ブログ「マクロなポケット」Blog

1/24~2/4レギュラーコース☆

  昨日今日と再び寒波が来ていますね! 3日の節分、4日が立春でしたが、冬の気候に逆戻り…。 まだまだ気は抜けません! 皆様、寒さ対策を充分に しましょうね。 さて、今回は1月24日から2月4日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様をお伝えします。 1月24日は、上級金曜クラスの第8回がおこなわれました。 担当は小松英子先生。 124上まがたま.JPG この回では、「まがたま巻き」にチャレンジしていただきました。 「まがたま」は日本古来からある形ですよね。 2つ合わせると「陰陽」のマークにも見えます。 小松先生コメントです。 「まがたま巻きは、少し難しかったですか? 上手にできると、盛りつけした時に楽しくなりますね。 そして美味しいし! 切り干し大根と小松菜の煮物は手軽にできて、 これも美味しいので重宝します。 普段のお惣菜の一品に加えてください。 きんぴらは、何度でも作ってくださいね」 翌25日は、中級土曜クラスの第5、6回目。 午前中の担当は尾道でネットワーク教室をされている 藤原祐子先生、午後の担当は京都の野口清美先生でした。 125中ドリア.JPG こちら、第5回の玄米ドリア、あわのスープ、ひよこ豆のサラダ。 時々ご飯ものでも洋風だと、気分転換で嬉しくなりますね☆ また、午後からは茶飯やごま塩といった、和もののお料理を みっちり作っていただきました。 野口先生のコメントです。 「正食料理の中でとても重要な『ごま塩』の実習でした。 少し時間はかかってしまいましたが、班の中で皆さんが ひとりひとり交代をして、ごまの炒り方を練習してくださり、 各自が実習の中からたくさんの学びをお持ち帰りくださった ことを、とても嬉しく思いました。 微粉末になった塩の粒子を、上手に炒ってすった細かい ごまの粒子が覆うことにより、本当に上手に調和の とれたごま塩が出来ると、塩辛くなくてほのかに 甘ささえ感じる美味しいごま塩になります。 私もなかなか自分の満足いくものが出来ないので、 一生勉強だよなぁと思っています」 23日木曜日と26日日曜日は、 春期師範科クラスの第10回。 授業としては最終回を迎えました。 担当は、岡田昭子校長先生。 メニューは、昔ながらの冬の正食料理。 皆さんには、大根の桂剥きなどにも挑戦していただきました。 そして午後からは、ひとりひとり教壇に立って、 感想発表をおこなっていただきました。 ちなみに2月23日には、本当の意味での最終回、 「卒業制作発表会」がおこなわれます。 今も試作の最終段階だったり、盛りつけのイメージを 固めていたり、という方もおられるかと思います! どうぞ頑張ってくださいね! 1月27日は、講師・指導員の研究会でした。 こちらはまた別でご紹介しますね。 28日火曜日は、中級火曜クラスの第8回。 担当は藤井美千代先生でした。 この回では「コーフ」作りにチャレンジしたり、 食養料理の「きんぴら」を作っていただきました。 藤井先生のコメントです。 「皆さん、今日のメニューはいかがでしたか。 コーフもしっかりふくらんで、ひえドーナツもふわっと仕上がり おいしかったですね。 大切なきんぴらごぼう、丁寧に作られていましたね。 とっても大切な一品ですから、作りこんでくださいね。 次の担当となる10回目にお会いできるのを 楽しみにしています」 29日は、スペシャルコース「根菜づくし」。 こちらの様子も、別にご紹介予定です。 2月に入り、「食育フォーラム」翌日の2日は 上級日曜クラスの第7、8回目がおこなわれました。 午前中の担当は、小松英子先生。 この回では、炒り玄米の小豆粥「おめでとう」や、そば寿司に 取り組んでいただきました。 0202上N.JPG デザートはココナッツ団子。 生地のやわらかさ具合や蒸し具合など、コツをつかんで おいしく仕上げていただきました♪ 午後の担当は、岡田校長先生。 この回では冒頭(上級金曜クラス)と同じく、まがたま巻きや きんぴらごぼうにチャレンジしていただきました。 0202上N2.JPG デザートは「さつま芋のお菓子」。 外側の生地はシンプルに包むことが多いのですが、このクラスでは 写真のようにプレゼントをイメージして蝶むすびのリボンを作られた方が いらっしゃいました☆ かわいらしいですね~。 3日節分の月曜日は、中級月曜クラス第5、6回。 午前中の担当は、今村圭子先生でした。 今村先生のコメントです。 「節分の日に、皆さん仲良く楽しく、お料理が進みました!! 玄米ドリア、あわクリームスープ、ひよこ豆のサラダ、 黒ごま豆乳プリンと、パーティやおもてなしのお料理として バッチリのメニューでしたね。 玄米粉と油、豆乳の入れ方、玉ねぎのみじん切り、 重ね蒸し煮、葛粉の火入れとマスターしていただき、 とってもおいしいお昼ご飯となりました。 有難うございます」 午後からの担当は、森脇敦子先生でした。 森脇先生のコメントです。 「今日はごま塩、お疲れ様でした。 皆さん大分要領をわかってくださったようで 嬉しいです。 しばらくやらないと、ごまをあたる(する)時の力の抜き加減を 忘れてしまいますので、今日のお持ち帰り分がなくなったら、 必ず作ってくださいね。 他のお料理もとっても上手にできていましたよ。 また寒くなるようですが、次回も元気にいらしてくださいね」 そして立春。春の初日の4日は、初級火曜クラスの第9回目でした。 担当は小松英子先生。 この回では、三色おはぎやけんちん汁などに取り組んで いただきました。 小松先生のコメントです。 「皆さん、蒸し煮がとても上手にできるようになりました。 けんちん汁も、どの班とも味つけが美味しくできましたね。 お家でまた復習してください」 早くも次回が最終回。10月から2月まで、 長いようであっという間でしたね!! 次回、上級金曜クラスは今週末の7日におこなわれます。 中級土曜日クラスは8日開催、中級火曜クラスは11日の祝日です。 上級日曜クラスは3月2日、中級月曜クラスは2月17日、 初級火曜クラスの最終回は18日です。 そして師範科の卒業制作発表会と卒業式は、23日日曜日。 インフルエンザも、そろそろ花粉のシーズンにもなってきて いますが、どうぞ免疫力を高めて、元気に最終回、 終盤の授業を迎えてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月06日 14時04分更新
  • ブログカテゴリー:

1/17~21レギュラーコース☆

  昨日今日と、関西では日中は3月から4月の陽気とのことです! お日様がぽかぽかして確かに陽が射すところは あったかいですね。 しかし、本日夜からは雨、そして明日明後日の気温は また冬に逆戻りしますので、温度差の対策にも どうぞご注意を! ちなみに、明日は大阪国際女子マラソンが開催されます。 天満橋駅前はコースになっていて、通行止めになったりしますので、 お車をご利用の方は、ご確認くださいね☆ さて、今回は先週17日から今週21日にかけておこなわれた レギュラーコースの授業の模様をお伝えします。 まずは、17日18日。 この2日間は秋期師範科の第4回がおこなわれました。 午前中の料理実習を指導されたのは、藤井美千代先生です。 この回は“基礎料理”。 食養をするうえで大切な「ごま塩」「ひじき蓮根」「きんぴら」を 復習する授業でした。 そして午後。 118師範1.JPG 写真のお鍋は一体なんでしょう?? これは、午後の校長先生の講義でおこなわれた「お手当て」のひとつ、 「生姜湿布」に使った生姜の煮汁です。 これまでの授業でひととおり聞いていたり、 手当て法の本を読んだことはあっても、自分や家族が 元気だと、お手当てを実践する機会のない方も おられますよね。 実際に生姜湿布を作って首や肩にあててみたり、 里芋パスターのやわらかさ具合を触ってみたりすることで、 “いざ”というときにもやり方に悩むことなく実践することができますよね。 118師範2.JPG 19日は、中級日曜クラスの第7回、第8回がおこなわれました。 午前中、第7回の担当は柳澤幸代先生。 柳澤先生からのコメントです。 「お疲れ様でした! 芽ひじきご飯、上手に炊けました。 そば米スープでは、そば米の炊き方も覚えましたネ。 この授業のなかで一番大切だったのは、小豆かぼちゃです!! 食養料理のひとつですので、何度も作って体得してくださいね。 塩加減を上手につけられるようになってください。 次回は手打ちうどんを作ります。 楽しみにしてくださいネ」 午後第8回の担当は、島田弘子先生でした。 島田先生からのコメントです。 「この回では、中級でも大切なお料理のひとつ、 常備菜のきんぴらがありました。 このお料理を何度もくり返して自分のものにすることで、 正食料理の実力がよりいっそうつくと思います。 忘れずにつねに思い出し、復習してくださいね」 20日は、中級月曜クラスの第3回、第4回がおこなわれました。 午前中の第3回の担当は、今村先生。 今村先生からのコメントです。 「中級のWクラス、年末年始があり、1ヵ月ぶりの授業です。 今回のメニューはスパゲッティ茸ソース、ひえコロッケ、 人参ドレッシングサラダ、ナッツケーキでした。 茸ソースは豆乳の入れ方、ひえコロッケはひえの炊き方など、 しっかりポイントをおさえてもらって、おいしく出来上がりました!! ナッツケーキも噛みごたえ良く、しっかりとレーズンの甘みが でていましたね。 また気に入ったメニューはご自宅で復習してくださいね!」 119中級1.JPG 午後の第4回の担当は、森脇敦子先生でした。 森脇先生のコメントです。 「Wなので今日で2日目ですが、皆さんとても仲良くなられていて、 調理中もお食事中も会話がはずんで、楽しくできました。 どのお料理も上手に出来ていました。 ひじき蓮根もおいしく炊けていましたので、お家でもぜひ 作って、なにも見なくても作れるようになってくださいね。 寒い時期ですが、次回も元気においでください」 ちなみに、この中級クラスで、テキストにひと工夫されている方が いらっしゃいました! ↓写真の右側が、スクールで使用しているテキストです(大きさB5)。 120中級1.JPG その中身を、1ページずつ拡大コピーしてファイリングし、 要所要所のポイントを、該当部分に書き込みやすいように しているなど、ご自身がわかりやすいようカスタマイズされて いました。 テキストの本文部分はとてもシンプル(レトロ?)ですが、 皆さんもよかったら、ご自分のお好みでカスタマイズしてみて くださいね☆ 21日火曜日は、初級火曜日クラスの第8回がおこなわれました。 担当は、野口清美先生でした。 野口先生のコメントです。 「新年はじめての授業でしたが、欠席も少なく、 皆さんが元気なお顔でお集まりいただき、嬉しく思いました。 授業のほうも8回目ということもあり、仲良くお声かけしながらも 手際よくお料理を仕上げていかれるご様子に、安心したと同時に ふと、初級クラスの終了が近いことを思い、少し淋しい気持ちも 感じました。 体を立て直す大切なメニューのひとつ、小豆昆布をお伝えしました。 心を込めて、何度もお作りになって、皆さまの健やかな 人生の宝物にしてください」 皆さん、授業へのご参加有難うございます! 次回、秋期師範科クラスは2月14日15日、 中級日曜クラスは2月16日、 中級月曜クラスは2月3日、 初級火曜クラスは2月4日です。 皆さまのご参加、お待ちしております♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年01月25日 12時43分更新
  • ブログカテゴリー:

1/13研修科

  二十四節気では、昨日から大寒です。 毎日、寒いですね!! さて今回は先週月曜日におこなわれた研修会の模様を お伝えします。 113研修会1.JPG 2014年に入って最初の研修会、今回も各地から 指導員を目指す師範科卒業生の皆さんが集まりました。 113研修会.JPG 校長先生のお話やデモを熱心にノートをとる皆さん。 課題の料理のデモなど、担当の方の発表が終わって、 全員で料理を仕上げていきました。 113研修会3.JPG そして午後からは講義室に移り、みっちり課題発表、 講義がおこなわれました。 ちなみにこの日は小さなお客様が。 指導員の小野隆史さんが、お子さんを抱っこして協会に来られました。 113研修会4.JPG お子さんをだっこする校長先生。 りりしい眉毛がお父さんとそっくり!です。 「目の中に入れても痛くないでしょう?」とお聞きすると、 「もう、どこに入れても痛くないですよ!(笑)」というお返事。 先に小野さんが始めておられたマクロですが、 奥さんもマクロを始められたとのことです。 これからすくすくと成長されるお子さんが楽しみですね。 次回の研修会は、2月10日。 まだまだ寒い日が続きますが、皆さんのご参加をお待ちしております☆ なお、昨日より2014年春期レギュラー教室の募集を インターネット上でも開始致しました。 大変お待たせ致しました。 皆さま、ぜひご参加ください♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年01月21日 10時34分更新
  • ブログカテゴリー:

1/7~1/14レギュラーコースコメント☆

  今日は三連休明けの火曜日♪ 新成人の皆さま、おめでとうございます。 成人式で久々の再会をされた方もいらっしゃるのでは ないでしょうか。 また、既に大人の皆さまは、新年最初の連休を ゆっくりお過ごしになった方もおられるかと思います。 さて、今回は先週7日からおこなっている クッキングスクール・レギュラーコースの 模様を、先生方のコメントを中心にご紹介していきます! まず7日。七草粥の日ですが、この回は初級火曜クラスの 第7回目。かぼちゃコロッケが登場しました。 初級かぼちゃコロ.JPG 担当の小松英子先生からのコメントです。 「あけましておめでとうございます。 今年の初教室は和やかにお料理ができて どのグループも玄米ポタージュ、ひじきこんにゃくが おいしくできて良かったです。 かぼちゃコロッケも簡単に出来ますので、 お家のメニューやお弁当に、ぜひどうぞ!」 次に授業がおこなわれたのは、10日金曜日、上級クラスでした。 担当は龍頭佳世先生。最近ブーム(?)の蓮根、 徳島は蓮根の産地ということで一緒に活動されている 蓮根仲間の方もとても活躍されているそうです。 「なんと言っても大切な“おめでとう”(炒り玄米小豆粥)、 玄米の炒り方も上手で、おいしく出来ました。 寒くなりますが、あと残すところ3回、頑張って修了してくださいね」 翌11日土曜日は、中級Wクラスの第3、4回目がおこなわれました。 午前中の担当は、藤原祐子先生。 「このクラスは2週間に一度、2講座進むので、 頭がいっぱいになることもあるかも知れませんg他、 ぜひ、できるものから、お家で作ってみてくださいね。 そうすると学びたいポイントがよくわかってくるので、 また次の授業が楽しみになるというものです!!」 午後の担当は、野口清美先生でした。 「新年を迎え、また皆さまと元気にお目にかかれて嬉しかったです。 午後からの授業ということで、バタバタと準備して おりましたが、皆さんが快くすすんでお手伝いして くださり、有難かったです。有難うございます。 どの班も5品とも、上手に出来上がっていましたが、 特にひじき蓮根が、ふっくらと美味しく出来上がり、 良かったと思います。 美味しいお料理でますます元気になれるなんて、最高ですよね! 常にお作りになって、得意料理の一品に加えてあげてください」 12日日曜日は、初級日曜クラスの第7、8回目がおこなわれました。 午前中の担当は、島田敬子先生。 「新年明けましておめでとうございます。 今日も元気なお顔が拝見できて嬉しかったです。 玄米ポタージュの玄米粉の炒り方、練り溶かし方など 注意しながらお家でも再挑戦してみてください。 かぼちゃコロッケも、かぼちゃの甘味がとてもおいしかったですね。 来月が初級最後となります。 テキストにあらかじめ目を通して来てくださいね。 風邪には充分気をつけてください」 午後の担当は、土曜日に引き続き野口清美先生でした。 「島田弘子先生の代りに担当させていただきましたので、 皆さんと初めてお目にかかりましたが、 人数が多いクラスにもかかわらず、静かで皆さんが落ち着いて 実習されておりましたので、素晴らしいと思いました。 有難うございました。 正食料理の中でも、大切な小豆昆布を実習しましたが、 皆さん真面目に丁寧に取り組んでくださり、上手に出来ていたと 思います。 おうちでも繰り返し作っていただき、この寒い季節を元気に お過ごしください♪」 そして本日は、中級火曜クラスの第7回がおこなわれました。 担当は、永原味佳先生。 そば米を使ったスープや、小豆昆布を思い出しながら 「小豆かぼちゃ」を作っていっていただきました。 「小豆かぼちゃ、美味しく出来ました。 ぜひ一度作ってみてください。 有難うございました!」 次回、初級火曜日クラスは1月21日、 上級金曜日クラスは1月24日、 中級土曜日クラスは1月25日、 初級日曜日クラスは2月9日、 中級火曜日クラスは1月28日です。 寒い日が続きますが、そして1月下旬から2月は 地域によっては雪などの影響で交通機関が 乱れがちになりますが、皆さまどうぞお気をつけて 授業へのご参加、お待ちしております!!  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
  • 2014年01月14日 16時45分更新
  • ブログカテゴリー:

1/9公開料理「重ね煮料理教室」開催しました♪

今日は三連休の中日ですね。 昨日は鏡開き、京阪神では「十日えびす」の“残り福”の日で 西宮や今宮などのえべっさんに行かれた方も いらっしゃるのではないでしょうか。 さて、今回は9日におこなわれた「とびきり重ね煮」教室の 模様をお伝えします。 講師は、戸練ミナ先生。 幼い頃よりご両親たちから「食べ物で人は変わる」と 聞かされ続けたために、若い頃は逆にその実感がなかなか つかめなかった、というお話を冒頭にされていました。 「ですが、勤務した病院で患者さんが食事を食べて変わられて いくのを目にして、“食べ物で人は本当に変わるんだ!”と 実感しました!」とおっしゃっていました。 109重ね煮1.JPG 今回“重ね煮”をするのは冬の根菜、大根、人参、蓮根に里芋などなど。 109重ね煮2.JPG 先生の説明の途中で、一度全員席を立ち、「重ね煮」の仕込みを おこないました。 109重ね煮3.JPG ↑ガラス蓋ですが、中の水蒸気が充満してちょっと 見づらいかも。 でも、こんな風にじっくり蒸し煮していくことで、お野菜が ぐぐっとおいしくなっていきます。 109重ね煮4.JPG 実習が始まると、戸練先生が各テーブルを回って、 盛りつけなどのアドバイスをされました。 109重ね煮5.JPG こちら、先生がデモンストレーションで盛り付けたお皿。 皆さん作業が終わり、全員で「いただきます」 109重ね煮7.JPG 109重ね煮6.JPG スープやデザートも一緒に、わいわいとにぎやかな試食時間でした。 受講の感想をいただきました。 「料理ほど愛情を家族に届けられるものはない、 家庭和合料理と小川法慶先生のお話を聞かせていただきました。 また、けっして偏らない事、全ての事は変わって行っても良い、 全ての事は変わりゆくもの美味しかったらOK!! という言葉をいただきました」 「同感、共感、合点で楽しい、嬉しい、喜び、悦びの時を 過ごし、たくさんの学びを深めました。 参加してとってもラッキー、ハッピーでした!!」 お正月明け早々にご参加の皆さん、有難うございました! 戸練先生、楽しい時間を有難うございました☆ 来月の公開料理教室は、2月6日 廣田直樹先生の「バレンタインスイーツ教室」。 今年のバレンタインスイーツはチョコパウンドケーキ。 焼き上がりをひとり1本お持ち帰りできます! まだ若干席に余裕があります。 ぜひご参加くださいね!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年01月12日 15時21分更新
  • ブログカテゴリー:

12月師範科&20~24日レギュラーコース☆

  皆さま、メリー☆クリスマス☆ですね。 2013年もあと1週間です!! さて、今回は12月におこなわれた春期・秋期師範科クラス、 そして20日から24日にかけてのレギュラーコースの 模様をお伝えします。 12月13日、14日におこなわれた秋期の師範科クラス。 こちらはちょうど11月におこなわれた授業が 金曜・土曜入れ替わっての開催となりました。 13日金曜クラスが、前回土曜クラスを指導された、 野口清美先生。 メニューはごぼう、蓮根、きのこがふんだんに入った 洋風レシピ。 午後からも野口先生の講義がみっちりとおこなわれました。 14日土曜クラスが、前回金曜クラスを指導された、 西森寿美子先生。 メニューはれんこんの押し寿司やローフなど、 正食の先輩たちから伝えられた和風のレシピ。 こちらも午後から、西森先生の講義が みっちりとおこなわれました! 「どんな料理??」という方は、こちらをご参照くださいませ…! http://macropocket.jugem.jp/?day=20131119 19日、22日におこなわれたのは、春期師範科クラス(木曜、日曜)。 指導されたのは、島田弘子先生でした。 この回では、師範科がクライマックスに近い9回目ということも あり、黄檗宗の精進料理「普茶料理」がテーマでした。 普茶1.JPG ↑薄揚げを開いて、具を巻き込んでいます。 普茶料理は基本、大皿に1人1切れ分ずつ盛り付けます。 (汁物、ごはんものなどを除く) 普茶3.JPG つけ塩やお醤油などをかけなくてもいいように、 一品一品下味が付けられています。 普茶2.JPG ↑季節野菜の揚げ物。さざんかの花が、華やかさを増しています。 春期師範科は1月が第10回。そしていよいよ2月23日には 卒業制作発表会が待ち構えています。 クラスの中には、「どういった料理を発表しようか??」と 悩んでおられる方も。 過去の発表会の写真を参考に、料理や盛りつけを打ち合わせする 姿も見られました。 20日は、上級金曜クラス第6回目がおこなわれました。 この回の担当は、藤井美千代先生。 中華風の「黒米ちまき」や、ささっと作れる「茸のホイル焼き」 彩りのバランスもいい「人参・ブロッコリー・大根の三色サラダ」、 シンプルな「りんごパイ」などを作っていきました。 上級金曜1220.JPG 藤井先生からのコメントです。 「今日の黒米ちまきはいかがでしたか。 きれいに包んでくださいましたね。 りんごパイもおいしそうにできていました。 今年もあと少しです。 お身体に気をつけてお過ごしくださいネ。 良いお年を!」 翌21日土曜日は、今年最後の“初日”、 中級W土曜クラスの第1回、2回がおこなわれました。 午前中、第1回を担当したのは、尾道でネットワーク教室もされている 藤原祐子先生。 初回では、翌日22日冬至に食べたい「かぼちゃ粥」や、 切り干しのお惣菜「わかめと切り干し大根の二杯酢」などに 取り組んでいきました。 午後のクラスの担当は、野口清美先生でした。 第2回は、雑穀の“ひえ”が入った「野菜スープ」、 炒った大豆の香ばしさが楽しい「ひじき五目煮」を 作っていきました。 藤原先生のコメントです。 「和やかなクラスですね。皆で仲良くしっかり 学んでいきましょう! お料理については、校長先生のお話を よくかみしめてくださいね」 このクラスは、3月1日には最終回を迎えます。 少し駆け足ですが、皆さん、どうぞ年始からもよろしく お願い致します! 23日には先生方の「研究会」がおこなわれました。 (その模様はまた次回に…) そして24日には、今年最後の授業、 中級火曜クラスの第6回がおこなわれました。 担当は、藤井美千代先生。 この回では、団子汁風の「小豆スープ」、 炒り大豆と番茶の風味豊かな「茶飯」、 そして玄米をいただくときに欠かせない「ごま塩」を 手作りしていきました。 藤井先生のコメントです。 「今日も楽しい教室でしたね。 皆さんの明るい笑顔はステキです。 ごま塩も丁寧に作られ、よい仕上がりでした。 来年も頑張ってくださいネ。 良いお年を!」 次回、秋期師範科クラスは1月17日、18日、 春期師範科クラスは1月23日、26日。 上級金曜クラスは1月10日、中級土曜クラスは1月11日、 中級火曜クラスは1月14日です。 どうぞ、良いお年を…! (協会ブログは、年内もう少し続きます♪)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月25日 17時52分更新
  • ブログカテゴリー:

12/12・18公開おせち料理教室♪

  今日の大阪はとっても晴れています! 今年最後の連休、ちょっと下り坂の予報ですが 大掃除日和になるといいですねえ!! さて、今回は12日と18日におこなわれた公開料理 「おせち料理教室」の模様をお伝えします。 12日は正食の基本のおせち、ということで、 岡田昭子校長先生が指導されました。 1212おせち1.JPG ↑田作りのタレの加減を皆さんに見てもらっているところです。 基本のおせち、ということで、定番の紅白なます、お煮しめ、お雑煮、 きんとんやたたきごぼうに、皆さんにチャレンジしていただきました。 1212おせち2.JPG 柚子釜を作ってそこになますを入れるので、柚子は豪華に一人一個。 こちらが、出来上がりです! 晴れの日のお料理ということで、鮭の南蛮漬けも加わっています。 1212おせち3.JPG きれいに花形に切った蓮根や人参の破片も無駄にしないのが、 正食流。左端は、その端材で作った蓮根・人参ボールです。 そして18日、こちらはこれら「基本のおせち」の周辺を飾る 「バラエティおせち」の実習がおこなわれました。 1218おせち1.JPG こちらは、島田弘子先生が指導されました。 こちらでは、大根と人参を市松模様に巻いたり、 昆布巻きをしたり、おせちのお重にあると「おお~!!」となりそうな 一品にチャレンジしていただきました。 1218おせち2.JPG これは、かぶら蒸しのようですが、蓮根蒸し。 旬の蓮根が、これまたおいしいんです。 仕上げに葛あんをかけていただきます。 1218おせち3.JPG ごぼうを使ったつくね団子や、ゆりねのお饅頭なども。 最近はすっかり「おせちは買うもの」となっているご家庭も 多いかと思いますが、やはり家族の健康無事を願って作られた おせちは、格別なお料理ですよね。 どうぞおうちでも作ってみてくださいね☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月20日 11時32分更新
  • ブログカテゴリー:

12/15~17レギュラーコースコメント☆

  昨日今日と大阪は雨模様でした。 教室に通って来られている受講生の皆さんの おうちの中には、もう既に雪が積もっているところも あるようです! 季節はちょうど、大雪から冬至の間。 今年の冬至は22日、かぼちゃを食べると風邪を引かない、 と言われていますよね。 ほっこり、身体の中から温まるものをいただいて、 残りの師走を乗り切りましょう☆ さて、今回は15日から17日にかけておこなわれたレギュラーコース の模様を、先生方のコメントを中心にお伝えします。 15日日曜日は、中級の日曜クラスがおこなわれました。 午前中の担当は、和歌山からお越しの柳澤幸代先生。 この第5回では、玄米が苦手な方でも気にせず食べられる 「玄米ドリア」や、豆をしっかり食べられる「ひよこ豆のサラダ」 に取り組んでいただきました。 柳澤先生のコメントです。 「今日は洋風メニューを作りました! どれもおいしく出来た、と好評でした。 玄米ドリアのホワイトソースは、玄米粉の糠くささを しっかり飛ばしてルーを作りましょう。 だまにならないよう気をつけてくださいね。 ひよこ豆は、今日は土鍋でコトコト炊きました。 調味液には、熱いうちに漬け込んでくださいね。 デザートのプリンもきれいにできていましたね! 次回も元気に来られることを楽しみにしています。 お疲れ様でした」 午後からの担当は、阪神間からお越しの島田弘子先生。 午後の第6回では、午前中とは対照的に、 番茶の滋味深い「茶飯」や、高野豆腐を使った「高野サラダ」 そして玄米をいただくうえで欠かせない「ごま塩」を作って いきました。 島田先生のコメントです。 「正食おなじみのごま塩はいかがでしたか。 簡単なようで、実は奥の深い料理です。 とにかく大切なことは、丁寧に心をこめて作ること。 何事も一番には、そうありたいものです」 翌日16日は、この日からスタートした中級月曜クラス。 来年3月までの間に、全10回までこなしていきます。 年末年始お忙しいですが、皆さん、どうぞよろしくお願いいたします! 午前中第1回の担当は、奈良からお越しの今村圭子先生。 第1回では、冬至のメニューでも使える「かぼちゃ粥」や、 おでんに入れても楽しめる「信太巾着」、 煮つけだけでない切り干しの「わかめと切り干し大根の二杯酢」に 取り組んでいきました。 今村先生のコメントです。 「中級ダブル、ご進級おめでとうございます。 また中級で学びを深めていきましょう。 皆さんよく聞いていただき、とってもおいしく 作ってくださいました。 信太巾着も、汁を葛粉でとろみをつけたりして、 季節に合ったお料理ができました。 ありがとうございます」 午後からの担当は、阪神間からお越しの森脇敦子先生でした。 第2回では、ごぼうのコクが楽しめる「ごぼうと揚げ入りご飯」や これもまたおでんでもおいしい(笑)「がんもどき」を作っていきました。 森脇先生からのコメントです。 「中級になると作業が増えて大変だったと思いますが、 皆さん手際よく、おいしく作ってくださいました。 その調子でこれからも楽しく勉強していきましょう! 次回は1月です。年末年始で食生活が多少乱れる かもしれませんが、正食を知っていればすぐ元の体調に 戻せます。よいお年をお迎えくださいね」 17日火曜日は、初級火曜クラスの第6回がおこなわれました。 担当は、京都からお越しの野口清美先生です。 この回では、炒り玄米でコンソメのような風味が出せる 「玄米スープ」や、お豆腐をベースにしたドレッシングのサラダ、 九州は熊本地方の郷土菓子「いきなり団子」を作っていきました。 いきなり団子.JPG 野口先生のコメントです。 「寒い中、今日もお疲れ様でした。 炒り玄米のスープは、玄米を炒ることにより、 どなたにでも食べやすく、消化されやすいものになっています。 玄米を食べたことのないお友達にもぜひ、勧めてあげてくださいね! 豆腐のドレッシングも、マヨネーズみたいでおいしかったでしょう☆ ご自身でより工夫をされて、いろいろなバージョンをお楽しみください。 それでは、お体に気をつけて、よいお年をお迎えくださいませ」 そう、クリスマスまで1週間を切り、お正月もあと2週間を 切っております。 年末、元気にまいりましょう!! 2月1日の子育て応援「食育フォーラム」のお越しも、 講師陣、事務局スタッフ一同、お待ちしております♪ ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminars/shokuiku_forum.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年12月19日 18時33分更新
  • ブログカテゴリー:

12/6、8~10レギュラーコース☆

  今日は天気予報で最高気温9度という大阪、 晴れていますが、どうぞ寒さ対策を充分してお過ごしくださいね! 本日は毎年恒例の「おせち料理教室」。 岡田昭子校長先生に、正食の基本のおせちをみっちり 教えていただきます! 今すでに、教室からおせち独特の準備の匂いが漂ってきています。 さて、今回は6日から10日におこなわれたレギュラーコースの 模様をお伝えします。 (そのうち、最終回を迎えた7日初級土曜クラスは先に お伝えしておりますので、前の記事をご覧くださいませ!) 6日は上級金曜クラスの第5回。 担当は岡田校長先生でした。 この回では、ご病気の方や、離乳食にも活躍する「玄米クリーム」を、 生玄米を炒るところから取り組んでいただきました! 自然食品店で目にするレトルトの「玄米クリーム」はとても お手軽ですが、自分で最初から作ってみると、とても手のかかる 手順を経て作られていることが分かりますよね。 その分、作り手の気持ちがとっても込められるお料理になるので、 校長先生も「お時間があるときは、ぜひ手作りしてください!」と おっしゃっています。 8日は、初級日曜クラスの第5回、第6回がおこなわれました。 午前中の担当は島田敬子先生でした。 この回では、体調を整えるときにいただきたい「小豆粥」や、 蒸し煮をしっかりして作る「水無し炊き」、そば粉で作るシンプルな 「そば団子」を作っていきました。 島田敬子先生からのコメントです。 「今日も楽しくお料理できましたね。5回目メニューの中で一番重要な “水無し炊き”もお野菜の甘みをしっかり出し、おいしく仕上がりました! すばらしい!! そば団子、蒸し器からしっかり湯気が出てる状態で蒸してくださいね。 来年もよろしくお願いします! 良いお年を!」 午後からの担当は、島田弘子先生でした。 この回は、炒り玄米の練習にもなる「玄米スープ」や ヘルシーな「野菜てんぷら」や豆腐マヨネーズ風の ドレッシングを作る「キャベツサラダ」を作っていきました。 1208初.JPG 島田弘子先生からのコメントです。 「今日のポイント、炒り玄米は是非おうちのお鍋で実際に 復習してみてください。 ごぼう、さつま芋、人参などで、天ぷらも少ない油でできるので、 練習してみてください。 授業はあと2日ですが、疑問点などありましたら、 質問をしてくださいね」 そして10日は中級火曜クラスの第5回がおこなわれました。 担当は、永原味佳先生でした。 この回は、ちょっとしたおもてなしにも使える洋風メニュー、 「玄米ドリア」や「ひよこ豆のサラダ」、「黒ごま豆乳プリン」に 取り組んでいただきました。 1210中.JPG 永原先生からのコメントです。 「今年一年お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いします。よいお年をお過ごしください。 かけあがる1年に!! ぜひ、本もチャレンジしてみてくださいネ」 次の授業が来年1月(または担当の先生の授業が来年)ということで、 教室では「良いお年を!」という挨拶が毎日聞かれます。 今年ももうあと半月。 大掃除、年賀状、暮れのご挨拶、忘年会。 慌しい日々が続きますが、マクロの食事で体調管理しつつ、 元気に過ごしましょう☆ また、幼い頃に身につけた習慣は、大人になっても続くもの。 どういった習慣が、「元気に活き活きと毎日を過ごせる心身」に つながるのでしょうか?? そんなお話を聞く機会が、2月1日にありますよ♪ 大阪商工会議所で開催する「食育フォーラム」では、 高取保育園の西福江園長先生の講演がおこなわれます。 正食料理の試食もありますよ。 クッキングスクールの講師陣だけでなく、幼稚園保育園の先生や、 昨日の記事では山村慎一郎先生も来られる、ということでしたよね! ぜひぜひ、ご参加ください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
  • 2013年12月12日 10時13分更新
  • ブログカテゴリー:

12/2、7初級最終回の感想

  「和食」が世界無形文化遺産になりましたね! しかし、子どもたちの間では和食が苦手、食べる機会が減っている、 という話題がニュースになっているようです。 「手間がかかる」 「調味料が多い」 「出汁をとるのが面倒」 「忙しくてつくる時間がない」 「子どもの好きなものを優先」 というのが世間のお母さま方の和食を作らない理由 なのだそうですが、 「出汁を使わないお味噌汁」や 「お塩、お醤油、お味噌」が基本調味料の マクロビオティックのお料理なら、 少なくとも上の理由の2つはクリアできますよね♪ さて、今回は2日と7日におこなわれた初級Wコース (約3ヵ月でカリキュラムが修了)の受講生の皆さんの 感想を一部ご紹介致します。 「 家で蒸し煮をやっていてもうまくいきませんでした。 実際に習いに来ると、我流でやっていたことが分かりました。 スムーズにスマートに料理ができるようになりたいです」

「  野菜は割と食べていましたが、料理のバリエーションが少なかったので、 増えて嬉しい。食べ物を大切にする心が芽生えました」

1207初級2.JPG (筑前煮) 「家にあるだしの素を捨てようかと思っています。 塩気のある料理を食べているのに、血圧がむしろ低くなりました。 健康は他力本願ではいけなとことに気づきました

「ネギの根を、細かく刻んでいただいたり、 人参の首の部分の黒いところも、今まではばっさり 切り落としていたけれど、 こそいでいただいたりすることが新鮮でした。 見た目も美しく盛りつける大切さを知りました」 1207初級3.JPG (豆乳ムース)

「塩で味を決めるということを知りました。 今まで、調理に甘味を使いすぎていたようです。 忙しく働き続けても、疲れなくなりました。 自分の適した塩加減を知るということが大切だと感じました」

1207初級1.JPG (五目炊き込みご飯)

「体温が上がったのか、ホットカーペットだけで、 まだエアコンをつけずに生活しています。 体質が変わってきているのかな、と思っています」

「調理師ですが、この料理には食の原点があると思いました。 調味料の使い方を分かったつもりでいましたが、 素材を味を生かせる使い方を知りました。 人に伝えていきたいと思います」

1207初級4.JPG 7日午前中の担当だった、安福昌代先生からのコメントです。 「初級修了、おめでとうございます! 皆さんの感想発表を聞いていると、それぞれの方が いい一歩を踏み出されたんだなと感じました。 その歩みを無理なく自分のペースで続けていってくださいね。 きっと、どんどん景色が変わってくると思います。 楽しみですね」 午後、最終回の担当藤井美千代先生からのコメントです。 「土曜Wの初級の皆さん、お疲れ様でした。 全てのお料理がおいしくできていました。 豆乳ムースの型抜きは楽しそうでしたね。 大切な筑前煮、おうちでも作ってみてくださいね。 また、お会いできたら嬉しいです」 初級Wの皆さん、修了おめでとうございます! もし、周りに「出汁をとるのが面倒・・・」とつぶやく方がおられたら、 「こうやったら、面倒じゃないよ!!」とお伝えしてくださいね☆ この土曜クラスの引き続きで12月21日より、中級Wクラスが スタートします! 初級だけではまだまだお伝えしきれないマクロのお料理の奥深さ、 ぜひ中級で実感してみてくださいね。 3月スタートの短期集中料理教室も、好評受付中です!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年12月08日 15時53分更新
  • ブログカテゴリー: