ブログ「マクロなポケット」Blog

メルボルンから、ゆかハートさんが正食協会に来られました

425日、月曜日。オーガニックネットワークを世界に広げるむそう商事が取引する、オーストラリアのシドニーで日本の伝統的な食品を中心に取り扱っている老舗「Spiral Foodsの社長ジェームスさんの紹介で、メルボルンでビーガンフレンドリーカフェDISCO BEANSを運営する、ゆかハートさんが正食協会に遊びに来られました。  

   

ゆかさんは2012年にマクロビオティック料理研究家の中島デコさんがオーストラリアで料理講習や講演をされた時に、メルボルンでアシスタントを務め、さらに正食協会理事の岡部賢二さんがオーストラリアで行われたセミナーのお手伝いもされました。

ミュージシャンでもあるゆかさんは、大阪から10年前にオーストラリアへ移住しました。音楽仲間をはじめ周りにビーガンがとても多く、その影響を受けてベジタリアンになったそうです。

「お料理が好きで、ホームパーティとかする時にビーガンのレシピを探していたら、お肉が市場に出るまでの映像を見たり、いろんなサイトにぶつかりました。オーストラリアを車で旅している時に、家畜の数の多さにびっくりしました。向こうの人は食べる量がすごいから。肉食について考えだして、一度魚も卵も含めて動物性ぜんぶやめてみようと決心したんです。それではまったんです」とゆかさん。

ある日を境にベジタリアンになったゆかさんですが、「もともと料理好きなので、ビーガン料理を作るのが面白いし、おいしいと思いました」。そして、お肉を食べたいという気持ちはまったく起きなかったといいます。

 

「メルボルンでデコさんの料理講習のアシスタントを二日間させてもらったんです。デコさんにも私のお店に来ていただいて、食事を提供させていただきました。岡部先生の時は、セミナーの昼食をマクロビオティック弁当で提供させていただいてすごく喜んでくださいました」。

メルボルンは、ベジタリアンの人たちが多くおられて、ビーガンの食材を専門に扱うお店や、お洒落な完全ビーガンのレストランバーがあるそうです。

日本でもマクロビオティックをはじめ、ローフードなどベジタリアン系のライフスタイルを送る人たちが増えてきているようですが、メルボルンはその一歩先を行っている印象を受けました。

  リニューアルオーブンしたムスビガーデン大手通店の前で

 

山村慎一郎先生の望診法講座が開催されました

4月10日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「望診からわかった不調の改善法パート?・もっと美しく」の第2回「シミ・吹き出ものバイバイ」が開催されました。先生のお話は、いつも本題に入る前のいわゆるマクラの部分がとても面白くためになります。   今の季節、風邪をひく人が多いです。冬が終わって気が緩んだ春の風邪は意外と治りにくいです。自然療法のコツは、早く処置することですね。完全に咳が出てから蓮根湯を飲んでもなかなかおさまらない。一週間は楽にかかります。 こんこんときたらすぐに蓮根湯。   痰の出ない空咳の時はドトールのココアがいいですよ()。試してみてください。なぜだと思います。水分が足りなくて肺が乾いているから空咳になっているんです。マクロビオティックしている人だったら、花梨の蜂蜜漬け。甘いものをとると肺が潤うんですよ。そうすると空咳は一発で止まります。   大根のさいの目切りしたものを蜂蜜に浸けるんです。1時間ほど経つとエキスが浮いてくるんです。本には23日おいてと書いてるんですよ。咳しているときそんなに待てないじゃないですか。それをなめてみてください。空咳は一発で止まります。   痰が出る咳は蓮根がすごく効きます。蓮根は痰切りなんですね。こんこんと咳が出始めて痰が出るな、という時点で蓮根湯を飲むんですよ。そしたらすぐ止まります。ところがゲホゲホとなって、器官の奥から出るようになると45日からへたすると一週間かかってしまいます。止まらないものですから、朝も飲み、昼も飲み、夜も飲んでいると便秘します。蓮根は収斂性を持っているので、締めるんです。   閉経した時に骨祖鬆症にならないために何を食べましょうと言われますか? 大豆ですね。イソフラボンといって女性ホルモンにすごく似た働きを持っている。腎は髪に現れる。出産した時に髪が抜けたり、髪にトラブルが出てきたりします。骨にも現れます。ホルモンバランスをとってくれて骨祖鬆症の予防になりますよということなんです。 味噌を焦がした味噌玉をお湯か三年番茶で溶いて飲むのもいいです。誰に聞いたかというと獣医さんです。田舎暮らしをしていた時、味噌玉を牛に飲ませていた。「なんですか」と聞いたら、「こいつは産後の肥立ちが悪いんだよ」。 子宮収縮がうまくいかないんです。昔から味噌玉を食べると子宮の収縮がうまくいくよという話です。閉経してホルモンバランスが崩れた時には味噌玉がいいと分かったわけです。   次回第3回は5月15日日曜日。テーマは「肌と唇の荒れ対策」です。単発受講もできますので是非ご参加ください。  
  • 2016年04月25日 12時02分更新
  • ブログカテゴリー:

操体法で身体の痛みをとる講座開催

4月9日、鍼灸師で鈴木総合治療院院長、真・食養会講師の鈴木敏文先生の操体法の講座第2回「自分で身体の痛みを消す方法」が開催されました。マクロビオティックは宇宙の秩序を展開した食事法ですが、宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。動きの原理を使って、自分自身で体の歪みを正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていただく講座です。   前回の内容が一番重要なところなので土台になって積み重なっていきますから 復習します。うわべのテクニックだけになってもあまり意味がありませんので、三回連続受講とさせていただいています。   動きを中心にお話させていただいていますけど、生きることとは、呼吸すること、食事をすること、動くこと、精神活動。この「息食動想」が操体の根本になります。操体の創始者、橋本敬三先生は、当時、この「息食動想」の中で、動きだけ納得できるものがなかったので、動きを中心に掘り下げましたが、哲学的には全体なんです。治療法ではないです。それは食養も一緒ですけど、生き方です。   症状というものは、段階的に進んでいきます。お医者さんに行くときとか、玄米食をきちっとしようと思う時などは、我慢できないようなものが出てきてからが多いと思います。   我慢はできるけれど苦痛にはなっています。何か引っかかるなとか、重いなとか気になっている。もう少し軽いと気にならない程度に何か出てきています。瞬きの多い人、少ない人がいます。瞬きが多いというのはちょっと健康状態が崩れている、自律神経が乱れています。本人はあまり気にしていない。   瞬きの回数で健康状態を診るというのは東洋医学の本にも書いてないです。これは桜沢如一先生が見つけたんです。本人があまり気にならない段階からそういうような症状が出てきます。   悪くなる時は、違和感とかの感覚異常から始まります。おかしいなという感覚を放っておくと働きが乱れてきます。機能障害です。働きが乱れてくるのを放っておくと形が壊れます。器質疾患ですね。病気になったからつらく感じているわけじゃなくて、おかしい感覚が先にあって、放っておいたからだんだん進んできて壊れる。病気が先じゃなくて、症状というか感覚異常が先なんです。   参加者の感想です。
  • 連動で痛みが消えるというのが面白いし不思議です。ふくらはぎの筋肉痛が、あんなに簡単にとれるなら、毎週の山登りに生かせます。
  • よく使う関節の動きはだいたいパッと分かるが、複雑なものは教えていただいて「ナルホド」。つい経絡や筋肉痛などの局所を触りたくなるが「動きを考える」という方法は慣れるまで時間はかかるが、面白いので是非自分のものにしたい!
  • 日頃自分では感じていない所にも疼痛はあり、それが全身の不快につながっているのがわかりました。
  • 2016年04月23日 17時48分更新
  • ブログカテゴリー:

東京教室「春から始めよう玄米生活」

  4月15日(金)、正食クッキングスクール東京校で「春から始めよう玄米生活」の第1弾、和風編の第2回が開催されました。教室の前の通りは八重桜がまだまだ咲き誇り、まさしく「桜」の名を冠する町は春爛漫でした。 担当講師は、正食クッキングスクール大阪本校の向後あき子先生。ご自宅で作られた新玉ねぎを見本に、マクロビオティックの基本の考え方である「一物全体」についてお話をしていきました。 玄米生活和152.JPG   また、玄米の炊き方のデモンストレーションでは、発芽させた玄米の実物を参加者の皆さんに見てもらいました。「この小さな一粒が苗になってどんどん大きくなり、根を張って、何百粒ものお米を実らせます。白米にしてしまうと、水に浸けると腐ってしまうだけですが、玄米には生命力があるんですね」 皆さん、興味津々にのぞき込んでいます。 玄米生活和153.jpg   デモで説明を受けながら、各テーブルに別れて実際に玄米の炊き方や味噌汁の作り方に挑戦していただきました。お米の洗い方、水の分量、野菜の切り方など、先生がテーブルを回って丁寧に指導します。皆さん協力しながら、作業を進めていかれました。 玄米生活和154.jpg お料理が完成! 玄米生活和155.JPG まずは玄米をよく噛む、ということを実践していただきました。そして、食育の祖・石塚左玄について、また左玄が語った「春は苦味」という言葉についての説明を聞き、味覚でも知覚でも春を存分に感じる教室となりました。   受講生の方の感想です。 「すごく丁寧に説明していただき、とてもわかりやすかったです。また受講したいです」 「玄米がおいしかった! 自宅でも玄米を炊いてみたいと思いました」 「子ども(赤ちゃん)と一緒の受講でしたが、皆さん寛容に接していただき、大変助かりました。受講して良かったです」   「はじめよう!玄米生活」シリーズでは、1回の教室につき2品の料理をしっかり実習するので、お子さんやお料理初心者の方でも参加しやすいと評判です。 次回は、4月28日(木)に洋風編を開催。分搗き米の炊き方、野菜のポタージュスープの作り方をお伝えします! 5月は、16日(月)に和食編Part2、28日(土)に洋風編Part2を開催します。 また、5月22日(日)には、手打ちうどんのスペシャル教室もありますよ♪ もちろん、いずれの教室もお子さんの参加が可能です。 皆様、是非ご参加ください。   詳しくはこちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tokyo.html 4月の「はじめよう!玄米生活」教室のお申し込みはこちら↓ https://ws.formzu.net/fgen/S89736014/ 5月の「楽しいから続けられる!玄米生活」教室のお申し込みはこちら↓ https://ws.formzu.net/fgen/S49212065/ 事務局 中島    
  • 2016年04月22日 13時31分更新
  • ブログカテゴリー:

大阪校「春のマクロDEエスニック」教室

4月16日、大阪校で小松英子先生の「春のマクロDEエスニック」教室が開催されました! 毎年夏に行われている人気のマクロエスニック料理教室。「エスニックといえば夏!」ですが、今回はえんどう豆、筍など春のお野菜を使ってのメニューです。エスニック料理でありながら、陰陽バランスを整える調理法で体を冷やしすぎないようにします。 フレッシュな香草や香辛料はエスニックならではですね。 P1120925.JPG P1120929.JPG えんどう豆と新じゃがのターメリックライス、ミニスープ付きモモ(チベットの蒸し餃子)、筍とごぼうのカレー、きな粉のパラタ(チャパティの一種)、三年番茶チャイの5品ができあがりました! バックパッカーとしてインドを旅するだけでなく、インドで出産された話など小松先生ならではのエピソードの数々を受講者の皆さんも興味深く聞いていらっしゃいました。 P1120935.JPG 夏のエスニック、秋のエスニックというふうに季節ごとに開催してください!と何人もの生徒さんから声をかけられました。楽しく学んでいただいてよかったです♪ 大阪校ではまだまだ楽しい料理教室の開催がございます♪ 5月14日蓮田マチ子先生の「初夏の中華マクロ教室」 詳細はコチラ http://macrobiotic.gr.jp/cookingschool/koukai.html お申し込みはコチラ https://ws.formzu.net/fgen/S61711447/ 6月12日永原味佳先生の「みか先生の天然酵母パン教室2016フォッカチオとグリッシーニでランチサンドプレート」 詳細はコチラ http://macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html お申し込みはコチラ https://ws.formzu.net/fgen/S84808065/ 是非ご参加ください。楽しく美味しく健康になりましょう! 事務局 添田さやか  
  • 2016年04月19日 08時00分更新
  • ブログカテゴリー: