ブログ「マクロなポケット」Blog

(イベント情報)桜沢如一先生50回忌墓参会並びに物故門人法要開催

マクロビオティック創始者として正食協会の創設にも深くかかわった桜沢如一先生が逝去され、半世紀を迎えました。正食協会ではこれまで毎年、桜沢先生のご遺徳を偲び、命日(4月24日)の前後に墓参会を営んできましたが、50回忌という大きな節目となる本年は、先生を慕いつつマクロビオティックの普及に尽力された物故者の門人の方々の法要も兼ねて、より多くの方々の参列を求め、規模を拡大して開催いたします。  当日は、京都市上京区の教蔵院にある桜沢先生のお墓にお参りしたあと、嵯峨嵐山の禅刹、天龍寺で精進料理を味わいながら交流する予定です。  京都五山の第一位に数えられ、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された天龍寺と桜沢先生は、実は次のような浅からぬ縁で結ばれています。   73年前、旅路の果で天竜寺の門前に行き倒れた若い女性(二〇才)が私をこの世に生みおとしました」 (昭和40年2月発行「健康と平和」特別号、桜沢如一著「魔法のメガネ」の「1965年年頭におくる最良のプレゼント」より)    ゴールデンウイーク序盤の平日、陽気がますます高まる京都・嵐山で、桜沢先生をはじめマクロビオティックの先達たちの情熱や苦労に思いをはせるとともに、今後のお互いの精進と発展を期したいと思います。  みなさまのご参加をお待ちいたします。     日程 4月27日(月)  10時半 本法寺寺中 教蔵院集合  11時~ 墓参  正午~ 大型バスに分乗し、天龍寺に移動  13時~ 天龍寺の精進料理「篩月」にて会食  15時 現地解散 それぞれに交流、または特別名勝の庭園の鑑賞や市内観光などをお楽しみ下さい     参加費 6,000円(食事代、教蔵院から天龍寺までの移動費、天龍寺の庭園参拝料、お供えなどを含む)   定員 100人(バスの手配がありますので、締め切りをお守りください)   ●お申し込み お問い合わせとお申し込みは正食協会までお願いいたします お申し込み後、参加費を410日までに下記口座へお振り込みください。 電話:0669417506 FAX06-6941-7039 電子メールmain@macrobiotic.gr.jp [郵便振替口座]口座番号:00900-9-56313
  • 〇九九(ゼロキュウキュウ)店099)当座0056313加入者名:正食協会 *参加費をご入金いただいた方に参加票をお送りいたします。  一度ご入金していただいたら、ご返金はできかねますのでご了承ください。
※この情報は「むすび誌」4月号にも掲載されますので、どうぞよろしくお願いいたします。