ブログ「マクロなポケット」Blog

岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」を開催

6月3日土曜日、正食協会の理事・岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」の第二回目が開催されました。今回のテーマは、「夏の養生法と望診法(心・小腸系)~梅を使った手当法~」です。

岡部先生が先週、鹿児島の霧島国際ホテルで初心者でも簡単に始められる「プチ断食セミナー」を二泊三日指導してきた興味深い報告もありました。

講座の前半は夏を管理している心・小腸系が弱るとどのような症状が出てくるのかという自己診断、セルフチェックの方法について。後半は、心・小腸系をケアする手当てとして、梅醤番茶、梅酢ドリンク、梅肉葛の作り方と使用方法について実践がおこなわれました。

 

 

「暑い日が続きますが、暑さに弱いのが心・小腸系の経絡です。夏を管理している経絡ですけど、6月、7月、8月くらいに何かしら調子が悪いなという人は心・小腸系がつかれているケースが多いと考えてみてください」

 

「心・小腸系の大事な役目というのは、循環器系と呼んでいまして、血液と熱の循環という大事な役割をしています。エネルギーの原則・法則というのは、流れるということがとても大事です。流れが滞ると劣化・酸化・トラブル、病気を起こしていく」

 

「気・血・水という3つの流れが滞りなく循環しているという状態が元気、活気、免疫力の高い状態ととらえてください。免疫力という言葉がありますけど、免疫力のことを抵抗力という人もいますが、私は免疫力こそ循環力だと思っています。血液の循環力=免疫力ととらえています」

 

「暑くなると心臓は体内にこもった熱を放散・発散する役割が夏場の大事な役割です。お風呂に入ると心臓はドキドキしませんか。心臓の収縮力を高めて血液の流れをよくして熱を放散するわけです。外気温が高くなると心臓の負担が増えるんですね。血液が循環するほどラジエター効果で熱を放散する力がありますので、その時に心臓の疲れをとるような食べものが非常に大事になるわけです」。

 

 

次回は、8月5日(土)。「陰陽五行の知恵に学ぶ・土用の養生法と望診法」(胃・脾臓系)~玄米を使った手当法~」です。迷信と言われていた手当て法を科学的な見地から説明していきます。単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。

  • 2017年06月08日 11時21分更新
  • ブログカテゴリー:

自然の恵み土の温もりを感じるハーブツアーに行ってきました

521日日曜日。姫路駅に集合して観光バスで夢前町へ向かいました。天候は五月晴れ。目的地のハーブ園で株式会社香寺ハーブ・ガーデン社長の福岡讓一さんと正食クッキングスクール師範科卒の奥様、アリサさんが手を振って出迎えてくれました。

 

 

薄いゴム手袋とマスク、ハサミを手渡されてカモミールの花の摘み方の注意事項を受けたあと、カモミールの花がぎっしり咲く文字通りのお花畑に入りました。

花ビラが下ムキになったピークを越した花は採らずに、慎重にハサミを入れて

摘んでいきます。この摘み取った花をあまり時間を空けずに処理するのが良い品質のものを作るポイントのようです。

 

 

暑さが心配でしたが曇り空になり、時折吹く風が頬をなでていきます。♪ホーホケキョとうぐいすが美声を奏でています。参加者の皆さんは、カモミールの香りの中で黙々と作業に集中していました。「土と緑の中で植物と過ごしていると悩みとかが消えていくね」という会話も聞こえました。

 

 

お昼ご飯の時間になったので終了。ザルに入れた花を集めました。用意されたハーブ入りの石けん水で、なつかしいシャボン玉遊びをみんなでしました。白と黄色のハーブ園にたくさんのシャボン玉が空に舞い上がり消えていきました。

 

 

 

お待ちかねのランチタイム。農家レストラン「且緩々(しゃかんかん)」で、新鮮な野菜を中心にしたおいしい料理をたくさんいただきました。バイキングスタイルなので「よくばって盛り過ぎました~」という参加者のプレートを紹介します(笑)。食べている時に、スタッフの方ができたての料理をサーブしにきてくれました。

 

 

 

食後は、福岡社長のハーブの講義。ハーブの道30年の人生史に沿いながら“植物の力”について、様々な実例を交えた内容に魅せられる参加者の皆さんです。

質問コーナーでは、正食クッキングスクールの関係者らしい専門的なものが多かったのですが、一つひとつ丁寧に答えていく福岡社長。

 

 

自由時間は、同じ建物の中にあるハーブ製品や野菜の売場で楽しくショッピング。講義を聴いてハーブに関する知識が深まった分、商品情報を見る目も真剣でした。おみやげに、今朝摘み取ったばかりのフレッシュなカモミールとレモンマートル(レモンの香りに似ているというところからネーミングされた植物)のみで作ったほのかにハーブが香る化粧水をいただき感激です!!

 

 

且緩々の外は、強い太陽の光で白くなっていました。時間があれば近くにある温泉に浸かったり、さらに欲をいえばこの自然がいっぱいの環境で朝を迎えたいなとも思いました。参加者の皆さんは、このハーブツアーを楽しくてためになったとおっしゃっていました。そして、いきいきととても元気になったような姿を見て「人間が自然から離れるほど健康から遠ざかり、やがては病気になってしまう」と指摘した、ヒポクラテスの言葉が頭をよぎりました。

 

 

「大人の遠足」をコンセプト(?)にした、楽しくてためになって、ご縁が深まるオリジナルツアーを考えていこうと思います。是非、楽しみにしてくださいね。

山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催

マクロビオティックは、穀物や旬の食材をおいしくいただいているうちに、自然と体調がよくなる食事法です。望診は調子が悪くなる前に、何を食べ過ぎてどの臓器が悪くなっているのかが、ひと目でわかる素晴らしい方法です。

この講座は初心者の方でもわかりやすく望診法の基礎とコツが学べます。

本日、第3回は「すぐに役立つ舌と爪の望診」で、その講座の中でのちょっと一服的お話です。

 

 

私はなぜマクロビオティックの世界に入ったかというと、桜沢如一先生の本に世界無銭旅行(*1)ができると書いてあったからです。お金を使わずに日本を旅行することは適いました。しかもあちこちでお金をいただきながら(笑)。

 

次の目標は海を渡っての世界旅行です。実は来年、ドイツで講演会やります。自分の夢を実現していくこと。これがマクロビオティックです。桜沢先生だってワインだとか好きだし、フランス料理好きだし(笑)。

 

「フランス料理はすごくおいしい。でもにぎりめし一個でもおいしいと言えるか」という桜沢先生のフレーズがばしっと頭に入りました。お金を払って一流のシェフが作る料理はおいしいにきまっています。

でも、毎日にぎりめし一個でもおいしいと言って食べられるか、というのがずしんと来ました。

 

にぎりめしだけでもおいしいし、ご馳走でもおいしい。自由自在というのがマクロビオティック。そして誰かのお役に立つためには、自分が健康でいきいきしていなくてはいけません。すると誰かのお役に立つことができます。それが地域でもあるかもしれないし、日本でもいいし。さらにパワーがあれば久司道夫先生やブラジルに渡った菊池富美雄先生(*2)のように世界的に活躍できて、多くの人を幸せにすることができます。

 

 

1 桜沢氏は東洋医学・哲学を世界に問うべく、1929年にシベリア鉄道経由で渡欧。フランス、パリを無銭旅行した。1931年、東洋の精神文化と西洋の物質文化を統合した「東洋の哲学及び科学の無双原理」をパリで出版。

 

2 桜沢如一氏の弟子の一人。1955年に信子夫人とブラジルに渡り、精力的に活動しマクロビオティックの普及に粉骨砕身する。

 

次回611日(日)は、このシリーズ最終回で、「望診法の基本と診断力ワークショップ」を行います。単発受講もできますので、是非ご参加ください

  • 2017年05月14日 17時05分更新
  • ブログカテゴリー:

山村流・食養診断力アップ入門特別講座が開催されました

 

食べ過ぎると体によくないとわかっている食べものでも、ついつい食べ過ぎてしまい痛みや病気につながっていきます。望診というのは調子が悪くなる前に、何を食べ過ぎてどの臓器が悪くなっているかがひと目でわかる素晴らしい方法です。望診法の基礎とコツを学ぶ山村慎一郎先生の講座の第二回目「すぐに役立つ顔と目の望診」が、49日日曜日に開催されました。

 

 

「夏は発散の時期です。だから籠もっていると病気になります。発散なので汗を出す時期なんです。夏になると海や山に行ってキャンプをしたりして、しっかり発汗しないとだめですよということを、「黄帝内経素問」(中国伝統医学の根幹をなす聖典)という本の中に書いてあります」

 

 

「身体内で陽気の多いところは心です。熱の多い心にさらに熱がこもって心臓を悪くします。また、陽気を発散しないと身体全体も暑く感じだします。そうなると冷房や冷たいものを欲するようになります。これを夏の間中続けると必ず下痢します。現代の冷房病は夏の養生法を守れば防げると思います」

 

 

「食べもののアンバランスは体のあちこちに現れますが、心臓の不調は鼻の頭に出ます。鼻の頭が赤く脂肪の塊やブツブツ吹き出ものが出ます。また、毛穴が目立つ方が最近増えてきました。また舌先にも現れます。舌先が赤い、シミが出る、舌先がピリピリするという症状が出ます」

 

 

次回は、514日(日)。「すぐに役立つ舌と爪の望診」です。単発受講もできますので、是非いらしてください。

 

 

  • 2017年04月11日 20時04分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー「未病を治す意識と、自己診断法」を開催

42日(日)。鍼灸師で統合医療専門クリニックでも鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナーが開催されました。3回シリーズの初回は、「陰陽の原則を自己診断に活かす術」。

レジュメの最初に書かれた文に、背筋が伸びました。

 

 

自由とは、自分のやりたいことをやりたいだけ、しかもそれをいつまでもやれる人間の行動につけられた名前である。

幸福とは、自分のやりたいことをすべてやりたいだけ思う存分いつまでもいつまでも何の道具も用いずやりとげる人間の精神である。『道の原理』桜沢如一

 

〈セミナー終了後の西下先生の感想です〉

陰陽を理解し判断力を磨いていくことを、桜沢如一先生は、「魔法のメガネ」と呼びました。

「魔法のメガネ」とは、どこかで買って来たら突然何かが見えるようなメガネということではなく、自分自身で考えていけるための軸をつくっていくこと。

マニュアルやルールが増えていく世の中にあって、マニュアルに振り回されずに生きていくための最低限のマニュアル。それが、陰陽の原理だろうと思います。

 

今日のなかでは、陰陽というものを概念として知るだけでなく、味の陰陽、色の陰陽などから、陰陽の性質を深く理解し、日常に活かしながら、自分の体調を知るヒントを話させていただきました。

人相や手相も陰陽ですべて解釈ができてしまうところに驚きの声が上がってましたね。

今日の内容を単に学びで終わらせずに、「使ってナンボ」と思っていただけたら幸いです。

 

 

<受講生の声>

・いろいろなお話がとてもおもしろくて、すごくわかりやすかったです。次回からで、体の使い方もわかればいいなと思います。

・陰陽を知って何になるのか、という疑問があったのですが、今日の講座を聞いて、陰陽を知ることで幸せになれるということが腑に落ちました。

 

・陰陽をとても難しいものと考えてきていたのですが、今日のお話で、とっても身近なものになりました。実生活の中で活かしていきたいと思います。

 

<次回に向けて>

今回は「魔法のメガネ」を身につけるための原理原則から話を展開してきましたが、次回はそれをどう活用していくかへと進んで参りたいと思います。

6月の第2回目は体の使い方を、静的に、姿勢の整え方について、

8月の第3回は、実際に動かすときの、動的なことについてと進めていきます。

各回とも、最初に少しだけ陰陽の理解を深めるヒントの話も入れますので、

今回残念ながら参加できなかった方も、安心して参加していただけると嬉しいです。

 

 

次回、第2回は64日(日)。「姿勢と歪みをとるポイント」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。

 

 

  • 2017年04月06日 10時10分更新
  • ブログカテゴリー: