ブログ「マクロなポケット」Blog

山村流・食養診断力アップ入門特別講座が開催されました

 

食べ過ぎると体によくないとわかっている食べものでも、ついつい食べ過ぎてしまい痛みや病気につながっていきます。望診というのは調子が悪くなる前に、何を食べ過ぎてどの臓器が悪くなっているかがひと目でわかる素晴らしい方法です。望診法の基礎とコツを学ぶ山村慎一郎先生の講座の第二回目「すぐに役立つ顔と目の望診」が、49日日曜日に開催されました。

 

 

「夏は発散の時期です。だから籠もっていると病気になります。発散なので汗を出す時期なんです。夏になると海や山に行ってキャンプをしたりして、しっかり発汗しないとだめですよということを、「黄帝内経素問」(中国伝統医学の根幹をなす聖典)という本の中に書いてあります」

 

 

「身体内で陽気の多いところは心です。熱の多い心にさらに熱がこもって心臓を悪くします。また、陽気を発散しないと身体全体も暑く感じだします。そうなると冷房や冷たいものを欲するようになります。これを夏の間中続けると必ず下痢します。現代の冷房病は夏の養生法を守れば防げると思います」

 

 

「食べもののアンバランスは体のあちこちに現れますが、心臓の不調は鼻の頭に出ます。鼻の頭が赤く脂肪の塊やブツブツ吹き出ものが出ます。また、毛穴が目立つ方が最近増えてきました。また舌先にも現れます。舌先が赤い、シミが出る、舌先がピリピリするという症状が出ます」

 

 

次回は、514日(日)。「すぐに役立つ舌と爪の望診」です。単発受講もできますので、是非いらしてください。

 

 

  • 2017年04月11日 20時04分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー「未病を治す意識と、自己診断法」を開催

42日(日)。鍼灸師で統合医療専門クリニックでも鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナーが開催されました。3回シリーズの初回は、「陰陽の原則を自己診断に活かす術」。

レジュメの最初に書かれた文に、背筋が伸びました。

 

 

自由とは、自分のやりたいことをやりたいだけ、しかもそれをいつまでもやれる人間の行動につけられた名前である。

幸福とは、自分のやりたいことをすべてやりたいだけ思う存分いつまでもいつまでも何の道具も用いずやりとげる人間の精神である。『道の原理』桜沢如一

 

〈セミナー終了後の西下先生の感想です〉

陰陽を理解し判断力を磨いていくことを、桜沢如一先生は、「魔法のメガネ」と呼びました。

「魔法のメガネ」とは、どこかで買って来たら突然何かが見えるようなメガネということではなく、自分自身で考えていけるための軸をつくっていくこと。

マニュアルやルールが増えていく世の中にあって、マニュアルに振り回されずに生きていくための最低限のマニュアル。それが、陰陽の原理だろうと思います。

 

今日のなかでは、陰陽というものを概念として知るだけでなく、味の陰陽、色の陰陽などから、陰陽の性質を深く理解し、日常に活かしながら、自分の体調を知るヒントを話させていただきました。

人相や手相も陰陽ですべて解釈ができてしまうところに驚きの声が上がってましたね。

今日の内容を単に学びで終わらせずに、「使ってナンボ」と思っていただけたら幸いです。

 

 

<受講生の声>

・いろいろなお話がとてもおもしろくて、すごくわかりやすかったです。次回からで、体の使い方もわかればいいなと思います。

・陰陽を知って何になるのか、という疑問があったのですが、今日の講座を聞いて、陰陽を知ることで幸せになれるということが腑に落ちました。

 

・陰陽をとても難しいものと考えてきていたのですが、今日のお話で、とっても身近なものになりました。実生活の中で活かしていきたいと思います。

 

<次回に向けて>

今回は「魔法のメガネ」を身につけるための原理原則から話を展開してきましたが、次回はそれをどう活用していくかへと進んで参りたいと思います。

6月の第2回目は体の使い方を、静的に、姿勢の整え方について、

8月の第3回は、実際に動かすときの、動的なことについてと進めていきます。

各回とも、最初に少しだけ陰陽の理解を深めるヒントの話も入れますので、

今回残念ながら参加できなかった方も、安心して参加していただけると嬉しいです。

 

 

次回、第2回は64日(日)。「姿勢と歪みをとるポイント」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。

 

 

  • 2017年04月06日 10時10分更新
  • ブログカテゴリー:

陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法開催

41日(土)、岡部賢二先生による望診と手当て法が開催されました。4月から隔月の5回シリーズで各経絡の症状を強化する対策プラス各臓器を活性化する手当てをしっかり学びます。

3月~5月、春の時期に弱りやすい肝臓と胆のうの経絡(肝・胆のう系)が弱るとどのような症状がでるのか、自己診断で自分の症状を見ながら、どこがどう弱っているのか分かる望診をして、後半は生姜を使った瘀血を流す手当てとして、生姜油と生姜湿布の実践がありました。

 

 

「肝臓と胆のうはセットで働いていると五行ではみていきます。夏を管理するのは心臓と小腸の経絡、季節の変わり目、土用の時期に弱りやすい経絡が胃・脾臓系、秋を管理しているのは肺・大腸系、冬を管轄している臓器が、腎・膀胱系ということで、それぞれの季節と臓器の関連性が高いのです」

 

「春先に何となく調子が悪いなという方がいらっしゃったら、肝・胆のう系が弱っています。木の芽時、なんとなく調子がよくない、花粉症やアレルギーが悪化するとか、なんとなく気が滅入ったり、だるさがとれないという症状があれば大体肝臓の疲れからくると判断されて間違いないかなと思います」

 

 

「一年のスタートの時期が春ですが、一日の中で春に相当する時間は朝ですが、朝方調子が悪い人は始動が悪い、朝が起きられない、だるくて目が開かない、頭が冴えない、やる気がおきない、うまくスタートが切れない状態は肝臓が疲れた初期症状です」

 

いい話を聞いたと思っても、すぐ実行に移せない保留癖のある人。先に延ばしていつかやろう、いい本だなと思っても読まない、断食もいいなと分かっても実行までに時間がかかるという人がいたら、その方も肝臓の疲れがあるという感じに受け取っていただくといいと思います。だから自分が悪いとか、できない自分を責めないで、肝臓の疲れた状態だから肝臓をいたわれば、すぐ実行できる性格に変わっていくという見方をするんですね」

 

 

 

次回第2回は、63日(土)「陰陽五行の知恵に学ぶ・夏の養生法と望診法」(心・小腸系)~梅を使った手当て法~です。

単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。

  • 2017年04月02日 18時28分更新
  • ブログカテゴリー:

森野旧薬園&森野吉野葛見学ツアーに行ってきました

326日、日曜日。正食クッキングスクールの指導員・講師の皆様方と

万葉のロマン漂う奈良県の大宇陀に行ってきました。

近鉄榛原駅から路線バスにゆられて森野旧薬園を見学。

日本最古として知られるこの薬草園は吉野葛を製造する森野吉野葛本舗が運営管理しています。

 

 

250種類の薬草と観賞用植物が植栽されています。

カタクリやフクジュソウの花を見つけました。

園内をガイドしていただいたのは昭和7年生まれの原野悦郎さん。薬草のことに詳しいだけでなく歴史的な背景についてもしっかり語っていただきました。

雨の予報でしたが、うららかな日和で土や草の香りを胸一杯に吸い込みました。

 

 

 

 

 

そして、お昼ご飯は大願寺の薬草料理。吉野本葛を使った胡麻豆腐や葛の刺身、

野草の天ぷら、黒米ごはん、デザートはドクダミのシャーベット(!)と豪華な

メニューで参加者の皆さんは大満足です。

 

 

 

昼食を終え、小雨の中を静かな街道を歩き、森野吉野葛本舗の西山工場に行き、吉野葛ができるまでのお話しをお聞きしました。併設されたお店で作りたての葛きりをいただきました。

終始笑顔が絶えない参加者の皆さんで、ゆったりと楽しい一日となりました。

 

 

 

  • 2017年03月28日 17時45分更新
  • ブログカテゴリー:

集中料理教室上級コースが終了しました

2017321日。

正食クッキングスクール大阪本校での春の集中料理教室

上級コースが終了いたしました。

これで15日間の全集中コースが終了となります!

 

 

15日間通しの方々も皆様とてもお元気で、

涙ながらの感想発表となりました。

切り方、玄米の洗い方から教わった初級、

基本をベースにレシピに広がりが出る中級、

そして少しずつ陰陽のお話もはいり、

最後に食養やおもてなしで総合力を学ぶ上級!

どの5日間も充実した学びとなりました。

 

 

今回の参加者の皆様は、5分前集合、最後までの完璧なまでのお片付け!

ととっても素敵で熱心な方々という顔ぶれでございました。

ありがとうございました!

「芯の通った正食料理を学べた」とおっしゃった生徒さんの言葉が染み入る最終日となりました。

 

 

15日間の方、10日間の方、5日間の方、すべての皆様本当にありがとうございました。

また春のレギュラーも始まります。

復習したい!という方は、是非お声がけください。

詳細&お問い合わせは下記までお願いいたします。

https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular.html

 

 

 

 

 

  • 2017年03月23日 17時56分更新
  • ブログカテゴリー: