ブログ「マクロなポケット」Blog

【むすび編集部だより】

 

13日はスペシャルな方を協会にお迎えしました。

バラエティー番組「世界一受けたい授業」などにも出演された内科医の奥田昌子先生です。

奥田先生は、昨年末に出版された『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』の著者です。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062579971

 

 

これまでの医療や食に関するデータといえば、やはり欧米人が中心で、日本人を対象にしたものは多くありませんでした。最近になってようやく日本人の遺伝的素因の情報とさまざまな疫学研究や臨床研究などのデータを突き合わせることで、日本人の体質や病気の傾向などが明らかになってきました。

 

『日本人の「体質」』の中で奥田先生は、牛乳や過剰な肉食は日本人には合わないこと、その代わりにごはんをたっぷり食べて、大豆食品や野菜、近海の小魚をとることなどを勧められています。

つまり、日本人の体質に合った食とは、やはり私たちが長年にわたって親しんできた和食だったのです。

 

奥田先生には、この日ちょうど開かれていた正食クッキングスクールの初級コースを見学していただき、ひじき入りの玄米ごはんや小豆昆布、切り干し大根と高野豆腐の煮物、きゅうりの酢の物、葛餅を試食していただきました。

受講生の方とも語らいながら、食事を楽しんでもらったあと、3階の多目的室で月刊誌「むすび」の取材に応じていただきました。

取材でうかがった内容は、8月中旬発行の「むすび」誌9月号でお届けする予定です。お楽しみに!

 

  • 2017年06月14日 12時45分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロビオティックマスターズクラブ(MMC)の桜沢研究会

6月11日、マクロビオティック創始者である桜沢如一先生の著書「ゼン・マクロビオティック」をテキストにして、桜沢思想について学び合う勉強会が正食協会で開かれました。

 

 

正食クッキングスクール講師の小松先生と笹浪先生、指導員の鶴見先生の3人が進行役となり、ほか7人が参加して、「ゼン・マクロビオティック」を輪読しました。

 

桜沢先生の著書に少しでも接したことのある人は多いとは思いますが、すんなりと読んで理解したつもりになっていたところも、ほかの人にとっては引っかかる言葉があったり、理解しにくいなと思ったところが、違った視点からの発想で「なるほど」と納得できたりと、「三人寄れば文殊の知恵」とばかりに、楽しくお勉強できました。

 

途中の休憩時間は、小松先生手づくりの特製米粉スイーツでほっこり。

 

5月から月1回のペースで始まったこの「桜沢研究会」は、正食クッキングスクール師範科卒業生が対象のMMC(マクロビオティックマスターズクラブ)の中の行事です。

3回目の次回7月9日(1216時)で今回のシリーズは終了ですが、初参加も大歓迎です。

 

参加費は3,000円。「ゼン・マクロビオティック」の本をご持参ください。

問い合わせとお申し込みは正食協会まで。電話は 06-6941-7506 です。

 

  • 2017年06月13日 09時40分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生の講座「未病を治す意識と、自己診断法」を開催

64日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の講座「未病を治す意識と、自己診断法」が開催されました。

この講座は、病院勤務の経験もある立場から、未病から病へと進行していく段階を解説しながら、東洋医学の診察法と、養生の基本から、姿勢・動きの正し方までが凝縮されています。第2回目のテーマは「姿勢の歪みをとるポイント」でした。

 

 

1回目は陰陽のお話しを中心にさせていただきましたが、今回はその復習をしながら、静的な状態で姿勢をどうしていくかについて話を進めますが、陰陽の話が大分絡んできます」と、冒頭に西下先生がおっしゃった通り、季節、一日、一カ月、一年、食物、性質、感情の陰陽について、プロジェクターの映像を通して分かりやすく丁寧に解説されました。

感情、呼吸、動き、ありとあらゆるものを陰陽で考え、鍵の開け閉めまで陰陽で考えるところは目からウロコでした。

 

西下先生が連載する「むすび」誌5月号で紹介されていた、齋藤孝さんの呼吸法の型をみんなで実践しました。3秒吸って、止めて2秒、15秒吐くという20秒間を1分間に3クールするといいそうです。

「これを子どもさんが受験の時に、椅子に座る前にするだけでクリアになります」と西下先生の経験談もありました。

 

 

〈西下先生の感想です〉

残念ながらドタキャンになった人もおられて少人数だったのですが、参加くださった方にとって聞きたいと思われていることに寄り添えたと思います。

「ここだけの話」も盛り込み、“お得”な内容だったのではないでしょうか。

正食協会での講座も、5年以上継続してさせていただいてますが、なにより私自身が勉強させていただいていると感じ、感謝しています。

 

〈参加者の声です〉

  • 陰陽から関連して考えることで、精神的に落ち込んだ時の解消法までが理解できて、とても充実した時間でした。
  • 体の仕組みについてとても解りやすく、ヨガの指導にこれから使えそうな話が盛りだくさんでした。もちろん実生活にも役立てていきたいと思います。

〈次回に向けて〉

ここまでの2回、徹底して基本的な陰陽のお話から始まり、体のこと自然のことなどあらゆることを陰陽論で解釈しながら理解を深めていただくように進めてきました

1回目が原理原則について、2回目が体の静的な姿勢をテーマとして、ご自身の考える力も養えてこれたのではと思います。

次回は、体の動的な動きをテーマに、さらに考える力を伸ばしていければと思います。

今回残念ながら欠席となられた方もおられますので、次回はこれまでの復習も盛り込みながら進めていく予定としますので、これまで参加できなかった方の一回限りの参加も歓迎したいと思います。

 

 

次回は、86日(日)。テーマは「自然な氣の流し方」です。ご自身・ご家族の健康に役立てるだけでなく、治療者・指導者として伝えていくためのポイントも加味されています。単発受講もできますので、是非ご参加ください。

 

  • 2017年06月10日 14時57分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」を開催

6月3日土曜日、正食協会の理事・岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」の第二回目が開催されました。今回のテーマは、「夏の養生法と望診法(心・小腸系)~梅を使った手当法~」です。

岡部先生が先週、鹿児島の霧島国際ホテルで初心者でも簡単に始められる「プチ断食セミナー」を二泊三日指導してきた興味深い報告もありました。

講座の前半は夏を管理している心・小腸系が弱るとどのような症状が出てくるのかという自己診断、セルフチェックの方法について。後半は、心・小腸系をケアする手当てとして、梅醤番茶、梅酢ドリンク、梅肉葛の作り方と使用方法について実践がおこなわれました。

 

 

「暑い日が続きますが、暑さに弱いのが心・小腸系の経絡です。夏を管理している経絡ですけど、6月、7月、8月くらいに何かしら調子が悪いなという人は心・小腸系がつかれているケースが多いと考えてみてください」

 

「心・小腸系の大事な役目というのは、循環器系と呼んでいまして、血液と熱の循環という大事な役割をしています。エネルギーの原則・法則というのは、流れるということがとても大事です。流れが滞ると劣化・酸化・トラブル、病気を起こしていく」

 

「気・血・水という3つの流れが滞りなく循環しているという状態が元気、活気、免疫力の高い状態ととらえてください。免疫力という言葉がありますけど、免疫力のことを抵抗力という人もいますが、私は免疫力こそ循環力だと思っています。血液の循環力=免疫力ととらえています」

 

「暑くなると心臓は体内にこもった熱を放散・発散する役割が夏場の大事な役割です。お風呂に入ると心臓はドキドキしませんか。心臓の収縮力を高めて血液の流れをよくして熱を放散するわけです。外気温が高くなると心臓の負担が増えるんですね。血液が循環するほどラジエター効果で熱を放散する力がありますので、その時に心臓の疲れをとるような食べものが非常に大事になるわけです」。

 

 

次回は、8月5日(土)。「陰陽五行の知恵に学ぶ・土用の養生法と望診法」(胃・脾臓系)~玄米を使った手当法~」です。迷信と言われていた手当て法を科学的な見地から説明していきます。単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。

  • 2017年06月08日 11時21分更新
  • ブログカテゴリー:

自然の恵み土の温もりを感じるハーブツアーに行ってきました

521日日曜日。姫路駅に集合して観光バスで夢前町へ向かいました。天候は五月晴れ。目的地のハーブ園で株式会社香寺ハーブ・ガーデン社長の福岡讓一さんと正食クッキングスクール師範科卒の奥様、アリサさんが手を振って出迎えてくれました。

 

 

薄いゴム手袋とマスク、ハサミを手渡されてカモミールの花の摘み方の注意事項を受けたあと、カモミールの花がぎっしり咲く文字通りのお花畑に入りました。

花ビラが下ムキになったピークを越した花は採らずに、慎重にハサミを入れて

摘んでいきます。この摘み取った花をあまり時間を空けずに処理するのが良い品質のものを作るポイントのようです。

 

 

暑さが心配でしたが曇り空になり、時折吹く風が頬をなでていきます。♪ホーホケキョとうぐいすが美声を奏でています。参加者の皆さんは、カモミールの香りの中で黙々と作業に集中していました。「土と緑の中で植物と過ごしていると悩みとかが消えていくね」という会話も聞こえました。

 

 

お昼ご飯の時間になったので終了。ザルに入れた花を集めました。用意されたハーブ入りの石けん水で、なつかしいシャボン玉遊びをみんなでしました。白と黄色のハーブ園にたくさんのシャボン玉が空に舞い上がり消えていきました。

 

 

 

お待ちかねのランチタイム。農家レストラン「且緩々(しゃかんかん)」で、新鮮な野菜を中心にしたおいしい料理をたくさんいただきました。バイキングスタイルなので「よくばって盛り過ぎました~」という参加者のプレートを紹介します(笑)。食べている時に、スタッフの方ができたての料理をサーブしにきてくれました。

 

 

 

食後は、福岡社長のハーブの講義。ハーブの道30年の人生史に沿いながら“植物の力”について、様々な実例を交えた内容に魅せられる参加者の皆さんです。

質問コーナーでは、正食クッキングスクールの関係者らしい専門的なものが多かったのですが、一つひとつ丁寧に答えていく福岡社長。

 

 

自由時間は、同じ建物の中にあるハーブ製品や野菜の売場で楽しくショッピング。講義を聴いてハーブに関する知識が深まった分、商品情報を見る目も真剣でした。おみやげに、今朝摘み取ったばかりのフレッシュなカモミールとレモンマートル(レモンの香りに似ているというところからネーミングされた植物)のみで作ったほのかにハーブが香る化粧水をいただき感激です!!

 

 

且緩々の外は、強い太陽の光で白くなっていました。時間があれば近くにある温泉に浸かったり、さらに欲をいえばこの自然がいっぱいの環境で朝を迎えたいなとも思いました。参加者の皆さんは、このハーブツアーを楽しくてためになったとおっしゃっていました。そして、いきいきととても元気になったような姿を見て「人間が自然から離れるほど健康から遠ざかり、やがては病気になってしまう」と指摘した、ヒポクラテスの言葉が頭をよぎりました。

 

 

「大人の遠足」をコンセプト(?)にした、楽しくてためになって、ご縁が深まるオリジナルツアーを考えていこうと思います。是非、楽しみにしてくださいね。