ブログ「マクロなポケット」Blog

田植えイベント「農ライフ能ミュージック」

新緑もすっかり緑が濃くなり、田植えの季節になりました♪ ということで、田植えイベントのお知らせです。 農と能のコラボレーション企画 「田植え」&「能楽」体験イベント 【農ライフ 能ミュージック】 “古典だ、高尚だとかしこまって鑑賞するだけが能じゃねえ。 能楽は、その昔、田植えの際に豊作を祈願して演じられる 芸だったそうな。 田植え初めての人、能楽初めての人でも、 ノープロブレム。 解説歩けど、能書き垂れませんので、 能天気にご参加ください。 泥んこになって、脳内物質アドレナリン全開で 田植えしましょう!” 日時:2013年6月8日(土)    10:00~15:00頃(※集合9:30~9:45) 集合場所:大路(おおじ)小学校駐車場 丹波市春日町下三井庄1080 (舞鶴若狭自動車道春日インター下車15分) 農ライフ.jpg 参加費(食事つき):大人3500円・子ども1000円 (※田植え体験、食事なしの小さなお子様は無料) 持ち物:着替え、タオル、帽子、サンダル、軍足(田植えするときに履きます) お申し込み・お問い合わせ先: 大路未来会議事務局 藤本(農家レストラン三心五観) 電話:090-6676-6283 メール:oji@shiftup.jp HP:http://3shin5kan.com お申し込み締め切り:5/31 皆一緒に田楽(食べものじゃないですよ~)→田植え体験→ 昼食→能楽ライブ というプログラムになっています。 (雨天の場合は、屋内でトークショー、昼食、能楽ライブ、能体験、に変更) こちらのイベントにて能楽を担当されるのが、 現在正食クッキングスクールの上級クラスを受講されている 能楽師(小鼓方)上田敦史さんがメンバーの、 若手能楽師ユニット「鼓舞志座」。 ライブの能楽は、迫力があってエキサイティング! 何百年も前から変わらず、日本のあちこちでこういう光景が 見られたんだな~、と実感できること間違いなしです。 「伝統って、堅苦しい」と思われている方、 いちど“血の通った伝統”に触れてみる良い機会かもしれませんね。 そして。 来週23日には、大阪梅田の大阪能楽会館にて、 【見てさわって楽しめる 能楽教室】が開催されます。 日時:2013年5月23日(木)    開場:18時 開演:18時半 ※お囃子体験希望の場合は、17時半より受付、先着30名 場所:大阪能楽会館 大阪市北区中崎町2丁目3-17 (JR大阪駅より東へ徒歩10分、阪急梅田駅より徒歩7分、 地下鉄谷町線中崎町駅4番出口より徒歩5分) 全席自由:一般1000円       学生 500円 お申し込み:大阪能楽会館 電話06-6373-1726 プログラムは、 開講式:大阪能に親しむ会会長 能村光太郎氏 体験:・お囃子の部屋1(笛・大鼓)(30名)     ・お囃子の部屋2(小鼓・太鼓)(30名)     ・狂言の部屋「梟」 解説つき能楽鑑賞:半能「天鼓」 実は、今回上田さんのご厚意で特別に 能楽教室のチケットをプレゼントいただけることになりました! ただ、来週のイベントとなり、 お申し込み先着順・枚数に限りがありますので ご了承くださいませ。 お申し込み先:jimukyoku@macrobiotic.gr.jp(正食協会事務局) ◎メールの件名に「能楽教室チケット」、 本文に「氏名・所属(←クッキングスクールに通われている方 または卒業生の方はご記入ください)」 をご記入の上、お申し込みください。 プレゼント申し込み締め切り:5/21まで 事務局にて直接のお申し込みも可能です) ※なお、チケットの郵送はおこなっておりません。 前日までに事務局に受け取りに来る事が可能な方、 または当日17時半までに会場前に来る事が可能な方に 限らせていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   

5/13・14初級月曜クラス&中級火曜クラス

  先週からずっと夏のようなお天気が続いていますね~。 あっという間に春が終わって、初夏のような感覚に なっています。 この間まで、“寒さで体調を崩さないように”と 考えていたはずが、 今は“暑さに身体がついてきていないかも??”という 不調の方もおられるかと思います。 こういったときこそ、お食事の内容などで身体を整えたいですよね。 さて、今回は13日、14日におこなわれた初級・中級クラスの 模様をお伝えします。 13日は初級月曜クラス。 駆け足で進んでいるこちらのクラスは、この日第5・6回が おこなわれました。 午前中のご担当は、兵庫県からお越しの 森脇敦子先生。 513初月森脇.JPG 17日におこなわれるスペシャルコース「イタリアン」の授業も 担当されています。 第5回目のメニューにある、「きゅうりとわかめの梅和え」は、 本当にここ数日続く暑い日にいただくと、さっぱりする和え物です。 梅、と聞くと「酸っぱい!」イメージがありますが、 ごまとお醤油が梅の酸味を和らげてくれるので、 梅が苦手な方にも食べやすいですよ 午後のご担当は、同じく兵庫県からお越しの島田弘子先生。 513初月島田.JPG この回では、玄米粉を使ったポタージュスープが登場。 玄米粉は酸化しやすいので、封を開けたら、 冷凍庫などの酸化にしくいところで保管してくださいね。 ちょっと食欲がないときなどにもお腹にやさしい食感の スープ。 これからの季節、かぼちゃやコーンなどを合わせての アレンジポタージュも、おいしいかとおもいます。 そして、中級火曜クラスは第2回。 ご担当は、奈良県からお越しの今村圭子先生です。 (すみません、お写真とりそびれてました・・・) 第2回には、食養料理として押さえておきたい 「小豆かぼちゃ」が登場しました。 身体をいたわるやさしい味の小豆かぼちゃは、 やはり土鍋でつくるのがおいしいですが、 土鍋がなくてもお手持ちのお鍋でつくってみてくださいね。 こんな季節の移り変わりの時期こそ、 内臓に優しい食材・味で体力を養いましょう! 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 森脇先生からは、 「皆さん慣れてこられて手際もよく、 どのお料理もおいしく出来ましたね。 クラスにも活気が出て、中にいるだけで楽しいです。 今日のメニューは気軽に作れるものばかりですので、 ぜひお家でも作ってくださいね」 島田先生からは、 「チャパティ楽しんで作っていただけましたか? 簡単に出来ますので、やけどに気をつけて またおうちでも挑戦してみてください。 玄米ポタージュは玄米粉を香ばしく炒るところが ポイントです。 玄米がいただきにくくなるこれからの季節に最適です」 今村先生からは、 「本日は暑い中ご参加くださり有難うございます。 食養の大切なお料理、小豆かぼちゃを各テーブル とてもおいしく作ってくださり嬉しいです。 ベストな塩加減でお汁も澄んでいて、 かぼちゃもやわらかく仕上がっていました。 小豆かぼちゃはお汁が大切です。 ふっくらと煮えた小豆とホコホコのかぼちゃと おいしいお汁を、ぜひご自宅で復習してください」 次回、初級月曜クラスは5月27日。 中級火曜クラスは5月28日です。 体調を整えつつ、皆さんの元気な姿を お待ちしております!
  • 2013年05月16日 14時52分更新
  • ブログカテゴリー:

5/12初級日曜クラス第3・4回

  今日は昨日に引き続き、真夏日でしたね。 油断すると、早くも「夏バテ」になるかもしれません。 こんな夏日には、きゅうりなど身体の熱を逃がす夏野菜なども 活用しつつ、梅雨に向けて、体調を整えたいですね。 また、ビルやお店のクーラーにもご注意を。 さて、今回は日曜日におこなわれた初級日曜クラスの 模様をお伝えします。 月1回で午前午後のこのクラスは、今回で第3回、第4回。 朝からサプライズがありました!! 512初日差し入れ.JPG 日曜クラスに所属するSさんが、「クラスの皆さんに」と、 筍をゆがいて持ってきてくださいました。 (1本ずつラップに包んで、日曜クラスの皆さんにお持ち帰りいただきました) これだけの量を下処理するのは、大変な作業だったと思います。 どうも有難うございました。 午前中を担当されたのは、和歌山からお越しの 柳澤幸代先生です。 512柳澤先生.JPG この回の「青豆ご飯」にはもちあわを入れるのですが、 雑穀の洗い方を丁寧に説明していただきました。 ・・・こんな暑い日には、分搗き米が軽くて 胃腸にも負担をかけないものなのだなあ、と思います。 午後、第4回のご担当は、金曜は上級、土曜はセミナーと 3日連続でお越しの、野口清美先生。 512野口先生.JPG 午後のご飯は、「梅ご飯」。 梅干しについて、ご自身の体験談として 「外部の料理教室の講師をしたとき、“梅ごぼう煮”を作ったけれど、 全然味のおいしさが出なかったことがあります。 いろんな原因を考えて、ゴミ箱に入っていた梅干しのパッケージを 見ると、“減塩”梅干しを準備してあったことが分かりました」 と、食品としても、調味料としても、伝統製法の“梅干し”が 正食ではベスト、というお話をされていました。 やはり、バテ気味なときには、“梅干し”がピッタリですね。 授業後、先生方からコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「今回は蒸し煮を上手にできるようになるメニューでした。 野菜の旨みをたくさん感じられたと思います。 どんどん作って蒸し煮をマスターしてくださいね。 青豆ご飯は五分搗き米を使ったご飯で、 圧をかけない炊き方を学びました。 葛餅は、しっかり力強く、手早く練ってください。 透明感が出て、つるっとつややかになりますよ」 野口先生からは、 「今回もたくさんお勉強することがあり、大変でしたね。 これから回数を重ねて、どんどん上手になっていきましょう! これからどんどん暑くなってくると思いますが、 良い梅干しも食べて、暑さに負けないで 元気にまた来てくださいね」 次回、初級日曜クラスは6月9日。 その頃のお天気は“ギラギラ”なのか“ジメジメ”なのか、 ちょっと予想できませんが・・・皆さんの元気なお姿を お待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月14日 18時19分更新
  • ブログカテゴリー:

5/12セミナー「意志を強くするヒケツ」第2回

 

朝からからりと晴れた青空が広がり、 5月らしい天候で、本当に気持ちがいいです。 そんな日曜日、山村慎一郎先生の講座、 「意志を強くするヒケツ・・・ 崩れやすい自分を立て直す四つの方法」の第2回、 「脳がつく嘘を見破る」が開催されました。

 

脳に対してやる気を出すように指示する物質ドーパミン。 これが増えると幸せになる、または幸せになるとドーパミンが増える とも言われますが、単に幸せにしてくれる物質というわけでなく、 脳の中の報酬系を刺激して脳を活性化していくものなのです。

 

子供の頃から甘いものを食べて育ってきた山村先生は、 甘いものが大好きで、「止めるのが本当につらかった」と言われます。 桜沢如一先生を知り、67年完全に止めた時期がありましたが、 その後、誘惑に負け、食べる度に罪悪感にさいなまれ、 悩んだ末、止めることを止めて、“どのくらい食べるか”を考えるように したら楽になったそうです。

512山村先生1.JPG 

脳の報酬系は、脳の最も原始的なモチベーション (動機、情動)のシステムで、行動と消費を促進するために 発達したものです。 脳は望んでいるものが手に入りそうになるとドーパミンを出します。 欲しいものをなんとか手に入れようと興奮させるのです。

 

このドーパミンは、スイーツやお肉など脂肪や糖分が高い食べ物にとどまらず、 パチンコや競馬などのギャンブルや宝くじ、 ひいてはパソコンゲームや携帯などにも出てくるものなのでやっかいです。 幸福感ではなく、報酬の予感、期待、ドキドキ感に興奮するのです。

 ドーパミンが大量に放出されると、欲しくなったものを何が何でも 手に入れなければ気がすまなくなります。 自己コントロールがはずれ、抑制がきかなくなり、 いわゆるハマった状態になって、どんどん突き進んでいくと、 ちょっと危ない世界へ入り込むことになります。 お酒で人生を棒に振ってしまったり、ギャンブルで一家離散など、 よく聞く話だと思います。

 

では、どうしたら自己コントロールができるようになれるでしょうか・・・ と、本日の本題へと入っていきました。

512山村先生2.JPG 

講座の中で先生は「こんな話ご存知ですか?  最近の20代の血糖値は50代、 骨密度は60代、血管年齢は70代らしいです。 ですから女性は若い衣を着た○○です(笑)」と言った後、 受講生に若い女性がおられたので、「失礼しました」と謝っておられました。

 

次回は69日、第3回「意志力を強くするコツは、失敗を許す」

です。1回のみの参加も可能ですので、是非ご参加ください。 お待ちしています。

 

ちなみに、「むすび」誌6月号特集「砂糖はマイルドドラッグ」で、 順天堂大学の白澤卓二教授が砂糖による依存症ついて、 詳しく解説されています。是非お読みください。 (Terry)

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月14日 13時11分更新
  • ブログカテゴリー:

5/11初級土曜クラス第5・6回

  今日は本当に、昨日とは正反対の晴天 既に半袖の方もおられるようです。 明日はもっと暑くなるようで、最高気温28℃(大阪)の予報。 屋外でお仕事をされている方など、 陽射しと暑さにどうぞご注意ください! さて、今回は昨日おこなわれた料理教室 初級土曜クラスの模様をお伝えします。 駆け足で進んでいるこのクラス、早くも第5・6回目となりました。 午前中第5回のご担当は、大阪府下からお越しの 永原味佳先生。 511永原.JPG 10日に完成したばかりの「むすび」6月号P.21(P.43) (※購読会員の皆様には20日頃のお届けです)にて ご紹介しているのですが、 NPO法人日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)より 発行されたマクロビオティックレシピ本「オーガニックを食べよう」の レシピ・料理制作をご担当されていました。 511JONA本.JPG 「オーガニックを食べよう!」定価700円+税 ※この書籍はMusubi倶楽部(正食協会の通信販売部門 :月~金)でも取り扱っています。 話を授業に戻しまして、 第5回では、「車麩のフライ」が登場します。 511車麩.JPG ↑醤油味の調味液で戻した車麩 1日体験教室の定番メニューとなっているこのレシピ、 お子さんからお父さんまで、ご家庭でもとても好評だと 聞いております。 中には、息子さんの受験直前のお弁当に「カツ」代わりに 入れた、というお話も! (「むすび」5月号P.54をご覧ください) 揚げる際には、後半水分での油はねにはちょっと ご注意いただきたいですが、ジューシーさの元、と 思っていただければ幸いです。 午後の第6回のご担当は、兵庫県からお越しの藤井美千代先生。 511藤井.JPG ご自身の体験や生徒さんの体験談などを交えて、 食から気づいた家族の絆の大切さ、といったエピソードなども 授業中お話いただきました。 第6回には、少し目先を変えてチャパティが登場。 全粒小麦粉の生地を、フライパンと焼き網を使って 焼き上げていきました。 これからの季節、暑さで玄米を食べるのが「しんどい・・・」 というときには、こういった“お楽しみ”で気分転換するのも 良いですよね~ 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 永原先生からは、 「お疲れ様でした。 雨の中、少し身体がダルくなる季節になります。 体内に熱も溜めやすいので、上手にお食事を 組み合わせてください。 ごまの炒り方、キャベツの蒸し煮、 味噌汁、とっても美味しくできていました」 藤井先生からは、 「今回は、1、2回目と違って早く出来ました。 3回目(※日数)ともなると、皆さんさすがに早い! チャパティはいかがでしたか? 簡単でしょ。 おうちでも作ってみてくださいネ!」 ちなみに永原先生、藤井先生にも、講師陣を代表して インタビューをしております。 その動画をまだご覧でない方は、こちらへどうぞ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html (講師紹介コーナー下部) 次回、初級土曜クラスは5月25日。 体調を崩したときに重宝する「小豆粥」と、 お弁当やおもてなしにも応用できる「玄米海苔巻き」が 登場します。 皆さんの元気なお姿をお待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月12日 14時30分更新
  • ブログカテゴリー: