ブログ「マクロなポケット」Blog

11/10山村慎一郎先生の講座が開催されました

 

11月10日の日曜日、正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生の 講座、食養に漢方を取り入れて、食べ物の仕組みを 最大限に生かして健康生活を手に入れる 「秘伝公開! 山村流・病気を改善する食事」 第2回「心臓病…弁膜症、狭心症、動脈瘤、精神病」が 開催されました。  

1110山村2.JPG 

「心臓病が増えています。亡くなる順位として2位です。 がんも怖いですけど心臓病も怖いです。  

突然、心筋梗塞で亡くなる話をよく聴きますが、 倒れる前に必ず兆候があるはずです。 その兆候を把握できていないこともあると思います。 痛みとしては、胸の中央、左胸部、左肩、首、 あごなどにも出ることがあります」  

 

「心臓は一時も休むことなく働き続けています。 私たちの体には体重の8%ほどの血液が含まれています。 体重60kgの人なら約5リットルの血液があります。 この血液を循環させるのが心臓の役割です」  

 

「陰性な酸素を持った血液は体の外側に向かい、 陽性な炭素や老廃物をもって再び心臓へと戻る旅を 繰り返します。 心臓は一回の収縮で約60ml、デミタスコーヒーカップ 約1杯分の血液を送り出します。 1分間で約5リットル、一日で約7000リットルにもなります」  

 

心臓の基本的なメカニズムのお話から始まり、 心筋梗塞、動脈硬化症、虚血性疾患の症状、陰性心臓病、 陽性心臓病についての原因や症状、そして漢方薬と 食事療法の対応策を具体的に説明されました。  

1110山村1.JPG 

山村先生は、毎年6月は宮古島に滞在し、 水の中で座禅みたいなものをして(スキューバのことだと思います・・・笑)、 リセットをする時間を持たれるそうですが、 今年はその時間もとれず、ひたすら本作りに励んでいたそうです。  

そして、その本「漢方医がすすめる食材力レシピ」(洋泉社)が、 ようやく出版されました。  

1110山村3.JPG 

お医者さんであり、漢方医で、マクロビオティック料理も学び、 さらに「望診法山村塾」卒業生の上田ゆき子氏が著者で、 食養指導を山村先生がされています。  

本の帯のコピーを紹介します。

「冷え性、便秘、肩こり、目の疲れ・・・・・・ 「食材の薬効」で解決できます。 漢方医とマクロビ食養指導家がコラボした 効果てきめんのレシピと60品目の食材データつき!」  

正食協会でも扱う予定です。お楽しみに!  

 

次回は、12月8日(日)。 「胃・膵臓・・・胃潰瘍、膵炎、糖尿病、胃がん」です。 単発受講もできますので、是非ご参加ください。 お待ちしています。 セミナーの詳細は、こちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminars/index.html (Terry)  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年11月14日 11時17分更新
  • ブログカテゴリー:

11/8~12レギュラーコースコメント☆

  今日はとてもよいお天気です!! しかし、本当に冷えてますね~。 皆さん、どうぞ身体の芯から温まるものをいただいたり、 軽い運動やストレッチなどでちぢこまった身体を動かして、 寒さ対策をしてくださいね。 さて、今回は前回の続き、8日からのレギュラーコースについて、 先生がたのコメントを中心にお送りします。 まずは8日。 上級の金曜クラスがおこなわれました。 第3回となるこの回の担当は、京都からお越しの野口清美先生。 ぐぐっと冷え込んで、ますます紅葉が美しくなっている京都、 観光で来られるお客の人出がもの凄いようです…。 第3回では、秋の風情たっぷりの「吹き寄せ寿司」、 海苔の風味が安らぐ「宝海苔蒸し」、そして 食養の大切なお料理「鉄火味噌」にチャレンジしていただきました。 野口先生のコメントです。 「今まで、初級・中級クラスの担当が土・日曜が多かったので、 この上級クラスの皆さんとは、『はじめまして』というご挨拶から 始まりました。 授業が進むにつれ、皆さんの緊張感も和らぎ、実習に入りましたら おひとりおひとりが段取り良く動きながらも、 とても楽しそうで、良い雰囲気の中でお料理が仕上がりました。 秋の野山を想わせる吹き寄せ寿司に、宝海苔蒸しも、上手にきれいに 仕上がりました。そして一番メインの鉄火味噌が、 パラパラでふわっとしていて、美味しそうなエビ茶色に仕上がり、 本当に良かったです。 授業で上手に出来ると、お家で復習をしない方がいらっしゃいますが、 どうぞ記憶の新しい間に、お家で何度も練習して、 完全に自分のものにしてください」 そして、9日と10日午前は前回お伝えしましたので… 10日午後、初級日曜クラスの午後の模様です。 初N1110午後.JPG この回の担当は、兵庫県からお越しの島田弘子先生。 兵庫県といってもいろんな地区があるのですが、 神戸では、徐々にルミナリエの設置工事も始まっているようですよ。 第4回では、1年中おいしくいただける「玄米海苔巻き」や、 あわと小豆あんがほっこりとする「あわぜんざい」などに 取り組んでいただきました。 島田先生からのコメントです。 「初級日曜クラスは、2回目の授業ですが、今日で第4回まで 進みました。 スピードが速く、月1回のクラスなので、 できるだけ、1品でも良いので復習をすると、より早く 身につくと思います。 特に蒸し煮は何度も練習して、慣れてくださいね」 翌11日は研修科。それはまた次の記事で ご紹介しまして、火曜日12日は中級クラスが開催されました。 第3回の担当は、大阪府下からお越しの永原味佳先生。 大阪市内、府下にはいろいろな大きな公園がありますが、 それぞれ植木市がおこなわれていたり、 万博公園では紅葉まつりが開催されているようですよ。 第3回では、洋風メニューの「スパゲッティ茸ソース」や 雑穀のひえを使った「ひえコロッケ」などに取り組んで いただきました。 永原先生からのコメントです。 「上手に蒸し煮もできて、美味しく出来たと思います。 焦らず、ひとつひとつ、確認しながら料理をして いってくださいね」 次回、上級金曜クラスは22日、 初級日曜クラスは12月8日、中級火曜クラスは11月26日です。 初級土曜クラスは、11月23日。 皆さま、日程をご確認のうえ、身体を芯からあったかくして、 お元気な姿でのお越しをお待ちしております☆ そして。 来年1月からスタートする、「1DAY体験教室」の募集が 始まっています♪ 「ブログでは読んでいるけど、実際はどんなクラスなんだろう??」といった方や、 「授業って、どんな感じで進むのかな?」という方も。 もちろん、「マクロビオティックって、何?」という方も、 皆さまのご参加、お待ちしております! ↓1DAY体験教室の詳細は、こちら。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月13日 11時26分更新
  • ブログカテゴリー:

11/8~11/10レギュラーコースコメント その1

  本日は生憎の雨、の大阪。 しかし15日には七五三ということで、 ひと足早くお参りに行かれていたご家庭も あるのではないでしょうか。 さて、今回は8日から10日におこなわれて レギュラー教室の模様を(分割して)お伝えします! 8日は上級金曜クラス、 そして9日には初級の土曜クラスがおこなわれました。 土曜クラスは月に2回、午前午後と駆け足で進むクラスなので、 早くも折り返し地点の第5・6回です。 午前中、第5回の担当は、奈良からお越しの安福昌代先生です。 奈良の大和郡山では、金魚が名産。 なので、普通の側溝にも、金魚が泳いでいるのだとか!! 第5回では、体調を整えるときにいただきたい「小豆粥」や、 ちょっと凝ったお惣菜の「ひじき白和え」に取り組んでいただき ました。 安福先生からのコメントです。 「今日はお疲れ様でした。 次回(第7回)は、いよいよごぼうの蒸し煮をします。 ごぼうのささがき、皆で頑張りましょう!」 午後からは第6回。 担当は兵庫阪神間からお越しの藤井美千代先生です。 以前ブログにてご紹介しましたが、藤井先生は伊勢神宮の 式年遷宮の行事「御白石持行事」に参加されていました。 10月に遷御がおこなわれましたが、新しいお宮にはお参りされたのでしょうか? また、おたずねしたいと思います。 第6回では、玄米の炒り方にチャレンジする「玄米スープ」や、 根菜のおいしい、まさしく今の時期にはさらにおいしい、 シンプルな「野菜天ぷら」に取り組んでいただきました。 藤井先生からのコメントです。 「ダブルクラスの3回目ともなると、 さすがに手早く1時間ほどでお料理ができましたね。 野菜天ぷらを揚げるのは少し難しかったですが? 手作り豆腐ドレッシング、いきなり団子、その他の お料理も、復習してみてくださいね」 翌10日、今日は初級の日曜クラスがおこなわれました。 このクラスは月に1回、午前午後と授業のあるクラスです。 今日は第3回、第4回がおこなわれました。 午前中の担当は、地元大阪からお越しの島田敬子先生。 最近、和太鼓を習っているとのことで、 この間の大阪マラソンでは、応援太鼓を披露されたそうですよ! 1110初N3.JPG この第3回では、シンプルな材料でとろっとろの「かぼちゃスープ」、 冷めてもおいしい「車麩のフライ」にチャレンジしていただきました。 島田敬子先生からのコメントです。 「今日も楽しかったですね。 かぼちゃスープはどの班もかぼちゃの甘みが出ていて、 おいしかったですよ。 車麩も、カリッと揚がっておいしかったです。 ひじき玄米ご飯は、具材や調味料の水分量を考慮して、 加減してくださいね。 ご自宅でも気軽に出来るので、ぜひご家族やお友達に 披露してあげてください。 来月もお会いできることを、楽しみにしています!」 というところで、午後の授業、また8日の上級クラスの模様は また次回にお届け致します☆ 皆さま、明日から数日、ぐぐっと寒くなる予報ですので、 身体の内側も、外側からもあっためて、 風邪や体調不良には、じゅうぶんお気をつけてお過ごしくださいね!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月10日 18時41分更新
  • ブログカテゴリー:

11/6スペシャルコース暦第2回

  昨日は立冬でした。 大阪でも公園の木々の紅葉が深まってきています。 さて、今回は6日におこなわれたスペシャルコースの 模様をお伝えします。 「暦を感じる食生活のススメ・秋冬編」の第2回。 第1回はお弁当にも使えるレシピの数々でしたが、 今回は、“元気の出る洋風メニュー”がテーマです。 1106暦01.JPG このコースのご担当は島田弘子先生。 食材や作り方について、丁寧に指導していただきました。 1106暦02.JPG 作業も和気あいあいと、皆さんチームワークよく取り組んで いただきました。 島田先生も各テーブルを回っては、すり鉢をおさえたり、 鍋の様子をみたり、とポイントポイントを押さえてサポート されていきました。 ちなみに今回は、オーブンが大活躍! 1106暦03.JPG 焼きたてのケーキに、 焼きたてのキャセロール。 1106暦04.JPG いい匂いとほかほかの湯気で、食欲が増します☆ 試食が完成しました! 1106暦05.JPG 豆のポタージュスープ、根菜のキャセロール、 そばパスタの木の実サラダ、 デザートは全粒粉を使ったさつま芋とりんごのパウンドケーキ。 ボリュームたっぷりですが、 お野菜たっぷりでヘルシーそのものですよね。 次回、暦コース最終回は12月4日。 「あったか鍋物」がテーマです。 風邪がはやっていますが、どうぞみなさん、 身体を内側からもあっためて免疫力を高めていきましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月08日 10時30分更新
  • ブログカテゴリー:

11/3「元気力を引き出す自然医術・症状別編」第2回

 

鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と 食養相談を担当する西下圭一先生の自然療法セミナー 「元気力をひきだす自然医術」シーズン3症状別編が 開催されました。 第2回目のテーマは「心の病を考える」です。

  1103西下先生2.JPG

最近のニュースで、和食がユネスコの世界無形文化遺産に 登録されるというニュースがありました。 その発表の前に、西下先生が連載している東洋医学系の新聞に 「世界中がこれから日本を注目してきます。 私たちにできることは、日本食の素晴らしさを発信していきましょう」 と書いていたことで、編集部に「予言した」と大げさにとられてしまって、 短期連載の予定が続行となったエピソードが紹介されました。

 

「心の病は、どこに根本があるかというと、 いつも言っていることですが、究極の不自由病なんです。 西洋医学的な治療に関わると、薬の副作用も含めて なかなか抜けられなくなってしまいます。 もっと薬がいるんじゃないかと、不自由さに振り回されていると 永遠に治りません」

 

「季節が秋です。来週は立冬を迎えて冬に入ります。 秋に「心の病」になる人が多いんです。 自然界で目に見えない内向きにエネルギーが発達して 下向きのエネルギーが働きます。 だから気分も落ちて、感情も内向的になります。 影響を受ける方は、ある意味敏感な方です。 落ち込みやすい時期。食養的に見ると共通点は、 一つだけあります。 早食いです。噛まない。食べるのが速い。 それだけ時間に追われているのかもしれません。 ゆっくり噛んで食べることを実践していくと 実際に変わります」

 

受講された方の感想です。

「向精神薬の副作用も含めての怖さは、 これまで私が想像していた以上のものだと 知ることができました。

ただ、闇雲に断薬することよりも、まずは日常の食生活を 改めていくこと、そして本人と家族にとって“治る覚悟”を 定めることが大切なのだと教えていただけました。

治ることにも“覚悟”が必要なのだと、目からウロコでした」

 

「『親を感謝しろ』とはよく言われることですが、 それが病気治しにとってもこんなに大切なことなのだと 思い知らされた時間でした。 とっても分かりやすく説明してくださり、 先生のお人柄が伝わってきました」

 

 

西下先生からのコメントです。 1103西下先生1.JPG

「『心の病』という暗く重たくなりがちなテーマを、 いかに明るくお伝えできるかを考えてきました。

最後の締めの言葉にかかったときに、 皆さんが一斉に「えっ?」と時計を見られたんですね。

それだけ2時間を「あっ」という間に感じてくださったんだと 嬉しかったです。

終了後にお聞きすると、遠くは愛媛や千葉からも来られていた ということで、本当に有難いことです。

 

次回のテーマは、「現代病」について。

これまでにお伝えしてきた「アレルギー」「生活習慣病」「心の病」 などの復習も兼ねて、また違う角度から「病気」と「健康」 について一緒に考えることができたらなと考えています」

 

西下先生の講座は、独特の言い回しをされるので 複雑な気がしてしまいますが(笑)、 シンプル真理にたどり着いては、同じ事を繰り返し話されています。 そこに基本の大切さを伝えたいという強い想いがあるのでしょう。 それが自然医術の極意なのかもしれません。

次回は、このシリーズ最終回は121日です。 単発受講もできますので、是非ご参加ください。 お待ちしています。(Teryy)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年11月07日 14時40分更新
  • ブログカテゴリー: