ブログ「マクロなポケット」Blog

9/13~15秋期集中初級クラス第5~10回

  台風18号の影響は、大丈夫でしたでしょうか? 被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。 大阪はというと、お昼前から快晴で、逆に日傘が欲しくなるような お天気になっていました。 さて、今回は5日間連続でおこなわれ、昨日最終回を迎えた 集中料理教室、初級クラス後半の模様をお伝えします。 13日は第5回、第6回がおこなわれました。 第5回のご担当は、調子奈美子先生。 913集中初調子.JPG この回では、体を労わる「小豆粥」や、蒸し煮の醍醐味「野菜の水無し炊き」、 そば粉を使った「そば餅」を作っていきました。 午後の第6回のご担当は、島田敬子先生。 913集中初島田K.JPG この回では、炒り玄米がミソの「玄米スープ」や、 熊本のおやつ「いきなり団子」を作っていきました。 翌14日は、第7回、第8回。 午前中の第7回のご担当は、岡田美樹先生。 914集中初岡田M.JPG この回では、シンプルな「かぼちゃコロッケ」、ごぼうの味ご飯を作っていきました。 914コロッケ.JPG ↑揚げたて、かぼちゃコロッケです☆ 午後第8回のご担当は、柳澤幸代先生。 914集中柳澤.JPG この回では、体調を整える「小豆昆布」や、おせちにも使える「煮なます」を つくっていきました。 最終回となった15日、第9回のご担当は、大平真紀先生。 915集中大平.JPG ここでは、お彼岸に“お菓子”でなく“ごはん”で食べられる「おはぎ」や、 行楽弁当にも使える「二色高野」を作っていきました。 第10回のご担当は、島田敬子先生。 915集中島田K2.JPG 最終回には、「玄米五目炊きこみご飯」や、蒸し煮の集大成「筑前煮」に チャレンジしていきました! 最終日には、5日間をともに頑張った皆さんと、岡田校長先生、 クラス全般を見てくださった島田弘子先生たちと一緒に、 記念写真を撮らせていただきました♪ 915集初集合.JPG 受講された皆さんの感想をご紹介します。

「たくさん料理を学べて楽しかったです。 少ない調味料で、味がしっかり出ておいしくできるので ビックリしました。 昨日、バテましたが、島田弘子先生のアドバイスとお手当で 回復しました。あと10日間通えそうです」

 

「通っている間に、ひどかった肌の荒れが治ってきて、 やっぱりこういうことなんだなと思いました。 ここで学んだことを楽しみながら家で実践して、 家族や周りの人たちにも伝えていきたいと思います」

 

「切った食材を一つひとつ分けて置いて、 お鍋の中で一つに調和させていく料理に感動しました。 期間中、このご飯を食べて、エネルギーが高まり、 元気が有り余ったので、早起きしてこの界隈を歩き回りました」

 

「多くの方たちと同じ時間を過ごすことができて、よかったです。 グループなので、相手の動きを考えながら調理する難しさと 楽しさを勉強しました」

 

「一人暮らしなので、食がおろそかになり、体調も崩していました。 食を見直さないといけないと思って来ました。 ここで一から勉強させてもらって、本当に大事だなと改めて思いました」

 

「毎日おいしいごはんを食べることができて、とても嬉しかったです。 これからあと10日間またおいしい食事ができるので、楽しみです(笑)」

 

校長先生より、皆さんに向けてお話がありました。

「初級だけで終わられるのは、とてももったいないですので、 中級、上級の奥の深い料理を学ばれるとすごくいいなと思います。 もし迷っている人がおられたら、是非来てください。 何故かと言うと、“またいつでも来られるから”と思って休んでしまうと、 次に来ようと思うときに、腰をあげるのに、かなりのエネルギーが必要で 大変だったという意見を多く聞いています。

先日、補講で来られた方が、“ここの料理で使う調味料や食材の値段が 高いと言われますが、病院の治療代と比べれば、本当に安いものです”、 と声を大に話されていました。

食事の内容を変えるだけで、快適な生活に近づくことができるのは 素晴らしいことだと思います

  先生方から授業後にいただいたメッセージです。 調子先生: 「そば餅の熱湯の量に注意してくださいね。 とても明るく、チームワークが良く、 お伝えしやすいクラスでした。 有難うございました!」 島田敬子先生: 「楽しかったです! 色々な思いで来てくださっていると思いますが、 まずは楽しくおいしくお料理をすることが基本だと 私は思っています。 そして少しずつご自分のペースで知識や技術も身につけて いただければと…。これからもまだまだおもしろい発見が ありますよ! 楽しく気楽にいきましょう」 岡田美樹先生: 「第7回はごぼうの蒸し煮を2つのメニューで実施。 ささがきもタップリあって、皆さん集中して取り組んで いただきました。“昔の鉛筆削りを思い出すね”などの 会話も飛び交っていました。 蒸し煮も失敗なく、ごぼうの甘みを充分に引き出して おいしいお料理を食べていただきました。 忘れないうちにご自宅でも作ってくださいね」 柳澤先生: 「お疲れ様でした! 暑い日に秋冬メニューがきつい方が いらっしゃったかもしれませんが、これからの季節に どんどん作っていってくださいね。 煮なますはシャキシャキした食感に上手くできました。 小豆昆布は水気がシャバシャバある状態で仕上げます。 土鍋(あれば)でゆっくり、がポイントですね」 大平先生: 「5日間お疲れ様でした。初日も皆さんとお会いしましたが、 変化に驚きました。 手際よく、楽しくお料理することで、おいしい料理ができましたね。 これからも続けてお料理してください」 皆さん、5日間ご参加有難うございました! 引き続き中級クラスにご参加の方、ご自宅や職場で 即実践に移される方などいらっしゃいますが、 どうぞご自分のペースで毎日のお食事に活用して いってくださいね☆ 1DAY体験教室、秋期レギュラーコースは現在好評受付中です。 ぜひ、冷え対策や肌荒れ対策など 「体の内側からすっきりしたい!」とお思いの方は、お越しください! ↓1DAY体験の詳細はこちら https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html ↓クッキングスクールの詳細はこちら https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年09月16日 17時34分更新
  • ブログカテゴリー:

9/14セミナー「安心な出産&子育てPart2」最終回

  本日、台風18号の影響により多くの地域で警報や特別警報、 避難勧告が出ています。 皆様、1日お気をつけてお過ごしください! 集中料理教室は中級クラスが今日からスタートです。 電車などがまだ動いていない地域もあるのですが、 今現在、開催の準備が進んでいます。 さて、今回は土曜日におこなわれたセミナー 「安心な出産&子育てPart2」の模様をお伝えします。 最終回のテーマは、「お母さんこそがわが子の主治医」。 体が弱っているときのごはんとお手当てについてや、 予防接種を受ける前に考えたいことなどを、 講師の野口清美先生にみっちりじっくりお話いただきました。 914野口2.JPG 受講された皆さんの感想です。 「子どもが病気になった時の手当て方がすごく勉強になりました。 痛みは冷えから・・・自分も体を温めないと、と思います。 食物の消化時間も気にするようにします」 「経験や体験にもとづいたお話でよく分かりました。 予防接種のことも教えていただいて、有難うございました。 よく考えたいと思います。 6回の講義(←Part1・2)はどれも内容が濃くて勉強になりました」 「来てよかったと思いました。子を授かり、決めていくことが増えました。 私一人の命ではないので、判断しかねていた予防接種、 腹をくくることができました。 野口先生のトークも分かりやすく、体験からなので伝わってきました」 「基本の食事がやはり大事だと思いました。 知らないことはたくさんまだあると思いますが、 明るく楽しく生活できるように、今日のお話をエッセンスとして 日々に取り入れたいと思いました」 「いよいよ出産間近になりました。 子どもに何か変化が起こったとき、落ち着いて子どもの様子を しっかり観察してから対応していけたらと思います。 楽しみながら、感謝して子育てしたいと思います」 「発達障害(アスペルガー、多動、自閉症など)を持つ子で 不登校となっている子を相手に仕事をしています。 イライラしやすい、無気力、落ち着きがない、便秘など さまざまな症状を持っている子がいますが、正食を知るうちに、 彼等の症状が幼少期からの家庭での食や、予防接種が影響 しているのかと感じるようになりました。 仕事に正食を広めることは立場的に難しいものがありますが、 自分の周りのできるところから、伝えていくことができたらと 思っています」 914野口1.JPG 皆様、ご参加有難うございました。 このセミナーは今回で終了となりますが、来年また子育てテーマでの セミナーを開催する予定です☆ どうぞお楽しみに!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年09月16日 09時48分更新
  • ブログカテゴリー:

9/11・12秋期集中初級クラス第1~4回

  今回は、9月11日からスタートした短期集中料理教室、 初級クラスの模様をお伝えします。 5日間連続で、全10回のカリキュラムをすべてこなしてしまうこのクラス、 毎回定期的に通えない国内外の遠方の方、お仕事をお持ちの方などが ご参加されています。 初日の第1回、第2回をご担当されたのは、島田弘子先生。 911集中島田.JPG マクロビオティックの料理を初めて作る方がほとんどのため、 玄米の洗い方、野菜の切り方、“蒸し煮”の仕方などを丁寧に 教えていただきました。 ごま塩をかけた玄米ご飯、基本のお味噌汁などをいただきながら、 これから5日間をともにする皆さんに自己紹介をしていただきました。 遠くはオーストラリアから一時帰国して来られた方、 国内でも関西だけでなく、長崎や福岡、愛知からもお越しになっています。 「将来は主人と一緒に、自然豊かな土地で、小さなカフェをしたいです!」 「幼稚園で給食を作る仕事をしています。その幼稚園が玄米給食で、 今回は園長先生の想いと一緒に参加します。きちんと勉強して、 即実践したいです」 「子どもの頃から肉が食べられず、年々程度がひどくなって 卵も食べられなくなりました。“何を食べたらいいの?” と 思っているところに、友人に教室を紹介してもらいました」 「野菜を加工食品にする会社に勤めていますが、 素材の味を引き出せるような加工品を作りたいと思い、参加しました。 社長の後押しもあって上級までの15日間、しっかり学びます!」 「仕事内容が変わって夜勤が増え、肌荒れがひどくなり、 “女子としていけない! マクロの食事にしたら肌がきれいになる!” と思い参加しました」 「妹が体が弱かったので、母がマクロをしていました。 結婚して出汁を使わないお味噌汁を出したら主人にダメ出しを されて作り直しをしたこともありますが、年数も経つので、 再びマクロをしたいと思い、参加しました」 さまざまな動機や目標を持って、ご参加されていらっしゃいます。 中には、この夏に師範科を卒業して、「復習のために!」と 再受講されている方もいらっしゃいました。 911集中校長.JPG 岡田校長先生が、これから一緒に学ぶ皆さんに向けて 「頑張っていきましょう!」と激励されました。 初日終了後、島田弘子先生よりコメントをいただきました。 「集中1日目、きっと緊張で始まった一日だったと思います。 お昼には皆さん打ち解け、会話もはずみ、私も楽しくお料理できました。 まだ先は長いですが、無理せず5日間楽しんでくださいね」 翌12日、2日目に突入です。 第3回のご担当は、岡一美先生。 912集中岡.JPG この回では、ひじきときのこが入った炊き込み玄米ご飯、 マクロで食べ応えのおかずといえばコレ、な車麩のフライなどを 作っていきました。 午後の第4回のご担当は、安福昌代先生。 912集中安福.JPG この回では、ちょっとしたおもてなしやお弁当にも使える、 玄米のり巻きを作っていきました。 また、和スイーツの「あわぜんざい」にもチャレンジしました! 授業後、先生方からコメントをいただきました。 岡先生からは、 「皆さま、初級2日目お疲れ様でした。 初めて作る料理ばかりで大変だったと思いますが、 美味しく作れたと思います。 炊き込みご飯の水加減は、お家の鍋や具材の違いで 出来上がりも違いますので、ぜひ復習して、美味しい 炊き込みご飯をマスターしてください」 安福先生からは、 「皆さん明るくて楽しいクラスでした! 明日からも、頑張ってくださいね!!」 本日は折り返し地点の3日目、お疲れも出てくる頃かと思います。 昨日一昨日からまた日中は夏の暑さが戻っていますので、 ご無理のないよう、頑張ってくださいね! また、集中クラスの中級は、16日(月)からスタートです。 「10月スタートよりひと足早く、チャレンジしようかな!?」 という方、お待ちしております♪ ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tankishuchu.html 「10月からじっくり腰をすえて、やってみようかな☆」という方も、もちろん 講師・スタッフ一同お待ちしております! ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/ 1DAY体験教室は、9月28日(土)、10月1日(火)に開催致します。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html “健康的な食生活”、ぜひご体感ください♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年09月13日 11時21分更新
  • ブログカテゴリー:

9/8・10レギュラーコース最終回

  今日から、短期集中料理教室が始まります! 今、教室には各地からお越しになった 皆さんがスタンバイ。 これから5日間、どうぞよろしくお願い致します☆ さて、今回は9月8日、10日におこなわれたレギュラーコース 最終回の模様をお伝えします。 8日は、上級日曜クラスの第9回、10回。 午前の第9回をご担当されたのは、野口清美先生です。 908上級N9野口.JPG この回では、夏(もうすっかり残暑・初秋ですが・・・)に嬉しい 冬瓜の葛煮や手作りの葛切り、そして黒米のちまきを 作っていきました。 908上Nちまき.JPG ↑蒸し上がったばかりのちまき。ホカホカです! 午後からの最終回は、岡田校長先生がご担当。 908上N校長.JPG “イノチを丸ごといただく”、鯉こくの授業です。 授業前には皆さんで2Kgのごぼうをささがきしていただきました。 出来上がった鯉こくのお味、皆さんいかがでしたか? 4月から始まった春期も、早いものでもう終わりです。 試食をいただきながら、皆さんに感想を発表していただきました。

「家族に『おいしい』と言わせたい!(笑)、 一心で通い始めましたが、初級コースの段階で、 すんなりと受け入れてもらえました。 マクロはハードルが高いかな? と思っていましたが、 先生から大切なのは、食べ物ではなく、食べ方なんだと 教えてもらいました。食べることが楽しいです」

 

「お肉がなかったらご飯じゃない食生活でした。 今は、季節の野菜が出るのが楽しみになっています。 1年前の自分では、考えられないことです」

 

「食に対して、神経質になり過ぎていると 言われるくらいになりました。 『サルでも分かるTPP』を読んで、これからますます 大変に事態になると想い、選挙があれば反対しようと 思っています」

  

7年間、腸の調子が悪く病院通いしていた愛犬が 葛粉を混ぜた食事をすることで、改善し、病院に 行かなくなりました。マクロビオティックの食事は 犬にもいいんですね」

 

12時間かけて通いました。素晴らしい先生方と 出会えたこと、家内の病気が改善したこと、 健康の七大条件を知ったことが、喜びです」

 

「マクロビを始める前は、ご飯をほとんど食べずに、 スナック菓子、チョコレート大好きな食生活だったんですが、 今ではご飯がないと落ち着かない生活になりました。 体調の変化を日々感じています。これから行きていく上で、 大きな指針に出会えたことが大きいと思います」

校長先生のお話です。

「いろんな体験を聞かせていただきましたが、 体験があるということは、絶対忘れないんです。 食べ物と心の問題を、把握されてよかったと思います。

先日、70歳の男性の方、正食に出会い、 毎日玄米を食べていたところ、8年経って、今78歳ですが、 もともと血圧が高くて糖尿病の気があって、 お薬一杯飲んでいた方なんです。 検査したところ、血管と骨密度年齢が20歳代だったんです。 すごいことですよね。 70歳からでもまだ間に合うということなので、 皆さんまだまだ間に合いますので(笑)、がんばりましょうね。

ここで初級から上級まで学んだことが原点になりますから、 迷った時は原点に戻ってください。 故郷ができたということで、よかったかなと思います」

授業後、野口先生からコメントをいただきました。 「早くからお集まりいただき、大変熱心な皆さんに囲まれて 授業が出来たこと、嬉しかったです。 どの班も、上手においしく仕上げられていて、 “さすが! 上級コースの皆さんだなあ・・・”と 感心致しました。 毎日のご飯をおいしくいただき、健康と幸福が実感できる すばらしい正食の道を、これからも精進していってください」 9月10日は、中級火曜クラスの最終回でした。 ご担当は、今村圭子先生。 910中A今村.JPG この回では、食欲をそそるカレーピラフや、 おそばのちょっと変わったレシピ:そばサラダ、 そしてハロウィンには欠かせないかぼちゃ、のパイを作っていきました。 2週間に1度の火曜日、皆さん和気あいあいと長年の お付き合いがあるお友達のように、取り組んでおられました。 試食をいただきながら、皆さんに感想を発表していただきました。 「自分が使ったことのない食材を使えて、料理の幅が広がって 楽しかったです。まだ技術が追いつかないので、ちゃんとできる ようになりたいです」 「初級からみんなで一緒に学んできたので、家族のような感じです。 ここに来ると元気になるし、楽しかったです」 「玄米食に興味を持ち始めた頃は、陰陽は後回しでいいかと 思っていましたが、今はもっと学びたいと思うようになりました。 ここに来てよかったです」 「この前作った料理を一品持って帰って食卓に出したら、 主人が『うまい』と言ってくれました。 やはり料理は手間ひまに尽きますね。 まだまだ入口、スタートだと思っています」 「ここに来て、料理の楽しみを知りました。家でもちゃんと 復習をしていきたいと思います」 校長先生からお話がありました。 910中A校長.JPG 「皆さん、楽しんでいただいてよかったです。 料理は毎日のもので面倒だと思われることもありますが、 桜沢先生は『食べること、料理をつくることも行』と おっしゃっています。つまり、滝に打たれたり、座禅を組むことと 一緒ということです。 作る人の心は、すべて料理に現れます。 真心が入っている料理は、食べる人の喉をすっと通ります。 大事な家族に、『今日1日ご苦労様でした。明日の糧となる 料理を作らせていただきます』という気持ちで、相手のことを 思って作ると、相手が欲する味付けになります。 以前、ホテルの料理長がおっしゃっていましたが、 『僕たちは金儲けのためと割り切って料理を作っています。 心を込めて作る家庭料理は、大事ですね』。 これからもずっと続けていってください」 授業後、今村先生からコメントをいただきました。 「中級10回修了、皆様おめでとうございます! さすが今まで授業をしっかり受けてこられた 皆さん、どれもおいしく作ってくださり、 お伝えさせていただけて、嬉しいです。 また、上級にも進級してくださり、中級をもう一度の 声もあり、ともに学びを深めさせていただき、 有難うございます。 次回お会いできることを楽しみにしております。 正食協会でお待ちしております」 上級クラスの皆さん、中級クラスの皆さん、 暑い中全10回のご参加、どうも有難うございました! 10月からは、秋期レギュラー教室がスタートします。 また、皆さんのお元気な姿を、スタッフ一同お待ちしております☆ ↓クッキングスクールの詳細はこちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular_course.html そして、お知らせです! 10月20日(日)に福島市で、1DAY教室を開催致します! 講師は岡田昭子校長先生、アシスタントとして、 大阪本校ほかネットワーク教室でご活躍の小松英子先生が ご一緒されます。 福島にお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひお伝えくださいませ! ↓1DAY福島教室の詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/fukushima2013.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年09月11日 11時26分更新
  • ブログカテゴリー:

9/14「かぼちゃづくし」料理教室in西予(愛媛) のご案内

  今回は、ネットワーク教室のひとつ「正食 愛媛教室」を 開催されている村上洋子先生から届いた教室情報を ご案内します。 GAMA ROCK.jpg ↑一級建築士でもある村上先生、 お仕事の関係で、東北(仙台~石巻~塩竈~会津若松~郡山) 行脚の旅の最中に「教室の詳細が決まりました!」と メールしていただきました。 (なので、画像は塩竈ロックフェスのポスター!) 「正食愛媛教室@西予市 かぼちゃ尽くし料理教室」 日時:9月14日(土)10時~13時 会場:西予市中央公民館(西予市役所) ※JR卯之町駅から約200m 参加費:3500円※当日お支払い 定員:15名(定員に達し次第締め切り) メニューは、 かぼちゃライスコロッケ、かぼちゃすいとんのお味噌汁、 蒸しかぼちゃの味噌グラタン、かぼちゃ白玉団子 そして、小豆かぼちゃの試食付き、です。 お問い合わせ、お申し込みは、 macro.ehime@gmail.com 村上宛て とのことです。 村上先生が西予市で出張料理教室をおこなうのは、 今回が2回目とのこと。 使用するかぼちゃは、宇和島市三間町の森藤さんが栽培した品。 かぼちゃ.jpg 森藤さんは、大好物のもずく蟹を、 ご自分で食するために育てています。 あるとき、蟹がかぼちゃを好んで食べることに気づき、 それ以来、 蟹の餌とするため色々な種類のかぼちゃを 有機栽培で作っておられます。 今回は、えびすかぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃ、ひょうたんかぼちゃ を分けて頂きました。 もずく蟹-2.jpg 写真は茹でたもずく蟹で、お腹の丸いのがメスだそうです。 (なお、蟹は今回のお料理には登場しません:笑) 小柄ながらとってもパワフルでひょうきんな村上先生。 実は70歳からマクロビオティックの食事を食べ始めた お父様が、78歳の今年、老人会で血管年齢と骨密度を 測ったら、血管年齢=26歳、骨密度=20歳相当に なっていたそうです!! (ちなみに当時は糖尿病予備軍で、血糖値、血圧、 コレステロールのお薬を飲んでいらしたのが、 今はもうお薬も飲まれてないそうですよ~) そういったビックリ・面白(?)トークを楽しみながら、 かぼちゃ料理をつくってみませんか? 皆様のご参加、お待ちしております☆ ↓ネットワーク教室の詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/networkschool/index.html ↓クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++