ブログ「マクロなポケット」Blog

正食クッキングスクール東京校 岡田校長の「秋の精進懐石」開催

東急田園都市線の桜新町西口から徒歩3分。オーガニック&ナチュラルフードを販売するムスビガーデン桜新町店(東京都世田谷区)2階に正食クッキングスクール東京校が開校しました。   プレオープン的に「マクロビオティックのおはなしと試食」や「マクロビオティック1DAY教室」を実施してきましたが、920日シルバーウイークの真っ只中、本格的な料理教室スペシャルクラス第一弾「秋の精進懐石」が開催されました。講師は正食クッキングスクール岡田昭子校長。   マクロビオティック料理を食べるのも学ぶのも初めてという方が多い参加者の中に、マドンナのパーソナルシェフをしていた西邨マユミさんの姿もあり、まさしくスペシャル感溢れる授業となりました。   岡田校長は、はじめての方たちのために、正食=正しく食べることの意味を、夏が終わって秋に入った今の季節から分かりやすく話し始めました。 「夏は体を冷やすためのものを食べていたから快適に過ごせましたが、秋になると涼しくなります。夏の食べ物をいつまでも続けていくと体が冷えすぎてしまいます。そろそろ夏のものとはお別れして控えていきましょう」   ますます寒くなり青物が手に入りにくくなる冬の季節は、自身が育った福井での雪の多い暮らしを例にとって、日本人の様々な食の知恵を語りました。 「春夏秋冬季節に応じたお野菜を自然界は作ってくれます。それを上手に摂れば季節に合った体ができるのですが、今の人たちはお母さんたちに和食を教わっていません」「海外の食事やジャンクフード、コンビニエンスの食事が多くなっています。 日本の食、旬のものを食べる大切さをもっと知っていただきたいですね」   この日のメニューは、「胡麻豆腐」「菊、蓮根団子、青菜の清汁」「車麩、しめじ、生湯葉煮」「えびフライもどき」「菊としめじ、人参の白和え」「菊と芋御飯」「柿の甘露煮」でした。   参加者の方に感想をお聞きしました。「今回友人の誘いで初めて参加させていただきました。マクロビオティックとは無縁で生きてきたので不安でしたが、身近な食材を使って少し工夫するだけで身体が喜ぶ料理ができるということを知り、とても興味深かったです。 お料理の合間の岡田先生のお話も大変参考になりました。和食の国に生まれ育ったのだから、もっと和の味を大事にしようと思いました」。                                                                                                                                    山口 徹平   
  • 2015年09月22日 18時40分更新
  • ブログカテゴリー:

スペシャルコース~夏の精進懐石 藤井美千代先生~

こんにちは。 しっとり雨の大阪より 9月5日土曜日。 スペシャルコース~夏の精進懐石~が最終回を迎えました。 講師は、藤井美千代先生。 先生のお料理にとどまらない話にみなさん夢中です! 藤井先生の魅力は、料理を通して人生哲学をお伝え くださる点ではないでしょうか、、、。 そして実習もみなさん真剣。 毎回、参加者の方が持ってきてくださるお花が 教室を明るい雰囲気にしてくれました。 7月から夏真っ盛りの8月を超え、そして最終回の9月は、 お料理もすっかり秋らしくなっておりました。 全3回のシリーズでしたが、続編を楽しみにしています!という お声ががあちらこちらで聞こえてきました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 正食協会 宮本 貴子   
  • 2015年09月06日 15時53分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール 東京校開講

201593日(木)

正食クッキングスクールの東京校が開校いたしました。

 

3日、6日、8日は、岡田昭子校長先生による「マクロビオティックのおはなしと試食会」。

雨の予報でしたが、なんと晴れ間も見える天気に。

この日を祝ってくれているようでした♪

 

事務局の挨拶の後、岡田校長先生によるデモンストレーション。

経験の上に語られるお話には、会場も魅了されていきます。  

基本のお味噌汁では、ネギのひげ根も使うのよ!というお話に、参加者のみなさんも驚き!これぞ一物全体のお料理です。  

蒸し煮で作っていくこのお味噌汁は、正食クッキングスクールが誇る基本のメニューです。  

試食の時には、参加者の皆さんのいろいろな質問に丁寧に答えていきます。

「しっかりと満足感があるのに、なぜこのお料理は、胃にもたれないのか?」などとの声が、、。今後、その極意ぜひ、学んでくださいね。  

 

参加者さんの声

「このお店のことは以前から知っていて一度きてみたいと思っていました。

食について大切なことを聞くことができてよかったです」

「主人と子供にアレルギーがあり、食で身体を整えることに興味があって参加しました。ご飯もとても美味しかったし、もっと詳しく学んでみたいと思いました」

 

みなさん興味津々です。  

みなさんにも実習をしていただく「ワンデー教室」は、13日、15日、17日にスタート♪

基本の味噌汁や切り干し大根の煮つけなど、人気の基本メニューが学んでいただけます。

 

今後、東京校をどうぞよろしくお願いいたします。

 

東京都世田谷区桜新町1-21-15

ムスビガーデン桜新町店 2

 

お問い合わせは、大阪本校へ06-6941-7506 正食協会 宮本 貴子  

 

  • 2015年09月04日 11時46分更新
  • ブログカテゴリー:

8月の研究会

83日(月) 研究会も今期5回目の開催になりました。 当日は30名を超える先生方のご参加で、会はスタートしました。   トップバッターの鶴見恵子先生は、テキスト料理から「コーフ」の作り方を。 蒸し器の蓋をあけるタイミングの違いでふくらみがどう変わるかなど実験されながら、「コーフ」料理を伝えてくださいました。みなさんからは、保存方法などの質問やアレンジ料理の紹介などがあり、とても盛り上がりました。  そして、7月からの連続企画「グルテンフリーを考える」では、5グループに分かれて7月にレシピ考案をしていただいたものを今月それぞれの代表者さんが発表してくださいました。  チーム和楽代表の春口真智子先生は、「夏野菜のグラタン」をご披露。夏野菜をたくさん使われ、ホワイトソースには、ヒヨコマメの水煮や玄米粉を使った一品です。  大林洋子先生のチームは、「野菜蒸し餃子」を。皮にはうき粉を使った本格的餃子です。  チーム線香花火代表の岡田美樹先生は、野崎恭子先生と一緒にデモされ、「はとむぎ粉を使ったクレープペキンダック風」をご紹介。グルテンフリー料理に求めらている大切な部分もお話しくださいました。  そして靏久ちづ子先生チームからは、林富美先生がデモをされ「玄米ミルク蒸しパン」をご紹介。生玄米から玄米ミルクを作られ、山芋粉などとミックスした工夫の一品でした。  そして最後にチームメンバー皆さんの研究会参加交通費の足し算(笑)だというチーム名「103900」チームからは、野口清美先生がデモを。教室の残りの白玉粉や上新粉を使ったくださり生地に仕上げられナッツ類でプラスしてこくのあるクッキーでした。  チームからのデモの後、永原味佳先生が、レギュラーコースでグルテンがNGな生徒さんの担当になったご経験をふまえて、グルテンフリーと我々がどう向き合っていけばよいかをお話ししてくださいました。  皆さんの知恵が詰まった発表ばかりで、とても刺激的な一日でした。  そして、午後は、岡田校長先生の手当法の講義とみなさんの体験談のシェアを!  今まで共有できていなかった貴重な経験談を共有し、有意義な時間となりました。  今後も講師&指導員一同、研鑽を続けていきます♪                           正食協会                                                                             宮本 貴子
  • 2015年08月09日 18時05分更新
  • ブログカテゴリー:

新月の日に~月のリズムでデトックス~

7月の新月の日! 正食クッキングスクールでは、初めての新月イベントが実施されました。 九州で「ムスビの会」を主宰され、全国でご活躍中の「月のリズム」で有名な岡部賢二先生に、ご担当いただきました。 当教室では、講義&料理という初のコラボレーション企画でもありました。   台風が関西に接近していたこの日。岡部先生は、浄化の意味あいが強い新月の日に、「台風」という「地球を浄化できる」状況もやってきてみなさんとてもラッキーですよね♪と開口一番、岡部節がさく裂でした。 満月、新月の意味合い、そしてその月のリズムに合わせた暮らし方をご提案され、みなさんとても熱心に聞き入ってました。 特に、「新月には、体を浄化するだけではなく、願い事を2個以上10以内書いて、祈ること」を勧められたタイミングでは、教室内のテンションがマックスになりました。「祈る」のは、「人に思いを任せる、頼る、寄りかかる」ことではなく、「自分の意図を乗せること。それが、本当のい・の・るということだ」と先生が力強くおっしゃいました。   その後、調理室に移り、料理デモンストレーションに。正食クッキングスクールから私、宮本貴子がデモを担当し、みなさんに食べていただく試食は、浅野里香指導員、今井麻優子さん(ただいま、指導員養成講座受講中)が担当しました。料理のレシピも、岡部先生の新刊「玄米甘酒ダイエット」(パルコ出版)からの提案でした。 講義で、月のリズムでの過ごし方を聞いた後、実際、新月にはどんな食事を頂けばいいかを提案し、その後、みなさんで試食。充実の一日で、とても和やかな雰囲気でした。  岡部先生のソフトで、ウィットに富んだトークで、試食後も質疑応答が続き、台風だということも忘れる素敵な時間をすごされました。受講者のみなさんも口々に「今日は、この食事だけにしてプチ断食しよう」ととても明るい笑顔でお帰りくださいました。    心も身体も洗われる新月の一日。これからも、「月のリズムシリーズ」企画を考案中ですので、お楽しみに♪  正食協会   宮本 貴子      
  • 2015年07月19日 10時42分更新
  • ブログカテゴリー:

公開料理教室~夏の爽やかなトラットリア(イタリア料理)~

新緑の候、とっても気持ちのいい日が続いていますね。 さて、皆様6月以降のご予定はもう立てられましたか? 主婦の方は、お子様が夏休みに入られる前に、、 お仕事されている方は、お盆休みまでもう少しある時期に、、 ご自身のためにゆっくり時間を使われるのはいかがでしょうか? そんなときに、正食クッキングスクールでは、 森脇敦子先生によります「夏の爽やかなトラットリア」と題しまして イタリア料理の公開教室を開催いたします!  メニューは、、、、    ・ソイリコッタとほうれん草のカネロニ     カネロニって???      パスタの生地を薄く延ばして四角にきり、      ひき肉などで作った具を載せて巻き、      ソースをかけてオーブンで焼いたものと      辞書には説明がありますが、、      こちらをマクロ風に作ってくださるのが      森脇先生のすごいところ!!        (写真はイメージです)    ・インサラータdi塩レモン      イタリア風サラダを塩レモン仕立てで♪          ・デトックスミネストローネ    ・スップリallaジャポネーゼ      スップリとは?       イタリア名物のライスコロッケでローマ生まれの       ライスコロッケだそうです。      ・夏のドルチェ       イタリアンなドルチェとっても楽しみです♪    ぜひみなさまご参加くださいませ。         6月25日(木)10:30~14:00         料金:4,500円         定員:30名         場所:正食クッキングスクール    お待ちしています!!
  • 2015年05月08日 10時05分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんのクッキングライブ開催

いよいよ新緑の季節となりました! とっても気持ちのよい時期ですよね。 5月18日(月)に再び西邨マユミさんにお越しいただきまして クッキングライブを開催いたします。 ご存知、マドンナのプライベートシェフをしてらっしゃった 西邨さんのお料理教室は、今回で2回目。 前回のクリスマスお料理も大好評でしたが、今回も とっても楽しみです。 今回は、 「スーパーフードDEプチ・マクロ」ということで、 今、世の中で騒がれているスーパーフードをテーマとした お料理を提案してくださいます♪ お申し込みは、TELかFAXのみになりますので、 お気をつけください!  
  • 2015年04月28日 14時28分更新
  • ブログカテゴリー:

~今期初の研究会~

花冷えの4月6日。 正食クッキングスクールでは、今期初の研究会が行われました。 今年から、新たに運営委員会が設置され小松英子先生、笹浪泉先生、鶴見恵子先生、龍頭佳世先生の 運営で、研究会がスタートしました。(アイウエオ順) トップバッターの龍頭先生は筍の扱い方の説明からスタート! ゆで方の違いによってお味にも変化がでます。 そして、岡田校長先生は伝統料理のご紹介をしてくださいました。 本日は「三平汁」と「あらめと筍の煮物」のご紹介でした。 笹浪泉先生は、「自由テーマ」でお料理の提案をしてくださいました。 本日のご提案は、「おからコロッケ」とってもおいしい 一品でした♪なぜ、このレシピなのかの意味合いも深く話して くださいました。 午後からは、輪読会! 故岡田定三会長の「正食生活術」の輪読です。 テーマは、「習慣によって大きく隔たる」 進行は、鶴見先生。 第一回レポーター一人目は、岡田美樹先生。 そしてお二人目は、西村幸子先生。 そして、そのあと、みなさんとワークショップ形式で 話し合いました。 本当に、活気あるワークショップでした。 これからも、「みなさんの手によって作り上げる対話形式」の 研究会を実施していきたいと考えております! 第二回輪読会のレポーターもお受けしておりますので、 ぜひお声がけくださいませ♪  
  • 2015年04月09日 13時08分更新
  • ブログカテゴリー:

和菓子教室 ~新春編~ 盛況に終わりました♪

先日3月26日(木)、「伝統の技を学んで和のおもてなし」の和菓子新春編が終了いたしました。 第一回、二回は今村圭子先生。 そして最後の第三回は浦谷侑加先生でした。 毎回、お薄(お抹茶)のおもてなしつきで、みなさん大満足のご様子。 最終回は、校長先生もミニ講義をしてくださいました♪ 毎回、先生方によります「和菓子の歴史、その食材を使う意味合い」など とても興味深いお話も満載! 改めて、和菓子の奥深さを実感することができました。 そして、白砂糖を使わずここまでおいしく美しく作れるとは!と みなさん感動! 「ぜひ、次回も開催して~」との声も飛び交っておりました。 また和菓子教室を開催する日を楽しみにしていてくださいね♪  
  • 2015年04月04日 08時44分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール集中料理教室・上級コース!

初級、中級に続き、3月16日から20日まで行われた集中料理教室・上級コースも無事に終了いたしました!初級から数えると15日間、半月です。皆さん本当にお疲れ様でした。パチパチパチ!素晴らしい! 特別感のあるおもてなし料理や正食ならではの食箋料理など、上級らしいメニューが並びました。上級コースからはテキストにお料理の完成写真が載っていないので、自分達で考えて盛り付けや器選びをするというミッションも加わりました。さらに陰陽についてより奥深く講義が行われて、さすが上級という内容でした。それでは最後のレポートいってみたいと思います!   まずは上級クラスの様子をどうぞ。  
味見をしてアドバイスする笹浪泉先生。 盛り付け方を相談しあうのも楽しい時間。 家の近くで取れた野草をご紹介下さる龍頭佳世先生。 上級クラス名物、食箋料理の「鯉こく」用の鯉。早朝に市場に仕入れに行きました。
苦玉のみ取り出し、あとは鱗にいたるまで全ていただきます。 代表の生徒さんが先生に教わりながらさばいています。 そして丸ごと煮込みます。 完成品はこちら。これがウワサの鯉こくです! 意外と(鯉に失礼)美味しいんですよ。 教室みんなで誕生日の生徒さんをお祝い!バースデーソングを歌いました。 愛にあふれた講義をされる今村圭子先生。 綺麗に盛り付けられた料理と一緒にパチリ。 インド滞在や農業などご自身の体験談がとっても興味深かった小松英子先生。 玄米を炒ると香ばしいにおいが広がります。 玄米の炒り加減を指導する野口清美先生。 それでは皆さんお待ちかねの好きな上級メニュートップ3を発表したいと思います!  
第3位! さつま芋のお菓子! さつま芋とナッツの最強コンビとサクっとした生地の相性が抜群、芋の優しい味が美味しい等のコメントをいただきました。 第2位! 同点で2品あります。まず1つ目。  
ジャン! 宝海苔蒸し! 海苔の新しい活かし方を学べて家族にも食べて欲しい、中に何が入っているかわくわくした、海苔が一面に広がり出汁も美味しかった等のコメントがありました。     そして ジャジャン! 手作り豆腐! 大豆の状態から作る過程が興味深かった、手作りで豆腐を作れて嬉しい、豆腐を手作りするなんて驚き等のコメントが寄せられました。     さて栄えある第1位は何でしょうか? 実はこちらも同点で2品あります。   まず1品目。 ジャン、ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロール)   ジャン! さつま芋とグルテンの揚げ煮! 簡単、さつまいもが甘くグルテンの歯ごたえも気に入った、味がさつま芋にしみて美味しい等いただいております。   集中コース人気メニュー最後の発表ですよ! 第1位2品目は!   ジャン、ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロール)         ジャジャーン! かぶら蒸し! おもてなしの料理に使える、見た目も味も◎、甘みがあって味噌風味が美味しかった、上品な味、蒸すことで甘みがあり美味しかった等みなさん絶賛です。     他にも美味しく健康的なメニューが目白押しでした。 それでは最後に上級コースを受講された生徒さんの感想を紹介させていただきます。   ・上級では盛り付け例の写真がなく不安だったが、各班ごとの個性の違う盛り付けを見比べて「目で楽しむ料理」を学ぶことができた。先生方がおっしゃっていた「料理に正解はない」という言葉にあるように、家族や食べてもらう方の好みや体調に合った正解に近付けるように心がけておもてなししたい。   ・上級は奥深さが求められ勉強になった。講義の時間が増えて内容が哲学的になったのが面白く、よりマクロビへの理解を深められた。   ・「料理は芸術」。この言葉は正食料理教室で見事に証明されていると感じた。食事を用意することを通じて私達の心・肉体・魂から表現されている。正食を広げて下さったすべての献身的な先生に感謝。   ・食箋料理の作り方を理解したく参加したが、実際に作るとわかっていないことが多く、体験することの大切さを知った。   ・「考える」という事を学んだ。たくさんの先生方の体験談を伺えて嬉しく、素敵な仲間達に出会えて感謝。マクロビオティックに出会えてよかったと再確認。   ・1日1日がとても充実、料理や心遣い、周りの方からたくさん学んだ。校長先生から盛り付け方やマナー、正食の考え方を教えていただけた。先生方には生き方がにじみ出ているお話を熱く語っていただき、とてもワクワクした。本の中だけではわからなかったことが少し体に入った気がした。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ さて、潜入レポートもこれで最後になります。いかがだったでしょうか?教室の雰囲気を少し感じていただけたら嬉しいです。 集中教室は海外や遠方からいらっしゃる方も多く、先生だけでなく生徒さんも非常にエネルギッシュな方が多かったです。そして活気にあふれていて毎日元気をいただけました。 集中コースには集中コースの良さ、レギュラーコースにはレギュラーコースの良さがありますので、マクロビを学んでみたいという方はご自身に合ったコースをお選び下さいね。     次回は15日間お酒を断ち、ほぼ正食だけで暮らした私の体調の変化をお伝えできたらと思います。See You!!
 
  • 2015年03月31日 12時50分更新
  • ブログカテゴリー: