ブログ「マクロなポケット」Blog

5/12初級日曜クラス第3・4回

  今日は昨日に引き続き、真夏日でしたね。 油断すると、早くも「夏バテ」になるかもしれません。 こんな夏日には、きゅうりなど身体の熱を逃がす夏野菜なども 活用しつつ、梅雨に向けて、体調を整えたいですね。 また、ビルやお店のクーラーにもご注意を。 さて、今回は日曜日におこなわれた初級日曜クラスの 模様をお伝えします。 月1回で午前午後のこのクラスは、今回で第3回、第4回。 朝からサプライズがありました!! 512初日差し入れ.JPG 日曜クラスに所属するSさんが、「クラスの皆さんに」と、 筍をゆがいて持ってきてくださいました。 (1本ずつラップに包んで、日曜クラスの皆さんにお持ち帰りいただきました) これだけの量を下処理するのは、大変な作業だったと思います。 どうも有難うございました。 午前中を担当されたのは、和歌山からお越しの 柳澤幸代先生です。 512柳澤先生.JPG この回の「青豆ご飯」にはもちあわを入れるのですが、 雑穀の洗い方を丁寧に説明していただきました。 ・・・こんな暑い日には、分搗き米が軽くて 胃腸にも負担をかけないものなのだなあ、と思います。 午後、第4回のご担当は、金曜は上級、土曜はセミナーと 3日連続でお越しの、野口清美先生。 512野口先生.JPG 午後のご飯は、「梅ご飯」。 梅干しについて、ご自身の体験談として 「外部の料理教室の講師をしたとき、“梅ごぼう煮”を作ったけれど、 全然味のおいしさが出なかったことがあります。 いろんな原因を考えて、ゴミ箱に入っていた梅干しのパッケージを 見ると、“減塩”梅干しを準備してあったことが分かりました」 と、食品としても、調味料としても、伝統製法の“梅干し”が 正食ではベスト、というお話をされていました。 やはり、バテ気味なときには、“梅干し”がピッタリですね。 授業後、先生方からコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「今回は蒸し煮を上手にできるようになるメニューでした。 野菜の旨みをたくさん感じられたと思います。 どんどん作って蒸し煮をマスターしてくださいね。 青豆ご飯は五分搗き米を使ったご飯で、 圧をかけない炊き方を学びました。 葛餅は、しっかり力強く、手早く練ってください。 透明感が出て、つるっとつややかになりますよ」 野口先生からは、 「今回もたくさんお勉強することがあり、大変でしたね。 これから回数を重ねて、どんどん上手になっていきましょう! これからどんどん暑くなってくると思いますが、 良い梅干しも食べて、暑さに負けないで 元気にまた来てくださいね」 次回、初級日曜クラスは6月9日。 その頃のお天気は“ギラギラ”なのか“ジメジメ”なのか、 ちょっと予想できませんが・・・皆さんの元気なお姿を お待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月14日 18時19分更新
  • ブログカテゴリー:

5/11初級土曜クラス第5・6回

  今日は本当に、昨日とは正反対の晴天 既に半袖の方もおられるようです。 明日はもっと暑くなるようで、最高気温28℃(大阪)の予報。 屋外でお仕事をされている方など、 陽射しと暑さにどうぞご注意ください! さて、今回は昨日おこなわれた料理教室 初級土曜クラスの模様をお伝えします。 駆け足で進んでいるこのクラス、早くも第5・6回目となりました。 午前中第5回のご担当は、大阪府下からお越しの 永原味佳先生。 511永原.JPG 10日に完成したばかりの「むすび」6月号P.21(P.43) (※購読会員の皆様には20日頃のお届けです)にて ご紹介しているのですが、 NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)より 発行されたマクロビオティックレシピ本「オーガニックを食べよう」の レシピ・料理制作をご担当されていました。 511JONA本.JPG 「オーガニックを食べよう!」定価700円+税 ※この書籍はMusubi倶楽部(正食協会の通信販売部門 :月~金)でも取り扱っています。 話を授業に戻しまして、 第5回では、「車麩のフライ」が登場します。 511車麩.JPG ↑醤油味の調味液で戻した車麩 1日体験教室の定番メニューとなっているこのレシピ、 お子さんからお父さんまで、ご家庭でもとても好評だと 聞いております。 中には、息子さんの受験直前のお弁当に「カツ」代わりに 入れた、というお話も! (「むすび」5月号P.54をご覧ください) 揚げる際には、後半水分での油はねにはちょっと ご注意いただきたいですが、ジューシーさの元、と 思っていただければ幸いです。 午後の第6回のご担当は、兵庫県からお越しの藤井美千代先生。 511藤井.JPG ご自身の体験や生徒さんの体験談などを交えて、 食から気づいた家族の絆の大切さ、といったエピソードなども 授業中お話いただきました。 第6回には、少し目先を変えてチャパティが登場。 全粒小麦粉の生地を、フライパンと焼き網を使って 焼き上げていきました。 これからの季節、暑さで玄米を食べるのが「しんどい・・・」 というときには、こういった“お楽しみ”で気分転換するのも 良いですよね~ 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 永原先生からは、 「お疲れ様でした。 雨の中、少し身体がダルくなる季節になります。 体内に熱も溜めやすいので、上手にお食事を 組み合わせてください。 ごまの炒り方、キャベツの蒸し煮、 味噌汁、とっても美味しくできていました」 藤井先生からは、 「今回は、1、2回目と違って早く出来ました。 3回目(※日数)ともなると、皆さんさすがに早い! チャパティはいかがでしたか? 簡単でしょ。 おうちでも作ってみてくださいネ!」 ちなみに永原先生、藤井先生にも、講師陣を代表して インタビューをしております。 その動画をまだご覧でない方は、こちらへどうぞ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html (講師紹介コーナー下部) 次回、初級土曜クラスは5月25日。 体調を崩したときに重宝する「小豆粥」と、 お弁当やおもてなしにも応用できる「玄米海苔巻き」が 登場します。 皆さんの元気なお姿をお待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月12日 14時30分更新
  • ブログカテゴリー:

5/10上級金曜クラス第3回

  今日は昨日に続いて雨ですね 午後にはあがる予報だったかと思うのですが、 まだ、しとしとと降っている午後の大阪です。 昨夜、出雲大社では大国主大神のご神体が 本殿に戻る「本殿遷座祭」がおこなわれていました。 ニュースで見たので、白幕に囲まれて粛々と進むご神体と、 かなりの数のシャッター音とのギャップがとても 印象的でした。 60年に一度の遷宮では、240年前に建立された 社殿を解体して傷んだ部分を補修します。 去年、補修中の特別参詣に参加しましたが、 本当に職人さんたちの技術も含めて、 伝統の継承の大切さを改めて実感します。 さて、今回は昨日おこなわれた上級金曜クラスの模様をお伝えします。 第3回のご担当は、京都からお越しの野口清美先生。 510上級野口.JPG ちなみに、先生は学生時代、東映の撮影所で 時代劇のエキストラのアルバイトをされていたそうです またまたちなみに、野口先生のインタビュー動画が 協会サイトの講師紹介のページに掲載されていますので、 「どんな方だろう?」とお思いの方はどうぞご覧ください 第3回のメニューでは、食養料理の「鉄火味噌」が登場しました。 自然食品店などで商品を見たことがある方もおられるかと 思いますが、一見茶色い「ふりかけ」には、滋養いっぱいの ごぼう、蓮根、人参そして八丁味噌が入っています。 今回は、その「鉄火味噌」のおいしい作り方を教えていただきました。 「ごま塩」をつくるときの心境を、 “無我の境地(笑)”と解説される先生も おられますが、「鉄火味噌」も丹精込めて 食べる人のことを思いながらつくる、 という点では同じ境地かもしれません 出来上がったものと、市販品を食べ比べて、 「断然手作りがおいしい!」 という声が生徒さんの間であがるのも頷けます 授業後、野口先生よりコメントをいただきました。 「鉄火味噌がどの班も美味しく出来て良かったですね。 とっても上手に出来てましたよ 体の弱っているときや心のしんどいときにも、 優しくあたためて元気にしてくれるので ぜひ作ってMy鉄火味噌を食べてね」 次回上級金曜クラスは、24日。 豆腐を手作りしますよ~ 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月11日 16時08分更新
  • ブログカテゴリー:

5/9研修科

  今日は昨日の夏日に比べて少し肌寒い一日でした。 午後から降り出した雨は、大阪では明日の午前中まで 残りそうです。 明日も今日くらいの気温らしいので、脱ぎ着のできる上着などで 調整したいですね さて、今回は昨日おこなわれた5月の研修科の様子をお伝えします。 研修科は、師範科を卒業された方がさらに研鑽を重ねるための場。 マクロビオティックの理解を深めるため、そして 指導者を目指す方々が、授業の進め方などを実地で学んでいきます。 509研修うわ.JPG ↑先生役とアシスタント役で担当を決め、 実際にテキストのメニューをひとつずつデモしていきます。 デモの後、実際の講師の先生より講評がおこなわれます。 今までは作り方を教わるばかりでしたが、実際にお伝えする立場で デモをすることになった皆さんは、とても緊張してデモテーブルで 実演していかれました。 実際にその立場に立つことで、どんな段取りが必要なのか、 限られた時間でどういう内容を重視してお伝えしたらいいのか、 ということを実感しながら学んでいっていただきます。 509研修島田.JPG もちろん、講師陣によるデモもおこなわれます。 (写真は、島田弘子先生) 皆さん、生徒の頃以上に熱心に先生のデモに見入っていました。 509研修科の皆さん.JPG デモが終わったあとは、その材料を全員で調理。 食卓についたところで、パチリ 食後の片付けが終わったら、3階の講義室に移動して講義が おこなわれました。 ここでも、講義を受けるだけでなく、課題発表があります。 マクロビオティックについてのいくつかのテーマについて、 調べたり、体験して知ったことをまとめて全員の前で発表します。 中には、手作りの資料などを持参される方も 皆さん、ご参加お疲れ様でした! 来月の研修科は、6月3日(月)。 来月ご担当確定の方も、これからご参加を検討されている方も、 講師の先生およびスタッフ一同、お待ちしております ちなみに、昨日クッキングスクールのページに、 講師陣を代表して5名の先生方のインタビュー動画をアップしました! そして、facebookページも、まだ整備途中ではありますが、 始動いたしました ぜひ、ご覧ください https://www.macrobiotic.gr.jp/ (サイトTOPページから、Facebookのリンクがあります) https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html (講師紹介部分に、動画のリンクボタンがあります)
  • 2013年05月10日 22時08分更新
  • ブログカテゴリー:

5/7初級火曜クラス第3回

  今日は昨日と比べて、ちょっと寒さが戻っていますね ゴールデンウィークはいかがでしたか? 休暇でご家族やお友達との時間を満喫された方、 また、逆に観光地などではお仕事三昧だった方も いらっしゃるかと思います。 それぞれ、“連休疲れ”が出ているかもしれませんが、 今日から徐々に体を慣らして元の生活リズムに 戻していきましょう さて、今回は、休み明け第1弾となった 初級火曜クラスの模様をお伝えします。 第3回のご担当は、三重県からお越しの 金子多重美先生。 507初火金子.JPG 金子先生は名張市という、奈良や忍者の里伊賀の近くにお住まいですが、 三重といえば、今年は20年に一度の、伊勢神宮の式年遷宮。 この間、某バラエティ番組でもタレントさんが明治天皇の玄孫の方の案内で 御垣内参拝をされていました 「この機会に、いちど行ってみよう!」とお思いの方も いらっしゃいますよね。 式年遷宮ならではの行事も多いと思いますので、 それに合わせてお出かけされるのも、よいかもしれませんね と、話がそれてしまいましたが、初級の第3回のメニューは、 春・夏の胃腸にやさしい分搗き米の豆ごはんや、 かぼちゃスープ、水無し炊きです。 休み明けでしたが、皆さん元気に、熱心に授業に 取り組まれていました 授業後、金子先生よりコメントをいただきました。 「蒸し煮のおいしさを味わう料理が2品ありました。 野菜の旨味や甘みがよく出ていて、 おいしかったと感想をいただいております。 お家でも、料理に取り入れていってくださいね」 蒸し煮をすると、お野菜本来のおいしさが引き出されて、 本当に少しの塩、醤油といった最低限の調味料で 済んでしまうのがこのお料理の醍醐味。 ぜひ、いろんなメニューに活用してみてください また、暑くなってくると、玄米が「重い」「食べにくい」と感じる方も おられるかと思います。 そういったときは、無理をして玄米を食べ続ける (←乗り気でない状態)のではなく、気分転換がてら、 少し精米して、分搗き米にきびなどの雑穀を混ぜて みてはいかがでしょう? 分搗き米にすることで食べやすくなるので、 食欲も戻ってきます。 (但し、ついつい食べ過ぎてしまうのと、糠成分で補っていた栄養と 食物繊維の不足にはご注意を!) また、圧力鍋より土鍋で炊いた玄米のほうが「モチモチ」より 「ふんわり」しているので、土鍋ご飯もよいかもしれませんね 次回、初級火曜クラスは21日。 炒り玄米を使ったスープが登場します。 香ばしさと風味に「おおっ!」となる一品ですので、どうぞ 次回もご参加くださいね

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月07日 15時54分更新
  • ブログカテゴリー:

4/28春期師範科日曜クラス第1回

  今日は朝から雨模様 気温が下がるかと思い重ね着をしたら、 協会に到着する頃には汗をかきそうでした。 でも、これから気温は上がらず下がっていく ようですので、皆さんご注意くださいね! さて、今回は28日におこなわれた 春期師範科日曜クラス第1回の模様をお伝えします。 第1回のご担当は、岡田昭子校長先生。 428春師日1.JPG 師範科の第1回目ということで、大切な食養料理、そして 長年伝えられてきた陰陽調和のお料理を教えていただきました。 また、彩りにと早朝に野草を摘んでいらっしゃったので、 野草の天ぷらもラインナップに。 428春師日2.JPG 試食が完成。 さて、このお料理たちの中には、トマト、ナス、卯の花(おから)が 入っています。 どのお料理に何が入っているか、わかりますか?? 428春師日3.JPG その謎の答えは、受講された方だけがわかるのですが・・・ ちょっとオドロキ!かもしれません。 午後からは、クラスのメンバーの自己紹介と、 校長先生による講義がありました。 428春師講義.JPG ちなみにこのクラスは、日曜日ということもあり、 遠方から来られている方が多いのも特徴です。 東は千葉から、西は九州各地から。 特に九州の方が多く、その熱さに「圧倒された!」と おっしゃる方も これから2月の卒業制作発表会まで約1年間、 どうぞよろしくお願い致します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年04月30日 10時19分更新
  • ブログカテゴリー:

4/27初級土曜クラス第3・4回

  本当に昼間は風がなく、 温かい、を通り越しそうな陽射しです。 梅田は、北ヤードの「グランドフロント」の オープンでとてもにぎわっているようですが、 天満橋ではおおむね休日ののんびりした雰囲気。 今、先生方の勉強会がおこなわれており、 教室はいつも通りにぎやかです。 今回は、27日におこなわれた初級土曜クラスの 模様をお伝えします。 午前午後と1日2回の講義、そして 2週間ごとなので、あっという間に次の授業が やってきます。 第3回のご担当は、奈良からお越しの 今村圭子先生。 427初土今村.JPG 6月1日の公開料理教室「時短レシピ」もご担当されます。 まだ定員に余裕があるので、ぜひご参加ください 午前中第3回では、豆ご飯で分搗き米の炊き方や、 水無し炊きで蒸し煮をしっかり学びます。 427初土3.JPG (お茶の手前にあるのは、炒ったかぼちゃの種。 うまく炒れると、お酒のおつまみになりそうな食感です。 ただし、食べすぎにはご注意・・・!) 午後からは、兵庫県からお越しの藤井美千代先生。 427初土藤井.JPG 勉強熱心な先生は、サークルを立ち上げて、 料理だけでなく日本の伝統文化などの勉強もされています。 山菜など旬の春野菜を使ったかき揚げや、 「すき昆布」(サラダ昆布)を使ったお惣菜を教えていただきました。 427初土4.JPG 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 今村先生からは、 「初級(午前午後)ダブル、ご参加有難うございます。 ゴールデンウィークの初日、よくお越しくださいました。 今日は野菜の蒸し煮の大切さを学んでいただきました。 しっかり蒸し煮することで、おいしく甘くなるということを、 お料理で体感していただけ、ありがたく思っております。 出来上がりの味もとてもおいしく、 火と塩での味の引き出し方も学んでいただけました!! ぜひに、おうちでも復習(ひとつでもよいので)を、 お願い致します」 藤井先生からは、 「皆さん、今日も品数が多く、時間のかかるお料理でしたが、 きれいに仕上げていただいて有難うございました。 来月は品数少なめで(笑)、洋風です。 楽しみにしていてくださいね」 次回、初級土曜クラスは、5月11日。 ゴールデンウィーク明けです。 そして次回で第5・6回と、早くも折り返し地点。 ご自宅で復習してみて、「ここってどうするんだっけ?」 といった疑問点などは、教室にお越しの際、 先生に必ず質問するようにしてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年04月29日 15時03分更新
  • ブログカテゴリー:

4/26上級金曜クラス第2回

  3連休の最終日、とてもよいお天気の大阪です 昼間の最高気温は24度と、夏日。 明日は一転して雨の予報ですので、 お出かけ、お掃除、お洗濯日和な今日は貴重な 1日ですね。 今回は先週金曜におこなわれた、 上級金曜クラスの模様をお伝えします。 第2回のご担当は、島根県の出雲市からお越しの 浅津知子先生。 426上金浅津.JPG ネットワーク教室出雲「夢の食卓」を主宰されているほかに、 地元新聞のお料理欄やケーブルテレビでの料理番組など、 さまざまな方面で活躍されています。 せっかく上級まで進級した皆さんに お伝えしたいことがたくさん! と、 石垣りんの「儀式」という詩を紹介されました。 そのこころは、 「食べることは命をいただくということ。 料理をすることは、真剣勝負だ」 ということ(だと思います)。 日々くり返される日常のこと、 そして現代ではグルメや特別な効能としての食べものが もてはやされているので忘れがちですが、 「食」とはとても大事なことです。 そのことを胸に留めて、上級の授業を 受けていただきたい、というメッセージでした。 さて、上級第2回のメインは、手打ちパスタ。 426上金ぱすた.JPG ほうれん草をゆがいてペーストにし、 生地に練りこんで鮮やかな緑色にしていきます。 426上金料理.JPG パスタはできたてが命! パスタをゆがき、ソースと絡めた班から試食となりました。 授業後、浅津先生からコメントをいただきました。 「皆さんお疲れ様でした。 次回以降も、準備のときから感謝(いろんなことに対して)の 気持ちを持って、今日習う料理全般に集中して、 取り組んでいただきたいです」 次回、上級金曜クラスは5月10日。 ゴールデンウィークで慌しく、生活リズムや食生活が ちょっと乱れてしまうかもしれませんが、 リセットして、また教室にお越しくださいね
  • 2013年04月29日 11時17分更新
  • ブログカテゴリー:

4/25春期師範科木曜クラス第1回

  今日の大阪は良いお天気でしたが、 3時前後に嵐のような通り雨(雷雨)があって、 一気にひんやりとした夕方となりました。 皆さん、気温の変化にご注意くださいね さて、今回は昨日おこなわれた春期師範科木曜クラスの 模様をお伝えします。 初日となる今回、午前の担当をされたのは、 岡田昭子校長先生。 3月の春期集中料理教室から進級された方も多く、 開始前の教室は久々の再会で、とてもにぎやかでした。 授業が始まると、皆真剣に校長先生の話に 耳を傾けます。 425春師校長.JPG 今回のテーマは、マクロビオティックをするうえで欠かせない 食養料理の復習。 「きんぴら」「ひじき蓮根」「ごま塩」を、もういちど しっかりと手順を確認しながら作っていきました。 425春師きんぴら.JPG ↑蒸し煮中のきんぴらの鍋。 425春師ひじき.JPG ↑出来上がった「ひじき蓮根」。 それと、せっかく春真っ盛りなので、ということで、 校長先生が早起きして野草を摘んでこられました。 425春師野草.JPG こちらは、天ぷらに。 425春師天ぷら.JPG 体調を整える食養料理の、1回の食事に食べる量の目安を 知っていただくため、はかりを使って、目安の分量を計量してもらいました。 425春師お膳.JPG ↑「きんぴら」「ひじき蓮根」を、目安の分量だけ盛り付けています。 午後からは、お手当ての講義でした。 425春師手当て.JPG 午後の担当は、今村圭子先生。 生姜湿布を皆さんに体感してもらいながら、 手当て法について説明していかれました。 師範科は月に1回、午前が実習、午後が座学で 進んでいきます。 「集中教室みたいに、短期のクラスはないのですか?」 とお問い合わせを受けることはあります。 このスピード社会の中、そして 遠方の方もおられ、交通費もとても大変だと 分かってはいるのですが、師範科だけは集中クラスは 開設できません。 なぜなら、師範科の目的は、お料理の幅を広げたり、 理論を深めることもありますが、 第一は「マクロビオティックの実践・体感」。 時間や季節などの経過とともに、身体がどう変わるか、 心持ちがどうなるのか、という体感は、昨日今日だけでは 分からないもの。 そういったものは、1年あっても足りない部分もありますよね。 これから1年を通して、教室での授業は月1回ですが、 毎日が実践の授業だと思っていただければ、と思っております。 特に師範科を卒業されると、 「料理を教えて!」 「どんな風に食事に気をつけたらいいの?」 という質問が飛び込んでくることがあるかと思います。 そこで必要なのは、覚えた“知識”だけでなく、 “身をもってした経験”だと、校長先生をはじめ、 ベテランの先生は口を揃えてお話されています。 2月の卒業制作発表会まで約1年、 どうぞよろしくお願い致します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年04月26日 16時36分更新
  • ブログカテゴリー:

4/23初級火曜クラス第2回

  今日はとてもよいお天気ですね このまま週末の連休も良いお天気だと いいですね! 本日は春の師範科コース木曜クラスの第1回です。 秋期コースの方だけでなく、 3月におこなわれた春期集中料理教室で 上級を修了された皆さんも多くご参加されています。 その模様は、また次回お伝えする予定です。 さて、今回は火曜日におこなわれた 初級火曜クラスの模様をお伝えします。 担当は、奈良県からお越しの今村圭子先生。 423初2今村.JPG 第1回では玄米ご飯は全員分をまとめ炊きしてお渡ししていたので、 今回、圧力鍋で玄米ご飯を炊く作業が皆さん初めてとなります。 しっかりその仕込み方、炊き方を教えていただきました。 そして忘れないうちに、料理説明の途中で、全員で確認しながら ご飯を仕込みました。 授業後、先生よりコメントをいただきました。 「初級2回目、ご参加有難うございました。 小豆ご飯、各テーブルでとってもおいしく出来ました。 小豆の旨味も引き出され、ご飯もふっくらとして 満点の小豆ご飯でした 筍やアラメ、ふきにせりと、春の旬をいただくメニューも、 しっかり学んでいただきました。 また次回を楽しみにしています」 次回、初級火曜クラスは、5月7日。 ゴールデンウィーク明け早々、です。 連休で生活リズムが狂ってしまうかもしれませんが、 どうぞ次回も皆さんの元気なお姿をお待ちしております そして、4月中旬から募集が始まっている、 6月の公開料理教室「ささっと作れる! 時短レシピ教室」。 こちらのご担当も、今村圭子先生です 最近は電子レンジを使った時短レシピが 世間を席巻しています。ですが、 マクロビオティックをされている方は、 「なるべく電子レンジは使いたくない・・・」 とお思いかもしれません。 でも、「毎日料理にそんなに時間がかけられない!」、 という方もおられますよね。 そんな方の声にお応えすべく、開催するのが この「時短レシピ」教室。 「時短」のポイントである料理の段取りや、メニューの 組み立ても今村先生にアドバイスしていただきます どうぞお楽しみに ↓「時短レシピ」詳細はこちら・・・ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/koukai.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年04月25日 11時07分更新
  • ブログカテゴリー: