皆さんとってもおいしく料理を 作ってくださり、心より感謝します。 ごぼうの蒸し煮、野菜の蒸し煮もしっかりとマスターされ、 中級へも進んでいただき学びを深めてくだされば、 とても嬉しく思います」 午後、第10回の担当は笹浪泉先生でした。 最終回では、炊き込みご飯の王道五目炊き込みご飯と、 煮物の集大成筑前煮を学んでいただきました。 笹浪先生のコメントです。 「2ヵ月半、あっという間でしたね。 有難うございました。 初級の基礎は、正食料理をしていくうえでずっと変わらない 大切なものですので、ぜひ、ご家庭でも実践を続けて ください。 応援しています」 3日は、初級火曜クラス第5回がおこなわれました。 折り返し地点第5回の担当は、小松英子先生でした。 この回では、体調を整えるときにいただきたい小豆粥や、 じっくり蒸し煮で旨みを出す水無し炊き、 ひじきをおいしくいただく、ひじきの白和えなどに取り組んでいただきました。 1203初火.JPG 小松先生のコメントです。 「各班とても手際よく上手にできて感心しました。 またお味付けも美味しく、良かったと思います。 和食の代表白和えを、お家でも作ってくださいね。 また、そば団子も家族の皆さんに蒸したてを食べさせて あげてください♪」 次回、上級日曜クラスは2月2日。1月ではありませんので、 ご注意くださいね!! 初級火曜クラスは今月の17日です。 また、月曜ダブルの中級クラスが、16日にスタートします! 皆さまのご参加、お待ちしています。 毎年人気のおせち料理教室ですが、18日の「バラエティおせち」は まだ若干定員に余裕があります! 初級の方も、まったく正食が初めての方も、島田弘子先生が 丁寧にデモしてお伝えしてくれますので、ぜひ、チャレンジ してみてくださいね☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月04日 10時12分更新
  • ブログカテゴリー:

3月スタート! 春期集中料理教室の募集開始しました☆

12月最初の月曜日です。 今年もあと30日、この1年の総まとめ、また来年の準備など、 皆さまお忙しいかと思いますが、どうぞ体調にはお気をつけくださいね! さて、今回は、3月にスタートする春期集中料理教室の 受講生募集のご案内です☆ title_2014sp.jpg 「マクロビオティックを学びたいけれど、毎月は通うことができない!」 「一気に集中した方が、身が入って頑張れる!」 という方々、毎回さまざまな地域、ご職業の方にご参加いただいています。 初級:2014年3月6・7・8・9・10日(1日2講座) 中級:2014年3月11・12・13・14・15日(1日2講座) 上級:2014年3月16・17・18・19・20日(1日2講座) お昼ごはんは午前中の実習で作ったお料理、 午後の実習のお料理が、少し(?)早いですが夕食、 と5日間みっちりマクロの食事をいただくことで、 「身体が軽くなった!」 「体力が心配だったけど、意外と元気に5日間過ごせた!」 と最終日には皆さん笑顔でお話していただいていますよ♪ ぜひ、ご参加ください! 詳細は、こちらまで↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tankishuchu.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月02日 11時05分更新
  • ブログカテゴリー:

11/22~26レギュラーコースコメント☆

あと数日で11月も終わりですね。 今日も冬型のお天気、皆さま、寒さ対策をして過ごしましょう! さて、今回は22日から26日にかけておこなわれた クッキングスクール初級~上級クラスの模様を、 先生方のコメントを中心にお送りします。 22日は、上級金曜クラス第4回がおこなわれました。 担当は京都からお越しの野口清美先生。 京都の秋は観光シーズン真っ只中。でも、冬景色や 「むすび」12月号表紙でも登場した「湯豆腐」を目当てに まだまだ人出は多そうですよね。 第4回では、体がほっこり温まる「味噌グラタン」や お弁当にも使える、高野豆腐や人参たっぷりの「三色そぼろごはん」、  お子様のおやつにもうれしい「蒸しパン」を作っていきました。 1122上金.JPG 野口先生からのコメントです。 「秋も深まり、次の季節へと移行しつつある今にピッタリのメニューで、 心も体もほっこりとしてとても美味しかったですね。 どのメニューも、皆さんのアイディアとセンスで、いろいろな アレンジが楽しめると思いますので、 工夫して自分のものにしてください。 陰陽についてのお話は、あんな短い時間で充分なことが お話できるほど簡単なものではありませんが、今まで このような考え方やものの見方をしてこなかった人にとっては、 新鮮な驚きがあったと思います。 少しずつ、慣れていただいて、より一層ダイナミックな人生を 楽しむためにお役立てください」 翌23日は、初級土曜クラスでした。 午前中第7回の担当は、奈良からお越しの安福昌代先生。 歴史ある年中行事がたくさん奈良にはあるようです。 12月は春日大社の摂社、若宮神社の「おん祭り」が有名ですね。 第7回では、今がおいしいかぼちゃを使った「かぼちゃコロッケ」や、 「ごぼうの炊きこみご飯」、玄米粉を使った「ポタージュ」を 学んでいきました。 安福先生からのコメントです。 「今日はごぼうの蒸し煮をしましたが、皆さんは説明を受けて デモを見ていただけなので、なかなか実感としてまだ掴めて いないと思います。是非、家で実践して、その驚きの変化を 肌で感じてください!! 香りの変化がポイントです。 次回はいよいよ最終回です。皆さんの元気な姿に お会いできるのを楽しみにしています」 午後の第8回の担当は、阪神間からお越しの藤井美千代先生。 阪神間の12月のイベントというと神戸のルミナリエが有名ですが、 中華街の南京町ではランタンフェアというイベントもおこなわれている そうです。 第8回では、体調を整えるときにいただく「小豆昆布」や、 おせちにも使える「煮なます」、焼き海苔を大量にいただいた ときに助かる「海苔の佃煮」などをまなんでいただきました。 藤井先生からのコメントです。 「今日は、7、8回目ということで講義がたくさん入り、 お疲れ様でした。 いよいよ次回は最終回となります。 寒くなってきましたので、身体を冷やさないよう気をつけて 元気にお過ごしくださいね」 25日月曜日は、先生がたの研究会でした。 (そちらの様子は、前回の記事をご覧ください♪) 26日は、中級火曜クラスの第4回。 担当は、日曜日に続いて藤井美千代先生でした。 第4回では、お汁もの以外はお弁当にも使えるメニューばかり。 皆さん楽しんで作っていただけたと思います。 藤井先生からのコメントです。 「皆さんの今日の盛りつけはとてもステキでしたね。 もみじの葉が美しかったです。 いなり寿司、三色白玉団子汁、蓮根のはさみ揚げ、 青菜の辛子和え、大切なひじき蓮根。 とてもおいしく出来ましたね」 次回、上級金曜クラスは12月6日、 初級土曜クラス最終回は12月7日。 そして中級火曜クラスは12月10日です。 師走に入り、お忙しいかと思いますが、 皆さんのご参加をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月28日 11時49分更新
  • ブログカテゴリー:

11/21・24春期師範科クラス第8回

  昨日は「勤労感謝の日」でした。 休日だった皆さんは、リフレッシュできたでしょうか? 大阪駅などではイルミネーションも始まっています。 今年の秋は短いですが、楽しみながら年末に向けて まいりましょう! さて、今回は21日と24日におこなわれた春期師範科クラスの 模様をお伝えします。 この回のご担当は、阪神間からお越しの藤井美千代先生。 1121藤井先生1.JPG 秋冬の味覚「ゆり根」をつかった和食が、今回のテーマでした。 1121藤井先生2.JPG 秋らしく、味ご飯には人参を紅葉型に抜いて、きのこを添えて。 和え物は菊の花をあしらって。おまんじゅうには、おろし柚子をかけて 完成させました☆ 1121藤井先生3.JPG 午後からの講義は、21日は全国各地を飛び回っておられる 山村慎一郎先生。 1121山村先生.JPG 「守・破・離」から、「アンパンマン」まで、幅広い例えでわかりやすく かつ面白くお話が展開されていきました。 24日、午後からの講義は、長野県の麻績村からお越しの 須藤正親先生。 冬場は冷凍庫のようにとっても寒い! とのこと。 5月に咲く「サツキ」は、6月に咲くのだそうです。 けれどその分、花々の色鮮やかさがくっきりと心に焼きつきそうですよね。 1124須藤先生.JPG 「むすび」の連載では映画のエッセイを執筆されていますが、 専門は経済。 「マクロビオティックと経済」というテーマで、じっくりとお話いただきました。 来年2月には卒業を迎える春期師範科の皆さん。 そろそろ、卒業制作発表に向けて、テーマやチーム組みなど、 準備が始まっています。 次回は、12月19日と22日。 今年の冬は厳冬との予報ですので、どうぞ、体調管理に気をつけて 次回もお元気な姿でのご参加をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月24日 16時41分更新
  • ブログカテゴリー:

11/17~19レギュラーコースコメント☆

  今日もまた冬型の気候ですね。 体調を崩しがちだったり、風邪を引かれている方も いらっしゃるかと思います。 出先から帰ってからのうがい手洗い、 朝に梅醤番茶を飲んで体温をあげたり、 ちょっと疲れたかな、と思ったらいつもより早めに就寝など いろいろと工夫してしっかり予防していきましょう! 今回は、17日から19日にかけておこなわれた レギュラー初級・中級コースの模様を、 先生方のコメント中心にお送りします。 17日は、中級日曜クラスの第3回、第4回がおこなわれました。 午前中第3回の担当は、和歌山からお越しの柳澤幸代先生。 この回には、洋風メニューのスパゲッティや雑穀のひえを使ったコロッケ などが登場しました。 柳澤先生からのコメントです。 「スパゲッティ茸ソースは、ソースの味つけのバランスがポイントです。 豆乳を最後に入れるので、味つけはしっかりとしておきましょうね。 ひえコロッケでは、ひえを上手に炊けるようになるといいですね。 軟らかければ、パン粉を入れて調整してください。 ナッツケーキは、混ぜ方がポイントです。 油の馴染ませ方や、さっくりとした混ぜ方に気をつけてくださいね。 次回は、朝からひよこ豆を土鍋で炊いていきますので、 見たい方は早めにいらしてくださいませ!」 午後の第4回は、阪神間からお越しの島田弘子先生が担当されました。 この回では、いなり寿司や蓮根のはさみ揚げなど、 お弁当にも使えるレシピが出てきましたが、 何をおいても、体調を整えるためにいただく食養料理の 「ひじき蓮根」が主役です。 島田先生からのコメントです。 「常備菜の大切なお料理のひとつ、ひじき蓮根。 ひじきの戻し方、扱い方など、もう一度是非 復習しておうちで炊いてみましょう。 実際にはじめから自分で作ることが、 一番より早くお料理上手になるコツです」 翌18日は、初級月曜クラスでした。 このクラスでは、早くも第7回、第8回がおこなわれました。 午前中第7回の担当は、奈良からお越しの今村圭子先生。 今の時期とっても美味しいかぼちゃで作る簡単コロッケや、 ごぼうを使った炊きこみご飯に取り組んでいただきました。 今村先生からのコメントです。 「初級月曜日ダブル、ご参加有難うございます。 午前の授業では、ごぼうの蒸し煮、玄米粉の炒り方、 かぼちゃの蒸し方やひじきの炊き方など、どれも大切な学びを お伝えしました。 皆さんしっかりと聞いてくださり、丁寧にお料理してくださり、 とってもおいしいご飯となりました!! 素晴らしい!! 次回はけんちん汁で、ごぼうの蒸し煮の復習となります。 また次回お会いできることを楽しみにしております」 午後、第8回の担当は、京都からお越しの笹浪泉先生。 1118初級PM.JPG この回では、自然な甘みがクセになる金時豆ご飯や、 これからますます美味しくなる蓮根を使った味噌煮のほかに、 一見地味ながら、その滋味で体を労わる!「小豆昆布」を 学んでいただきました。 笹浪先生からのコメントです。 「今日は小豆昆布、深かったですね。 皆さんが何度も味をみて、塩ひとつまみで味が変わっていくこと、 時間が経つにつれ、まろやかになっていくことを体感なされ、 良かったと思います。 次回は最終回。どうぞ楽しみにしていてくださいね」 19日火曜日は、初級火曜クラスの第4回がおこなわれました。 担当は、同じく京都からお越しの野口清美先生。 1119初あけび.JPG この日、先生からご自宅の鉢植えで実ったあけびを 差し入れにいただきました! 熟していない実には、お腹の腺が入っていないそうです。 熟したものには自然と腺が入り、そこからぱっくりと割れるのだそうです。 この回では、大人から子どもまで楽しめる玄米海苔巻きや、 ささっと作れる湯葉とわかめのスープ、蒸し煮と塩味のきかせ方が ミソの青菜と豆腐の炒め煮などに取り組んでいただきました。 野口先生からのコメントです。 「皆さんの熱心でまっすぐな学びの姿勢に、 圧倒される思いで感心致しました。 お家でちゃんと復習もされているようで、 素晴らしいです。 海苔巻きをはじめ、今日のメニューはどれも簡単で美味しく、 バランスの良いお料理ばかりですので、是非 お役立ててお楽しみください。 寒くなってきましたので、お風邪などに気をつけていただきまして、 また次回も元気にお越しくださいませ」 次回、中級日曜クラスは12月15日、 初級月曜クラスは12月2日、初級火曜クラスは3日に開催です。 もう師走…「師が走る」ほど慌しい時期、あっという間に 時間は過ぎますが、皆さんの元気な姿をお待ちしております♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月21日 16時40分更新
  • ブログカテゴリー:

11/15&16秋期師範科金曜クラス第2回

  本格的な冬の気候になりつつありますね! 11月ももう下旬。 あと40日ほどで、今年ももう終わりです。 11月15日16日、ちょうど「七五三」の週末には、 秋期師範科クラスの授業がおこなわれていました。 今回はその模様をお伝えします。 15日、金曜クラスの講師は、高知からお越しの西森寿美子先生。 1115西森師1.JPG 西森先生は、ご主人のお母様のご病気を、ご本人と二人三脚で 正食で、なおかつ独学(!)で乗り越えられたという経験の持ち主です。 (その体験記は、正食出版で冊子にもなっていますよ!) もともとの専門がカウンセリングで、学校で教えられていたということもあり、 授業は本当に「授業」のようにレシピを皆で読むところから始まります。 “レシピを作った人の意図を受け取る” どんな背景、考えがあってそのレシピができたのか、 なぜその手順の書き方なのか。 そういったことも考えて、料理していく、ということを 学んでいきました。 1115西森師4.JPG ↑紅生姜のピンクと、ゆず皮の黄色がとても映える一品。 午後からも、しっかり西森先生の講義を受けていただきました。 その内容もここでお伝えしたいのはやまやまですが…! 師範科クラスに通われている皆さん、受講していかがでしたか? マクロビオティックの捉え方や、思考の奥深さを感じていただけたかと 思います。 翌16日、土曜クラスの講師は、京都からお越しの野口清美先生。 1116野口1.JPG 20代前半でマクロビオティックと出会い、それ以来 マクロとともに歩んでこられた野口先生。 持ち前の楽しいトークで、マクロの大先輩から学んだことや、実践のなかで ご自身が得たことを交えて授業は進められていきました。 今回は秋野菜を中心にした、洋風のお料理。 1116野口2.JPG ごぼうや蓮根といった根菜や、秋が旬のきのこ、 雑穀など、バランスよく組みいれられたメニューです。 午後からは、野口先生による講義がこちらもみっちり。 後輩である皆さんにお伝えしたいことがいっぱい、という想いを 確実に受け取られたことと思います。 次回の秋期師範科は、12月13日14日。 それぞれ、金曜クラスが野口先生、土曜クラスが西森先生と、 今回と逆転してのご担当です。 師範科クラスの皆さん、どうぞ体調万全に、 大掃除や年賀状、忘年会でお忙しいでしょうが、 お元気なお姿をお待ちしております!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月19日 19時10分更新
  • ブログカテゴリー:

11/11研修会☆

  昨日は午前中が雨、午後からは晴れというお天気だった大阪。 今日は朝から晴れているので、「今日こそ七五三!」という ご家族もいらっしゃるのではないでしょうか。 週明けはまたぐぐっと寒くなるようなので、 どうぞこの週末、皆さん秋を満喫してくださいね! さて、今回は11月11日に開催された研修会の模様を お伝えします。 研修会は、月に1回おこなわれる勉強会です。 師範科クラスを卒業された方々で、「もっと勉強を深めたい!」 「指導員資格を取得したい!」という皆さんが集まって、 1日がっつりと勉強されています。 料理教室というと、女性ばっかり、という印象があります。 確かに、教室でも女性のほうが多いのですが、男性の皆さんも しっかり学ばれているのです。 1111研修1.JPG ↑実際に先生の立場になって、料理の作り方をデモンストレーションするという 課題に取り組む研修生男性陣。 となると、「料理や食品関係者だけでしょ」と思われる方がおられるかも しれませんが、農業関係の方、教育関係の方、企業にお勤めの方も、 「マクロビオティックを実践したい! 身につけたい!」と 教室にいらっしゃっているんですよ♪ また、「研修会」なので、ベテラン講師の模範デモも おこなわれます。 1111研修2.JPG デモをする先生の手元や説明に注目する皆さん。 もしかしたら、初級、中級で生徒として学んでいらっしゃったときより、 皆さん集中して聞いておられるかもしれません。 デモ課題が終了すると、皆さんで料理を完成させて、昼食タイム。 そして午後からは講義室で、課題発表や講義がみっちりおこなわれました。 月曜平日にもかかわらずお越しいただき、有難うございました。 次回の研修会は12月9日。 新年までカウントダウンが始まっている頃ですね。 皆さんご多忙かと思われますが、お元気な姿をお待ちしております! また、研修生の皆さんも、「はじめの第1歩」は、レギュラーコースの 初級クラスでした。 その初級クラスの雰囲気がわかるのが、 「1DAY体験教室」です。 1月から、体験教室がスタートします。 詳細はこちらまで、どうぞ!↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月16日 10時12分更新
  • ブログカテゴリー: