ブログ「マクロなポケット」Blog

「クリスマスの日に親子でマクロスイーツ作り」開催しました

正食協会では、食育フォーラムや保育園・幼稚園での出張食育講座などを通して、子どもたちや親御さんたちに、食べることの大切さを知っていただく活動をしています。その一環として、正食クッキングスクールで初めて親子公開料理教室「クリスマスの日に親子でマクロスイーツ作り」を開催しました。   担当したのは、小さい頃からお菓子作りが大好きで、その後料理学校でお菓子作りを本格的に学んだ今村圭子先生です。 1225日、開催当日。教室でクリスマスツリーや飾り付けが始まると、華やいだ雰囲気が事務所にも伝わってきました。 参加者は、小学校1年生から中学1年生の子どもたちとお母さんたち。小さいスリッパや小さい子ども用の踏み台も用意されていました。   メニューは、モチモチ感がうれしい「プチ焼きドーナツ」、クリームとフルーツで自分好みに「トライフル」、失敗なし!の「ナッツクッキー」です。 いつもの料理教室と一緒で、最初にデモンストレーション。そして、実習が行われました。 子どもたちは、みんなイキイキとお菓子を作っていました。男の子も女の子もお菓子職人さながらに真剣です。とても上手に仕上げていました。   終了後、今村先生に感想をお聞きしました。 「子どもさんがいる教室というのは雰囲気が全然違いますね。子どもたちと過ごせる時間がすごく幸せでした。神様が私にくださったクリスマスプレゼントだなと思います」 「お母さんに誘われて『うん』という子たちだから、無理矢理連れて来られたという感じじゃなく、なんでも“ぼくが私が”やりたいと、みんな意欲的で、しかも上手に調和をとって作ってくれていました」 「ちゃんとお片付けができるというのが、素晴らしいと思いました。こちらの教室に習いに来られているお母さん方のお子さんということで、すごく嬉しかったです」   お母さんたちの感想です。 「家で作ってみたいと思います。楽しく作るわが子を見て幸せでした」 「いつもお世話になっている教室に子どもたちと来ることができて嬉しかったです。簡単に作れたので、良かったです」   子どもたちの感想です。 「たのしかったです。スイーツがおいしかった」 「フルーツトライフルの盛り付けが楽しかった」 「楽しかった。それに自分で作ったのもおいしかった」   事務局から一言です。 「子どもたちがとてもイキイキと料理をしている姿を見て、これぞまさに“食育”だと実感しました。このような企画を今後もより充実させていきたいと思いました」
  • 2014年12月28日 15時22分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんのクッキングライブ開催しました

   誰もが知るポップスの女王マドンナをはじめ、数々のセレブと呼ばれるそうそうたる人たちにマクロビオティック料理を供しマクロビオティック・パーソナルシェフとして世界を駆け巡る西邨マユミさんが、アメリカから一時帰国されました。  忙しいスケジュールの中、1218日に正食協会でスペシャルな料理教室をしていただきました。タイトルは「プチ・マクロDEメリー・クリスマス」で、世界のセレブたちをうならせたパーティ料理です。告知用のフライヤーを作ったものの、配布する前に定員一杯となる盛況ぶりでした。   当日のメニューは、 Stuffed Seitan--野菜を詰めたセイタン Cranberry sauce--クランベリーソース Wiled Rice with Corn--ワイルドライス/玄米/セロリ/コーン Roasted Root Vegetables--野菜のロースト Green Salad with Maple-Mustard Dressing--グリーンサラダのメープルマスタードドレッシングがけ Quick Ume Vinegar Pickles--梅酢で漬けるピクルス Poached Pear with Red wine--洋梨のワイン煮(デザート)   長い海外生活で得た豊富な食の知識と知恵、そして料理経験。マクロビオティック料理の基本を含めて様々な話を織り交ぜながらの料理のデモンストレーション、そして実習。私たちが接することもできない超豪華な世界を知っていることのそぶりも見せない、きさくでフレンドリーな人柄もあって、参加者とすぐに溶け込み、賑やかで華やかな教室となりました。   参加者の声です。 「世界でご活躍されている先生にお会いでき、おいしいお料理を教えていただき感激です」 「楽しくてウキウキするレシピを教えていただきありがとうございました」 「マユミさんの個性溢れるライブですごく楽しかったです」 「料理は考えながらするものというのが分かってよかったです」   アシスタントをしていただいた、お二人の感想です。 岡田美樹さん。 「当日並んだ食材は多彩で、見ているだけでもワクワク。ビーツ、ワイルドライス、クスクス、といったちょっと手に入りにくい食材もありましたが、先生からは「必ずこれを使わなくてはダメ、ということはないから、自分で考えてどんどん応用していって!」というおおらかなアドバイスが。洋食でありながら、スープやメインの煮込出汁には日本伝統の昆布や干し椎茸を使う、などは驚きながらも、喜びを感じました」   岡一美さん。 「アシスタントを仰せつかりワクワクしながら初めてマユミ先生にお会いしました。日本ではあまり使わないビーツやクスクス、ワイルドライスといった食材に昆布や椎茸のお出汁や塩、味噌、梅酢といったマクロビオティック料理のベースの調味料とニンニクやローリエ、マスタード、メープルシロップなどのアクセントを入れたレシピが独特でした。世界中の人が楽しみながら正食を日常に取り入れておられるのだな~と、先生の経験談をお聞きしながら改めて実感しました」   これからも年に何度か帰国する予定の西邨マユミさんと再会の約束をして、お別れしました。  
  • 2014年12月27日 17時08分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナーが開催されました

  12月14日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「未来が開ける生活習慣の極意」の第2回「行動を変える」が開催されました。この冬一番の寒い日でした。   1222日は冬至。なおかつ新月なんです。冬至と新月が重なるのが19年ぶりで、非常にめずらしい日です。 どういうふうに珍しいか、陰陽で考えてみます。一年間という単位で見た時、もっとも陰性が強く陽性が弱い日が冬至という言い方ができて、一カ月で見た場合、もっとも陰が強い日が新月。陰気の強い時が重なりめちゃくちゃ陰気なんです。ありえないくらい世の中が暗い。ここを過ぎると明るくなる一方です。   最も陰気が強い状況、環境下の中では、最も陽気が強いものが育ちます。体をすごく冷やす季候だから、体を温めるものが育ちます。お野菜で言うと体を温める作用が強い根菜が沢山育ちます。 冬至かぼちゃって聞いたことあります? 秋口に収穫したかぼちゃの天地をひっくり返して、保存しておくと、冬至まではどんどん細胞が締まるんです。陽性化する。一番身が締まって栄養素がギュッと濃縮されて一番おいしい時。昔から冬至にかぼちゃを食べると、風邪を引かないと言われています。   春夏秋冬といって、季節は春から始まると思っていますけど、実は冬から始まるという節もあります。なぜかというと春になって、草木が芽吹き出した時に動いても遅いんですよ。芽吹ける状態に冬の間にしておかないといけない。 秋になって、収穫して一旦終わりなんです。冬はすでに春の準備を始めていかなければいけないから。冬、春、夏、秋と考えたほうが一年間の周期と考えたほうがいいというわけです。   そういう一年間で一番陰気な季節に入っていますが、見方を変えればスタートの時期なので、何かお役に立てる話を持ち帰っていただければと思います。   *講座を終えて西下先生の感想です。 マクロビオティックの単なる健康法としての面だけではなく、その幅広い可能性を知っていただくための講座でした。最近の流行りの自己啓発とか自己実現とかと比較しても、圧倒的に実現力が高いのです。   食べ物を変える、食べ方を変える。それだけのことで、そこまでの実現力があるのは、食べたものが血となり肉となり体をつくり、精神状態にも影響してくるし、それが「相」となって表れてくる。だから、運命・未来にも影響してくるんですね。まずは自分を振り返り、悔い改め、食い改めてみることから始めてみる。そこからの可能性をとことん考え抜いた2時間でした。 参加していただいた皆さんにとっては、いろんな角度から切り込んでいき、最後はすべてがつながってくる。そういう「体験」をしていただけたのではと思います。   *参加された方々からの声です。 ・記憶力の問題にしても、血液がきれいになれば変わってくるということで、 まずは最初の一歩として「噛むこと」を今日から意識していこうと思います。   ・発想の転換とか、対応力がどんなに大切なことかよくわかりました。 まずはもう一度、自分自身に「問いかけ」していきながら、思い込みの枠を外して、自由に生きていきたいと思いました。   ・自分らしく生きていくために「食を正す」ことが大事なんですね。 ストレスから食に走ってしまうこともあるので、まずは、そのストレスの原因ときちんと向き合ってみたいと思います。   *西下先生から来年に向けてのコメントです。 これまでいろんな角度からお話しさせていただいてきましたが、来年はもう一度リセットするつもりで、基礎講座からスタートします。これまでの学んでこられたことがあって、ここで基礎を見つめなおすことで、それぞれご自身のなかの「腑に落ちる」レベルがきっとまったく違うことでしょう。 あと、料理を学ばれている方にとっては、「なぜ?」と知っておくのに、いい機会となると思います。 また、これから学んでいこうとされる方にとっても、きっとお役に立てるでしょう。21日(日)から、毎月第一日曜日の開催です。 またお会いできるのを楽しみにしています。   マクロビオティックの極意(基礎編) 第1回  2月1日(日) 自己を確立する ~マクロビオティックと生活術~ 第2回  3月1日(日) 極意を身につける ~陰陽を理解し活用する~ 第3回  4月5日(日) 本質を理解し、活かしていく ~身土不二と一物全体~   単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。        
  • 2014年12月20日 11時36分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

12月7日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー、「山村流・食養の奥義を公開」の第3回「からだが冷えるとシミ、イボ、吹き出物、老化の原因になる」が開催されました。   物理学もずっと進歩してきて、モノを分析して、どこまでいけば大本がわかるだろうか、となって素粒子までいきついたわけです。これ以上分割できないとなって、結局我々はエネルギーだということになります。素粒子の次は物質がなくて、エネルギー体なんですね。私たちは人間の形をしているエネルギー体なわけです。チョウチョが飛んでいれば、チョウチョのエネルギーが飛んでいるわけです。カラスが飛んでいるんだけど、カラスのエネルギー体が飛んでいるわけです。   例えばカボチャを食べると、カボチャの格好をしたエネルギーを取り入れるわけです。そうすると、そういうものは、自分のエネルギーに組み込まれるわけですから、食べるものによって身体が変化していくわけです。   ぷららてんま(JR天満駅近くの市場)に行ったら、あんぽ柿がなんと5380円で安かったので買いました。もったいないから五個食べちゃったら、夜寒くて(笑)。つまり柿のエネルギー体ですね。冷えるというやつも食べたので、食べたものに即影響されていくわけです。   末期がんの方に「治りますよ」と言うと「あ、治るんだ」と思って、全部捨ててしまうんですね。それで治ったもんだと思い込んでいくシンプルな人が助かりますね。 呼吸法したり導引したり健康に役立つことをやる人がうまくいくのかというと、そうでもないというのが見て取れます。あれも気になりこれも気になり、どっちにいけばいいのかと。どこに行きたいのかということを船長が決めなければいけない。迷っていると目的地に達しません。   日本の本土であれば、完全な菜食が可能です。みんなに言うんですけど、一回、完全菜食というのをやってみればいいんです。完全菜食をやった人は、意外に少ないんです。できれば三年完全にする。一年でもいいんですけど。動物性は出汁にも入っているので外食はできません。全部自分で調理しなくてはいけない。友達とも縁が切れます。たぶんそういう時期が必要だと思うんです。どっちに行くか確信を持つために。最初から“なんちゃって”でやっていると、なかなかわからない。バカになれとよく言われます。   完全菜食をやってみると、雑多なことが整理されて、自分に必要なことと不必要なことの区分けができてくると思います。そうすると、確信ができます。 生活費はほとんどかかりませんから、食うために働く必要がない。 最初は忠実に守って、それを続けているだけでは奴隷みたくなってしまうから、破って離れる。守破離ですね。 自由に何もとらわれないで、本来のやりたいことに向かっていくということがマクロビオティックです。    年が明けた1月11日(日)シリーズ第4回「からだが冷えると心臓病、糖尿、高血圧、癌などの原因になる」を開催いたします。単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。
  • 2014年12月19日 16時32分更新
  • ブログカテゴリー:

英語で1DAY体験教室!Let's enjoy Macrobiotic!

ニーハオ(*^_^*) 日本列島は本格的な冬の到来で各地が大荒れ雪 皆様がお住まいの地域は大丈夫でしょうか? 大阪は今日も雨です雪 いやですね~いや  でも、皆様は元気を出して、今日も一日頑張りましょう頑張る 心は晴れてくださいね(笑) 先日は3日間の中国語短期集中教室を開催いたしまして、大変ご好評をいただきました。 今度はなんと、英語の1DAY体験教室を開くことを決定致しました!拍手 講師は長年イギリス在住していた村上洋子先生になります。 当日の授業はもちろん、本格的なブリティッシュイングリッシュによって行われますグッド 日本在住の外国の方、英語がお得意の日本人の皆様! これを機に、一度「正食料理」を体験してみてはいかがでしょうか? Date: 2015年1月14日 (水)  10:30a.m. ~ 2:30p.m. Max. number of participants:    30 Fee:      ¥3,000 Menu:   ①Brown rice             ②Basic miso soup             ③Deep fried kuruma-fu(wheat gluten)             ④Simmered sun-dried daikon radish and dried tofu 先着30名様となっています。 お電話(06-6941-7506)でのお申し込みは日本語のみとなります。 英語の場合は、E-mail(main@macrobiotic.gr.jp)にてお願い致します。 皆様のお申し込み、お待ちしておりますびっくり Please come and enjoy Macrobiotic with us! (FAN)  
  • 2014年12月16日 14時07分更新
  • ブログカテゴリー: