ブログ「マクロなポケット」Blog

野口清美先生の講座の最終回が開催されました

3回シリーズ「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」の第3回が開催されました。テーマは「健康で美しく快適に過ごすために」。この日のコンテンツ、便利な作りおき料理/年代別の食事と健康/心の持ち方/健康の七大条件から、便利に作りおき料理として食養料理の中でもベーシックな煎り玄米について語られた部分を抜き出しました。

 

 

食養料理というのは私からいえば全部作りおきおかずです。それは常備菜になります。時間をかけ心込めて作ったものですから、非常に日持ちするものです。それが1週間持つか10日持つか3日しか持たないかは食材にもよるし、その方の作り方にもよります。

 

その中でトップバッターにあげたのが煎り玄米です。玄米という主食をマクロビオティックでは勧めています。まけば芽が出るといういのちがあります。生きているいのちをいただくということは、栄養学では何も出てきません。数字では計り知れない目に見えない世界へ食事を通じて導いていただける。それを実践いていく上で、自分でも何かしら心の持ち方であり生き方であり、自分の人生を見つめるようになるということを教えてもらったと思っているのです。

 

その玄米を一握りずつくらいの量をフライパンに入れて、香ばしくきつね色から狸色に近くまで丁寧に炒ってください。怖がらずに最初フライパンをちょっと熱い目にしておく。出会いが大事なんです。恋愛と一緒なんです。お母さん、お姉さんはときめいた昔を思い出しましょう。自分と似たような性格の男性の人やから、ええ人やなですむやないですか。自分にないものを持っている人やったら、すごいこの人格好いいとか、もっともっと知りたいとなるじゃないですか、それと一緒。玄米は今まで暗いところで袋に入って寝ておったわけですよ。

それが生ぬるいフライパンでゆっくり目覚めるよりも熱いフライパンで炒ったほうがおいしくなるんです。これは私の経験から言い切ります。なんでも違うもの同志のほうが引き合うんです。

 

 

玄米はまん丸い形ではなくちょっと楕円形ですから、フライパンを動かすだけでは、A面とかB面がひっくり返らないことがあるから、時々中華料理のシェフになったような気持ちでフライパンを動かしたり、へらを使ったりして、玄米を均等に火が入るようにして、できたかなと思ったら手にとって奥歯で噛みしめてください。その時コリコリっと噛めたら最高の煎り上がりです。

 

歯で噛みしめた時、ぐにゅっとまるでグミキャンディーのような食感だったら、まだ玄米の中の水分が残っていますから、まだいい煎り玄米になっておりませんので、もうちょっと火をあててあげましょう。

 

非常に日持ちがよろしいです。これは旅行に持って行かれたら、海外でもどこでも、お湯をいただいて浸けておくとリゾットができます。おかゆができます。

もしも何もないところでお腹が空いたら、それを口に入れてコリコリと噛めばいいわけです。子どもさんのおやつにうってつけです。子どものおやつは穀物を中心に考えると非常に心のやさしいいい子に育ちます。

 

煎り玄米を作っておかれると、震災とか何かあった時に助かるものです。保存食というのなら、私は煎り玄米を筆頭にあげたいと思いました。

少し炒りにくくなりますが、玄米を洗って塩水に浸けて吸水させるんです。少し大きくなった玄米を煎り玄米にしますと、噛めば噛むほど塩味が出てきます。

 

 

玄米というのは植物ですから、動物と植物という比べ方をするとマクロビオティックでいうところの陰性になりますよね。カリウムも多くて少し陰性ですから塩水を吸わせておくとより調和がとれて旨みが甘味に変わります。こうしておくと子どもも文句言わずに食べます。

もっと簡単な方法だったら、煎り上がってすぐに塩をぱらぱらとかけておくこともできます。塩水ほどには完全には合体しませんが。

  • 2017年11月09日 15時03分更新
  • ブログカテゴリー:

ふるさと自費出版大賞 浅津知子先生の「ようこそ! 夢の食卓。」が優秀賞受賞しました

正食クッキングスクール講師で、出雲市でネットワーク校「キッチンスタジオ夢の食卓」を主宰する浅津知子先生の著書「ようこそ! 夢の食卓。一出雲から未来を想うレシピ一」(山陰中央新報社)が、第7回ふるさと自費出版大賞(全国新聞社出版協会主催)の優秀賞を受賞されました。

 

 

この本の帯には「食卓には、地球を変える力がある。」と力強い言葉が書かれているように、若者の心を“食”で救い育む活動を通し、豊かな自然と健康な心身は繋がっていること、さらには豊かな風土や天地の恵みを守り伝えることの大切さなど、浅津先生が多くの出逢いから教えられたことを、未来へとつなぐ集大成としてまとめたものです。

 

 

116日、正食クッキングスクールの指導員・講師の研鑽の場である研究会に参加された浅津先生が、受賞の喜びと共に、まだまだ世間に知られていない正食を広め伝えていく使命感を感じたことを話されました。

 

  • 2017年11月07日 11時07分更新
  • ブログカテゴリー:

野口清美スタイル「健康で美しく快適に過ごすためのチョットいい話」

マクロビオティックと出会って約30年、正食クッキングスクール講師の野口清美先生の、講座が開催されました。今回のテーマは、「大切な子どもたちの健康ごはん 幼児期/乳児期/離乳期/幼児期/小学生/中学生/思春期・活動期」。

二男一女を育てた経験からの生きた知恵を学びます。本題に入る前のお話しを少しお届けします。

 

 

幼児期から思春期、活動期まで細かく分けてありますが、正食(マクロビオティック)していたらいいわけですから、そんなにとやかく言うことないんですけど、自分が立派に正食やってきた人というのではなくて、いいも悪いもわからず、答えのない世界ですので、自分がやってきた子育てで、一応子どもたちが病気をしなかった、家族が元気に笑顔で過ごせたということは、概ね○かなと思っていますので、その経験の中でいろいろ工夫できたことがお話しできたらいいかなと思っています。

 

古い人間は正食のことを食養と言うんですよ。これは私たちが教えていただいた先生方がおっしゃっていて、正しくは食養生で、その略だと思います。

正食で言う食養というのは、生きていく正しい道筋、ということですね。これはイコール宇宙の秩序なんですね。桜沢如一先生が私たちにわかりやすく、自然の大きな流れの中で生かされていることを教えてくださっているんだけど、何十年も経っているので、今の私たちに少し分かりにくいような気がします。桜沢先生の言葉はとても難しい日本語を使ってらっしゃるというのもあるし、とてもかしこまった表現をするので、平成生まれの私たちにはちょっと難しいと思うんですね(笑)。

私は、桜沢先生にお目にかかっていないんですけどね、昭和41年にお亡くなりになっていますから、まだ生まれてなかったので(笑)。桜沢先生の教えをしっかり受けられたたくさんの先生方の生の息吹を受けて、この桜沢思想というものに強く感銘を受けました。

 

 

体をつくっているのは食べるものであることは間違いないわけですから、毎日いただいてそれを体の血肉にして私たちを生かしてくれているわけです。

どれだけ少しのもので効率よく生かしていくかが私たちの仕事なんですよ。ただただ欲に駆られてあれ食べたいなこれ食べたいなと、欲望に駆られていただくもので効率の悪い燃焼の仕方をして、便秘になったり、血糖値が上がったり、糖尿になったり、血圧が上がったりするわけです。そして、今度はお薬という不自然なものに頼るわけです。

 

桜沢先生は、正しい食の原理を取り入れたら、すべての家庭は楽しさと喜びで輝く。食養以外に家庭を幸福に明るくする道はありません、と言い切ってはるんです。まさしくそうやとは思います。別に玄米食べていないおうちでも明るく幸福なおうちはありますから、先生の幸福の定義の中に「健康」と「一生」というのが入っていると思うんです。いつまで経ってもみんなが病気もしないで元気でいられるということだと思うんです。

さらに桜沢先生は、台所は生命の薬局である、主婦は生命の薬剤師である、妻は一家の健康の舵取りをする船長である、妻は幸福な家庭の舞台監督である、家庭は愛の道場である、う~ん、最後すごくない? いいですね。

 

 

次回、最終回は114日(土)。テーマは「健康で美しく快適に過ごすために」です。楽しく学べる講座です。是非ご参加ください。

 

  • 2017年10月15日 17時48分更新
  • ブログカテゴリー:

山村流・食養診断力アップ入門特別講座開催

食養家で正食協会の理事、山村慎一郎先生の9月から始まった新シリーズの第2回目「心臓病の望診・食事・飲み物・手当」が開催されました。

山村先生は若い頃、大の甘党で大量の砂糖を摂り、肉も卵もたくさん食べていて、大学生時代の体重は90キロを超える巨漢。マクロビオティックとは無縁で真逆の食生活をしていました。その経験があるからこそ、先生の健康相談や食事指導は、好きなものがどうしても止められない人の気持ちを汲んだ独特の工夫がされています。

 

 

私は結核になったこともあって、中学生の頃の朝食は卵を6個食べていました。塩を食べているのか鮭を食べているのかわからないくらいしょっぱい塩引き鮭を食べていました。福井県の名物“へしこ”みたいなものです。

 

とても陽性な食生活で育ったので、砂糖への欲求がすごいんですよ。これはマクロビオティックを勉強してからわかったんですけど。つまり体質と体調が陽性だと反対の陰性なものを要求する。

分かりやすくいうと、沿岸部で海風という陽性の風を受ける、魚を食べる、陽性な環境と食事で育っていく沿岸部の人は酒飲みが多いんですよね。釣り合いをとるために。

 

私の場合は、お砂糖に走りました。止めるのに一番苦しかったのは砂糖です。こうするぞと決めていても、つい食べてしまう。一口も口にしないと決めて実行して3年です。食べたくなってというのではなく体が欲求してしまうわけです。糖質が欲しいという本能的なものですね。そして、3年も我慢したのに食べてしまったと後悔するわけです。

 

 

ところが東洋医学を勉強していくと、お砂糖は毒ではなくて、お薬とし使えることを知りました。お砂糖を摂ると緩みます。緩むということは体の中に水分をためたということなんです。適度に水分がたまって緩むと、次のステップに進むことができる。

厳格にマクロビオティックをしている時には、摂りすぎは困りますけど、ある程度の糖分は摂ったほうがいいといことに気づきまして、お砂糖は少し食べてもいいやと決めたら、めちゃくちゃ楽になりました。摂り方が問題なんだなと。

 

宣伝になりますけど、私が書いた『週3日だけ!のヤセる「食べぐせ」ダイエット』(青春出版)という本がいつのまにか二万部売れてしまって、今度改訂版が出るんです。三日休んで一日食べる都はるみ方式か、水前寺清子方式の三日休んで二日食べる。これだとだいたいできる。そういうところに辿り着いて、随分楽になりました。

 

逆に考えると、マクロビオティックをして調子を崩している人がいます。なぜかというと砂糖食べているからです。皆さん大好きなスイーツです。米飴であれメイプルであれ、食べるとブドウ糖になるので、働きは同じなりますから。要は食べ方が大事なんです。

 

 

ヴィーガンとマクロと同じと勘違いしている人がいます。

すごく貧血の人が相談にきたので、鯉こくを勧めたら怒って帰られました。

「動物性の食べものを勧められるとは思いませんでした」と。

マクロビオティックを知っているというわりには桜沢先生の新食養療法などは読んだことがない。食物による手当て法も開いたこともない。

 

ベジでやっていけば健康になれる、と誤解している。野菜はカリウムが多いですから、ナトリウムをどんどん体外に出していきます。その上に、米飴であろうがメイプルであろうが摂れば、血液が足りなくなって血虚の状態になって、体がだるくなって動かなくなって生理が止まります。これは当たり前なんです。そこのところを分からないと、なんとなくムードでベジとかやっているとえらいことなります。

その一つのいい例が今日のテーマ、「心臓病」の話になります。

 

次回第3回目は、11月12日(日)。テーマは「胃の病気の望診・食事・飲み物・手当」です。

ご参加お待ちしています。

 

 

 

  • 2017年10月10日 10時06分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」を開催

 

10月7日土曜日、正食協会の理事・岡部賢二先生の「陰陽五行による季節の養生と手当て・望診法」の第四回目が開催されました。今回のテーマは、「秋の養生法と望診法(肺・大腸系)~大根を使った手当法~」です。

秋口になると弱りやすい臓器である肺・大腸系の望診と、肺・大腸系をよくする大根を使った手当ての中で、第一大根湯と第二大根湯のやり方と効能効果についてのワークが行われました。

 

 

肺・大腸系の肺は呼吸器を管理しているので、呼吸器疾患が今から増えます。肺・大腸がセットになって肺・大腸系という経絡を構成していますが、肺・大腸系が弱りやすい時期が秋ということで9月から11月ぐらいです。この時期は咳、痰、はなみず、気管支炎、喘息といった呼吸器のトラブルが増えます。

 

それから、大腸は皮膚管理していると五行では捉えるので、秋口に乾燥しだすと、アレルギー、アトピー性皮膚炎、粉吹き肌とか乾燥肌を中心とした肌荒れなど皮膚に関した様々なトラブルが出やすいんですね。

 

 

夏場に冷たいものを摂りすぎると、その疲れが9月くらいから出やすいです。朝晩少し冷え始める頃から肺・大腸系の疲れが出やすいですので、その前の季節の夏場にあまり冷たいものを摂りすぎないというのが大事な予防対策です。

これから体を温めるような食材、温める飲み物とか、体内にたまった水をうまく出してあげる、利尿効果のあるものを摂ると、こういう水毒というものが抜けていきます。

 

水毒というものが、冷えるとたまりやすく、9月、10月ぐらいに水毒症という形で出やすいです。ちょうど排水溝に汚れがつまって水が流れないと、だんだん溢れかえって水漏れが起こる、水はけが悪くなって、水漏れ状態が起きるのが咳とか洟水ですよ。

喘息というのは水を取ってあげないと、呼吸ができなくなるような状態になることですけど、そういう時に水抜き剤というのが必要ですね。

 

 

本当は皮膚から汗が抜ければ、水毒は解消できるんですけど、寒くなると毛穴が閉じて汗がかきにくくなる。この時期発汗すれば水毒は抜けるんですよ。皮膚と呼吸器というのは、表裏の関係なので、たまってしまった呼吸器の水を抜くためには、何よりも発汗というのがすごく大事。皆さん汗をかく生活していますか?

私は毎日かいていますよ。それは冷や汗とか脂汗というものですが….。よくない汗なので、健康的な汗をかいてください。(笑)

 

発声する、歌を歌うというのも、呼吸器にたまった水を抜けやすくしてくれます。あと運動というものも発汗を促して水毒を抜いてくれる。皮膚は乾燥すると水が汗として抜けなくなることから呼吸器に水がたまるような水毒症が出てきやすいです。

 

次回12月2日(土)は、このシリーズ最終回。「冬の養生法と望診法(腎・膀胱系)~小豆、こんにゃく、海藻を使った手当て~」です。是非ご参加ください。

 

  • 2017年10月09日 11時46分更新
  • ブログカテゴリー: