ブログ「マクロなポケット」Blog

岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」を開催

8月5日土曜日。正食協会の理事・岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」の第三回目が開催されました。今回のテーマは、「土用の養生法と望診法(胃・脾臓系)~玄米を使った手当法~」です。

岡部先生が住んでいる福岡県朝倉市杷木町は、7月の九州北部豪雨災害で21名の方が亡くなられ、今も行方不明の方がおられるそうです。高台にある自宅は被害を免れましたが三週間続いた断水が復旧して、ようやく日常生活に戻れました。その災害の話を冒頭にしていただき、講義の中からお砂糖のお話しを抜き出して紹介します。

 

 

確かに豪雨でしたが、それだけが原因ではありません。杉が植林された山が崩れて、流れてきた流木が橋桁に詰まり、ダム化したことで溢れた水が町を飲み込んだので“流木災害”と呼んでいます。

 

国策として自然林を伐採しお金になる“日田杉”をたくさん植えたわけです。途中で政府の方針が変わって、国産材の保護よりも、外材を輸入して安く企業に提供する方向に変わったものですから、価格競争に負けた林業の方たちは、枝打ちをはじめとする山を管理する経費が出なくなった。

放置林となり、光が入らず、根が張らず、雨で木が流れていく。人災ではないか。

町には流木が散乱していて、流木に埋め尽くされたような状態になっています。

 

 

砂糖を含んだ液体が問題です。ジュース類は子どもたちが大好きです。清涼飲料水といわれる飲み物です。大量の砂糖が入っています。日本人、一人当たり年間何キロ砂糖食べていると思います? 40㎏です。

300ccの清涼飲料水には10%のお砂糖が入っています。30グラムです。細いスティックシュガー1本が3グラムですから、10本はいっていることになります。

中学生になると、一日1500cc飲むという子どもがいます。お砂糖の量が150グラム。スティックシュガー50本。なかには11500cc三本飲むという子どもがいる。一日450グラム。スティックシュガー150本。二日で1㎏です。一年間180㎏。

清涼飲料水から大量に入ってくる砂糖が子どもたちの体を蝕んでいます。

砂糖はいろんな病気を作る原因になっています。

もし子どもさんの学力低下ということが起きていたら、まず食べものを変える。甘いものを控えてしっかり朝一杯の味噌汁でいいから、塩気のものが入ると学習能力が上がるということです。判断力も増すということにもなります。

 

 

次回は、107日(日)。「秋の養生法と望診法(肺・大腸系)~大根を使った手当て法~」です。是非ご参加ください。

  • 2017年08月10日 08時39分更新
  • ブログカテゴリー:

研究会の昼食はポットラックパーティ風で楽しく賑やかに

87日、正食クッキングスクールの指導員・講師陣の研鑽の場、研究会が開催されました。テーマは、「日本文化から紐解く食養」。

午前中は、正食協会を運営する日本マクロビオティックの岡田恒周代表による「貝原益軒からつながる食養」の講義がありました。

休憩時間を兼ねた昼食は、参加者の持ち寄り料理とアレンジ創作料理の豪華なものとなりました。

 

 

最初に口にしたのは、研究会らしく小豆の食べ比べタイム。北のおとめ、とよみ大納言、アカネダイナゴン、小豆(極小)の4種類でした。大きさや堅さや色の違いがありました。

 

  • お楽しみのポットラック(料理の持ち寄り)のお料理を紹介します。

人参のドレッシングサラダ

とうもろこしのパンケーキ

きんぴら(青森産と鹿児島産の二種類)

豆腐ケーキ

キュウリの胡麻和えごぼうスティック

大豆コロッケ

キャベツコロッケ

トマトのコンポート

豆乳ゼリー

切り干しとわかめの二杯酢

車麩と玉ねぎの酢味噌和え

夏野菜の温サラダ

キュウリとわかめの胡麻酢

ネギ味噌餅

 

 

 

  • 教室で作ったアレンジ創作料理を紹介します。

筍とかぼちゃの中華炒め、

インゲンの炒め物

かぼちゃのサラダ

こんにゃくと蓮根の胡麻和え

トマトのスープ

けんちん汁

れんこん餃子

オクラとえのきの和え物

茄子の味噌焼き

ラタトゥイユ

冷やし汁風

ゴーヤのナッツ味噌炒め

 

 

 

 

短い時間にこれだけの料理ができる手際の良さに心底驚きました。

料理をいただくだけでなく、味わい方も真剣で、作った人に料理のポイントを聞いたりメモする姿はさすが指導者だなと思いました。

「畑のごぼうで作りたかったけれど。時間がなくて間に合わなかった」

「畑でキュウリがどんどんてきて食べきれなくて大変です」など、畑で野菜を作られている方も多く、食べものと関わりの深さも感じられました。

 

 

 

 

  • 2017年08月08日 17時30分更新
  • ブログカテゴリー:

研究会で西下圭一先生の特別講義が行われました

7月の研究会(正食クッキングスクールの指導員・講師陣の研鑽の場)に、鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生に特別講義をしていただきました。きっかけは、前回の研究会で行われた「手当法のシェア会」について話をしたところ、患者さんを診ている立場での様々な事例があるということで、講義をお願いしました。

 

 

東洋医学を勉強している人は、陰陽のことや食養のことを知っていると思われがちですが、そんなことはないそうです。みんなが知っているのなら、東洋医学系の業界紙「鍼灸柔整新聞」に連載依頼は来ません、と西下先生。

今回、参加者に伝えたいポイントは、いかに見極めるかということが大事。どんな状態であっても受け入れるこができるか。この2点だと言われました。

 

先生の鍼灸院に「病気で困っているが、食事と手当てについて教えてほしい」という電話が突然入ることがあって、すぐによくなりたい気持ちは分かるものの、あまりにも唐突な質問が多く困惑することも多々あるといいます。

 

 

「健康になるためには何をしたらいいでしょう。本当は何もしなければいいのです。何かをしなければいけないと思い込まされているわけです。何もしなくても身体に自然治癒力が備わっていますから、本当は治ります。食事を変えても変えなくても治る時は治ります。ただ食事を変えて生活を見直すことによって治りが早くなります」

 

「マクロビオティックを勉強してこられると、マクロビオティックがすべてだと思われるかもしれませんけど、効かないこともあるんです。どういうことかというと、玄米菜食をしたりとか、食べものに気をつけたり、もしくはお手当をしたり、ということは必要条件であって十分条件ではないんです。

それは必要だけど、それをやったからといって治るものではない。それよりも大事なものがいくつかあるわけです。その大事なものを見極めていくということなんですけど」

 

 

「東洋医学者という立場から言うと、異なる病気であっても同じ治療法をすることもあれば、同じ病気であっても違う治療法をすることがあるんですね。

これが東洋医学の神髄なんです。西洋医学は、一つの症状に対して、一つのお薬で対応します。一対一の関係性で、それをマニュアル通りやっていくのが西洋医学の主な治療法。

東洋医学は、今現れている症状だけに目を奪われるよりも、根っこに潜んでいる性質とか状態を適切に見極めていくということ。ここが西洋医学との決定的な違いです。

『何を食べたらいいですか』という質問は、一対一の関係性のままなのです。

 

 

「病気の数は増えていっています。ということは、一対一の関係性でいくと、治療法も増える一方なんです。ぼくがなぜ多くの種類の患者さんを診ることができるかというと、やっていることが同じだからです。陰陽の解釈、延長線上で対応している」

 

「見極めるというのは、刻一刻と変化する性質状態を適切に。見極めるためのツールとしてあるんですね。それは何かというと「魔法のメガネ」です。魔法のメガネとは陰陽です。陰陽とは、刻一刻一刻と変化していきます」

 

この後、プロジェクターの映像を通して、季節、一日、一カ月、一年、食物、性質、感情の陰陽について解説があり、自然界の変化と身体の関係、臨床の現場とマクロビオティックについて、豊富な事例報告がありました。

 

講座修了後、「このような講座をもっと早く企画してほしかった」という声が多くありました。

 

正食協会で3回シリーズで開催中の西下先生の「未病を治す意識と、自己診断法」講座に是非ご参加ください。お待ちしています。

 

 

  • 2017年07月27日 10時44分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生の望診法講座が開催されました

6月11日、日曜日。「山村流・食養診断力アップ入門特別講座」の最終回が開催されました。テーマは、望診法の基本と診断力ワークショップで、講座開始後、すぐに車座となり、参加者お一人ずつの望診をしながらのワークショップとなりました。

 

 

望診法とは何か?

食べものが身体になる

 

食べものが身体になる。誰でも知っていることですが、本当のところは実は誰も知りません。 たとえば肌のあちこちに吹き出物が出たりシミが出たりします。  何が原因なんだろう? 最近身体の調子が悪い、時には思わぬ病気をすることも…。 無農薬のもの添加物を使わない物をできるだけ選んで食べているのに…どうして?  冷える食べ物は避けて暖まるように気をつけているのに、冷え性がなかなか治らないのはなぜ?  健康になると思って玄米食を始めたのに、ドンドン痩せるし、生理も止まっちゃった、肌もかさつくし。

多すぎる食べものは必ず身体に現れてくるんです。  食べものには身体の中心部を温めるもの、外側を温めるもの、エネルギーをあげるもの、下降させるもの、収縮させるもの、発散させるものなどがあります。  ある特定の食べものが多すぎるとそれに対応する臓器に影響し、それが皮膚に吹き出物やシミ、あるいは関節などに現れます。 それが長いことつづくとコリや痛みとして現れ、病気へと発展していくのです。

 

 

望診(ぼうしん)とは中国医学の診断法の一つで、身体や顔を観察することで健康状態を診断することを意味します。  しかし、山村塾でいう「望診法」は診断をすることではなく、顔・眼・舌・皮膚・髪・爪・手・足…それぞれに出た印の意味を理解し、食べすぎたものを排出する方法を知ることで、美しさと健康を保つ方法です。

食べ物を選択することで、なりたい自分になれる「望診法」を、ぜひ勉強してみませんか? 必ず役に立ちます。 (山村塾ホームページより)

 

9月から始まる新しいシリーズの詳細です。

 

  • 2017年06月15日 16時20分更新
  • ブログカテゴリー:

【むすび編集部だより】

 

13日はスペシャルな方を協会にお迎えしました。

バラエティー番組「世界一受けたい授業」などにも出演された内科医の奥田昌子先生です。

奥田先生は、昨年末に出版された『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』の著者です。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062579971

 

 

これまでの医療や食に関するデータといえば、やはり欧米人が中心で、日本人を対象にしたものは多くありませんでした。最近になってようやく日本人の遺伝的素因の情報とさまざまな疫学研究や臨床研究などのデータを突き合わせることで、日本人の体質や病気の傾向などが明らかになってきました。

 

『日本人の「体質」』の中で奥田先生は、牛乳や過剰な肉食は日本人には合わないこと、その代わりにごはんをたっぷり食べて、大豆食品や野菜、近海の小魚をとることなどを勧められています。

つまり、日本人の体質に合った食とは、やはり私たちが長年にわたって親しんできた和食だったのです。

 

奥田先生には、この日ちょうど開かれていた正食クッキングスクールの初級コースを見学していただき、ひじき入りの玄米ごはんや小豆昆布、切り干し大根と高野豆腐の煮物、きゅうりの酢の物、葛餅を試食していただきました。

受講生の方とも語らいながら、食事を楽しんでもらったあと、3階の多目的室で月刊誌「むすび」の取材に応じていただきました。

取材でうかがった内容は、8月中旬発行の「むすび」誌9月号でお届けする予定です。お楽しみに!

 

  • 2017年06月14日 12時45分更新
  • ブログカテゴリー: