ブログ「マクロなポケット」Blog

陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法開催

41日(土)、岡部賢二先生による望診と手当て法が開催されました。4月から隔月の5回シリーズで各経絡の症状を強化する対策プラス各臓器を活性化する手当てをしっかり学びます。

3月~5月、春の時期に弱りやすい肝臓と胆のうの経絡(肝・胆のう系)が弱るとどのような症状がでるのか、自己診断で自分の症状を見ながら、どこがどう弱っているのか分かる望診をして、後半は生姜を使った瘀血を流す手当てとして、生姜油と生姜湿布の実践がありました。

 

 

「肝臓と胆のうはセットで働いていると五行ではみていきます。夏を管理するのは心臓と小腸の経絡、季節の変わり目、土用の時期に弱りやすい経絡が胃・脾臓系、秋を管理しているのは肺・大腸系、冬を管轄している臓器が、腎・膀胱系ということで、それぞれの季節と臓器の関連性が高いのです」

 

「春先に何となく調子が悪いなという方がいらっしゃったら、肝・胆のう系が弱っています。木の芽時、なんとなく調子がよくない、花粉症やアレルギーが悪化するとか、なんとなく気が滅入ったり、だるさがとれないという症状があれば大体肝臓の疲れからくると判断されて間違いないかなと思います」

 

 

「一年のスタートの時期が春ですが、一日の中で春に相当する時間は朝ですが、朝方調子が悪い人は始動が悪い、朝が起きられない、だるくて目が開かない、頭が冴えない、やる気がおきない、うまくスタートが切れない状態は肝臓が疲れた初期症状です」

 

いい話を聞いたと思っても、すぐ実行に移せない保留癖のある人。先に延ばしていつかやろう、いい本だなと思っても読まない、断食もいいなと分かっても実行までに時間がかかるという人がいたら、その方も肝臓の疲れがあるという感じに受け取っていただくといいと思います。だから自分が悪いとか、できない自分を責めないで、肝臓の疲れた状態だから肝臓をいたわれば、すぐ実行できる性格に変わっていくという見方をするんですね」

 

 

 

次回第2回は、63日(土)「陰陽五行の知恵に学ぶ・夏の養生法と望診法」(心・小腸系)~梅を使った手当て法~です。

単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。

  • 2017年04月02日 18時28分更新
  • ブログカテゴリー:

森野旧薬園&森野吉野葛見学ツアーに行ってきました

326日、日曜日。正食クッキングスクールの指導員・講師の皆様方と

万葉のロマン漂う奈良県の大宇陀に行ってきました。

近鉄榛原駅から路線バスにゆられて森野旧薬園を見学。

日本最古として知られるこの薬草園は吉野葛を製造する森野吉野葛本舗が運営管理しています。

 

 

250種類の薬草と観賞用植物が植栽されています。

カタクリやフクジュソウの花を見つけました。

園内をガイドしていただいたのは昭和7年生まれの原野悦郎さん。薬草のことに詳しいだけでなく歴史的な背景についてもしっかり語っていただきました。

雨の予報でしたが、うららかな日和で土や草の香りを胸一杯に吸い込みました。

 

 

 

 

 

そして、お昼ご飯は大願寺の薬草料理。吉野本葛を使った胡麻豆腐や葛の刺身、

野草の天ぷら、黒米ごはん、デザートはドクダミのシャーベット(!)と豪華な

メニューで参加者の皆さんは大満足です。

 

 

 

昼食を終え、小雨の中を静かな街道を歩き、森野吉野葛本舗の西山工場に行き、吉野葛ができるまでのお話しをお聞きしました。併設されたお店で作りたての葛きりをいただきました。

終始笑顔が絶えない参加者の皆さんで、ゆったりと楽しい一日となりました。

 

 

 

  • 2017年03月28日 17時45分更新
  • ブログカテゴリー:

集中料理教室上級コースが終了しました

2017321日。

正食クッキングスクール大阪本校での春の集中料理教室

上級コースが終了いたしました。

これで15日間の全集中コースが終了となります!

 

 

15日間通しの方々も皆様とてもお元気で、

涙ながらの感想発表となりました。

切り方、玄米の洗い方から教わった初級、

基本をベースにレシピに広がりが出る中級、

そして少しずつ陰陽のお話もはいり、

最後に食養やおもてなしで総合力を学ぶ上級!

どの5日間も充実した学びとなりました。

 

 

今回の参加者の皆様は、5分前集合、最後までの完璧なまでのお片付け!

ととっても素敵で熱心な方々という顔ぶれでございました。

ありがとうございました!

「芯の通った正食料理を学べた」とおっしゃった生徒さんの言葉が染み入る最終日となりました。

 

 

15日間の方、10日間の方、5日間の方、すべての皆様本当にありがとうございました。

また春のレギュラーも始まります。

復習したい!という方は、是非お声がけください。

詳細&お問い合わせは下記までお願いいたします。

https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular.html

 

 

 

 

 

  • 2017年03月23日 17時56分更新
  • ブログカテゴリー:

身体の痛みをとる操体法講座・1DAYが開催されました

この講座は「自分で身体のひずみを正す法」「自分で身体の痛みを消す法」「自分でひずみを作らない正しい動作」を一日で習得するように組み立てられています。講師の鈴木敏文先生は、所属する真・食養会の会長に就任されました。その機会にというわけではないのですが、かつて桜沢如一先生が言った「一日一合の玄米と塩さえあれば生きていける」ことを自分で確認するために実践中で、この講座の日で98日目を迎えました。

 

 

「むかしから知っている人はびっくりするだろうな。高校生の時の体重です」と話す先生は、確かにかなり痩せていて、体重は18㎏減ったそうです。玄米一合は約600㎉。何もしなくても生きていくだけの基礎代謝量が12001500㎉といいますから、驚きです。自分の身をもってカロリーの考えの間違いを実感しているらしいです。

 

今までこのような修行(?)に取り組まれた話は、以前、桜沢先生の直弟子、松岡四郎先生からお聞きしました。どれだけの期間実行するか桜沢先生にせまられ、赤血球は100日で変わるので、「100日やります」と答えられたそうです。

 

「決してお勧めはしません、何年か下地を作ってやるのならいいですけど、健康のためなら基本の正食に果物や砂糖、動物性一切を一口も食べないのから、やるほうがいいです」と鈴木先生。

 

 

無事100日を達成したら、復食はどうするのか興味本意でお聞きすると、「最初はごま塩、そして梅干し、というように少しずつ加えて身体の変化を観察したい」ということです。でも、本当に食べたいのは、なんと梅干しと醤油が最高の贅沢に感じているそうです。「玄米の餅を焼いて醤油をつけて食べたいな」と笑顔で話されました。

体がきれいになったのを感じるので、もったいなくて悪いものは食べたくないらしいです。

 

 

  • 2017年03月20日 18時50分更新
  • ブログカテゴリー:

集中料理教室中級コースが終了しました

2017316日。

正食クッキングスクール大阪本校での春の集中料理教室中級コースが終了いたしました。

北は北海道、南は沖縄という言葉がまさにぴったりな皆様。そして海外からもお越しくださった皆様が、初級より作業が多くなった中級のお料理も見事に作られました!このチームワークのよさも正食を実践されている方の特徴かと!

本日、上級がにぎやかにスタートしております

15日間通しの方も最後までがんばってくださーい。

なお、集中教室は通えないけれど、月に1、2回なら通えるという方は、今募集しておりますレギュラー教室のほうへぜひご参加くださいませ。

詳細お問い合わせは下記です。

https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular.html

 

 

  • 2017年03月17日 14時19分更新
  • ブログカテゴリー: