ブログ「マクロなポケット」Blog

ネットワーク香川教室レポート☆

  今日も、とてもよいお天気ですね! というより、最高気温が大阪で25度の予想。 夏日になりそうな陽射しです 今日も料理教室は授業がありました。 その様子は、次回お伝えする予定です。 さて今回は、ネットワーク教室の香川教室を 開催されている、安富民子先生より いただいたレポートをご紹介いたします **************************

地域活動「健康と病気予防は“かむこと”あり!」 と題した「お金のかからない健康法」講座を 3月30日(土)午後1時~2時半、 地域のコミュニテイセンターで行いました。

広告情報紙のリビング新聞社さんから、 「3月中に何かしない?記載するから」と連絡を頂き、 急いで企画しました。 紙面にかなり大きく載せて下さっていました。感謝。 心と体を健やかにする食事法に、触れてみませんか・・・。 食べ物を口に入れたら“かむ”ことは当たり前。 でもこの当たり前の事が出来ていないのが現代人のようです。 でも“かむ”ことには、私達が思っている以上に 色々な効果があるようです。 小豆ご飯おにぎり1.JPG 心と体を健やかにする、お金もかからない健康法 「かむことの効果」についてのお話とその後、 自分でにぎった玄米おにぎりを30回60回と 数えながらしっかり噛んでみる実習をしました。

初めてこのような集まりに参加した、 という方がほとんどでした。

「玄米は初めて!  小豆入りの玄米ご飯がこんなに美味しいなんて! 噛むほどにほんのり甘く感じましたし、 噛むことがこんなに身体にいいなんて知らなかった。 これからは意識して60回は噛むようにします」 「参加して良かったです。 無料なのにすごくためになる話と、とても美味しい 小豆ご飯でした」 「玄米の良さを改めて知りました。 大変勉強になり楽しかったです」 人数は多くはありませんでしたが、 皆さん感想は沢山寄せてくれました。 (正食クッキングスクール香川教室:安富民子) ****************************** 少しでも多くの方に、玄米の特長や 噛むことの大切さをお伝えできるとよいですよね 安富先生、レポートを有難うございます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4/14中級日曜クラス第1・2回

  今日も良いお天気ですが、少々風がきついようです。 お昼に協会の近所の公園にいたら、 砂埃が舞っていました 今回は、昨日おこなわれた中級日曜クラス、 初日の模様をお伝えします。 午前中、第1回の担当は、 和歌山から来られている柳澤幸代先生。 414中級日1.JPG 元看護師でもある柳澤先生から、 丁寧に、そしてしっかりと食養料理のひじき蓮根や、 これから中級で学ぶことについても含め、 お話いただきました。 お昼の試食のときには、これから一緒に実習していく メンバーの自己紹介がおこなわれました。 午後の第2回の担当は、 京都からお越しの野口清美先生。 この前日にはセミナー「安心な出産&子育て」で 存分に語っていただいていましたが、 中級クラスの初日ということで、授業にも力が入ります。 414中級日2.JPG また、午後には食養料理の「小豆かぼちゃ」が登場。 食養料理の大切さも、料理の説明を通して改めてお伝えいただきました。 授業後に、先生方からコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「初回お疲れ様でした! 正食料理の大切なひじき蓮根を学びました。 しっかりと時間をかけて火が入ることで、 おいしくアクも調和します。 途中、火が消えてしまったりして、じっくり炊き上げられ なかった班もありましたが、復習で、ゆっくり 炊いてみてくださいね。 さすが中級、皆さんおいしくきれいにお料理できて いました。 旬の筍、木の芽など、おいしかったですね。 次回は和菓子もあり、またバラエティにとんだメニューです。 楽しみにしてくださいね」 野口先生からは、 「午前、午後と続けての授業でお疲れになったことと思います。 お疲れ様でした。 ぜひ、小豆かぼちゃはおうちで作って復習してくださいね! キャベツのコロッケは充分に水分を出して、 その水分を粉類と合わせて全体をまとめるのがコツです。 授業では少々濃い目の色に揚がっていましたが、 温度が低いとべチャつくので、ちょうどよいところを 自分で考えて、やってみてください」 中級日曜クラス、次回は5月19日。 確実に初夏に近づいていますね 皆さんのご参加をお待ちしております! ・・・と、いつもなら終わるところですが。 本日、協会のホームページがリニューアルしました クッキングスクールのご紹介動画がアップされています。 指導員の皆さんの紹介ページや、 卒業生・受講生の方の感想ページなどもありますよ (ご協力いただいた皆様、本当に有難うございます!) 実は、まだ作業進行中でアップできていないコンテンツも ありますが、整備次第徐々に追加していきますので、 どうぞお楽しみに

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年04月15日 16時43分更新
  • ブログカテゴリー:

4/14意志を強くするヒケツ第1回

 

少し寒いですが、気持ちよく晴れた日曜日の朝でした。

山村慎一郎先生の新しい講座 「意志を強くするヒケツ・・・ 崩れやすい自分を立て直す四つの方法」の 第1回が開催されました。

414山村2.JPG 

現代において、本筋を言う人は異端児扱いされる お話から始まりました。 例えば現代医療の世界で、医師が「本当はこうしたほうがいいはずだ」 と思っていても、何かあった時のことを考えると、 あらゆる面でリスクが多すぎます。教科書通り進めていたほうが 無難ということです。

 

桜沢如一先生は、繰り返し「自分の頭で考えることが大切。考えなさい」 と言われました。 「○○先生に、一日一食が健康にいいと言われましたが本当でしょうか」、 「肉をもっと食べたほうが言われましたが、食べてもいいですか?」、 「糖質制限食は?」など、真反対の説も少なくありませんが、 これらを実行して調子が良くなる人もいれば、崩す人もいます。

 

実はどれも正しいのです。 どれを選ぶかは、どうなりたいか、です。 自分で判断して進まなければ、一生、誰かにお伺いをたてなくては いけない人生になってしまいます。

 

食養生や望診法を教える立場にある山村先生は、 「どれを選ぶかを考える材料は提供できます」と言われ、 目標や目的を登山に例えて、様々な誘惑や迷い、 くじけそうになる出来事との対応を、童話「青い鳥」の物語も 交えて、分かりやすく語られました。

 

自分が変わることを意識して習慣を改めることについては、 「今できないことは、明日もできません。 今日、甘いものをやめられない人は、明日もやめられません」 ときっぱり。なるほどと納得できるお言葉です。

 

「もっとちゃんと取り組みたいと思っていることはありますか」 「目的を達成するために、どうしてもやめられない習慣がありますか」 「最も大事に思っている将来の目標はありますか」などをテーマに、 数人ずつに別れ、ワークショップに入りました。

 

配布されたレジュメのタイトルに 「できない自分をできる自分に変える」と書いてありましたが、 とても面白くてためになり、考えさせられる講座でした。

414山村1.JPG 明日から、いや、今日からあのことをやめてみよう、 これをやってみようと決意された方も多かったはずです。

(terry) 山村先生のセミナー「意志を強くするヒケツ」 次回のテーマは、「脳がつく嘘を見破る」。 5月12日の開催です。 単発での受講も可能ですので、ご興味がある方は、 ぜひご参加ください! ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/yamamura_hiketu/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年04月15日 10時05分更新
  • ブログカテゴリー:

4/13マクロで安心な出産&子育て講座第1回

  昨日は、クッキングスクールのベテラン講師、 野口清美先生によるセミナー 「マクロビオティックで安心な出産&子育て」講座の 第1回がおこなわれました。 参加された方は関西一円の方がほとんどでしたが、 中には新幹線で来られた方も! 地震のために電車が大幅に遅れ、 講義途中からのご参加の方もおられました。 皆様、ご参加有難うございます。 全3回のシリーズで、今回のテーマは 「赤ちゃんのために何を食べたらよいか?」 野口先生はご結婚されてお子さんを妊娠中、 ご主人から勧められて玄米と出会います。 そうして、育児をしながら協会の料理教室にも通い、 正食で3人のお子さんを育てられました。 そんな経験を踏まえながら、 いつもの教室の授業だけでは語りきれない、 「いのちを育むということ」、 単に「食べもの」だけではなく、身近には調理器具や 大きくは環境、心の持ちよう、具体的にどういったことに 気を配っていくか、ということまで、 盛りだくさんにお話いただきました。 413出産野口.JPG ↑お子様連れでもご参加いただきやすいよう、講義室の前方は、 シートクッションを並べた席にしています。 受講された方の感想の一部です。 「食事のことだけでなく、生活環境や妊娠中の 過ごし方などを学ぶことができたので勉強になりました。 妊娠前からの生活もとても大切なのだと改めて実感しました」 「家族のために、そして自分自身の意識をもっと変えるために 参加しました。また、現在助産師として、すべての妊婦様に 思いをより伝えることが出来るようにしたいと考えております。 先生のお話は奥が深く、まだ自分の中で消化できていませんが、 より伝えていけるようにしたいです」 「正食を始めて生理不順や生理痛が改善されたことを きっかけに、食と女性のあり方、妊娠や出産に関心を 持つようになりました。妊娠や子育てを迎える友人も多く、 不安を持っている人が多いので、今回学んだことを伝えたいと 思います。 2時間があっという間で、楽しく学ばせていただきました」 「将来、自分が夫になり、父親になったとき、いいものを共有できる人、 理解し分かち合える人でありたいと思い、受講しました。 マクロビオティックのことはなんとなく知っているつもりでしたが、 根本を改めて理解でき、とてもよかったです」 自分自身と子どものために、と受講される方も 多かったのですが、家族(娘)のため、仕事で妊婦さんたちに 伝えたい、と専門職の方なども参加され、とても熱心に 聴講されていました。 次回は、ゴールデンウィーク明けの、5月11日。 テーマは「母乳で育てよう」 赤ちゃんにとってよい母乳を出すための食事、 母乳の出が悪いとき、赤ちゃんの母乳を吸う力が弱いとき・・・、 などなど、 野口先生にまた、熱意を持って盛りだくさんに語っていただきます 1回のみのご参加も、お子様連れのご参加も大丈夫ですので、 気軽にご参加ください https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/kosodate/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年04月14日 16時29分更新
  • ブログカテゴリー:

4/13初級土曜クラス第1・2回

  今日も良いお天気です ですが夕方からは雨が降るかもしれない ということですので、お出かけの際にはご注意ください。 さて、今回は昨日おこなわれた 初級土曜日クラス初日の模様をお伝えします。 早朝の地震で、電車は線路の安全確認などにより 90分以上の遅延や、一時運転見合わせ、徐行運転といった 状態でした 到着が遅れてしまうというご連絡をいただいた方も おられますが、受講を予定されていた皆さんが 無事、授業に参加されました。 午前の第1回を担当されたのは、 大阪府下にお住まいの永原味佳先生。 (去年ご結婚され、それにともない新年度より仕事上のお名前を 変更されました。 ちなみに「むすび」に掲載されている講師紹介は去年度に 取材していたため、2月号で「鹿島三嘉」先生としてご紹介 しています413初級永原.JPG 正食の料理を始める上で欠かせない玄米の炊き方や、 お味噌汁での「蒸し煮」の仕方などを、しっかり 教えていただきました。 お昼の試食をしながら、これからお料理を一緒にしていくメンバーの 自己紹介がありました。 その中で、最近発行されて話題になっている某マクロ関連の本を 読まれて教室に来られた方が、数人いらっしゃいました また、自然食品店で働いている若い方が、 お仕事に活かしたいということで受講を決意されたとのこと。 若いうちから、自分の身体のことやそれをとりまく食生活について 知っておくというのは、やはりとても大事なことだと思います。 午後の第2回は、兵庫からお越しの藤井美千代先生が 担当されました。 413初級藤井.JPG 第2回では筍やふきといった、春はらではの食材を使います。 そして、お団子づくり。 旬を大切にするお料理や、手仕事の作業などは、 今後も授業にどんどん登場します 授業後、先生方からコメントをいただきました。 永原先生からは、 「まずは楽しく、かまえすぎずに作ってみてください。 これから10回、頑張りましょう!」 藤井先生からは、 「最初の日にメニューの数が多く少し大変だったと 思いますが、おいしく作ってくださって有難うございました。 皆さんの笑顔、とてもステキでした」 次回は、2週間後の4月27日。 豆ご飯やかき揚げなど、おうちでも喜ばれそうな メニューが登場しますのでどうぞお楽しみに また皆さんのご参加をお待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年04月14日 10時00分更新
  • ブログカテゴリー: