ブログ「マクロなポケット」Blog

10/6「元気力をひきだす自然医術」シーズン3 〈症状別編〉

 

鍼灸院の院長であり、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と 食養相談を担当する西下圭一先生の自然療法セミナー 「元気力をひきだす自然医術」シーズン3症状別編が スタートしました。 第1回目のテーマは「感染症の対処法 風邪・ インフルエンザをはじめとして」。

 

はじめに、91日に行われた、西下先生のスポット企画 「1DAY陰陽マスター講座」を振り返り、 「寒くなる前のこの季節だからこそ、食べ物だけではなくて、 他の生活習慣も見直してください」と話されました。 106西下先生1.JPG

 

「常に、自然と共に生きる、ということをテーマにお話し させていただいています。私の意見としては、感染症の根本原因は、 万病共通していて、過食、運動不足、ストレス。 この3つが必ず関係しているはずなんです。 風邪も食べ過ぎて風邪をひくということはよくあります。 3つの原因が重なることによって、自律神経のアンバランスが免疫力を 下げますし、病気の原因にもなります。 いかに体を自然な状態にもっていくかが大切です」と、 結論から話され、感染症の定義、感染症のクスリの種類とリスク、 予防の最善な方法、治療のポイントなど、具体的に丁寧に 講義を進めていかれました。

 

参加者の声です。

「お薬の副作用の話など、初めて聞いたことも多くて驚きました。 職場で予防接種をすすめられて困っているのですが、 上手な断り方を教えていただけたので参考にします」

 

「インフルエンザの予防接種を受けたのに罹る人が 毎年周囲にいて不思議だったのですが、今日その謎が解けました」

 

西下先生からのコメントです。

「情報に振り回されずに、自分で考えていくことの大切さを お伝えできたと思います。

健康とは、病気でないことではなく、病気に対して無関心でいられること。 それはインフルエンザや感染症に限ったことではなくどんな病気でも 同じこと。

今日はいつもより少な目の人数だったおかげで、 体を使ったワークも挟めて、自分の道を歩んでいく、 突き抜けた存在になるということがどういうことかを体感していただいて、 とても内容の濃い2時間にできたのではと思っています。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました」

 

次回は「心の病」がテーマ。西下先生による予告です。

「やや難しく重たいテーマに感じられる方もおられるかも知れませんが、 『食』の面からいうと、僕がこれまでに携わってきた患者さんには、 一つだけ共通点があります。

その『一つ』のことを明かしていきながら、皆さんと一緒に考えられる 時間になることを楽しみにしています」

 

晴天に恵まれた日曜日、運動会が開かれた小学校が多いと聞きました。 西下先生の子どもさんたちも運動会でした。 この講座が終わり次第、見学に行くと帰って行かれましたが・・・、 後日いただいたメールには「到着したときには閉会式が始まるところでした。 運営がスムーズすぎたようです(笑)」

セミナーは、単発のみのご参加も可能です。 皆さん、ぜひご参加ください。 ↓セミナーの詳細はこちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/seminars/genkiryoku3.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月08日 18時41分更新
  • ブログカテゴリー:

10/6~8秋期レギュラーコーススタート!!

大型の台風が接近しているようですね。今日はまた曇り空の大阪ですが、 明日から明後日にかけて日本海側を進む台風は大型のようです。 皆様、どうぞ充分にお気をつけてお過ごしください! さて、今回は6日からスタートしたクッキングスクール 秋期レギュラーコースの模様を、先生がたのコメントを 中心にお送りします。 6日は、上級日曜クラスの第1・2回。 午前中のご担当は、岡田昭子校長先生でした。 106上校長.JPG この回では、水に浸した大豆から、豆腐を作っていきました。 また、正食の伝統的なお惣菜「塩鮭の頭と大豆」の煮物にも チャレンジしていただきました。 午後のご担当は、島田弘子先生。 第2回では、練りごまと葛粉を使って、抹茶を加えた抹茶ごま豆腐を 作成。また、大事な食養料理「ごま塩」の復習も頑張っていただきました! 106上島田.JPG 島田先生からのコメントです。 「第1回、第2回で、船場汁、手作り豆腐、鮭の頭と大豆、そしてごま塩。 大切なお料理が続き、お疲れ様でした。 しっかりとコツをつかみ、おうちでも実践できるものは、 忘れないうちにぜひ作ってみてください。 上級は、マクロビオティックの知識をさらに深めるために▽△(陰陽)も、 もっと勉強することをオススメします!」 7日は、初級月曜クラスの初日でした。 第1回のご担当は、今村圭子先生。 107初今村.JPG 玄米の炊き方、そして味噌汁の作り方といった正食のお料理の 基本中の基本の部分を、しっかりと学んでいただきました。 午後のご担当は、笹浪泉先生。 第2回では、そばがき作りにチャレンジしたり、定番おかずの 「切り干し大根と高野豆腐の煮つけ」で切り干し大根や高野豆腐の 扱い方なども学んでいただきました。 107初笹浪.JPG 今村先生からのコメントです。 「ようこそ、初級月曜日にご参加くださり有難うございます。 初回でしたが、皆さん段取りよくスムーズにお料理ができました。 基本のお味噌汁の蒸し煮も上手においしく出来ました。 蓮根ボールも粉っぽくなく、ちゃんと揚げてくださり、 とてもおいしく出来ました。 Verry Goodです! この調子で、月曜W、進みたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します」 笹浪先生からのコメントです。 「各テーブル、少ない人数で5品を頑張ってくださいました。 ごまの炒り方には苦労されていましたが、何回も チャレンジするのが一番です。 ひとつひとつの基礎をしっかり身につけたいから!と 積極的に実習にご参加くださるのが嬉しかったです。 ご一緒に3ヵ月間頑張りましょう」 そして本日。8日も初級火曜クラスの初回がおこなわれました。 ご担当は、小松英子先生。 108初小松.JPG こちらでも、玄米の炊き方、青菜の扱い方など、基本をきっちりを 学んでいただきました。 小松先生からのコメントです。 「初級第1回目、お疲れ様でした。 味噌汁は蒸し煮具合で甘みが違ったことを、実感できたと思います。 また、出汁を使わなくても、美味しかったと思います。 お家でも作って、ご家族の方を喜ばせてくださいね」 また、試食のときには、これから一緒に学んでいくメンバーとして 皆さんに自己紹介をしていただきました。 107初昼.JPG ↑皆さんにエールを送られる校長先生。 6月にクッキングスクールを会場におこなわれた「海の精」サロンや、 野口清美先生の幼稚園・保育園への出張食育講座をきっかけに 受講を決められた方、また、前々から気になっていて、今季やっと 時間を調整して受講が実現した方、ヨガをされていて、食の面からも 考えていかれたいという方、もちろん、ご自身の体質改善がきっかけの 方など、本当にさまざまなご縁で、正食クッキングスクールにお集まり いただき、有難うございます! これから半年間または3ヵ月間、どうぞ楽しんで、おいしいマクロビオティック 料理にチャレンジしたり、新たな仲間との交流を満喫してくださいね! また、今週末にもスタートするクラスがあります☆ 初級日曜クラスは今定員いっぱいになっていますが、まだ余裕がある クラスもあります。 講師、スタッフ一同お待ちしておりますので、 ぜひ、ご参加ください。 ↓クッキングスクールの詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2013年10月08日 15時52分更新
  • ブログカテゴリー:

10/5セミナー「手当て法・望診法」第4回

 

春夏秋冬の各季節に、病気にならない食生活と 手当法・望診法講座の第4 「秋の健康法生姜を使った手当てと『肺の望診』」 が開催されました。 講師は、正食協会理事の岡部賢二先生です。

 

本日は、マクロビオティックのお手当の定番、 生姜湿布を行う日ですが、事前に参加者の方たちに 大量の生姜をすりおろしていただき、とても助かりました。

 

「生姜にはすぐれた薬効があることが昔から知られていました。 生姜には身体を温め全身の血行をよくする働きがあり、 身体の冷えや関節痛を癒やしてくれます。 これは、生姜に含まれているジンゲロンやショウガオールという 辛味成分とジンギベロール、ジンギビレンなどの芳香性の 精油成分の働きによるものです」

 

「生姜の辛味成分は、体内に入ると血管を広げ、 血のめぐりをよくする働きがあります。生姜を食べると 血行がよくなり、手足が温まってくるのは、この成分によるものです。 生姜の精油成分にも身体を温める作用がありますが、 腫れや痛みを鎮める消炎作用、せきや痰を止める作用もあります。 さらに血栓を予防して血液をサラサラにする効果があることも 解明されています。 これらの成分の働きによって、生姜は関節痛やリューマチなどの 痛みを伴う炎症に驚くべき効果を発揮するのです」

 

すりおろしたひね生姜の絞り汁とごま油を混ぜ合わせた、 生姜油の実習のあと、生姜湿布の実演が行われました。 105岡部先生1.JPG あちらこちらから「気持ちいいです」「芯から温まりそう」という声が 聞こえ、湿布を首やお腹にあてたまま聴くリラクゼーション・スタイルで、 望診法の講義へと移っていきました。

105岡部先生2.JPG 次回の「手当て法・望診法講座」は、12月7日(土)最終回 「冬の健康法:大根を使った手当てと『腎の望診』」です。 もちろん、単発での受講も可能です。 冬の寒さに負けない体づくりの参考に、ぜひご参加ください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月07日 08時21分更新
  • ブログカテゴリー:

10/3公開「アメリカンベーグル」教室

  いよいよ今日から秋期レギュラーコースがスタートです! トップバッターは上級日曜クラス。 皆さん、どうぞよろしくお願い致します! さて、今回は木曜日におこなわれた 公開料理教室「天然酵母で作ろう! アメリカンベーグル」の 模様をお伝えします。 103ベーグル1.JPG 担当は、スペシャルコースなどでもスイーツ、パン作りを指導 してこられた永原味佳先生です。 パン作り初心者の方でもご家庭で作りやすいというベーグル、 実習では成形、ゆで、焼成をメインに進めていきました。 103ベーグル3.JPG ↑ドーナツ型に成形し、ゆでで天板に並べられたベーグル。 ごまとプレーンの2種です。 103ベーグル4.JPG 焼きたて!です。 103ベーグル5.JPG つけ合わせとして、きのこのマリネと豆腐クリームにもチャレンジ。 もりつけるとちょっとしたブランチになりました☆ 103ベーグル2.JPG こちらは、ベーグルから作ったラスク。 「つい作りすぎた!」と思ったら、こんな感じにアレンジもいいですよね。 103ベゲスト.JPG ちなみにこのクラスがおこなわれた日、タイの 自然食品店「レモンファーム」のオーナー、スワンナさんが ちょうどいらっしゃっていて、授業の様子を少し見学されていました♪ スタッフも試食をいただきましたが、焼きたてのベーグルは 香ばしくてモチモチ、そのままで食べても、つけ合わせと 一緒にいただいても、おいしかったです! 皆様、ご参加有難うございます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月06日 11時05分更新
  • ブログカテゴリー:

9/26・29春期師範科クラス

  本日午後8時、いよいよ伊勢の地では内宮にて、 ご神体の遷御(新しい本殿にお引越し)の神事が始まります! 午後1時からは既に一般参拝が終了しているようです。 外宮は、5日の同じく午後8時とのこと。 直接見ることはかないませんが、なんだかとてもワクワクしますね。 さて、今回は9月26日と29日におこなわれた 春期師範科クラスの模様をお伝えします。 26日、木曜日クラスのご担当は今村圭子先生でした。 この回のテーマは「生麩」づくりと、「中華」。 926師今村.JPG 中華料理で気をつけられている「五色」のお話などをはじめ、 生麩は実際に小麦粉を水で練ってグルテンを抽出するところから 始めたりと、なかなか幅広い内容の実習となりました。 926師試食.JPG ↑こちらは松の実を使ったピリ辛ドレッシングのサラダ。 926師須藤先生.JPG 午後からは、長野の麻績村でマクロビオティックと農的生活を 実践されている経済学者、須藤正親先生による講義が おこなわれました。 須藤先生といえば、「むすび」に連載されている映画評の イメージがあるかと思いますが、この授業はとっても 濃いものだったのではないでしょうか。 29日、日曜クラスのご担当は、森脇敦子先生でした。 930師森脇.JPG こちらのクラスでも、テーマは「生麩」づくりと「中華」。 皆さん真剣に取り組みながらも、笑顔は絶えません。 930師範山.JPG こちらの午後の授業は、山村慎一郎先生による講義でした。 ご出身の岩手、東京、大阪そして全国各地を飛び回っておられる 山村先生。 その豊富な経験から繰り出されるお話に、皆さんじっと 耳を傾けていらっしゃいました。 この回で、残すところはあと4回となりました。 来年2月には、春期師範科の皆さんによる卒業制作発表会が おこなわれます。 そろそろ、どんな作品を作成するか考え始めた方も、 いらっしゃるのではないでしょうか。 師範科の皆さん、後半もどうぞ頑張って、そしてお元気な姿で ご参加くださいね! そして来週からは、秋期レギュラーコースがスタートします! まだ受付中のクラスもありますので、ぜひ、お誘い合わせのうえ、 ご参加ください☆ ↓クッキングスクールの詳細はこちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular_course.html ※開催が迫っているクラスにつきましては、 お電話にてお問い合わせのほど、よろしくお願い致します。 06-6941-7506(9:00~17:00受付)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年10月02日 17時06分更新
  • ブログカテゴリー: