ブログ「マクロなポケット」Blog

師範科卒業生対象「MMC第2回地中海料理&SlowFood」教室

今回はマクロビオティックマスターズクラブ(MMC)の模様をお伝えします。そもそもマクロビオティックマスターズクラブとは? 正食クッキングスクール師範科を卒業された生徒さんを対象にマクロビオティックの料理・理論にとどまらず、様々な食材、食育や農業、環境問題などを広く探求し、情報交換を行うクラブです!参加条件は正食クッキングスクール師範科卒業生であること。毎月1回開催で曜日、時間帯、料金はそのつど異なります。気になるテーマがあれば気軽に参加ができます!   4月に開催された第1回は永原味佳先生による「海苔について楽しく学ぼう!」でした。産地による違いや味比べなど内容の濃い、白熱した会になりました。 5月22日に開催された第2回のテーマは「地中海料理&SlowFood」。担当は正食クッキングスクール事務局勤務のスザンナさん。ローマ生まれのマクロビアンである彼女。食材や料理の説明のほかに、ヨーロッパのマクロビ事情など話は多岐に渡りました。 図1.jpg さすが師範科を卒業されている皆さん。サッと役割分担してテキパキ作業をこなされます! DSC_0017.JPG ナッツ類や日本でいうところのマツタケにあたるポルチーニを使用したり、イタリアや地中海エリアの雰囲気を感じさせる食材。その中に日本酒や味噌、米飴などが混ざっていて面白いですね。 DSC_0034.JPG イタリア発祥のSlowFood。時間と手間をかけて料理します。デザートで使うナッツと豆腐はすり鉢であたります。 アスパラとヘーゼルナッツのリゾット、豆腐&野菜ロール、ひよこ豆のディップ、豆腐クリームの出来上がり♪ 4図.jpg 校長先生も一緒に試食タイム♪乳製品を使っていないのにとってもクリーミーなリゾットやシンプルな材料で甘みもしっかり感じられるデザートなど、出来上がりの味に感動! DSC_0058.JPG 次回のマクロビオティックマスターズクラブ「米粉アレンジ教室」は6月25日の10時30分~15時、料金は¥4,500です。 担当の岩崎裕子さんは2014年に師範科を卒業。その後米粉マイスター、米粉インストラクターを取得され、現在は北九州市で「からだにやさしいnoah」で小麦、卵、乳製品、白砂糖を使用しない米粉のおやつの販売と料理教室を行っていらっしゃいます。 メニューは米粉の夏野菜ピザ、米粉とおから粉のマフィン、米粉のクッキー、米粉のムースです。※メニューは変更する可能性があります 米粉をもっと日常使いしたいけれどイマイチ扱い方がわからないというあなた!これを機に米粉マスターになってくださいね♪ 師範科を卒業していないけれど参加したいという方…申し訳ないです、マクロビオティックマスターズクラブは師範科卒業が条件になっております。 お申し込みはコチラ↓ https://ws.formzu.net/fgen/S75867191/ これからも楽しく幅広く勉強できる会を企画していますのでお楽しみに! 事務局 添田
  • 2016年05月24日 14時13分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生の望診法講座が開催されました

5月15日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「望診からわかった不調の改善法パート?・もっと美しく」の第3回「肌と唇の荒れ対策」が開催されました。先生のお話は、いつも本題に入る前のいわゆるマクラの部分がとても面白くためになります。   世界で160万部売れている「シュガーブルース」(邦題「砂糖病」)という本を原作にした映画ができたそうです。この本は若い時に読みました。目からうろこです。甲田光雄先生の「白砂糖の害は恐ろしい」という本もありました。   いつも言うんですけど、砂糖に罪はないんですね。食べ過ぎたりするので、害がある。そして精製して白砂糖にすると吸収が速いのが問題。喩えれば日本酒の大吟醸を毎日飲んでいるようなものですよ。米を削って糖質だけでできあがっている雑味がないお酒です。飲みやすい。   私はいろんな人の病気の相談を受けるんですけど、病気の一番の根源は、砂糖かなと思っています。次にはタンパク質、脂肪。タンパク質と脂肪はだいたい対になっていますから。   私なんかも時々饅頭食べたくなるんですよ。以前、波動の勉強もしたことがあるんですけど、お砂糖も噛むと波動の数値が上がるんです。でも甘いお菓子を何十回も噛むというのも楽しめないですね。結論は、砂糖を食べる間隔を空けて、量に注意して食べればいいということですね。   世の中の曲がり角に来ているように思います。今までいいよと言われていたことが、価値観ががらりと変わって。いよいよ食の大切さということが、否が応でも、みんなが知らなければいけない時代がきた。医療費が40兆円超えてしまった。100兆の国家予算の40兆が医療費で消えてしまうというのも異常ですよね。10万円の給料で4万円医療費ですから。おそらくこのまま何もしなければ国は破綻してしまいますよね。   人生は思うようにいかないわけですよ。そういうストレス抱えている時にほっとしたいので、お酒飲める人は、ちょっと飲んでふっとなる。同じように緩めるためにお砂糖を摂る。それがどんどん増えていくわけです。   砂糖が身体に入るとカルシウムとかミネラルを無茶苦茶使うんですね。カルシウムとかビタミンB群というのは、精神安定させる食べものなので、これを使うと、神経伝達がうまくいかなくなってしまって、うつ病とか統合失調症とかパニック障害とか、脳の病気だとパーキンソン病もそうです。電流がうまく流れていないんです。   次回第4回目は、6月12日(日)。テーマは「美しい髪」です。単発受講できますので、是非ご参加ください。  
  • 2016年05月23日 07時57分更新
  • ブログカテゴリー:

7/9はマクロdeメキシカンパーティ!

大阪校にて7月9日(土)に野﨑恭子先生の「ホットな夏を楽しもう!マクロdeメキシカンパーティ」が開催されます♪ 野﨑先生は香港在住で正食クッキングスクールのネットワーク香港教室を主宰され、正食料理以外にも薬膳やローフードなど幅広く教えていらっしゃいます。国際色の豊かな香港では人種問わず人気なのがメキシカン料理だそうです。 メニューは小豆と高野豆腐の重ね煮チリコンカン、米粉のトルティーヤ、切り干し大根のサルサ、クリーミーな味噌ワカモレ、豆乳カッテージチーズ、サクッとカリッとフリット、ライムのさっぱりスープ、塩レモンチアシード。メキシカンではお馴染みのメニューが日本ならではの食材を使ってどのような味になるのでしょうか?マクロビオティックならではのメキシカンにご期待ください! 図1.jpg 教室の詳細はコチラ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/koukai.html お申し込みはコチラ↓ https://ws.formzu.net/fgen/S94016114/  
  • 2016年05月22日 12時05分更新
  • ブログカテゴリー:

大阪校「初夏の中華マクロ教室」

5月14日大阪校にて蓮田マチ子先生の「初夏の中華マクロ教室」が開催されました。 蓮田先生は中華料理店「創華飯店」を長年経営、調理されてきたこともあって、その頃からの根強いファンの方もいらっしゃり、今回はプロの料理人の方も参加されていました。 図1.jpg 動物性食品を使わない、このような材料で一体どんな料理ができるのでしょうか? 梅味のポテトサラダの盛り付けにはディッシャーをつかって。リーフサラダの緑が初夏らしいですね! 図3.jpg 肉味噌そば、キャベツのピクルス、梅味ポテトサラダ、精進鶏肉のチリソース、ニラと納豆炒めの5品が完成!実は隠し味に美味しい紹興酒が使われています♪ 図5.jpg わいわいとおしゃべりしながら和やかなご飯タイム。 図4.jpg さっぱりした風味もあり、ピリ辛あり、甘みありと、とても食欲が増進されるメニューでした。これからの季節にピッタリでお家でも是非作ってみたいですね。みなさんお疲れさまでした! 中華マクロ教室はご好評につき、10月からスペシャル教室としてスタートします♪詳細が決まりましたらブログ、facebook、むすび誌にて告知させていただきます。お楽しみに!! 事務局 添田さやか  
  • 2016年05月15日 10時43分更新
  • ブログカテゴリー:

東京校「親子参加OK!手打ちうどん教室」のご案内

5月22日(日)東京校にて「手打ちうどん教室」が開催されます。今回はお子さんも参加可能な教室です! うどんを手作りするというと難しく感じられるかもしれませんが、正食クッキングスクール大阪校ではレギュラー教室のメニューにも入っていて「こんなに簡単に手打ちうどんを作れるなんてびっくり!」と生徒さんにも人気です。 今回担当されるのは鶴見恵子先生。千葉県で教師を26年されたのち「未来循環型」の自給自足の暮らしを目指して愛媛に移り住まれて15年。現在は正食クッキングスクールの愛媛教室を主宰し、田んぼを耕し、毎年人気のお味噌作り教室をされるなど多忙な生活を送られています。そんな先生のこぼれ話にもご期待ください! 図1.jpg 美味しい手作りうどんを作ってみたい方、お友達やご夫婦、お子様連れで是非ご参加ください♪ お申し込みはコチラから↓ https://ws.formzu.net/fgen/S54175941/ 事務局 添田  
  • 2016年05月14日 09時00分更新
  • ブログカテゴリー: