ブログ「マクロなポケット」Blog

11/6スペシャルコース暦第2回

  昨日は立冬でした。 大阪でも公園の木々の紅葉が深まってきています。 さて、今回は6日におこなわれたスペシャルコースの 模様をお伝えします。 「暦を感じる食生活のススメ・秋冬編」の第2回。 第1回はお弁当にも使えるレシピの数々でしたが、 今回は、“元気の出る洋風メニュー”がテーマです。 1106暦01.JPG このコースのご担当は島田弘子先生。 食材や作り方について、丁寧に指導していただきました。 1106暦02.JPG 作業も和気あいあいと、皆さんチームワークよく取り組んで いただきました。 島田先生も各テーブルを回っては、すり鉢をおさえたり、 鍋の様子をみたり、とポイントポイントを押さえてサポート されていきました。 ちなみに今回は、オーブンが大活躍! 1106暦03.JPG 焼きたてのケーキに、 焼きたてのキャセロール。 1106暦04.JPG いい匂いとほかほかの湯気で、食欲が増します☆ 試食が完成しました! 1106暦05.JPG 豆のポタージュスープ、根菜のキャセロール、 そばパスタの木の実サラダ、 デザートは全粒粉を使ったさつま芋とりんごのパウンドケーキ。 ボリュームたっぷりですが、 お野菜たっぷりでヘルシーそのものですよね。 次回、暦コース最終回は12月4日。 「あったか鍋物」がテーマです。 風邪がはやっていますが、どうぞみなさん、 身体を内側からもあっためて免疫力を高めていきましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月08日 10時30分更新
  • ブログカテゴリー:

11/3~5レギュラーコースコメント☆

  そろそろ紅葉が始まってきた、大阪。 今日は下り坂の予報ですが、まだ良いお天気です。 さて、今回は3日から5日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様を、先生がたのコメントを中心に お伝えします。 11月3日は連休の中日。 この日は、上級日曜クラスがおこなわれました。 担当は、行楽シーズン真っ只中の京都からお越しの 野口清美先生です。 第3回、第4回と丸1日、野口先生に秋にぴったりの おもてなし料理を教えていただきました。 1103上N3.JPG 秋の風情が感じられる、吹き寄せ寿司と、京都といえばコレ、の生八ツ橋。 そして手前右が、手作りの「鉄火味噌」。 野口先生より、コメントです。 「11月に入り少し冷え込んできましたが 皆さんが元気に受講して下さり大変嬉しかったです。 上級コースの……と言うか、正食料理の一番大切な メニューと言って過言ではない、鉄火味噌の実習があり お疲れになったことと思います。 でも、同時に心や体の健康の為には、手間隙を惜しまないことの 重要性も実感されたことと思います。 陰陽についても学びはじめましたので、少しずつ生活の各方面で活かし、 お料理も一層技術や考え方を深めながら進んでいって下さい」 翌4日は、初級月曜クラスがおこなわれました。 午前、第5回の担当はこちらも行楽シーズン、 そして正倉院展シーズンの奈良からお越しの今村圭子先生です。 早いものでもう折り返し地点となる第5回は、身体を労わる 「小豆粥」や、蒸し煮が野菜の旨みを引き出す「水無し炊き」に チャレンジしていただきました。 今村先生からのコメントです。 「三連休最終日にご参加くださり、有難うございます。 連休でお休みの方もありましたが、皆さん力を あわせて、とてもおいしくお料理を仕上げてくださいました。 小豆粥は口当たりが良く、“和”でありました!! 水無し炊きは、野菜の甘みを引き出し、とっても甘くやさしい味でした。 白和えはほどよく上品に、そば団子は手作り感あふれ、 幸せのお味でした。 こんなにおいしく仕上げてくださり、とても嬉しく思います。 有難うございます!!」 午後、第6回の担当は、こちらも京都からお越しの笹浪泉先生でした。 この回では、炒った玄米がスープの味の深みを増す「玄米スープ」や、 豆腐を使ってマヨネーズ風ドレッシングにチャレンジする「キャベツサラダ」、 さつま芋と小豆あんのハーモニーが嬉しい「いきなり団子」などに 取り組んでいただきました。 笹浪先生からのコメントです。 「連休最終日でいつもより少ない人数でしたが、手際よく 色も味もきれいに仕上がり、皆さんの上達度がこちらに 伝わりました。 もう後半に入りました。 残りのクラスも、どうぞよろしくお願いいたします」 そして連休明けの5日には、初級火曜クラスがおこなわれました。 担当は、秋の実りがいっぱいの、もちろん行楽シーズンの兵庫から お越しの、小松英子先生。 この第3回目は、色んな炊き込みご飯に応用できる 「ひじき入り玄米ご飯」や、かぼちゃと玉ねぎの甘みが そのまま感じられる「かぼちゃスープ」、 りんごのおいしいこれからの時期にピッタリの「蓮根とりんごのサラダ」に チャレンジしていただきました。 小松先生からのコメントです。 「かぼちゃスープが皆さんとても良く出来ていました。 ホッとするスープですね。 この3回目は、4品完璧なメニューの組み合わせだと 思います。 おうちでも作って、ご家族で“ほっ!”としてくださいね」 次回、上級日曜クラスは12月1日。いよいよ年末です! 初級月曜クラスは11月18日、初級火曜クラスは19日に おこなわれます。 皆さん、本当に朝晩の冷え込みに注意してお過ごしください! 次回もお元気な姿をお待ちしております☆  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
  • 2013年11月06日 17時01分更新
  • ブログカテゴリー:

11/2「つるちゃん先生の雑穀料理教室」

  あっという間に本格秋、11月の3連休に突入しました。 今年も残すところあと2ヵ月・・・。 本当に時間が過ぎるのは早いです。 さて、今回は本日おこなわれた公開料理教室 「つるちゃん先生の雑穀料理教室」の模様を お伝えします。 1102雑穀1.JPG 「むすび」11月号でご紹介した「健康づくりセミナー」や、 2010年2011年には「千年の森をつくる暮らし」を連載されていた 「つるちゃん先生」こと、鶴見恵子先生に、 いろいろな雑穀を使ったお料理を教わりました。 1102雑穀5.JPG こちら、先生が持参された自家製味噌(手前)、もち麦(左)、もち米(右)。 1102雑穀4.JPG キヌアやそば米、黒米なども登場しました。 1102雑穀3.JPG お鍋に入れる、きりたんぽ風雑穀団子です↓ 1102雑穀7.JPG それを切って、お野菜とまとめてザルに盛ります。 1102雑穀9.JPG 一方、オーブンの中ではマフィンが順調に焼けています。 1102雑穀8.JPG 味噌炒めやサラダを完成させてから、鍋を作っていきました。 1102雑穀10.JPG 試食が完成しました! 1102雑穀11.JPG この4品すべてに雑穀が使われていて、食べ応えバッチリ! 11月に入ると、鍋物が恋しくなりますよね☆ また、もちあわ、たかきび、ひえを炊いたものを皆さんに 食べ比べしていただきました。 終了後、鶴見先生からコメントをいただきました。 「今日は、いろいろな雑穀を使って、ひとつひとつの味を 確かめてみました。 それぞれの個性の違いなどがわかって、楽しかったですね。 三色だんご鍋に野菜の味がよく出ていておいしかったとか、 黒米の使い方がおもしろいとか、たくさんの発見が できたようです。 毎日の生活の中に、少しずつ取り入れていただけたら 嬉しいです。 また、お目にかかりたいですね!」 ご参加いただいた方の中には、鶴見先生の地元愛媛から お越しになった方や、 「久しぶりに教室に来ました!」という方もおられ、 皆さん和気あいあいとして実習に取り組んでいらっしゃいました。 皆さま、ご参加ありがとうございました! さて。お料理だけではない、つるちゃん先生の活動が、 一冊の冊子にまとまりました。 「つるちゃんの千年の森をつくる暮らし」(頒価500円) つるちゃん本.JPG つるちゃん先生の活動の紹介と、 「むすび」での連載などが収録されています。 この冊子の収益は、森を育てる活動に使われるとのことです。 「千年の森をつくる」活動の詳しい情報、冊子の購入希望などは、 こちらまで↓ http://www.1000-mori.jp/index.html  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月02日 16時09分更新
  • ブログカテゴリー:

10/25~29レギュラーコースコメント☆

  今回は、10月25日から29日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様を、先生がたのコメントを 中心にお送りします。 10月25日金曜日は、上級金曜クラスの第2回でした。 担当は、島田弘子先生。 秋の風情を表現した「月見椀」や「抹茶豆腐」、 そして食養料理の復習の「ごま塩」に、 皆さんに取り組んでいただきました。 島田先生よりコメントです。 「おもてなし料理、とてもキレイに丁寧にお料理できて いました。 上級は、食養食箋料理も、次々とあります。 ひとつひとつ大切なお料理ですので、予習復習をされると さらに身につくと思います。 今日のように美味しいごま塩おうちでも挑戦してください」 26日の午前中は、初級土曜クラスの第3回。 担当は安福昌代先生です。 優しい味の炊き込みご飯「ひじき入り玄米ご飯」や、 これからますますおいしくなる「蓮根とりんごのサラダ」、 じんわりお腹があたたまる「かぼちゃのスープ」を 皆さんで力をあわせて作っていっていただきました。 1026初土試食.JPG 安福先生からコメントです。 「今日のかぼちゃスープ、塩を入れる度に変化する味を 実感していただけたと思います。 ぜひお家でも作ってみてくださいね。 今日早くからお手伝いくださった皆さん、 有難うございました。 次回もお待ちしております」 午後からは、同じく初級土曜クラスの第4回。 担当は藤井美千代先生です。 シンプルな具材でも充分楽しめる「玄米海苔巻き」や、 この時期ほっこりする「あわぜんざい」などに、 引き続きチャレンジしていただきました。 藤井先生からのコメントです。 「Wクラス2回目の今日は、予定時間より少し早く終わることが できました。 巻き寿司、上手にできていましたね。 他のメニューの味つけもなかなかおいしかったです! また来月、待っています」 そして師範科(28日の記事)、研究会(29日の記事)を挟んで 29日火曜日は、中級火曜クラスの第2回。 担当は、藤井美千代先生でした。 この回では、大豆とひじきを炊いたお惣菜の「ひじきの五目煮」や、 ごぼうの蒸し煮が決め手となる炊き込みご飯「ごぼうと揚げ入りご飯」を 作っていただきました。 藤井先生からのコメントです。 「初めての重ね煮、いかがでしたか。 これから少しずつ、▽△の講義を入れながら、 お料理をしていきます。 中級はふだんのお惣菜のレパートリーが増えますよ。 楽しみにしていてくださいね」 次回、上級金曜クラスは連休明けの11月5日。 初級土曜クラスは11月9日、中級火曜クラスは12日です。 皆さんのご参加、お待ちしております☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月30日 19時30分更新
  • ブログカテゴリー:

10/27春期師範科☆

  昨日は大阪マラソンが開催されていました。 協会がある天満橋も、土佐堀通りがコースに なっていたので、午前中は交通規制があり、 上空にはテレビ局のヘリコプターが飛んでいました。 さて、今回は昨日おこなわれた春期師範科の 模様をお伝えします。 この回のご担当は、徳島からお越しの龍頭佳世先生。 1027師範龍頭.JPG 今回のお料理は、秋が深まるこの時期に嬉しい 「根菜」がたくさん登場する和の料理。 ごぼう、人参、蓮根などを駆使して、手際よく お料理が完成していきました。 1027師範龍試食.JPG 蓮根の押し寿司に、人参のきんぴら、ごぼうの竜田揚げ、 根菜のすり流し汁、そしてお菓子は蓮根の葛焼きです。 午後からは、龍頭先生によるスライドを使った講義。 冒頭には「半農半X」のイベントや、11月上旬にある 徳島の保育園での講演会などのご紹介や、 さまざまな情報もお伝えいただきました。 龍頭先生よりコメントです。 「クラスで、蓮根の生汁の味見をしていただき、 “え! これ、蓮根の汁って、本当においしい、甘い!”と 感嘆のお声をいただきました。 正食をしている方でも、意外に素材の味を知らないことって、 多いのですよね…。 節や実の味のこともお話して、“へーっ!!”と言っていただいたら、 なんと翌日(28日)朝イチのNHKで、蓮根特集。 しかも、生汁や、解説もまったく一緒。 なんてシンクロ!!! と思っています。 すごいタイミングで復習できたのではないですか? アドバイザーの先生は、私も一緒に取り組んでいる、澤田先生。 このご縁を大切に、皆さん頑張ってくださいね。 また、お目にかかりましょう」 話題がシンクロするって、すごいですね! でも、マクロビオティックをしていると、そういうことって 意外とよく起こるようになったりします。 (というお話もよく聞きます) 春期師範科日曜クラスの授業も、あと残すところ3回。 来年2月には、卒業制作発表会が待ち受けています。 こんな、“へーっ!!”なことが、教室に通われていた中でも、 これからも、もっと遭遇することがあるかと思います。 それって、充分スゴイことですよね☆ 次回の春期師範科Nクラスは、11月24日。 ますます冷え込んできていそうですが、 どうぞお気をつけて、お元気な姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月28日 16時04分更新
  • ブログカテゴリー:

10/20 1DAY福島教室☆

  台風27号、28号は東日本を中心に影響を与えているようですね。 西日本は昨日雨でしたが、今日は曇り時々晴れ、でも ぐんと一気に秋が深まり、肌寒さを感じます。 さて、今回は先週の日曜日におこなわれた、 「1DAY福島教室」の模様をお伝えします。 2012年7月に、郡山市と福島市でおこなわれた 体験料理教室「正食でますます健康に!!」。 日程の調整を重ね、今年は10月20日に福島市での開催と なりました。 今回は、大阪本校で毎回おこなっている「1DAY体験教室」を そのままおこなう形式です。 講師は岡田昭子校長先生、アシスタントとして小松英子先生が 前日の19日夜、福島市入りしました。 当日は朝から生憎の雨。 しかし福島市近郊、郡山市近郊から皆さんご参加いただき、 校長先生の指導のもと、圧力鍋での玄米の炊き方、 出汁を使わないお味噌汁の作り方などを熱心に学んでいただきました。 1020福島デモ.JPG 生鮮食品は朝一番に地元の自然食品店「あんぜんなたべものや」さんが 運んでくださり、そのまま授業にもご参加。 店頭で教室の開催を知ったお店のお客様も、ご参加いただきました。 また、去年の教室でご協力していただいた郡山の「とみや」さんからも、 社員の方とお客様に、ご参加いただきました。 1020福島試食.JPG 試食が完成! 皆さん、お味噌汁の味や玄米のもちもち感に驚かれたようです☆ 皆様、雨の中ご参加有難うございました!! この教室の詳細は、「むすび」にてご紹介しますので、 どうぞお楽しみに!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月26日 16時58分更新
  • ブログカテゴリー:

10/18・19・24師範科クラス☆

 
今日は大阪も1日雨の予報。
台風は近づいてきているようです。
皆さん、どうぞお気をつけてお過ごしください!

さて、今回は先週と昨日おこなわれた師範科クラスの
模様をお伝えします。
1019秋師島田.JPG
この回のご担当は、島田弘子先生。

師範科クラスではほぼ全回、講師の先生方のオリジナルレシピ
(正食の伝統料理や、食箋料理は除きますが)です。

皆さんには、「洋風マクロビオティック」なお料理にチャレンジ
していただきました!!
1018秋師がレット.JPG
セルクルで抜いた、アマランサスのローフ。オーブンで焼き上げていきます。

ほかにも、里芋とれんこん・ひじきのガルニチュール、
ひえのクラムチャウダーなどなど、
パーティ料理にも活用できそうなお料理が、完成していきました♪
1018秋師試食.JPG
ペンネのソースは、ごぼうとにんじんのミートソース風。
食べ応えもバッチリです!

また、岡田校長先生も教室に入って、講義をおこなわれました。
1019秋師校長.JPG

島田先生からのコメントです。
「今回は、思いっきり洋風なマクロビオティック料理に
挑戦してもらいました。
雑穀を使ったお肉代わりの料理や、根菜たっぷりの
ミートソース風など、一風変わっていますが、
また新しい想像が広がったことと思います。
お料理は創造するほどに、豊かな楽しいものです。
▽△を考え組み立て、どんどん新しい美味しい
お料理で、マクロビオティック道を楽しみましょう」

秋期師範科クラスの皆様は、第1回の授業、いかがでしたか?
当日にレシピが配られて作る、というのも新たなチャレンジだと
思います。
次回以降もいろいろな先生の力作が登場しますので、
楽しんでくださいね!

春期師範科木曜クラスの皆様は、第7回。
そろそろ卒業制作発表会のことが気になり始めてきたころ
だと思います。
初級から師範科までで学んだお料理は、
確実に、皆さんのパワーになっていますよ!

また次月、お元気な姿でのご参加をお待ちしております☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月25日 16時00分更新
  • ブログカテゴリー:

10/20~22初級・中級コースコメント☆

  昨日はほぼ1日雨模様だった大阪ですが、 本日は時折晴れ間があったりと、不思議なお天気です。 さて、今回は10月20日から22日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様を、先生方のコメントを 中心にお送りします。 10月20日は、中級日曜クラスの初日でした。 午前中第1回のご担当は、柳澤幸代先生。 ちょっと胃腸が疲れたときに嬉しい「かぼちゃ粥」や、 これからの季節、おでんの具にも活用できる「信太巾着」などに、 皆さんチャレンジしていただきました。 柳澤先生からのコメントです。 「お粥の炊き方のポイント3つ、 1 お鍋で炊く量 2 圧がかかったときの火加減の調節 3 炊きあがった後の蒸らし時間 をきちんと押さえておいてくださいね。 信太巾着では、初めて重ね蒸し煮をしました。 どんどん蒸し煮して、体得してください。 初回で忙しかったでしょうが、皆さんチームワークよく、 頑張りました。お疲れ様でした!」 午後・第2回のご担当は、島田弘子先生。 この回では、雑穀のひえを使った「野菜スープ」や、 揚げたてでも、これまたおでんの具材でも楽しめる「がんもどき」を 作っていきました。 島田先生からのコメントです。 「中級丸1日、お疲れ様でした。初級と変わり、 お料理もなかなかやりがいのある充実した内容だったと 思います。 午前午後と大変ですが、予習復習をしていただくと、 よりいっそう身につくかと思います。 行き帰りの電車ででも、教科書を読んでもらったりとか…。 ひとつでも、実際にお料理していただけるとさらに goodです!」 21日は、初級月曜クラスがおこなわれました。 第3回のご担当は、今村圭子先生。 この回では、ブランチにも使える「かぼちゃスープ」や、 定番の「車麩のフライ」を作っていきました。 今村先生からのコメントです。 「月曜日Wの3回目、ご出席くださり、有難うございます。 今日のメニューはひじき入り玄米ご飯、かぼちゃスープ、 車麩のフライ、蓮根とりんごのサラダでした。 スープのコツをおさえていただき、各テーブル とってもおいしく仕上がりました!! 素晴らしい♪ 盛りつけでは、ワンプレートでカフェランチ風に でき、おいしくて、楽しくステキな時間と学びを過ごせました!! 有難うございます」 午後・第4回のご担当は、笹浪泉先生でした。 この回では、お弁当やちょっとした集まりにも便利な 「玄米海苔巻き」、毎日の食卓にアレンジしやすい 「青菜と豆腐の炒め煮」を作っていきました。 笹浪先生からのコメントです。 「皆さんが気持ちよく下準備から動いてくださり、 手早くきれいに仕上がりました。有難うございました。 2週間後、またお会いできるのを楽しみにしています」 22日は、初級火曜クラスの第2回がおこなわれました。 ご担当は、野口清美先生。 この回は、もちもち食感が楽しい「小豆入りの玄米ご飯」や、 お惣菜として1年を通して活躍する「切り干し大根と高野豆腐の煮つけ」を 作っていきました。 1022初試食.JPG 野口先生からのコメントです。 「初級の2回目にして5品目の実習で、菜っ葉の蒸し煮の仕方や ごまの煎り方など、それぞれのメニューに大切なポイントが いっぱいありましたので、少し大変でしたね。 皆さんの元気なパワーで、小豆入り玄米ご飯も少しおこげが 目立っちゃいました(笑) 次回までにおうちで復習していただいて、また、わからないところが 出てきたら、聞いてくださいね☆ 楽しく頑張りましょう!!」 次回、中級日曜クラスは11月17日、初級月曜クラスは11月4日、 初級火曜クラスは11月5日です。 どんどん秋が深まっていく頃ですが、どうぞ皆さん寒暖差に気をつけて、 お元気な姿をお待ちしております!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月24日 14時09分更新
  • ブログカテゴリー:

10/13・15レギュラーコースコメント☆

  今回は10月13日と15日におこなわれたレギュラーコースの 模様をお伝えします。 10月13日は初級日曜クラスの初日でした。 ご担当は、島田敬子先生。 海外で生活されていた経験もあり、10日のマレーシアのお客様の研修の ときにも、アシスタントとしてサポートいただきました。 1013島田敬.JPG 第1回目は、圧力鍋での玄米の炊き方や、蒸し煮で食材の旨みを 引き出すお味噌汁の作り方を学びました。 日曜クラスは、月に1度午前午後2回の授業をおこなうクラスです。 そのため、受講される皆さんは日曜がお休みのお勤めをされている 方がとても多いクラスとなりました。 ご自身の体調管理や、お仕事に活かしたいなど、 さまざまな目的がある中、とても皆さん打ち解けて、 楽しそう実習をおこなっていらっしゃいました。 試食の際に、皆さんの自己紹介をしていただき、 午後からはさらに団結力もアップ。 第2回のご担当は、島田弘子先生。 島田弘子先生も、もちろん英会話が堪能なのです。 10日には、マレーシアのお客様の研修で料理指導をして いただきました。その様子は、ひとつ前の記事をご覧くださいね! (ちなみにお2人は名字が同じですが、ご親戚ではありません…。) 1013島田弘.JPG 第2回では、小豆入り玄米ご飯の炊き方を実際にチャレンジしたり、 切り干し大根と高野豆腐の煮つけなどを作っていっていただきました。 授業後、先生がたにコメントをいただきました。 島田敬子先生からは、 「初めての授業で最初は表情も硬く感じましたが、 時間とともに笑顔も増え、和気あいあいと楽しんで 実習されているようでよかったです。 基本の味噌汁の蒸し煮も、初めての方が多かったと 思いますが、これから何度も出てきますので、 復習を兼ねておうちでも練習してください。 蒸し煮で野菜の旨み甘みを最大限に引き出す、 これがポイントです。 次回も皆さんにお会いするのを楽しみにしています」 島田弘子先生からは、 「第1回目、初級お疲れ様でした。 次回まで時間が空きますが、ぜひ復習として、 一品でももう一度挑戦してみてください。 皆さん大変に丁寧にお料理できていたと思いました。 次回も楽しく頑張りましょう!」 体育の日をはさんで、15日。 この日は、中級火曜クラスの第1回目でした。 ご担当は、永原味佳先生。 10月3日におこなわれた公開料理教室では、ベーグル作りのコツを 教えていただきました。 1015永原.JPG 中級の第1回目は、ちょっと疲れたときにほっとする「かぼちゃ粥」や、 初級の切り干し大根の煮つけだけでない、切り干しの使い方 「わかめと切り干し大根の二杯酢」にチャレンジです。 中級では、回を進めるごとに、ちょっとしたおもてなしにも 使えるお料理や、お楽しみレシピ、そして「ごま塩」「きんぴら」と いった大切な体調を整えるお料理を学んでいきます。 どうぞ楽しんでお料理していってくださいね! 次回、初級日曜クラスは11月10日、中級火曜クラスは 10月月末の29日におこなわれます。 皆さん、それまで風邪などに気をつけて、お元気な姿での お越しをお待ちしております♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月19日 12時04分更新
  • ブログカテゴリー:

10/14研修科☆

  本日、関東地方を直撃した台風の被害が、 各地で出ているようです。 特に大きなニュースとなった伊豆大島には、 正食クッキングスクールで使わせていただいているお塩「海の精」さんの 製塩場があり、海の精の社員の皆様はご無事だというご連絡を いただきました。 しかし被害があるであろう「あらしお」の作業場よりも優先して、 人命救助活動に参加されているとのこと。 ご尽力されている皆様、被害に遭われた皆様に、 心よりお見舞い申し上げます。 さて、今回は14日におこなわれた研修科の模様をお伝えします。 1014研修.JPG 今回の研修科は、秋期師範科を卒業された方々が多く参加されていた こともあり、教室が満員になるほどの人数でおこなわれました。 (上の写真は、午後からのスピーチ発表の様子。 ちょうどお塩についての発表を、担当にあたった研修生の方が プロジェクターを使っておこなっています) この研修科では、先生として授業を指導していくための 勉強がメインとなっています。 そんな中でも、実験的な実習がおこなわれています。 例えば、きんぴらごぼうの作り比べ。 中級クラスで習うときにはごぼうと人参は「ななめ細切り」で 教わりますが、この回では、 「ななめ細切り」・「たてに細切り」・「ささがき」の 3パターンを作ってみました。 DSC_0030.jpg ちなみに、醤油などの量は全部同じです。 できあがったものは、参加者全員でひとくちずつ試食します。 皆さん、どんな食感、味でしたでしょうか? 次回の研修科は11月11日(月)。 皆さん、ご参加をお待ちしております。 最後になりましたが、改めて、伊豆大島や被害に遭われた地域の皆様の 一刻も早い救助・復旧をお祈りします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月16日 18時21分更新
  • ブログカテゴリー: