ブログ「マクロなポケット」Blog

5/11マクロビオティックで安心な出産&子育て第2回

  今日は母の日ですね! 協会に向かう途中にある花屋さんには、 色鮮やかなカーネーションが店頭に 並んでいました。 お母さんに日頃の感謝を伝えようと、プレゼントを 準備されている方も多いですよね。 とてもよいお天気なので、お洗濯やお掃除を手伝ったり、 というのも良い贈り物になりそうです。 さて、今回は昨日おこなわれたセミナー 「マクロビオティックで安心な出産&子育て」第2回の模様をお伝えします。 前回は、淡路島が震源の地震があった日で、 電車が大幅に遅延してやむなくお休みされた方や、 それでもどうしても聴講したいと遅刻して来られた方も おられました。 今回は、雨。 激しい降りではありませんでしたが、九州・四国・北陸など遠方からお越しの方、 お子様連れの方など、ご足労いただき、有難うございます。 511子育て1.JPG 講師は、この前日上級クラスを受け持たれていた野口清美先生。 初回でアンケートにご協力いただいていましたが、 1回のみの受講の方もおられるため、 お子さんがいらっしゃる方、これから出産を考えておられる方、など 参加者にどういった方が多いのか、確認してから講義に入られました。 第2回のテーマは、「母乳で育てよう」。 赤ちゃんにとってよい母乳を出すための食事の話や、 母乳の出が悪いときどうしたほうがいいか、 など、3人のお子さんをマクロビオティックで育ててこられた 経験を基にお話いただきました。 511子育て2.JPG また、講義の中でいくつか本を紹介されました。 「『母乳相談』は、とても参考にしている本です。 それと、私が正食をしている“おばちゃん代表”なら、 真弓先生は“おじいちゃん代表”。 『子どもたちに贈る12章』は、 親になる人には読んでおいてほしい」とのこと。 511セミナー本.JPG ※これらの書籍は、Musubi倶楽部(正食協会の通信販売:月~金)でも 取り扱っています。 セミナー終了後、何人かの方が車座になって、 野口先生との座談会をされていました。 皆さんの感想を一部ご紹介します。 「必ず母乳が出ると信じて、今日も楽しく、 よく噛んで過ごしたいと思います。 (妊娠8ヶ月です)」(薬剤師) 「母乳がなぜ大事なのかよくわかりました。 具体的なお話が多くてよかったです。 子どものことをよく見て対応していくことが 必要だと思いました」(主婦) 「助産師の中でもいろいろな情報があふれています。 最近では母乳のトラブルに関し“食事のことなんて ナンセンス!”という人もたくさん出てきています。 けれども、私はそんなことはないと思っていました。 人は食べたもので出来ているので、 例え化学で食べものは関係ないデータが出ている、と 言われても、腑に落ちませんでした。 今回改めて、自分の中の整理ができて良かったと思います」(助産師) 「母乳の質がお母さんの身体や環境・食事にどれほど 影響されているかを学ぶことができました。 よい食べものが母乳に、そしてそれを飲む赤ちゃんに、 その後の成長にまでも力をもたらしてくれることを感じ、 娘2人や若いお母さんたちに伝えてあげたいと思います。 幼児の食事もきっと子どもたちのこれからの心身に 大きく影響すると思うので、自分の仕事を頑張ろうと 気を引き締められました!」(保育所のマクロ給食担当) セミナー第3回は、6月8日。 テーマは「離乳食」です。 どうぞお楽しみに! そして… 「マクロビオティックで安心な出産&子育て」のパート2を、 7月から全3回で開催致します。 第1回 7月13日(土):すべては正しい食事のルールから 第2回 8月17日(土):マクロビオティック育む元気な体 第3回 9月14日(土):お母さんこそが、わが子の主治医 近日中に、協会サイトでもご案内・申し込みフォームを アップさせていただきますので、 皆様ぜひご参加ください

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月12日 11時50分更新
  • ブログカテゴリー:

5/10上級金曜クラス第3回

  今日は昨日に続いて雨ですね 午後にはあがる予報だったかと思うのですが、 まだ、しとしとと降っている午後の大阪です。 昨夜、出雲大社では大国主大神のご神体が 本殿に戻る「本殿遷座祭」がおこなわれていました。 ニュースで見たので、白幕に囲まれて粛々と進むご神体と、 かなりの数のシャッター音とのギャップがとても 印象的でした。 60年に一度の遷宮では、240年前に建立された 社殿を解体して傷んだ部分を補修します。 去年、補修中の特別参詣に参加しましたが、 本当に職人さんたちの技術も含めて、 伝統の継承の大切さを改めて実感します。 さて、今回は昨日おこなわれた上級金曜クラスの模様をお伝えします。 第3回のご担当は、京都からお越しの野口清美先生。 510上級野口.JPG ちなみに、先生は学生時代、東映の撮影所で 時代劇のエキストラのアルバイトをされていたそうです またまたちなみに、野口先生のインタビュー動画が 協会サイトの講師紹介のページに掲載されていますので、 「どんな方だろう?」とお思いの方はどうぞご覧ください 第3回のメニューでは、食養料理の「鉄火味噌」が登場しました。 自然食品店などで商品を見たことがある方もおられるかと 思いますが、一見茶色い「ふりかけ」には、滋養いっぱいの ごぼう、蓮根、人参そして八丁味噌が入っています。 今回は、その「鉄火味噌」のおいしい作り方を教えていただきました。 「ごま塩」をつくるときの心境を、 “無我の境地(笑)”と解説される先生も おられますが、「鉄火味噌」も丹精込めて 食べる人のことを思いながらつくる、 という点では同じ境地かもしれません 出来上がったものと、市販品を食べ比べて、 「断然手作りがおいしい!」 という声が生徒さんの間であがるのも頷けます 授業後、野口先生よりコメントをいただきました。 「鉄火味噌がどの班も美味しく出来て良かったですね。 とっても上手に出来てましたよ 体の弱っているときや心のしんどいときにも、 優しくあたためて元気にしてくれるので ぜひ作ってMy鉄火味噌を食べてね」 次回上級金曜クラスは、24日。 豆腐を手作りしますよ~ 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月11日 16時08分更新
  • ブログカテゴリー:

5/9研修科

  今日は昨日の夏日に比べて少し肌寒い一日でした。 午後から降り出した雨は、大阪では明日の午前中まで 残りそうです。 明日も今日くらいの気温らしいので、脱ぎ着のできる上着などで 調整したいですね さて、今回は昨日おこなわれた5月の研修科の様子をお伝えします。 研修科は、師範科を卒業された方がさらに研鑽を重ねるための場。 マクロビオティックの理解を深めるため、そして 指導者を目指す方々が、授業の進め方などを実地で学んでいきます。 509研修うわ.JPG ↑先生役とアシスタント役で担当を決め、 実際にテキストのメニューをひとつずつデモしていきます。 デモの後、実際の講師の先生より講評がおこなわれます。 今までは作り方を教わるばかりでしたが、実際にお伝えする立場で デモをすることになった皆さんは、とても緊張してデモテーブルで 実演していかれました。 実際にその立場に立つことで、どんな段取りが必要なのか、 限られた時間でどういう内容を重視してお伝えしたらいいのか、 ということを実感しながら学んでいっていただきます。 509研修島田.JPG もちろん、講師陣によるデモもおこなわれます。 (写真は、島田弘子先生) 皆さん、生徒の頃以上に熱心に先生のデモに見入っていました。 509研修科の皆さん.JPG デモが終わったあとは、その材料を全員で調理。 食卓についたところで、パチリ 食後の片付けが終わったら、3階の講義室に移動して講義が おこなわれました。 ここでも、講義を受けるだけでなく、課題発表があります。 マクロビオティックについてのいくつかのテーマについて、 調べたり、体験して知ったことをまとめて全員の前で発表します。 中には、手作りの資料などを持参される方も 皆さん、ご参加お疲れ様でした! 来月の研修科は、6月3日(月)。 来月ご担当確定の方も、これからご参加を検討されている方も、 講師の先生およびスタッフ一同、お待ちしております ちなみに、昨日クッキングスクールのページに、 講師陣を代表して5名の先生方のインタビュー動画をアップしました! そして、facebookページも、まだ整備途中ではありますが、 始動いたしました ぜひ、ご覧ください https://www.macrobiotic.gr.jp/ (サイトTOPページから、Facebookのリンクがあります) https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html (講師紹介部分に、動画のリンクボタンがあります)
  • 2013年05月10日 22時08分更新
  • ブログカテゴリー:

今日は「滋味SUN菜」撮影日

  今朝はまたまた冷えていましたね~! でも、日中は平年並みに温かくなってくれて、 なんとなく嬉しい気分になります 本日は、料理教室の授業がない日。 事務仕事や編集作業にいそしむぞ! という日ですが、先ほどまで、「むすび」の お料理ページ「滋味SUN菜」 (じみ“すん”さい、ではなく、じみ“さん”さい、と読みます) のお料理撮影をしていました 担当してくださったのは、今村圭子先生。 お料理を撮るとネタバレになるかも、と思って カメラは持って入らなかったのですが… 終わってから少し後悔しております。 (揚げ物の溶き粉で手がべたべたになっていたことも ありますが) 今回、手打ちうどんのレシピがラインナップに 入っていたのですが、寝かした生地を 先生が渾身の力を込めてのばしていく姿、 いいショットになったと思います 気づいたときは、すでにうどんが仕上がった後。 動画撮影でもよかったかもしれません… 7月号(6月発行)掲載分となりますので、 皆様、どうぞお楽しみに ちなみに来週も、8月号のお料理撮影をおこないます。 そのときは写真をお届けできるかも??

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年05月08日 13時55分更新
  • ブログカテゴリー:

5/7初級火曜クラス第3回

  今日は昨日と比べて、ちょっと寒さが戻っていますね ゴールデンウィークはいかがでしたか? 休暇でご家族やお友達との時間を満喫された方、 また、逆に観光地などではお仕事三昧だった方も いらっしゃるかと思います。 それぞれ、“連休疲れ”が出ているかもしれませんが、 今日から徐々に体を慣らして元の生活リズムに 戻していきましょう さて、今回は、休み明け第1弾となった 初級火曜クラスの模様をお伝えします。 第3回のご担当は、三重県からお越しの 金子多重美先生。 507初火金子.JPG 金子先生は名張市という、奈良や忍者の里伊賀の近くにお住まいですが、 三重といえば、今年は20年に一度の、伊勢神宮の式年遷宮。 この間、某バラエティ番組でもタレントさんが明治天皇の玄孫の方の案内で 御垣内参拝をされていました 「この機会に、いちど行ってみよう!」とお思いの方も いらっしゃいますよね。 式年遷宮ならではの行事も多いと思いますので、 それに合わせてお出かけされるのも、よいかもしれませんね と、話がそれてしまいましたが、初級の第3回のメニューは、 春・夏の胃腸にやさしい分搗き米の豆ごはんや、 かぼちゃスープ、水無し炊きです。 休み明けでしたが、皆さん元気に、熱心に授業に 取り組まれていました 授業後、金子先生よりコメントをいただきました。 「蒸し煮のおいしさを味わう料理が2品ありました。 野菜の旨味や甘みがよく出ていて、 おいしかったと感想をいただいております。 お家でも、料理に取り入れていってくださいね」 蒸し煮をすると、お野菜本来のおいしさが引き出されて、 本当に少しの塩、醤油といった最低限の調味料で 済んでしまうのがこのお料理の醍醐味。 ぜひ、いろんなメニューに活用してみてください また、暑くなってくると、玄米が「重い」「食べにくい」と感じる方も おられるかと思います。 そういったときは、無理をして玄米を食べ続ける (←乗り気でない状態)のではなく、気分転換がてら、 少し精米して、分搗き米にきびなどの雑穀を混ぜて みてはいかがでしょう? 分搗き米にすることで食べやすくなるので、 食欲も戻ってきます。 (但し、ついつい食べ過ぎてしまうのと、糠成分で補っていた栄養と 食物繊維の不足にはご注意を!) また、圧力鍋より土鍋で炊いた玄米のほうが「モチモチ」より 「ふんわり」しているので、土鍋ご飯もよいかもしれませんね 次回、初級火曜クラスは21日。 炒り玄米を使ったスープが登場します。 香ばしさと風味に「おおっ!」となる一品ですので、どうぞ 次回もご参加くださいね

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月07日 15時54分更新
  • ブログカテゴリー: