ブログ「マクロなポケット」Blog

5/16・18秋期師範科第8回

  今日は下り坂の予報の大阪で、 朝は暑いくらいに晴れていましたが、 お昼頃から予報どおり降りだしました。 肥後橋近くのうつぼ公園では「森の集い」&「バラ祭」、 堺筋本町近くのカフェ、ヒトノワでは、師範科卒業生の方に よる1日カフェイベントがおこなわれています。 雨がひどくならないといいですね。 (と書いた瞬間、本降りに・・・) さて、今回は16日と18日におこなわれた 秋期師範科クラスの模様をお伝えします。 月1回で進んでいく秋期の師範科も、もう第8回。 7月で最終回を迎え、8月には集大成の卒業制作発表会が おこなわれます。 そろそろ、どんなお料理を出品するか、 個人発表にするか、グループ発表にするか、 などなど、準備を始めておられるかと思います。 これからの季節、梅雨のジメジメや夏本番の暑さが 待ち構えていますが、 そんな風土があるからこそ、日本の四季は豊かなんだあと 楽しみつつ、皆で乗り越えていきたいですね。 第8回のご担当は、野口清美先生。 516師範野口デモ.JPG 野口先生がお住まいの京都も夏の暑さは大変そうですが、 京都には、食事だけでなく日常の習慣でも“涼感”を演出する知恵が満載。 そういったお話もまた伺ってみたいと思っています。 今回は春から夏にかけてのお料理ということで、 赤ピーマンやアスパラガス、そらまめも登場。 516師範食材.JPG ふきとじゃこのご飯は、食欲が落ちがちなこの時期に パワーをもらえます。 518師範試食.JPG 右下のデザートは、京都ならでは。 「むすび」6月号表紙にもなっている、6月の和菓子「水無月」です。 (6月号目次左下の表紙解説で、簡単に由来を説明しております) 午後からは、パワフルな野口先生が午前中に引き続いて 講義をおこなわれました。 テーマは「陰陽五行について」。 皆さん真剣に受講され、講義後も先生に質問される姿がありました。 516師範講義.JPG 授業後、野口先生よりコメントをいただきました。 「さすが師範科の皆さん! 手際が良いし、熱心だし、私も授業に力が入ってしました。 ご卒業まで後2回となりましたが、わからないところは どんどん質問して、クラスメイトとワイワイ楽しんで、 思い出いっぱいの正食クッキングスクールを いつまでも忘れないで頑張ってくださいね。 また、卒業後は初・中級研修会や公開料理教室、講座も いっぱいあるので、ぜひ引き続き協会で勉強してください。 正食は、一生精進の道なのです」 ちなみに、スペシャルコースのスイーツコースは本日から 協会サイトでも受付開始、 来週から始まる岡田校長先生の食養&お手当てコースも、 まだ間に合いますよ!! ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html 次回秋期師範科クラスは、6月20日22日。 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月19日 12時51分更新
  • ブログカテゴリー:

5/17スペシャルコースイタリアン第2回

 金曜日の昼下がり、順調に気温が上がっています。 さて、今回は本日おこなわれた スペシャルコースイタリアンの模様をお伝えします。 このコースの担当は、森脇敦子先生。 海外在住経験もあり、阪神間のマダム、な印象ですが、 実は根っからの阪神タイガースファンとのこと。 今、月刊誌「むすび」では、本校の授業を担当されている先生方の インタビュー記事も掲載しているので、森脇先生の回では 海外でのお話以外にも「トラキチ」なエピソードも、 お話いただけるかもしれませんね。 第2回となる今回のテーマは、「ワンプレートランチ」。 517イタリアンデモ.JPG 前菜・サラダ・キッシュ・リゾットの4種を、 彩りよく大きなお皿に盛りつけたランチにします。 517イタリ材料.JPG ベビーコーン、ズッキーニ、パプリカなど、 鮮やかなお野菜が今日のような陽気にはピッタリ。 先生に作り方のポイントを確認しながら、 手分けして作業を進めていきます。 517イタリ実習.JPG お料理が完成!! 517イタリ試食.JPG デモ分を試食させていただきましたが、 食べ応えがありながらも、あっさりしていて 事務局長いわく「口の中でイタリアを旅してきました・・・!」 授業後、森脇先生からコメントをいただきました。 「今日はワンプレートランチのイタリアンで、 形状や色彩に変化をつけてみました。 どれも簡単に出来る品ですが、中には ちょっとしたコツが要ったりして、 苦労されたところもあったかもしれません。 でも皆さんとても上手に出来ていて、 嬉しかったです。 次回もお待ちしております」 次回、イタリアン最終回は、6月14日(金)。 テーマは「ディナー」、皆さんの元気なお姿をお待ちしております☆ また、今月31日からは、岡田校長先生による 「食養料理とお手当てコース」が開講! 定員にまだ余裕がありますので、ぜひご参加くださいね♪ 詳細はこちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/special.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月17日 15時43分更新
  • ブログカテゴリー:

5/15滋味SUN菜撮影

  今日も良いお天気ですね~! ただ、午前中はちょっとひんやりしていました。 夜も昨日より冷え込むようですので、お帰りが遅い方は ご注意くださいね。 週間予報では日曜日が雨とのこと。 週末には「森の集い」や「陽土水-hitomizu-」や、 池田市では野外能もあったりと、大阪近郊でも イベント盛りだくさんですが、もう1日予報がずれてくれることを 祈りましょう・・・。 さて、今回は15日水曜日におこなわれた、 滋味SUN菜の撮影の模様をお伝えします☆ 先週は文字のみでお伝えしましたので、 今回は予告どおり写真も掲載です(笑) 私はまたもや(別件の)揚げ物と煮物で手が離せなかったので、 編集部のJさんがパチリ。 515寒天撮影風景.JPG 今回は、「むすび」8月号用。 ご担当は野口清美先生でした。 が、当日協会にご用事があった島田弘子先生も、 急遽お手伝いに入っていただきました。 途中、 「彩りの葉っぱを準備するのを忘れていた!」 という野口先生の言葉を受けて、 「じゃあ、探してきま~す♪」とハサミとビニル袋を手に 島田先生が出て行く場面も。 しばらくして、緑色の紅葉、ハランを持ってのご帰還。 近くに公園があり、そこから採取してこられたとのことでした。 (南天は、事務所の前に生えているのですが、 なかなか他の飾りの葉っぱは入手にしくく、 授業では担当の先生方が自宅のお庭やご近所の山 などからお持ちいただいています) 午後4時半から始まった撮影は、 6時過ぎには無事終了! “食べるのも片付けのうち”と持ち帰りにくいものは食べ食べ、 すぐに使った方がよいような余り食材や、持ち帰れる料理は 包んで、先生方やスタッフに分配させていただきました。 野口先生、島田先生、カメラマンのRさんご夫妻、遅くまで有難うございました。 肝心のお料理写真は、「むすび」8月号発行まで、しばらくお待ちくださいませ! どうぞお楽しみに。 ちなみに、今回お料理作成を手伝っていただいた島田先生の インタビューが、「海の精」さんの「海の精」ニュースに アップされています☆ ↓ http://www.uminosei.com/uminosei/news/index.php?c=topics_view&pk=1366589779 2月に「海の精」さんの伊豆大島工場を見学した際の写真も一緒に見れますよ♪ 6月23日には、「海の精」さん主催のクッキングクラス 「海の精サロン」が正食クッキングスクール大阪本校を会場に 開催されます。詳細はこちら・・・↓ http://www.uminosei.com/uminoseiclub/salon.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月17日 12時59分更新
  • ブログカテゴリー:

田植えイベント「農ライフ能ミュージック」

新緑もすっかり緑が濃くなり、田植えの季節になりました♪ ということで、田植えイベントのお知らせです。 農と能のコラボレーション企画 「田植え」&「能楽」体験イベント 【農ライフ 能ミュージック】 “古典だ、高尚だとかしこまって鑑賞するだけが能じゃねえ。 能楽は、その昔、田植えの際に豊作を祈願して演じられる 芸だったそうな。 田植え初めての人、能楽初めての人でも、 ノープロブレム。 解説歩けど、能書き垂れませんので、 能天気にご参加ください。 泥んこになって、脳内物質アドレナリン全開で 田植えしましょう!” 日時:2013年6月8日(土)    10:00~15:00頃(※集合9:30~9:45) 集合場所:大路(おおじ)小学校駐車場 丹波市春日町下三井庄1080 (舞鶴若狭自動車道春日インター下車15分) 農ライフ.jpg 参加費(食事つき):大人3500円・子ども1000円 (※田植え体験、食事なしの小さなお子様は無料) 持ち物:着替え、タオル、帽子、サンダル、軍足(田植えするときに履きます) お申し込み・お問い合わせ先: 大路未来会議事務局 藤本(農家レストラン三心五観) 電話:090-6676-6283 メール:oji@shiftup.jp HP:http://3shin5kan.com お申し込み締め切り:5/31 皆一緒に田楽(食べものじゃないですよ~)→田植え体験→ 昼食→能楽ライブ というプログラムになっています。 (雨天の場合は、屋内でトークショー、昼食、能楽ライブ、能体験、に変更) こちらのイベントにて能楽を担当されるのが、 現在正食クッキングスクールの上級クラスを受講されている 能楽師(小鼓方)上田敦史さんがメンバーの、 若手能楽師ユニット「鼓舞志座」。 ライブの能楽は、迫力があってエキサイティング! 何百年も前から変わらず、日本のあちこちでこういう光景が 見られたんだな~、と実感できること間違いなしです。 「伝統って、堅苦しい」と思われている方、 いちど“血の通った伝統”に触れてみる良い機会かもしれませんね。 そして。 来週23日には、大阪梅田の大阪能楽会館にて、 【見てさわって楽しめる 能楽教室】が開催されます。 日時:2013年5月23日(木)    開場:18時 開演:18時半 ※お囃子体験希望の場合は、17時半より受付、先着30名 場所:大阪能楽会館 大阪市北区中崎町2丁目3-17 (JR大阪駅より東へ徒歩10分、阪急梅田駅より徒歩7分、 地下鉄谷町線中崎町駅4番出口より徒歩5分) 全席自由:一般1000円       学生 500円 お申し込み:大阪能楽会館 電話06-6373-1726 プログラムは、 開講式:大阪能に親しむ会会長 能村光太郎氏 体験:・お囃子の部屋1(笛・大鼓)(30名)     ・お囃子の部屋2(小鼓・太鼓)(30名)     ・狂言の部屋「梟」 解説つき能楽鑑賞:半能「天鼓」 実は、今回上田さんのご厚意で特別に 能楽教室のチケットをプレゼントいただけることになりました! ただ、来週のイベントとなり、 お申し込み先着順・枚数に限りがありますので ご了承くださいませ。 お申し込み先:jimukyoku@macrobiotic.gr.jp(正食協会事務局) ◎メールの件名に「能楽教室チケット」、 本文に「氏名・所属(←クッキングスクールに通われている方 または卒業生の方はご記入ください)」 をご記入の上、お申し込みください。 プレゼント申し込み締め切り:5/21まで 事務局にて直接のお申し込みも可能です) ※なお、チケットの郵送はおこなっておりません。 前日までに事務局に受け取りに来る事が可能な方、 または当日17時半までに会場前に来る事が可能な方に 限らせていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   

5/13・14初級月曜クラス&中級火曜クラス

  先週からずっと夏のようなお天気が続いていますね~。 あっという間に春が終わって、初夏のような感覚に なっています。 この間まで、“寒さで体調を崩さないように”と 考えていたはずが、 今は“暑さに身体がついてきていないかも??”という 不調の方もおられるかと思います。 こういったときこそ、お食事の内容などで身体を整えたいですよね。 さて、今回は13日、14日におこなわれた初級・中級クラスの 模様をお伝えします。 13日は初級月曜クラス。 駆け足で進んでいるこちらのクラスは、この日第5・6回が おこなわれました。 午前中のご担当は、兵庫県からお越しの 森脇敦子先生。 513初月森脇.JPG 17日におこなわれるスペシャルコース「イタリアン」の授業も 担当されています。 第5回目のメニューにある、「きゅうりとわかめの梅和え」は、 本当にここ数日続く暑い日にいただくと、さっぱりする和え物です。 梅、と聞くと「酸っぱい!」イメージがありますが、 ごまとお醤油が梅の酸味を和らげてくれるので、 梅が苦手な方にも食べやすいですよ 午後のご担当は、同じく兵庫県からお越しの島田弘子先生。 513初月島田.JPG この回では、玄米粉を使ったポタージュスープが登場。 玄米粉は酸化しやすいので、封を開けたら、 冷凍庫などの酸化にしくいところで保管してくださいね。 ちょっと食欲がないときなどにもお腹にやさしい食感の スープ。 これからの季節、かぼちゃやコーンなどを合わせての アレンジポタージュも、おいしいかとおもいます。 そして、中級火曜クラスは第2回。 ご担当は、奈良県からお越しの今村圭子先生です。 (すみません、お写真とりそびれてました・・・) 第2回には、食養料理として押さえておきたい 「小豆かぼちゃ」が登場しました。 身体をいたわるやさしい味の小豆かぼちゃは、 やはり土鍋でつくるのがおいしいですが、 土鍋がなくてもお手持ちのお鍋でつくってみてくださいね。 こんな季節の移り変わりの時期こそ、 内臓に優しい食材・味で体力を養いましょう! 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 森脇先生からは、 「皆さん慣れてこられて手際もよく、 どのお料理もおいしく出来ましたね。 クラスにも活気が出て、中にいるだけで楽しいです。 今日のメニューは気軽に作れるものばかりですので、 ぜひお家でも作ってくださいね」 島田先生からは、 「チャパティ楽しんで作っていただけましたか? 簡単に出来ますので、やけどに気をつけて またおうちでも挑戦してみてください。 玄米ポタージュは玄米粉を香ばしく炒るところが ポイントです。 玄米がいただきにくくなるこれからの季節に最適です」 今村先生からは、 「本日は暑い中ご参加くださり有難うございます。 食養の大切なお料理、小豆かぼちゃを各テーブル とてもおいしく作ってくださり嬉しいです。 ベストな塩加減でお汁も澄んでいて、 かぼちゃもやわらかく仕上がっていました。 小豆かぼちゃはお汁が大切です。 ふっくらと煮えた小豆とホコホコのかぼちゃと おいしいお汁を、ぜひご自宅で復習してください」 次回、初級月曜クラスは5月27日。 中級火曜クラスは5月28日です。 体調を整えつつ、皆さんの元気な姿を お待ちしております!
  • 2013年05月16日 14時52分更新
  • ブログカテゴリー: