ブログ「マクロなポケット」Blog

10/5セミナー「手当て法・望診法」第4回

 

春夏秋冬の各季節に、病気にならない食生活と 手当法・望診法講座の第4 「秋の健康法生姜を使った手当てと『肺の望診』」 が開催されました。 講師は、正食協会理事の岡部賢二先生です。

 

本日は、マクロビオティックのお手当の定番、 生姜湿布を行う日ですが、事前に参加者の方たちに 大量の生姜をすりおろしていただき、とても助かりました。

 

「生姜にはすぐれた薬効があることが昔から知られていました。 生姜には身体を温め全身の血行をよくする働きがあり、 身体の冷えや関節痛を癒やしてくれます。 これは、生姜に含まれているジンゲロンやショウガオールという 辛味成分とジンギベロール、ジンギビレンなどの芳香性の 精油成分の働きによるものです」

 

「生姜の辛味成分は、体内に入ると血管を広げ、 血のめぐりをよくする働きがあります。生姜を食べると 血行がよくなり、手足が温まってくるのは、この成分によるものです。 生姜の精油成分にも身体を温める作用がありますが、 腫れや痛みを鎮める消炎作用、せきや痰を止める作用もあります。 さらに血栓を予防して血液をサラサラにする効果があることも 解明されています。 これらの成分の働きによって、生姜は関節痛やリューマチなどの 痛みを伴う炎症に驚くべき効果を発揮するのです」

 

すりおろしたひね生姜の絞り汁とごま油を混ぜ合わせた、 生姜油の実習のあと、生姜湿布の実演が行われました。 105岡部先生1.JPG あちらこちらから「気持ちいいです」「芯から温まりそう」という声が 聞こえ、湿布を首やお腹にあてたまま聴くリラクゼーション・スタイルで、 望診法の講義へと移っていきました。

105岡部先生2.JPG 次回の「手当て法・望診法講座」は、12月7日(土)最終回 「冬の健康法:大根を使った手当てと『腎の望診』」です。 もちろん、単発での受講も可能です。 冬の寒さに負けない体づくりの参考に、ぜひご参加ください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月07日 08時21分更新
  • ブログカテゴリー:

10/3公開「アメリカンベーグル」教室

  いよいよ今日から秋期レギュラーコースがスタートです! トップバッターは上級日曜クラス。 皆さん、どうぞよろしくお願い致します! さて、今回は木曜日におこなわれた 公開料理教室「天然酵母で作ろう! アメリカンベーグル」の 模様をお伝えします。 103ベーグル1.JPG 担当は、スペシャルコースなどでもスイーツ、パン作りを指導 してこられた永原味佳先生です。 パン作り初心者の方でもご家庭で作りやすいというベーグル、 実習では成形、ゆで、焼成をメインに進めていきました。 103ベーグル3.JPG ↑ドーナツ型に成形し、ゆでで天板に並べられたベーグル。 ごまとプレーンの2種です。 103ベーグル4.JPG 焼きたて!です。 103ベーグル5.JPG つけ合わせとして、きのこのマリネと豆腐クリームにもチャレンジ。 もりつけるとちょっとしたブランチになりました☆ 103ベーグル2.JPG こちらは、ベーグルから作ったラスク。 「つい作りすぎた!」と思ったら、こんな感じにアレンジもいいですよね。 103ベゲスト.JPG ちなみにこのクラスがおこなわれた日、タイの 自然食品店「レモンファーム」のオーナー、スワンナさんが ちょうどいらっしゃっていて、授業の様子を少し見学されていました♪ スタッフも試食をいただきましたが、焼きたてのベーグルは 香ばしくてモチモチ、そのままで食べても、つけ合わせと 一緒にいただいても、おいしかったです! 皆様、ご参加有難うございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月06日 11時05分更新
  • ブログカテゴリー:

9/26・29春期師範科クラス

  本日午後8時、いよいよ伊勢の地では内宮にて、 ご神体の遷御(新しい本殿にお引越し)の神事が始まります! 午後1時からは既に一般参拝が終了しているようです。 外宮は、5日の同じく午後8時とのこと。 直接見ることはかないませんが、なんだかとてもワクワクしますね。 さて、今回は9月26日と29日におこなわれた 春期師範科クラスの模様をお伝えします。 26日、木曜日クラスのご担当は今村圭子先生でした。 この回のテーマは「生麩」づくりと、「中華」。 926師今村.JPG 中華料理で気をつけられている「五色」のお話などをはじめ、 生麩は実際に小麦粉を水で練ってグルテンを抽出するところから 始めたりと、なかなか幅広い内容の実習となりました。 926師試食.JPG ↑こちらは松の実を使ったピリ辛ドレッシングのサラダ。 926師須藤先生.JPG 午後からは、長野の麻績村でマクロビオティックと農的生活を 実践されている経済学者、須藤正親先生による講義が おこなわれました。 須藤先生といえば、「むすび」に連載されている映画評の イメージがあるかと思いますが、この授業はとっても 濃いものだったのではないでしょうか。 29日、日曜クラスのご担当は、森脇敦子先生でした。 930師森脇.JPG こちらのクラスでも、テーマは「生麩」づくりと「中華」。 皆さん真剣に取り組みながらも、笑顔は絶えません。 930師範山.JPG こちらの午後の授業は、山村慎一郎先生による講義でした。 ご出身の岩手、東京、大阪そして全国各地を飛び回っておられる 山村先生。 その豊富な経験から繰り出されるお話に、皆さんじっと 耳を傾けていらっしゃいました。 この回で、残すところはあと4回となりました。 来年2月には、春期師範科の皆さんによる卒業制作発表会が おこなわれます。 そろそろ、どんな作品を作成するか考え始めた方も、 いらっしゃるのではないでしょうか。 師範科の皆さん、後半もどうぞ頑張って、そしてお元気な姿で ご参加くださいね! そして来週からは、秋期レギュラーコースがスタートします! まだ受付中のクラスもありますので、ぜひ、お誘い合わせのうえ、 ご参加ください☆ ↓クッキングスクールの詳細はこちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular_course.html ※開催が迫っているクラスにつきましては、 お電話にてお問い合わせのほど、よろしくお願い致します。 06-6941-7506(9:00~17:00受付)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月02日 17時06分更新
  • ブログカテゴリー:

9/28台湾からのお客様☆

  早くも10月になりましたが、日中の気温はまだまだ高い大阪です。 今回は台湾からお越しになったお客様の話題を お届けします。 9月28日、料理教室に40名近い台湾の旅行客の皆様が いらっしゃいました。 その目的は、「クッキング体験」。 干し椎茸をはじめとした日本の食材ファンの皆さんで、 毎年交流を目的とした日本への旅行をおこなわれているそうです。 今年の旅も、老舗の食品会社さんを見学したりといった日程の中、 正食クッキングスクールでのお料理体験をしていただきました。 担当講師は、島田弘子先生。 ベジタリアン食として「素食」が広く定着している台湾ですが、 まずはマクロビオティックの特徴を説明。 そして味噌汁や切干大根と高野豆腐の煮つけの作り方、 海苔巻きのデモンストレーションをおこなっていきました。 927台湾デモ2.JPG ↑盛り付けられる海苔巻きを興味津々に見つめる皆さん。 そして実際に巻きすを使って、一人1本ずつ、 海苔巻きにチャレンジしていただきました! 各テーブルに1名ずつ、講師や指導員たちが海苔巻きの サポートに入り、皆さんのお手伝いをしていきました。 巻いた海苔巻きは切り分けてお皿に盛り付け、 お弁当箱が準備された3階へ。 また、お味噌汁の味つけも体験していただきました。 927台湾試食3.JPG ↑ご自身の手で巻いた海苔巻きと、味噌汁、お弁当でランチタイム。 にぎやかな昼食となりました。 927台湾弁当.JPG ↑お出ししたお弁当の中身。 すべて、校長先生をはじめ講師指導員、この会のスタッフで前日より 下準備をおこない、お弁当を完成させました。 皆さんとても楽しそうに海苔巻き体験をされ、喜んでいただけたようで 本当に良かったです♪ 正食協会にお越しいただき、有難うございました! そして、打ち合わせ・下準備から後片付けまで、ご協力いただいた 先生方、研修生の皆さん有難うございました☆ この模様は、「むすび」でもご紹介させていただく予定です! どうぞお楽しみに♪ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年10月01日 22時31分更新
  • ブログカテゴリー:

9/21稲刈り体験in福井

  本日、正食クッキングスクール大阪本校は1DAY体験教室を 開催しております☆ ご参加いただいた皆様、どうぞ楽しんでくださいね! 次回の1DAY体験教室は、10月1日。 まだ受付可能ですので、ぜひお誘い合わせのうえ、 ご参加くださいませ♪ さて、今回は福井県越前市での稲刈り体験の模様をお伝えします。 9月21日、爽やかな秋晴れのもと、NPO法人フードヘルス石塚左玄塾の 9月定例会員交流会“稲刈り体験”がおこなわれました。 石塚左玄塾は、「食育」の祖石塚左玄が福井出身であることから、 福井県を拠点に石塚左玄、そして左玄の唱えた「食育」の大切さを 発信していこうと活動されている団体です。 そして、その一環として正食クッキングスクールのネットワーク教室も 実施されています。 5月18日におこなわれた左玄塾の総会にて、田植え体験があり、 今回その稲を収穫することとなりました。 921岩佐先生.JPG 参加者の皆さんに、刈り取った稲をワラでまとめる技を 伝授する、岩佐勢市理事長。 サングラスが渋いです! 田んぼは、越前市エコビレッジ交流センターが所有しているもの。 実は28日がもともとの予定日だったところ、夏の異常気象で稲の生育が 早く、「28日だと稲が倒れてしまう!」ということで急遽21日になったのです。 連休初日、お彼岸、学校や地区の運動会、ご自宅の稲刈り、 そして台風の後・・。・ さまざまな予定が重なる日でしたが、大自然は待ってはくれません! 小学生のお子様も、全員手に手に鎌を持ち、 慣れない手つきで稲刈りに取り組みました。 お隣の田んぼでは、福井県がおこなっている 「SATOガール・SATOボーイ」育成プロジェクトに参加している方々も 稲刈りされていました。 お昼ごはんは、こだわり食材のカレーライスに舌鼓。 今回の会の世話役であるクッキングスクール卒業生の松原博子さん 手作りの無農薬野菜や自家菜園の野菜を使ったサラダ、 左玄塾会員の清水陽子さんより、息子さんが勤める坂井農業高校の 農園で収穫されたみずみずしい梨の差し入れがあり、 農作業の疲れを癒しました。 最後は、はざかけした稲の前で記念撮影。 921集合.JPG 皆さん、お疲れ様でした! このイベントの詳細は、「むすび」12月号でもご紹介させていただく予定です! ちなみに稲の品種は「カグラモチ」、12月8日には、このもち米で玄米餅をつくる イベントが予定されています。 そして来週、10月6日(日)に福井駅前でおこなわれる 第4回食育フェスティバルに石塚左玄塾が出店されるそうです。 921福井イベント.JPG ここでは、『左玄弁当「雑穀と野菜の力」』を 販売されるとのこと。 食べてみたいですね~。 また、10月16日には、大野市で石塚左玄先祖代々のお墓の前で、 石塚左玄顕彰祭がおこなわれるそうです。 実りの秋、食欲の秋、そして学びの秋。 食の学びを深めて元気になりましょう! クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html 1DAY体験教室の詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++