ブログ「マクロなポケット」Blog

正食クッキングスクール集中料理教室・中級コースに潜入!

初級に続き、3月11日から15日までの5日間にわたり行われた集中料理教室の中級コースが無事終了いたしました!パチパチパチ! メニューも指導内容もレベルアップした中級コースでの皆さんの奮闘ぶりを、新人事務局員の添田がリポート致します。       まずは、教室の様子から。 ホワイトボードを使って講義される永原味佳先生。
    料理のデモンストレーションをする藤井美千代先生。
    今回マレーシアから参加された生徒さんに事務局員の樊さんが中国語で通訳をしました。マクロビ発祥の地の日本で勉強したいという中華圏や欧米の方が増えてきています。
    島田敬子先生にコーフの蒸しあがりを確認してもらっています。 各班同じようにやっても出来上がりが違うのがおもしろいですね。 手打ちうどんの指導をする柳澤幸代先生。一生懸命こねています。  
  班のチームワークも日を追うごとによくなっていきます。ご飯の時間はどこのテーブルも賑やかです。もっと味付けをこうしたらよかったとか、先生からのアドバイスからプライベートの話など情報交換の時間でもあります。     限られた時間ですので、昼食の間も先生方は講義をしてくださいます。 岡一美先生の話に聞き入る生徒さん達。
    お手当てのお話をしてくださる藤原祐子先生。 先生方は実体験に基づいてお話をしてくださるのでとっても興味深いです。
    続きまして、中級で習った料理をさらっとご紹介します! 初級に比べて品数が増え、料理自体も手の込んだものが多くなってきました。   玄米海苔巻きは見た目にも華やかです。 がんもどきが手作りできるなんて驚きでした。  
野菜のキッシュのような洋食メニューも嬉しかったです。
  このナッツケーキは甘みを最小限におさえながらとっても香ばしく美味なんです!
      それでは、みなさんのアンケートから人気メニュートップ3を発表します! 今回は票が結構バラけました。さてさて結果はどうでしょう?     第3位! オートミールバーク茸ソース 粒々感がいい、オートミールの食感が良かった、フワフワで茸ソースとても合う、とのことです。     第2位! ひえコロッケ 梅ソースと相性ばっちり、さめても美味しい、ひえのモチモチ感が食べたときに嬉しいなどのコメントがありました。         そしてそして、栄えある第1位は!                     ジャーン、ドコドコドコドコドコドコドコ(ドラムロールの音)     ジャン!! 手打ちうどんののっぺい汁でした!!   手打ちうどんが美味しかった、とても優しい味、意外と簡単にできてビックリ等のコメントをいただいております。 皆さん、自分で手打ちうどんを作った感動がひとしおだったようです。うどんにこしがあり、とっても美味しかったです。       最後に中級コースを受講された生徒さんの感想を紹介させていただきます。   ・レシピが増えたことがとっても嬉しく頑張って家庭でも実践していきたい。   ・手の込んだ料理だと思い込んでいた献立も時間はかかるけど自分で作ることができるんだとわかり、これから是非作ってみようと思う。   ・陰と陽についてもう少し詳しく知りたかったので上級に期待します。   ・たくさんのこと学んだ中級。お料理の基礎からお手当て、生き方まで。初級に習ったものを先生がもう一度説明してくださって復習も兼ねて納得したし、質問にも優しく答えてくださったのが嬉しかった。   ・初級の基本メニューとはまた違うマクロビを知らない家族や友人にも喜んでもらえそうなメニューが増え、作って食べるのが楽しかった。         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いやーとうとう中級も終わりました! マクロビも料理も超初心者の私は、品数も工程も増えた中級の内容についていくのに最初は必死でした。それでも段々と慣れてきて知らず知らずのうちにできることも増えたような気がします。日を追うごとに班ごとのチームワークも良くなっていくので手際よく皆さん料理されていました。 メニューも基本的な初級コースを踏まえた、それでいて子供さんやお友達にも喜んでもらえるようなバラエティ豊かなものになっているのが中級コースの魅力ですね!   さて、上級コースはどんなことになるのでしょうか?! 乞うご期待!  
 
  • 2015年03月21日 09時34分更新
  • ブログカテゴリー:

2014年度春期師範科卒業制作発表会&卒業式

少し時間がたってしまいましたが、2月22日(日)におこなわれた 2014年度春期師範科卒業制作発表会と卒業式の様子をご紹介しますき 目にもお腹にも心にも大満足の力作ばかり。 先生もおっしゃっていましたが、大人な春を感じる制作発表会でした。 その後、場所を公民館に移して卒業式へ。 涙もありつつ、終始なごやかな雰囲気。 師範科クラスの皆様、ご卒業おめでとうございます。
長いあいだ通っていただき本当に有難うございました。
いつでも遊びに来てくださいね ニコ

制作発表の作品は、全て「むすび5月号」に掲載いたします。
どうぞお楽しみに! +++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
+++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2015年03月15日 11時31分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール集中料理教室・初級コースに潜入!

2015年春の集中料理教室の初級5日間が大盛況のうちに無事終了いたしました! パチパチパチ! この熱い日々の模様を新人事務局員でマクロビ超初心者の添田がリポート致します。   奇しくも「食育」の生みの親であり、マクロビオティックの元となった食養道をひらかれた石塚左玄の誕生日である3月6日に始まり、3月10日まで行われた初級コース。 集中コース全てにいえますが、午前に1食目、午後に2食目と、それぞれ先生による料理説明・デモンストレーション、講義、実習とかなり重量感のある内容が5日間続くわけですから、生徒さん達は皆さん相当気合を入れてのぞまれていました。 外国からや国内でも遠方から参加される方が多いのも集中コースならではのようです。今回はアイルランド、マレーシア、イギリス、北海道、高知、千葉、福岡、徳島などからいらっしゃっていました。20代後半から70代の方まで、男性も2名いらっしゃり、かなりバラエティ豊かなメンバーです。   マクロビといえば玄米。基本中の基本の玄米を1日目の午前は圧力鍋で、午後は土鍋で炊きました。出来上がった玄米ご飯は今まで食べた中で一番ふっくら!このモチモチ感は何なんでしょう!?これなら玄米ご飯は好きじゃないという方でも美味しくいただけると思います。家で炊いているけどうまくできないという方もコツが掴めたようです。 次に基本の味噌汁。なんとこのお味噌汁はだしを一切使わないんです!上質な調味料を少量使うだけで野菜のふかーくやさしーい甘みを引き出すことができるんです。これは本当に目から鱗でした。 そして蓮根ボールと青菜の磯部和え。こちらもシンプルに作っているのにとっても美味しい! ご飯物と汁物、副菜やデザートなどを含め、1食につき4~5品をいただきます。 どれもとっても美味しくいただきました。 講義をする宮本貴子先生。 各テーブルをまわって丁寧に教えてくださる岡田美樹先生 林富美先生から玄米団子の生地の混ぜ方を教わっています。 香港のネットワーク校で教えられている野﨑恭子先生。 最後に教室にいた生徒さんと先生方とパチリ! 毎日午後のクラスを担当してくださった島田弘子先生。 いってみれば担任の先生のような存在でした。とても穏やかに話される中に、優しさと力強さがにじみ出る大地のような先生です。実習中、各班に色々と失敗がありましたが、その都度、笑顔で「大丈夫、大丈夫」と的確な指示をしてくださいました。 校長先生はお昼ご飯の時間に正食の深い知識をたくさん教えてくださいました。本当にお若くて、私もマクロビを続けていけばこんな風になれるのかと目標になります。 そうそう、若いといえば講師の先生皆さん肌がとても綺麗なんですよね。当たり前のことですが、やっぱり食べ物が体を作っているんですね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さて、最後にアンケートからの発表です。 まずは今回習った中で好きなメニューTOP3を発表します!   第3位! ・小豆昆布(食べた瞬間に嬉しくなった・翌朝の腸の働きが抜群) ・車麩のフライ(味がしみてて美味しい・食感が素晴らしい) ・玄米ドリア(こくのある美味しさ・なんともいえない優しい味)   第2位! ・かぼちゃコロッケ(簡単でボリューミィ・梅ソースとの意外な組合せ) ・スパゲッティトマトソース(トマトソースが奥深い・酸味がさっぱりで美味) ・筑前煮(野菜の甘みがおいしい・とってもホクホクしている)   そして栄えある第1位は! ジャーン! くるみクッキーでした! え、これだけおかずやらご飯やら料理を習って、まさかの1位がくるみクッキーなんて!? ついそう思ってしまいそうですが、このクッキーがなんとも言えない優しくてほんのり甘い香ばしさなのです。 私も体重のことを考えると甘いものを食べるときに罪悪感を伴ってしまうこともしばしば。 でも上質な甘みを少量使うだけのこのレシピなら安心して食べられます。 しかも作り方がとっても簡単でシンプル! 皆さんの意見も、香ばしく美味しい・さくさく感・これだけの材料で市販に負けない美味しさ・メープルのほのかな甘みとくるみが絶妙…等々いただきました。 最後に初級コースを受講された生徒さんの感想を紹介させていただきます。   ・今まで独学でマクロビをしていたので味が薄く続けるのが難しいと感じていたが、今回正しい塩の使い方や野菜の切り方を学び、美味しい料理だとわかった。   ・アトピーの息子のために頑張ってマクロビを実践していきたい。   ・最小限の調味料で野菜のうまみを最大限に引き出せる料理の仕方にびっくり。レシピ本を読んで自力で作ったものとは大違いで、きちんと習いにきてよかった。   ・家族的な雰囲気で和気あいあいと過ごせてよかった。先生と生徒の距離が近いのが印象的。   ・志を同じくする方たちと一緒に料理を作るのは楽しくあっという間の5日間。   ・料理だけでなく生きていくうえで役立つことや生き方自体のヒントがたくさんあるのが他の料理教室との違いであり、魅力と感じた。       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今回参加させていただいて感じたのは、「みなさん食べるのが本当に好きなんだな」というシンプルなこと。そしてせっかくいただくなら、体と心に良いものを、地球にも優しく、みんなが笑顔で美味しくいただけるようにと、ただそれだけなんですね。そこに皆さん並々ならぬ情熱を注いでいらっしゃるのだと思いました。 そして、食材、調味料、作り方がシンプルでいて素材の深い味わいがでるので、私のような料理が苦手な人にもオススメできる内容でした。     以上長くなりましたが、レポートでした!  
  • 2015年03月13日 18時57分更新
  • ブログカテゴリー:

ふりかえり~今期の研修科修了

こんにちは。 本日、正食クッキングスクールでは、春の集中教室の初級が終了しております。 みなさま、5日間けがもなく、元気に過ごされました。 レギュラーコースが終えられて、指導員をめざす際に、通われる研修科。 先日2月23日にその研修科の今期最後の授業がありました。 みなさん、デモもずいぶん慣れてこられて楽しんでお料理をされていました。 午後は、龍頭先生の講義です。 「ゼンマクロ」の極意を教えてくださいました。 そして、みなさんでパチリっ! 研修科は、師範科を卒業された方でしたら、どなたでも お越しいただけますので、4月からもぜひいらしてくださいね。 どうぞよろしくお願いいたします。  
  • 2015年03月10日 13時28分更新
  • ブログカテゴリー:

2月研究会と故会長をしのぶ会開催

食育フォーラムが終わった2月の研究会。 食育フォーラムで腕を振るっていただいた先生方が、またお料理の研鑽のため集まってくださいました。

この日は、皆様のご希望により「魚のさばき方」の講座を開催しました。島田弘子先生を筆頭に、宮田官往先生が指揮をとってくださいました。 鯵や鰯など、参加者の先生方が宮田先生のご指示のもと、さばいていってくださいます。普段は、肉、魚をあまり多用しないマクロビオティックではありますが、こういう基礎的な技術はきちんと身につけたい!と皆様真剣に学ばれていました。  

この日は、岡田校長先生の伝統料理や、福井の佐々木恵美子先生の郷土料理、橋本裕孝先生の菜の花のお料理もふるまわれ、研鑽の合間に楽しい昼食時間を過ごしました。  

午後は、小松英子先生による「教えるということは」というとても大きなテーマで、研究発表があり、皆様深く深く学ばれていました。

 そして、今年は、故岡田定三会長の5回忌ということで、研究会後に、有志の先生方で「しのぶ会」が開催されました。幹事の野口清美先生の元皆様集合され、和やかな時間を過ごされました。改めて、「正食道」を歩んでおられる先生方の思いが伝わる会となりました。最後にご挨拶をされた岡田校長先生も終始笑顔でらっしゃいました。  

 先生方が研鑽を重ねられる研究会は月1回開催されています。今、レギュラークラスに通われている方も、検討されている方も、将来ぜひこのお仲間になって、いっしょに学びましょう♪

  • 2015年02月16日 09時49分更新
  • ブログカテゴリー:

春期レギュラー教室募集始まりました!

こんにちは。 正食クッキングスクールでは、4月から春期レギュラー教室が始まります♪ 一般に玄米菜食として知られるマクロビオティック。 「やってみたいけどおいしくできるのかな」と思われるかもしれませんが、 もともと日本にある伝統食に根ざしたものなので、 基本がわかれば毎日の食卓に簡単に取り入れることができますビックリ笑顔 ダイエットに、デトックスに、体質改善に! 正食クッキングスクールで季節の恵みをおいしくいただくコツを学んで、 自然のリズムに合わせた健康な暮らしを楽しみませんか?スマイル 料理実習だけでなく、マクロビオティックの講義の時間もしっかりありますので 初めての方も安心してご参加くださいニコ 日程等、詳細はこちらをご覧ください♪ 一日体験教室もございますので、 教室の雰囲気等お知りになりたい方はまずはこちらからおはな 3月開催の短期集中教室もまだまだ受講生募集中です! 皆さまのご参加お待ちしておりますき  
  • 2015年02月12日 12時32分更新
  • ブログカテゴリー:

麦麹でつくる手づくり味噌教室を開催しました

年が明けた2015110日、愛媛県で森づくりや自然農に取り組み、正食クッキングスクールネットワーク校、正食愛媛教室を主宰する鶴見恵子先生の味噌作り教室が行われました。   鶴見先生が「むすび」で連載した記事を冊子にした「つるちゃんの千年の森をつくる暮らし」を参加者に配布して、「みんなにつるちゃんと呼ばれています。棚田のてっぺんに住んで、自分ちで食べるお米を有機無農薬で作っています。味噌の手作りの経験は10年くらいで、子どもたちの自然体験教室でも味噌作りをやってきました」と自己紹介されました。   今回の味噌教室は、麦麹を使った麦味噌を作り、約1kgをお持ち帰りしていただき、スペシャルメニューとして、鶴見先生が作って持参されたお味噌で、野菜たっぷりの味噌汁、そして朴葉(ほおば)焼きの味噌を作っていただきました。   お味噌の8つの効用について解説がありました。(「健康食みそ」農文協より) ①味噌は長生きの素、②味噌には驚異的な「生菌効果」がある、③味噌は頭の血のめぐりをよくする、④味噌は胃がんの予防食、⑤味噌は優れた整腸剤、⑥味噌はたばこの害を防ぐ、⑦味噌は日本人の毒消し、⑧味噌汁の医者殺し、と 良いことずくめの素晴らしい日本伝統の発酵食品です。   「毎朝一杯の味噌汁を飲むとして、1年の消費量分かりますか? 正食協会のレシピは6人分で75gでしょ。だから1人が12.5g×365=4.5kg 今日1kgの味噌を作るのはとても簡単だと思う。これを4倍作れば、1年分の味噌ができます。是非おうちで作り続けていただいたらと思います。自分の味噌を作ったら、あまりのおいしさにみんなに配りたくなると思うんです(笑)。配りたくなった次には、一緒に作りたくなるんですよ」 「今、お味噌を作る文化が途絶えているんです。高度成長の時代を経て、買うことに慣れてしまい、お味噌なんか作るのはださいとなってしました。今日習った方法をマスターして、私たちが次の世代に伝えていく責任があると思うんですね」と熱く味噌作りの文化をつなげていくことを熱く語られました。   参加者の声です。 「鶴見先生のお伝えされる姿がとても温かく、家で味噌を作りたい!! という気分にさせてくださいました」   終了後の鶴見先生のコメントです。 「ありがとうございました。楽しそうに作ってくださっていたので、よかったです。これが種まきになって、いろんな所にお味噌作りの輪が広がったらいいなと思います」   「味噌は、つくるものではなく、育てるものです。よく育っているかしら・・・といつも心にかけておくのがよい味噌をつくる秘訣です! (福岡で長く伝統製法でマイヅル味噌の屋号で味噌を作り、販売されていた白水さんの言葉より)    
  • 2015年01月12日 14時10分更新
  • ブログカテゴリー:

新年あけましておめでとうございます♪

新年明けましておめでとうございます! 昨年は、お世話になりました。 今年も、正食クッキングスクールをどうぞ宜しくお願いいたします。   さて、皆様おせちはご用意されましたでしょうか? おせちにも入っている日本ならではのお菓子。 色とりどりで、四季を感じられる和菓子は、気持ちが楽しくなります。 正食クッキングスクールでは、1月22日より3回シリーズで、和菓子教室を開催いたします。もちろん、マクロビオティックな和菓子です。マクロで美味しい和菓子の作り方をベテラン講師陣がお伝えいたします♪   和菓子の由来や食材の話の講義つき! しかも、毎回お抹茶で和のおもてなしを楽しんでいただけます♪   ぜひ、ご参加宜しくお願いいたします!! https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html    
  • 2015年01月01日 00時05分更新
  • ブログカテゴリー:

「クリスマスの日に親子でマクロスイーツ作り」開催しました

正食協会では、食育フォーラムや保育園・幼稚園での出張食育講座などを通して、子どもたちや親御さんたちに、食べることの大切さを知っていただく活動をしています。その一環として、正食クッキングスクールで初めて親子公開料理教室「クリスマスの日に親子でマクロスイーツ作り」を開催しました。   担当したのは、小さい頃からお菓子作りが大好きで、その後料理学校でお菓子作りを本格的に学んだ今村圭子先生です。 1225日、開催当日。教室でクリスマスツリーや飾り付けが始まると、華やいだ雰囲気が事務所にも伝わってきました。 参加者は、小学校1年生から中学1年生の子どもたちとお母さんたち。小さいスリッパや小さい子ども用の踏み台も用意されていました。   メニューは、モチモチ感がうれしい「プチ焼きドーナツ」、クリームとフルーツで自分好みに「トライフル」、失敗なし!の「ナッツクッキー」です。 いつもの料理教室と一緒で、最初にデモンストレーション。そして、実習が行われました。 子どもたちは、みんなイキイキとお菓子を作っていました。男の子も女の子もお菓子職人さながらに真剣です。とても上手に仕上げていました。   終了後、今村先生に感想をお聞きしました。 「子どもさんがいる教室というのは雰囲気が全然違いますね。子どもたちと過ごせる時間がすごく幸せでした。神様が私にくださったクリスマスプレゼントだなと思います」 「お母さんに誘われて『うん』という子たちだから、無理矢理連れて来られたという感じじゃなく、なんでも“ぼくが私が”やりたいと、みんな意欲的で、しかも上手に調和をとって作ってくれていました」 「ちゃんとお片付けができるというのが、素晴らしいと思いました。こちらの教室に習いに来られているお母さん方のお子さんということで、すごく嬉しかったです」   お母さんたちの感想です。 「家で作ってみたいと思います。楽しく作るわが子を見て幸せでした」 「いつもお世話になっている教室に子どもたちと来ることができて嬉しかったです。簡単に作れたので、良かったです」   子どもたちの感想です。 「たのしかったです。スイーツがおいしかった」 「フルーツトライフルの盛り付けが楽しかった」 「楽しかった。それに自分で作ったのもおいしかった」   事務局から一言です。 「子どもたちがとてもイキイキと料理をしている姿を見て、これぞまさに“食育”だと実感しました。このような企画を今後もより充実させていきたいと思いました」
  • 2014年12月28日 15時22分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんのクッキングライブ開催しました

   誰もが知るポップスの女王マドンナをはじめ、数々のセレブと呼ばれるそうそうたる人たちにマクロビオティック料理を供しマクロビオティック・パーソナルシェフとして世界を駆け巡る西邨マユミさんが、アメリカから一時帰国されました。  忙しいスケジュールの中、1218日に正食協会でスペシャルな料理教室をしていただきました。タイトルは「プチ・マクロDEメリー・クリスマス」で、世界のセレブたちをうならせたパーティ料理です。告知用のフライヤーを作ったものの、配布する前に定員一杯となる盛況ぶりでした。   当日のメニューは、 Stuffed Seitan--野菜を詰めたセイタン Cranberry sauce--クランベリーソース Wiled Rice with Corn--ワイルドライス/玄米/セロリ/コーン Roasted Root Vegetables--野菜のロースト Green Salad with Maple-Mustard Dressing--グリーンサラダのメープルマスタードドレッシングがけ Quick Ume Vinegar Pickles--梅酢で漬けるピクルス Poached Pear with Red wine--洋梨のワイン煮(デザート)   長い海外生活で得た豊富な食の知識と知恵、そして料理経験。マクロビオティック料理の基本を含めて様々な話を織り交ぜながらの料理のデモンストレーション、そして実習。私たちが接することもできない超豪華な世界を知っていることのそぶりも見せない、きさくでフレンドリーな人柄もあって、参加者とすぐに溶け込み、賑やかで華やかな教室となりました。   参加者の声です。 「世界でご活躍されている先生にお会いでき、おいしいお料理を教えていただき感激です」 「楽しくてウキウキするレシピを教えていただきありがとうございました」 「マユミさんの個性溢れるライブですごく楽しかったです」 「料理は考えながらするものというのが分かってよかったです」   アシスタントをしていただいた、お二人の感想です。 岡田美樹さん。 「当日並んだ食材は多彩で、見ているだけでもワクワク。ビーツ、ワイルドライス、クスクス、といったちょっと手に入りにくい食材もありましたが、先生からは「必ずこれを使わなくてはダメ、ということはないから、自分で考えてどんどん応用していって!」というおおらかなアドバイスが。洋食でありながら、スープやメインの煮込出汁には日本伝統の昆布や干し椎茸を使う、などは驚きながらも、喜びを感じました」   岡一美さん。 「アシスタントを仰せつかりワクワクしながら初めてマユミ先生にお会いしました。日本ではあまり使わないビーツやクスクス、ワイルドライスといった食材に昆布や椎茸のお出汁や塩、味噌、梅酢といったマクロビオティック料理のベースの調味料とニンニクやローリエ、マスタード、メープルシロップなどのアクセントを入れたレシピが独特でした。世界中の人が楽しみながら正食を日常に取り入れておられるのだな~と、先生の経験談をお聞きしながら改めて実感しました」   これからも年に何度か帰国する予定の西邨マユミさんと再会の約束をして、お別れしました。  
  • 2014年12月27日 17時08分更新
  • ブログカテゴリー: