ブログ「マクロなポケット」Blog

山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催

食養家で正食協会の理事、山村慎一郎先生の9月から始まった新シリーズの第2回目「心臓病の望診・食事・飲み物・手当」が開催されました。

山村先生は若い頃、大の甘党で大量の砂糖を摂り、肉も卵もたくさん食べていて、大学生時代の体重は90キロを超える巨漢。マクロビオティックとは無縁で真逆の食生活をしていました。その経験があるからこそ、先生の健康相談や食事指導は、好きなものがどうしても止められない人の気持ちを汲んだ独特の工夫がされています。

 

 

私は結核になったこともあって、中学生の頃の朝食は卵を6個食べていました。塩を食べているのか鮭を食べているのかわからないくらいしょっぱい塩引き鮭を食べていました。福井県の名物“へしこ”みたいなものです。

 

とても陽性な食生活で育ったので、砂糖への欲求がすごいんですよ。これはマクロビオティックを勉強してからわかったんですけど。つまり体質と体調が陽性だと反対の陰性なものを要求する。

分かりやすくいうと、沿岸部で海風という陽性の風を受ける、魚を食べる、陽性な環境と食事で育っていく沿岸部の人は酒飲みが多いんですよね。釣り合いをとるために。

 

私の場合は、お砂糖に走りました。止めるのに一番苦しかったのは砂糖です。こうするぞと決めていても、つい食べてしまう。一口も口にしないと決めて実行して3年です。食べたくなってというのではなく体が欲求してしまうわけです。糖質が欲しいという本能的なものですね。そして、3年も我慢したのに食べてしまったと後悔するわけです。

 

 

ところが東洋医学を勉強していくと、お砂糖は毒ではなくて、お薬とし使えることを知りました。お砂糖を摂ると緩みます。緩むということは体の中に水分をためたということなんです。適度に水分がたまって緩むと、次のステップに進むことができる。

厳格にマクロビオティックをしている時には、摂りすぎは困りますけど、ある程度の糖分は摂ったほうがいいといことに気づきまして、お砂糖は少し食べてもいいやと決めたら、めちゃくちゃ楽になりました。摂り方が問題なんだなと。

 

宣伝になりますけど、私が書いた『週3日だけ!のヤセる「食べぐせ」ダイエット』(青春出版)という本がいつのまにか二万部売れてしまって、今度改訂版が出るんです。三日休んで一日食べる都はるみ方式か、水前寺清子方式の三日休んで二日食べる。これだとだいたいできる。そういうところに辿り着いて、随分楽になりました。

 

逆に考えると、マクロビオティックをして調子を崩している人がいます。なぜかというと砂糖食べているからです。皆さん大好きなスイーツです。米飴であれメイプルであれ、食べるとブドウ糖になるので、働きは同じなりますから。要は食べ方が大事なんです。

 

 

ヴィーガンとマクロと同じと勘違いしている人がいます。

すごく貧血の人が相談にきたので、鯉こくを勧めたら怒って帰られました。

「動物性の食べものを勧められるとは思いませんでした」と。

マクロビオティックを知っているというわりには桜沢先生の新食養療法などは読んだことがない。食物による手当て法も開いたこともない。

 

ベジでやっていけば健康になれる、と誤解している。野菜はカリウムが多いですから、ナトリウムをどんどん体外に出していきます。その上に、米飴であろうがメイプルであろうが摂れば、血液が足りなくなって血虚の状態になって、体がだるくなって動かなくなって生理が止まります。これは当たり前なんです。そこのところを分からないと、なんとなくムードでベジとかやっているとえらいことなります。

その一つのいい例が今日のテーマ、「心臓病」の話になります。

 

次回第3回目は、11月12日(日)。テーマは「胃の病気の望診・食事・飲み物・手当」です。

ご参加お待ちしています。

 

 

 

  • 2017年10月10日 10時06分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」を開催

 

10月7日土曜日、正食協会の理事・岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」の第四回目が開催されました。今回のテーマは、「秋の養生法と望診法(肺・大腸系)~大根を使った手当法~」です。

秋口になると弱りやすい臓器である肺・大腸系の望診と、肺・大腸系をよくする大根を使った手当ての中で、第一大根湯と第二大根湯のやり方と効能効果についてのワークが行われました。

 

 

肺・大腸系の肺は呼吸器を管理しているので、呼吸器疾患が今から増えます。肺・大腸がセットになって肺・大腸系という経絡を構成していますが、肺・大腸系が弱りやすい時期が秋ということで9月から11月ぐらいです。この時期は咳、痰、はなみず、気管支炎、喘息といった呼吸器のトラブルが増えます。

 

それから、大腸は皮膚管理していると五行では捉えるので、秋口に乾燥しだすと、アレルギー、アトピー性皮膚炎、粉吹き肌とか乾燥肌を中心とした肌荒れなど皮膚に関した様々なトラブルが出やすいんですね。

 

 

夏場に冷たいものを摂りすぎると、その疲れが9月くらいから出やすいです。朝晩少し冷え始める頃から肺・大腸系の疲れが出やすいですので、その前の季節の夏場にあまり冷たいものを摂りすぎないというのが大事な予防対策です。

これから体を温めるような食材、温める飲み物とか、体内にたまった水をうまく出してあげる、利尿効果のあるものを摂ると、こういう水毒というものが抜けていきます。

 

水毒というものが、冷えるとたまりやすく、9月、10月ぐらいに水毒症という形で出やすいです。ちょうど排水溝に汚れがつまって水が流れないと、だんだん溢れかえって水漏れが起こる、水はけが悪くなって、水漏れ状態が起きるのが咳とか洟水ですよ。

喘息というのは水を取ってあげないと、呼吸ができなくなるような状態になることですけど、そういう時に水抜き剤というのが必要ですね。

 

 

本当は皮膚から汗が抜ければ、水毒は解消できるんですけど、寒くなると毛穴が閉じて汗がかきにくくなる。この時期発汗すれば水毒は抜けるんですよ。皮膚と呼吸器というのは、表裏の関係なので、たまってしまった呼吸器の水を抜くためには、何よりも発汗というのがすごく大事。皆さん汗をかく生活していますか?

私は毎日かいていますよ。それは冷や汗とか脂汗というものですが….。よくない汗なので、健康的な汗をかいてください。(笑)

 

発声する、歌を歌うというのも、呼吸器にたまった水を抜けやすくしてくれます。あと運動というものも発汗を促して水毒を抜いてくれる。皮膚は乾燥すると水が汗として抜けなくなることから呼吸器に水がたまるような水毒症が出てきやすいです。

 

次回12月2日(土)は、このシリーズ最終回。「冬の養生法と望診法(腎・膀胱系)~小豆、こんにゃく、海藻を使った手当て~」です。是非ご参加ください。

 

  • 2017年10月09日 11時46分更新
  • ブログカテゴリー:

山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催

しばらく夏休みをしていた山村慎一郎先生の講座の再開です。正食協会での講座をお休みしていただけで、先生は暑い夏の間も海辺や大都会を東奔西走し、ますます元気に活動されておられました。

新しく始まった「山村流・食養診断力アップ入門特別講座」は9月から来年1月まで5回シリーズ。第一回目は「肝臓病の望診・食事・飲み物・手当て」。

 

 

初参加の方もおられたので、出生から食養家になるまでの人生史のような自己紹介から始まりました。若い頃にマクロビオティックとは、ほど遠い生活をしていた先生だからこそ、食べものの秘密を知ってからの体験に説得力があります。特に大量に摂っていた砂糖をやめてから起こるリバウンド現象のエピソードはリアリティがありました。

マクロビオティックの始祖、桜沢如一氏直弟子の指導者に会うために、ベルギーのクリム吉見氏やカリフォルニアのヘルマン相原氏にコンタクトをとるものの、共にお亡くなりになり、ボストンにある久司道夫氏のクシインスティテュートに行くことになり、英語しか通じない環境で学ばれました。

 

 

先生は参加者に「肝臓は体のどこにありますか?」と質問されました。誰も正確に示すことができません。心臓や胃や腸などは確実に分かりますが、ふだん意識していないせいか戸惑う参加者の皆さん。「肝臓はお腹の右側です。とても大きく重い臓器です。1.2㎏~1.5㎏あります。人体で最も高温の臓器といわれています」と答えられました。

肝臓の働きである、代謝機能(糖・蛋白・脂肪の代謝)と排泄と解毒作用から講義は始まりました。

 

次回は、10月8日(日)。「心臓病の望診・食事・飲み物・手当」です。是非ご参加ください。お待ちしています。

 

  • 2017年09月14日 13時42分更新
  • ブログカテゴリー:

研修科受講生と指導員・講師対象の合同講義開催

93日、正食クッキングスクールの研修科受講生と指導員・講師を対象にした合同講義を開催しました。

午前の部は、「むすび」誌で好評連載中の「田んぼソムリエになって日本を味わう!」を執筆していただいている、生きもの認証推進協会代表理事の林鷹央さん。東京からギターとパソコンを抱えて大阪入りしました。

生きもの認証推進協会とは、生物多様性と里山文化・環境を守り、食の安全や環境、品質に配慮した農業、地域の取り組みを促進し、生産者と消費者を生物多様性の共有で繋ぎ、新たな農業、企業活動の評価として社会に働きかけている団体です。

 

 

「地球が誕生したのが46億年前、生命が誕生したのが38億年前、生物の種類が一気に増えたのが、それから30億年以上経ったカンブリア爆発と呼ばれる5億年前、長い時間をかけていろんな生命が生まれ、絶滅もあって現在があるということで、どんな生きものと我々は過ごしてきたのかという目線を持つと新たなものが見えてくると思います」と話し、レジュメに歌詞が載った林さんが作詞・作曲した「腸内フローラ」の歌をみんなで歌いました。

 

♪お腹の中の多様性 善玉 悪玉 日和見菌 菌の世界のバランス

君の生き方で変わっていくよ

腸内フローラ(フローラ) 腸内フローラ(フローラ)♪(以下省略)

(フローラ)の部分を全員でコーラスしました。

 

「ばっちりです! 女性ばかりなので高い声がきれいに出ました。正食協会合唱団ができます」と林さんが絶賛すると、会場に笑いが起こりました。

 

 

このあと、「生きもの目線の健康哲学」、「生きもの目線の環境哲学~生物多様性」、「健康と食を考える」、「農を思う」、「持続可能な食生活とライフスタイル」について250枚のスライドを使用した熱い講演が行われました。

 

 

休憩をはさんだ午後の部は、話題の書『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』の著者、内科医で医学博士の奥田昌子先生。「むすび」誌9月号特集に登場していただきました。テーマは「日本人の弱点をおぎなう和食の知恵」。

 

 

「弱点というのは体質の弱いところという意味です。体質は生まれつき決まっていて、一生変わらないイメージがあるかもしれません。だけど一方で体質が変わったということも言いますよね。例えば玄米を食べたら風邪を引かなくなったというのも一つの例です。どうしてこんなことが起きるのかと言いますと、体質というのは二つの部分が重なり合ってできているからです。

一つは遺伝によって決まっていて、一生変わらない部分。もう一つは生活習慣とか環境によって変化する部分です。この二つがただくっついているだけではなくて、お互いに深く影響を及ぼしあって体質というものが作られているわけなんです」

優しい語り口で、平易な言葉を選ばれて話される奥田昌子先生。最後の質疑応答にも、とても丁寧に答えておられる姿が印象に残りました。

 

 

「日本人の体質、ここがすごい」ところは、

 

1 動脈硬化になりにくい

2 腸内環境がきれい

3 主食に合った胃腸を持つ

4 骨が強い

 

「日本人の弱点」

男性はおなかに脂肪がつきやすい

アルコールに弱い

3 牛乳をうまく消化できない

 

昔の日本人が生活習慣病にならなったわけ

1 脂肪の摂取が少なかった

2 よく歩いて有酸素運動を十分に行っていた

3 「悪い物質」の作用を打ち消す食材を多く食べていた(玄米、大豆、海藻、  

  魚)

 

  • 2017年09月07日 11時26分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール講師・野口清美先生の講座が開催されました

マクロビオティックと出会って約30年の野口清美先生の、今まで経験してきたことを余すことなく伝えていただきたいという意図で企画した「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」。

本人はもとより、三人のお子さんをはじめ家族全員の健康管理してきた経験や、講演依頼を受けた先での様々な活動を通して、先生の持つ情報は日々更新され続けています。

 

 

92日に行われた3回シリーズの第1回目のテーマは、「食生活を見直そう(おうちごはんのススメ)」で、何はともあれ家で料理をして食事をしましょう、というベーシックものです。

 

講義は「長い歴史の過程で米というものを核にしながら、さまざまな国々から多様な産物や調理の技術を摂取しながら徐々に形成された料理の体系が和食ではないでしょうか。日本人のお米に対する考え方や関わり方は、おさえておく大事なことだと思います」と、古代国家と米、米文化と天皇などを例にとって、和食の歴史から始まりました。

 

 

「私の知っているマクロビオティックと世間で言われているマクロビオティックと、どうも違っている気がしていて、納得いかないことが多いんですけど、それもこれもマクロビオティックでいいのではないかという時代が来ているので、とやかく言おうというつもりはないんですけど、マクロビオティックというのは、そもそも米を大事にするという和食の文化が根底にあるのは確かなので、絶対に動物食を禁止したものではないというのは少し知っておかれていいのではないかなと思います」と話されてから、食養、正食、マクロビオティック、ベジタリアン、ヴィーガン、ヴィーガンマクロビオティックなどの言葉の定義について解説され「マクロビオティックが広まったことで、それぞれの解釈でやっていることについて、整理していただけたら幸いです。そして得た知識を自分の中で整理し組み立てて、マクロビオティックという生活法をどう利用するかを考えてください」と結びました。

 

 

このあと「すぐれものの和食」、「食材を考える」、「陰陽の基礎(食べもの・体質)」、「食養料理の極意」という流れで、2時間にわたり深くためになるお話しとなりました。

次回は、1014日(土)。テーマは「大切な子どもたちの健康ごはん」です。是非ご参加ください。お待ちしています。

 

 

  • 2017年09月05日 11時13分更新
  • ブログカテゴリー: