ブログ「マクロなポケット」Blog

5/29ビオ・マルシェ特別教室☆

 

529日、「マクロビオティック料理教室@天満橋  旬のお野菜を美味しくいただきましょう」と タイトルのついた料理教室が開催されました。 オーガニック100%の品ぞろえをめざす宅配、 ビオ・マルシェと正食協会がコラボして、 ビオ・マルシェの会員様だけを対象にした スペシャル教室です。

 

オーガニックの世界で先駆けのビオ・マルシェさん。

全国でたった0.23%しかない国産の有機農産物の10%が、 ビオ・マルシェさんの畑で育っているそうです。

 

ご家庭で、その有機野菜を食べている会員様に、 野菜や豆や穀物の料理を最も得意とする正食協会で、 さらにおいしくいただく調理法や、レシピを知って いただく機会になればと思いました。

 

当日の担当は、ベテラン島田弘子先生です。 529ビオ教室1.JPG メニューは、大豆と芽ひじきごはん、小豆入り団子スープ、 キャベツコロッケ、青菜と切り干しの和え物です。

529ビオ教室2.JPG 和気あいあいと実習するビオ・マルシェ会員の皆さん。  529ビオ教室3.JPG お料理が完成しました♪ 529ビオ教室4.JPG 皆揃って「いただきます!」

昼食時に、岡田校長が教室に入り、野菜の効用、食べ物と健康、 塩のこと、調理の仕方と四季と調和のとりかたなど、 ワンポイントレッスンがあり、真剣な表情で聴かれていました。 529ビオ教室5.JPG

 

   担当した島田弘子先生の感想です。

   野菜のこと、身体のこと、健康に関心の高い人が多くて、 さすがオーガニックの食材を選んでいる人たちだなと感じました。

   初めての出会いとは思えないくらい、楽しそうで、まとまっていて 良い雰囲気なのが不思議でした。同じ食べ物(オーガニック)を 食べているからでしょうか(微笑)。

 

   後日いただいた、参加された方の感想です。

   親しみやすい先生で、分かりやすかったです。時々、 時間が足りなくなるので、途中で終わったお話を もっと聞きたかったです。 

   初めてのマクロビオティック料理体験でした。 その日から毎日玄米を炊き始めたところ、 体重が落ちてきて驚きです。 主人と子供は、薄味になじめないようですが、 私だけでも続けてみようと思っています。

今回の教室が、ビオ・マルシェさん自慢のお野菜のパワーを更に引き出す お料理となるきっかけとなればいいですね。 初めての会場で、たどり着くまでに迷われた方もいらっしゃるかと 思いますが、皆さんご参加いただき、有難うございました。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月03日 17時18分更新
  • ブログカテゴリー:

5/31スペシャル「食養&お手当て」第1回

  早いもので6月も、もう3日目。 梅雨入り宣言後逆にあまり雨が降っていないような 大阪です。 今週も暑い日が続きそうですね。 さて、今回は5月31日におこなわれた、 岡田校長先生によるスペシャルコース 「食養料理とお手当て」第1回の模様をお伝えします。 531食養1.JPG このコースでは、多くの諸先輩方から正食を伝授された 岡田校長先生自ら、食養料理とお手当てについて指導して いただきます。 参加された方の多くは レギュラーコースなどを現在受講されている方でしたが、 今回がまったく初めて、という方もおられ、 第1回の「基本」となる「玄米ご飯の炊き方」や「基本のお味噌汁」を じっくり学ばれました。 531食養食材.JPG おかずは、この時期にさっぱりといただける 「新玉ねぎと青菜(キャベツ・絹さや)の梅味噌和え」。 531食養土鍋.JPG 玄米ご飯は、圧力鍋での炊き方と、土鍋での炊き方2種類を 実践しました。 531食養味噌汁.JPG いついただいてもほっとする、基本のお味噌汁。 お野菜の旨みが引き出されて、昆布や鰹節といったお出汁が 必要ない、というのは、皆さんご存知の通りです♪ 531食養実習.JPG レシピを確認しつつ、校長先生に調理の具合を見ていただきました。 531食養試食.JPG 試食が完成です! 奥が土鍋ご飯、手前が圧力鍋のご飯で、 圧力鍋ご飯は、校長先生が準備されたよもぎを刻んで、 混ぜご飯となりました。 和え物の野菜はサラダ風なので、 「蒸し煮」は野菜の食感が楽しめる程度にされました。 午後からは、「飲むお手当て」の授業。 全員で、湯飲みの中で梅干しを潰し、「梅醤番茶」を手作りしました。 「このお湯飲みは小さいので、お醤油の量は調整してくださいね」 と校長先生。 531お手当て2.JPG 皆さんとても充実された時間だったようです。 授業後、帰る間際に校長先生とお話される方もおられ、 「食養とは何ぞや」ということをしっかり学ばれたかと思います。 次回の「食養料理とお手当て」は、6月28日(金)。 まだまだ梅雨本番最中の頃でしょうが、 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月03日 12時05分更新
  • ブログカテゴリー:

5/27・28レギュラーコースコメント☆

  とうとう近畿地方も梅雨入りしましたね! 雨が降ったり止んだり、不安定なお天気で、 どことなく湿気がこもったような空気ですが、 どうぞ体調にはお気をつけください。 さて、今回は月曜日、火曜日におこなれたレギュラーコースの 模様を、先生方のコメントを中心にご紹介します。 27日月曜日は、初級月曜Wクラスがおこなわれました。 午前の第7回を担当されたのは、 兵庫からお越しの森脇敦子先生。 527初森脇.JPG 授業ではこの回登場した食材「グルテンミート」について、 どんなものなのか解説していただきました。 森脇先生のコメントです。 「今日は玄米のおかゆを圧力鍋で炊きましたが、 体調のすぐれないときにとても頼りになる一品ですので ぜひいつでも炊けるように覚えておいてくださいね。 皆さん、初級とは思えないくらい盛り付けまできれいに してくださって素晴らしいです。 次回が最終回となりますが、 この調子で頑張ってくださいね」 午後、第8回を担当されたのは同じく兵庫から お越しの島田弘子先生。 527初島田.JPG お味噌についてのお話も、しっかりとしていただきました。 島田先生のコメントです。 「小豆昆布は正食料理の中でも大切なお料理のひとつです。 腎臓の働きを助け水分の代謝をよくしてくれます。 ただし連続での食用は避けてください。 5日いただき3日お休み、など、 体調をよくみながら調節してください」 翌28日は、中級火曜クラスの第3回目でした。 ご担当は、三重県よりお越しの金子多重美先生です。 528中金子.JPG この回では、いろんなお野菜の旨みがぎゅっと詰まった「そば米の葛煮」が 登場。そこで「重ね蒸し煮」の仕方を教えていただきました。 金子先生のコメントです。 「今日は『炒め蒸し煮』と『重ね蒸し煮』の違いを勉強しました。 陰陽は慣れていくと、とても面白いものになっていきます。 これからもわかりやすくお伝えしていきますね」 次回、初級土曜Wクラスの最終回は6月8日、 中級火曜クラスの第4回は11日です。 ジメジメしたお天気が続くかと思いますが、 また皆さんのお元気な姿をお待ちしております! そして、6月24日からは中級月曜Wクラスがスタート。 中級では大切な食養料理の「ごま塩」「きんぴら」 「ひじき蓮根」を学びますので、ぜひお越しください♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月29日 17時07分更新
  • ブログカテゴリー:

5/23・25春期師範科クラス第2回

  今日は5月最後の月曜日。 朝は晴れていましたが、今は少し曇り空の大阪です。 明日より雨の予報ですが、九州・四国・中国地方では 本日より梅雨入りのようです。 皆様、気候の変化にはご注意ください。 さて、今回は先週木曜日と昨日におこなわれた 春期師範科クラスの模様をお伝えします。 師範科木曜日クラスの今回のご担当は、 岡田昭子校長先生。 523校長師範.JPG ナスやトマトといった夏野菜や、卯の花(おから)を使い、 組み合わせの工夫たっぷりのお料理を教えていただきました。 中には、桜沢如一先生命名という歴史を持つお料理も。 そして、師範科でもやはり、大切なのは基本の食養料理。 ということで、前回も登場した、ごま塩、きんぴら、ひじき蓮根の実習も おこなわれました。 日曜クラスのご担当は、高知県からお越しの西森寿美子先生。 525西森2.JPG 準備が早く終わり、受講される皆さんも早めにお越しいただいていたので、 授業前に、先生の正食との出会いのお話をしていただきました。 自然食品店で買い物をした時の包み紙が、
玄米食を薦める情報紙だったこと。 義母や実母の病に、正食をすることで現れる数々の新しい発見や驚き。 ますます興味が深まり、玄米正食とは何なのかを 自分自身の目で確認するために、高知から正食協会を訪ねることになりました。
先生の玄米正食治病体験物語に引き込まれるように静かな教室。
このまま聴いていたいという雰囲気になっていた(と思う)頃、 ちょうど開始時間となり、すぐに調理が始まりました。 (by Terry) 午後も西森先生の講義がみっちりとあり、 受講生の皆さんも充実した1日だったと思います。 次回春期師範科は、6月27日と30日。 梅雨真っ只中かと思われますが、皆さん体調には気をつけて、 元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月27日 14時57分更新
  • ブログカテゴリー:

5/21~25レギュラーコースコメント☆

  連日暑い日が続いていますね。 さて、今回は21日火曜日から本日土曜日までに おこなわれたレギュラーコースの初級・上級クラスの 模様を、先生方よりいただいたコメントを 中心にお伝えします! まず、21日火曜日は初級火曜クラス第4回でした。 ご担当は、奈良の今村圭子先生。 521初今村.JPG 第4回では、玄米を炒ってコクを出す玄米スープや、 春の味を楽しむ春野菜のかき揚げなどを学びます。 また、すき昆布の炒め煮では、ごぼうの蒸し煮が登場しました。 今村先生よりコメントです。 「初級4回目ご参加ありがとうございます。 蒸し煮の復習や初めてのごぼうの蒸し煮、炒り玄米など、 今日は学びが多くありましたが、皆さん上手に作ってくださり、 おいしく出来上がりました。 大切なごぼうの蒸し煮ですので、ご自宅での復習を ぜひにお願い致します」 22日は前回ご紹介した中華料理教室、 23日は岡田校長先生の師範科がありました(こちらは、 また別途お伝えしますね!) 昨日、24日は上級金曜クラスの第4回。 ご担当は、徳島から来られた龍頭佳世先生。 524上龍頭.JPG この回は、手作り豆腐に豆腐ご飯など、豆腐や湯葉を使った お料理が登場しました。そして、忘れてはいけないのが、 中級で習った「ごま塩」の復習。ごまや塩の炒り方、すり方など、 もういちど確認していただきました。 龍頭先生よりコメントです。 「皆さん! 豆腐おいしくできましたね。 ごま塩の復習もしていただけて良かったです。 簡単に豆腐はできますので、ご家庭でもぜひ試して みてください。 私も楽しく授業させていただきました。 有難うございました」 そして本日。 25日は、初級W土曜日クラスの7・8回目でした。 次回が最終回! 早いですね~。 第7回の担当は、大阪府内からお越しの永原味佳先生です。 525初永原.JPG この回では、体調を崩したときにぴったりの小豆粥や、 今日のように暑い日にさっぱり食べられる糸寒天と海藻のサラダが登場。 永原先生からは、「今日作った小豆粥、生活の中に取り入れてみて ください。これから梅雨から夏に向かって、身体作りを楽しんでいきましょう!!」 皆さん小豆粥のおかげで元気ハツラツだったのか、 午後の第8回の授業はほとんど休憩を挟まずに始まりました。 ご担当は、兵庫県からお越しの藤井美千代先生。 ちなみに、午前中は「むすび」講師紹介用のインタビューを させていただいていました。 また「むすび」に掲載されますので、どうぞお楽しみに♪ 525初藤井.JPG 午後からのメニューには、行楽や運動会(近所の小学校から それらしき音楽が・・・)にも嬉しい玄米海苔巻きが登場。 そして、大切な食養料理「小豆昆布」を学びました。 藤井先生からは、 「皆さん、巻き寿司を巻くのが上手ですね。 どの班もきれいに巻けていました。 今日は30分早くスタートしましたので、 その分早く終わりました。 ゆっくりお茶でもしてください。 次は初級最終回ですね。一緒に頑張りましょう」 次回、初級火曜クラスは6月4日、 上級金曜クラスは6月7日、初級W土曜クラスは6月8日です。 皆さんのお元気な姿をお待ちしております☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月25日 18時06分更新
  • ブログカテゴリー:

5/22蓮田先生の中華料理教室

  今回は、22日におこなわれた蓮田先生の公開中華料理教室の 模様をお伝えします。 522蓮田先生.JPG 毎回人気のこの教室、22日も多くの方にお越しいただきました。 蓮田マチ子先生は、生野区にある「創華飯店」のご店主。 そして「正食クッキングスクール」で学んだ、受講生の皆さんの先輩でも あります。 教室に通っている間は決してお店をやっているとはおっしゃらず、 卒業間際になって、「あまから手帖」にお店が紹介されて 正体(?)が発覚した!! というエピソードもお持ちの先生。 先生が正食で学んだことや体得したことから生み出された レシピを、伝授していただきました。 522大鍋.JPG ↑素揚げ用の鍋の前でテキパキと指導される蓮田先生。 今回は手馴れた方がとても多く、 スムーズにお料理が完成しました♪ 522試食.JPG 和気あいあいと、楽しいランチタイムとなりました☆ 蓮田先生、ご参加いただいた皆様、どうも有難うございました! 来月の公開料理教室は、龍頭佳世先生の「夏の薬草・野草の会」です。 どうぞお楽しみに!
  • 2013年05月24日 13時50分更新
  • ブログカテゴリー:

5/19中級日曜クラス第3・4回

  昨日は午後からかなり本格的な雨でしたね。 本日は、またからっとした晴れのお天気。 各地から先生方が集まる、研究会がおこなわれています。 またその様子は後日お届けの予定です。 さて、今回は昨日おこなわれた中級日曜クラスの 模様をお伝えします。 第3回、午前中の授業のご担当は、 柳澤幸代先生です。 519中Nやな.JPG 暑くなってくると、玄米がしんどいときがありますよね。 そんなときにちょっと変わったメニューがあると、 重宝します。 そんな「かた焼そば」と「そば米の葛煮」が第3回では登場。 かた焼そばは、麺をゆでて揚げるところから、 自分たちの手でおこなっていきます。 そば米の葛煮は、つぶつぶの食感を楽しめ、 蒸し煮したお野菜も一緒に食べられます。 第4回、午後からのご担当は、野口清美先生。 519中Nのぐ.JPG この回では、お弁当などにも使えるいなり寿司や、 白玉団子入りのおすましが登場しました。 いなり寿司の形がさまざま(特に、関西は三角、関東は四角など) といったことも話題になりました。 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「今日は新しく、重ね蒸し煮という方法を学びました。 五感を働かせて、蒸し煮のコツを掴んでいただければと 思います。 どんどん質問したり、声をかけて出来上がり具合を 体得していってくださいね。 雑穀のひとつ、そば米が出てきました。 これからもいろんな種類の雑穀が出てくるので、 炊き方など、マスターしていきましょう。 次回はとっても重要な食養のメニュー“ごま塩”を 作ります!! ご期待くださいね」 野口先生からは、 「少し人数が少なめ、ということもあり、 皆さんが全員仲良しでほがらかにお料理して くださっているのが嬉しいです。 今日のおいなりさんのお揚げさんも、 ふきと高野豆腐の煮物も上手に煮つけて いらっしゃいました。 次回、私が担当する第6回目からは、 夏野菜の勉強になります。 お楽しみに来てください」 次回、中級日曜クラスは6月16日。 皆さんの元気な姿をお待ちしております♪ また、昨日「陽土水-hitomizu-」さんの1日カフェにも お邪魔してきましたので、その様子も近日中にお届けいたします! どうぞお楽しみに☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月20日 14時04分更新
  • ブログカテゴリー:

5/16・18秋期師範科第8回

  今日は下り坂の予報の大阪で、 朝は暑いくらいに晴れていましたが、 お昼頃から予報どおり降りだしました。 肥後橋近くのうつぼ公園では「森の集い」&「バラ祭」、 堺筋本町近くのカフェ、ヒトノワでは、師範科卒業生の方に よる1日カフェイベントがおこなわれています。 雨がひどくならないといいですね。 (と書いた瞬間、本降りに・・・) さて、今回は16日と18日におこなわれた 秋期師範科クラスの模様をお伝えします。 月1回で進んでいく秋期の師範科も、もう第8回。 7月で最終回を迎え、8月には集大成の卒業制作発表会が おこなわれます。 そろそろ、どんなお料理を出品するか、 個人発表にするか、グループ発表にするか、 などなど、準備を始めておられるかと思います。 これからの季節、梅雨のジメジメや夏本番の暑さが 待ち構えていますが、 そんな風土があるからこそ、日本の四季は豊かなんだあと 楽しみつつ、皆で乗り越えていきたいですね。 第8回のご担当は、野口清美先生。 516師範野口デモ.JPG 野口先生がお住まいの京都も夏の暑さは大変そうですが、 京都には、食事だけでなく日常の習慣でも“涼感”を演出する知恵が満載。 そういったお話もまた伺ってみたいと思っています。 今回は春から夏にかけてのお料理ということで、 赤ピーマンやアスパラガス、そらまめも登場。 516師範食材.JPG ふきとじゃこのご飯は、食欲が落ちがちなこの時期に パワーをもらえます。 518師範試食.JPG 右下のデザートは、京都ならでは。 「むすび」6月号表紙にもなっている、6月の和菓子「水無月」です。 (6月号目次左下の表紙解説で、簡単に由来を説明しております) 午後からは、パワフルな野口先生が午前中に引き続いて 講義をおこなわれました。 テーマは「陰陽五行について」。 皆さん真剣に受講され、講義後も先生に質問される姿がありました。 516師範講義.JPG 授業後、野口先生よりコメントをいただきました。 「さすが師範科の皆さん! 手際が良いし、熱心だし、私も授業に力が入ってしました。 ご卒業まで後2回となりましたが、わからないところは どんどん質問して、クラスメイトとワイワイ楽しんで、 思い出いっぱいの正食クッキングスクールを いつまでも忘れないで頑張ってくださいね。 また、卒業後は初・中級研修会や公開料理教室、講座も いっぱいあるので、ぜひ引き続き協会で勉強してください。 正食は、一生精進の道なのです」 ちなみに、スペシャルコースのスイーツコースは本日から 協会サイトでも受付開始、 来週から始まる岡田校長先生の食養&お手当てコースも、 まだ間に合いますよ!! ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html 次回秋期師範科クラスは、6月20日22日。 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月19日 12時51分更新
  • ブログカテゴリー:

5/17スペシャルコースイタリアン第2回

 金曜日の昼下がり、順調に気温が上がっています。 さて、今回は本日おこなわれた スペシャルコースイタリアンの模様をお伝えします。 このコースの担当は、森脇敦子先生。 海外在住経験もあり、阪神間のマダム、な印象ですが、 実は根っからの阪神タイガースファンとのこと。 今、月刊誌「むすび」では、本校の授業を担当されている先生方の インタビュー記事も掲載しているので、森脇先生の回では 海外でのお話以外にも「トラキチ」なエピソードも、 お話いただけるかもしれませんね。 第2回となる今回のテーマは、「ワンプレートランチ」。 517イタリアンデモ.JPG 前菜・サラダ・キッシュ・リゾットの4種を、 彩りよく大きなお皿に盛りつけたランチにします。 517イタリ材料.JPG ベビーコーン、ズッキーニ、パプリカなど、 鮮やかなお野菜が今日のような陽気にはピッタリ。 先生に作り方のポイントを確認しながら、 手分けして作業を進めていきます。 517イタリ実習.JPG お料理が完成!! 517イタリ試食.JPG デモ分を試食させていただきましたが、 食べ応えがありながらも、あっさりしていて 事務局長いわく「口の中でイタリアを旅してきました・・・!」 授業後、森脇先生からコメントをいただきました。 「今日はワンプレートランチのイタリアンで、 形状や色彩に変化をつけてみました。 どれも簡単に出来る品ですが、中には ちょっとしたコツが要ったりして、 苦労されたところもあったかもしれません。 でも皆さんとても上手に出来ていて、 嬉しかったです。 次回もお待ちしております」 次回、イタリアン最終回は、6月14日(金)。 テーマは「ディナー」、皆さんの元気なお姿をお待ちしております☆ また、今月31日からは、岡田校長先生による 「食養料理とお手当てコース」が開講! 定員にまだ余裕がありますので、ぜひご参加くださいね♪ 詳細はこちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月17日 15時43分更新
  • ブログカテゴリー:

5/13・14初級月曜クラス&中級火曜クラス

  先週からずっと夏のようなお天気が続いていますね~。 あっという間に春が終わって、初夏のような感覚に なっています。 この間まで、“寒さで体調を崩さないように”と 考えていたはずが、 今は“暑さに身体がついてきていないかも??”という 不調の方もおられるかと思います。 こういったときこそ、お食事の内容などで身体を整えたいですよね。 さて、今回は13日、14日におこなわれた初級・中級クラスの 模様をお伝えします。 13日は初級月曜クラス。 駆け足で進んでいるこちらのクラスは、この日第5・6回が おこなわれました。 午前中のご担当は、兵庫県からお越しの 森脇敦子先生。 513初月森脇.JPG 17日におこなわれるスペシャルコース「イタリアン」の授業も 担当されています。 第5回目のメニューにある、「きゅうりとわかめの梅和え」は、 本当にここ数日続く暑い日にいただくと、さっぱりする和え物です。 梅、と聞くと「酸っぱい!」イメージがありますが、 ごまとお醤油が梅の酸味を和らげてくれるので、 梅が苦手な方にも食べやすいですよ 午後のご担当は、同じく兵庫県からお越しの島田弘子先生。 513初月島田.JPG この回では、玄米粉を使ったポタージュスープが登場。 玄米粉は酸化しやすいので、封を開けたら、 冷凍庫などの酸化にしくいところで保管してくださいね。 ちょっと食欲がないときなどにもお腹にやさしい食感の スープ。 これからの季節、かぼちゃやコーンなどを合わせての アレンジポタージュも、おいしいかとおもいます。 そして、中級火曜クラスは第2回。 ご担当は、奈良県からお越しの今村圭子先生です。 (すみません、お写真とりそびれてました・・・) 第2回には、食養料理として押さえておきたい 「小豆かぼちゃ」が登場しました。 身体をいたわるやさしい味の小豆かぼちゃは、 やはり土鍋でつくるのがおいしいですが、 土鍋がなくてもお手持ちのお鍋でつくってみてくださいね。 こんな季節の移り変わりの時期こそ、 内臓に優しい食材・味で体力を養いましょう! 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 森脇先生からは、 「皆さん慣れてこられて手際もよく、 どのお料理もおいしく出来ましたね。 クラスにも活気が出て、中にいるだけで楽しいです。 今日のメニューは気軽に作れるものばかりですので、 ぜひお家でも作ってくださいね」 島田先生からは、 「チャパティ楽しんで作っていただけましたか? 簡単に出来ますので、やけどに気をつけて またおうちでも挑戦してみてください。 玄米ポタージュは玄米粉を香ばしく炒るところが ポイントです。 玄米がいただきにくくなるこれからの季節に最適です」 今村先生からは、 「本日は暑い中ご参加くださり有難うございます。 食養の大切なお料理、小豆かぼちゃを各テーブル とてもおいしく作ってくださり嬉しいです。 ベストな塩加減でお汁も澄んでいて、 かぼちゃもやわらかく仕上がっていました。 小豆かぼちゃはお汁が大切です。 ふっくらと煮えた小豆とホコホコのかぼちゃと おいしいお汁を、ぜひご自宅で復習してください」 次回、初級月曜クラスは5月27日。 中級火曜クラスは5月28日です。 体調を整えつつ、皆さんの元気な姿を お待ちしております!
  • 2013年05月16日 14時52分更新
  • ブログカテゴリー: