ブログ「マクロなポケット」Blog

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

  2月8日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー、「山村流・食養の奥義を公開」の第5回「からだが冷えると不妊、筋腫、内膜症などの原因になる」が開催されました。   私たちの体を守っている常在菌は皮膚にもついているし、口の中にもいっぱいいるわけです。口の中に細菌がいないなんていうのはあり得ないんです。ただ多すぎると問題なんです。どうすればそうなるかというと、食べ過ぎると多くなるんです。腸内もそうです。   私、胃の検査をした時、めでたくピロリ菌がいたんですね。ピロリ菌は急に出てきたのではなく、数万年前から人間と共生しているんですよ。ピロリ菌はずっと昔からあって、なんと食道とか胃壁を守っているんです。増えると問題なんです。なんで増えるかというと、油と砂糖の摂りすぎです。   私の尊敬する寄生虫研究の第一人者藤田紘一郎先生は、寄生虫は害がないということを証明するために、自分の体の中にさなだ虫を飼おうとしました。ところが、日本には水洗トイレが完備されていたこともあって、さなだ虫はいなかったんです。そして、まだ汲み取り式便所のある中国へ行って、河口でさなだ虫の卵を見つけて、それを飲んでさなだ虫を飼うことにしたんですよ。   寄生虫がいないと免疫の病気が多くなります。膠原病、リュウマチ、アトピー、アレルギーですね。こういうものが増えるということは分かっているんです。ヨーロッパでは回虫療法というのがありますし、土を食べるという療法もあるんです。   最近、変な事件が一杯ありますね。原因はほとんど腸だと思います。腸イコール脳ですから。腸がきれいになると、脳が活性化するんですよ。腸をきれいにするために是非断食してみてください。半断食でいいです。ご飯とみそ汁だけで一週間から十日間でもいいです。つまり腸をきれいにするとどんな病気でも治るということなんですね。今の病気というのはすべて食べ過ぎが元になっているです。なぜなら、腸が汚れるからです。試してみてください。頭がすっきりします。   そろそろ花粉が飛散するので、花粉症の人にとって憂鬱な季節だと思いますが、花粉の問題ではないんです。あんな目に見えないものに反応してしまうだけ、われわれの粘膜が弱っているんです。粘膜を弱くするのが砂糖です。砂糖をたくさん摂っていくと、鼻の粘膜、目の粘膜、口の粘膜いろんな粘膜ががたがたになってしまう。 昔やっていた春の大掃除と同じように、我々も体の大掃除しませんか。断食の最後に、ふきのとうを食べてもらいたいんです。千葉はもう出ているんですよ。   断食すると、口からものが入ってこないので出る一方です。食べ過ぎて病気しているんだから、出せばいいんです。春の苦みを摂ると、すごく排便するんです。ふきのとうが手に入らない人は蕗の煮物でもいいです。 冬は油ものをたくさん食べて動かないから、断食して余計なものをカットして最後に出すんです。中を整理して出してしまおう。何が喜ぶかというとビフィズス菌とか有用細菌が喜ぶんです。大腸菌が出てしまいますから。やってみてください。   4月から、山村先生の新しいシリーズ「家庭で役立つやさしい望診法、実践編」 がスタートします。足・腰・肩・頭の痛み、疲労、やる気が出ない、あるいは心臓、肝臓、肺の病、そして増えている心の病気。その原因は何か、一目でわかります。何が多すぎて何が足りないのか? 家族の体調が分かればしっかり対策ができますね!今回は実践編です。質問もどんどん受けつけます!   春爛漫の季節、単発受講もできますので、是非ご参加ください。 1412日(日)・・・シミ・シワ・イボ・ホクロ 2510日(日)・・・目目に現れる印は全身をあらわす 3614日(日)・・・どの臓器に熱がありか、冷えているか 4712日(日)・・・手足体の末端は内臓をあらわす
  • 2015年02月15日 17時48分更新
  • ブログカテゴリー:

春期レギュラー教室募集始まりました!

こんにちは。 正食クッキングスクールでは、4月から春期レギュラー教室が始まります♪ 一般に玄米菜食として知られるマクロビオティック。 「やってみたいけどおいしくできるのかな」と思われるかもしれませんが、 もともと日本にある伝統食に根ざしたものなので、 基本がわかれば毎日の食卓に簡単に取り入れることができますビックリ笑顔 ダイエットに、デトックスに、体質改善に! 正食クッキングスクールで季節の恵みをおいしくいただくコツを学んで、 自然のリズムに合わせた健康な暮らしを楽しみませんか?スマイル 料理実習だけでなく、マクロビオティックの講義の時間もしっかりありますので 初めての方も安心してご参加くださいニコ 日程等、詳細はこちらをご覧ください♪ 一日体験教室もございますので、 教室の雰囲気等お知りになりたい方はまずはこちらからおはな 3月開催の短期集中教室もまだまだ受講生募集中です! 皆さまのご参加お待ちしておりますき  
  • 2015年02月12日 12時32分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生のマクロビオティック手当て法・望診講座開催

2月7日、土曜日。正食協会・理事で食養家の岡部賢二先生の講座が行われました。季節ごとに陥りやすい臓器別の手当て法・望診法を学ぶシリーズで、3回シリーズの第1回は「肝臓系の手当てと望診~梅を使った手当て 梅醤番茶、梅酢水、梅肉葛~」です。   春になると弱りやすい臓器が、肝臓と胆嚢の経絡です。ここが弱るとどのような症状が出てくるのかという、望診の話をさせていただき、その後、肝臓の疲れをとる手当法として、梅を使った手当てをしたいと思います。前半は理論編、後半は実践編として進めます。   24日の前の18日間をなんというか知っていますか? 117日から23日の節分の日までを土用と言いますね。24日の立春。一年のスタートです。 昔の人の季節の基準点、季節の始まりのポイントとして立春という日があるわけです。   冬の土用。この時期体調不良に陥ったという方はいませんでしたか? この時期、不調が相次ぎ、病気の方が最も増えるのが、この土用ですね。年間で亡くなる方が最も多いのが、この冬の土用といわれています。陰陽のバランスが崩れる時期でもあるんですけど、何が問題かというと、お腹の中で食べたものが一番腐りやすい時期であるわけです。   何が腐敗するかというと、食べ過ぎたもの。食べ過ぎるとお腹の中で不完全燃焼状態を起こしやすいですね。ストーブに喩えると煤とか有毒のガスが吹き出てきます。それと同じように体内でも食べ過ぎた食べ物が腸内腐敗を起こす。腸内腐敗状態と呼びますが、これが不完全燃焼のような状態を引き起こし、それによってはき出された煤とかガスがさまざまな悪さをするわけです。 どんな悪さをするというと、浄化装置にあたる臓器を疲労困憊状態、疲れやすくするわけです。   お腹の中の腐敗によって生じた腐敗毒素はどこで処理されると思いますか? 肝心要という表現がありますけど、一つは腎臓という濾過装置で血液をきれいにします。腎臓が最も弱りやすいのが、この冬の土用の時期ですね。濾過装置で絶えず汚れた血を漉して、老廃物をおしっこで洗い流してくれる。 腎臓は冷えや寒さに非常に弱いので、腎臓機能が落ちやすい冬場はしっかり冷え対策をして、冷えないようにすることです。   浄化装置として働くのが肝臓です。食べ過ぎが続いて腎臓も肝臓も疲れてへとへとになると、浄化できなかった汚れが垂れ流されていくわけです。汚れがどこに行くかというと血液内に入って、血の汚れという状態を引き起こします。   血の汚れはどんな症状を作るかというと、血の流れが悪くなる。血行不良状態が引き起こされます。どこで一番血行不良状態がおきやすいかというと、実は筋肉内。筋肉の中に汚れた血液が滞ると、症状として張った感じがします。これが肝臓の弱った第一の症状です。   立春以降、首、肩の凝りが非常によく出てきます。それと女性の場合、生理の時に痛みを生じます。生理痛。血が汚い。この血が汚れて汚くなった状態を漢方医学では、瘀血といいます。滞りやすい血液を瘀血といいます。春先に出る症状は、だいたいこの瘀血です。東洋医学では、流れが滞るということを問題視するわけです。   次回4月4日(土)は、「胃の手当てと望診 玄米を使った手当て~黒いり玄米スープ、玄米クリーム、小豆かぼちゃ」です。春らしい陽気になっている季節、是非ご参加ください。
  • 2015年02月12日 09時36分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー、マクロビオティックの極意(基礎編)を開催

2月1日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(基礎編)」の第1回「自己を確立する~マクロビオティックと生活術~」が開催されました。   私の場合、マクロビオティックに出会ったことで、出会わないまま、なんとなく過ごした20年よりも、間違いなくそれ以上に健康になっているし、それ以上に自由になっていると思うし、それ以上に幸せになっていると思います。   マクロビオティックが健康法だと思っているうちはまだまだで、もっと大きな視点で考えていくと、幸せにならないはずがないです。「マクロビオティックをがんばってやっているんです」、と眉間に皺を寄せているうちは違うんです、ということを最初に言いたいなと思いました。   自己を確立するためには、マクロビオティック的観点からみると、常識を疑ってみる。二つめにマクロビオティック、食養の基本を知る。三つめに何のための健康か、何のために学んでいくのか、ということを自分に問いかけてみることが大切だと思います。   常識というのは情報ですから、盲目的に従っていると、いつまでも常識に振り回されるんです。振り回されると不自由になります。振り回されない自分ができて、はじめて自由になりますから、常識と言われていることが本当にそうなのかと疑ってみることも大事じゃないかなと思っています。   食養生、マクロビオティックの基本を知るとはどういうことかというと、テレビでこの食べ物がいいと言うと、翌日スーパーマーケットからその食べ物が売り切れて右往左往する。食養の基本というのは、そうならないための必要最低限のマニュアルなんです。   なんのための健康か、なんのために勉強しているのかについては、病気治しがきっかけで学ぶようになった人は多いですけど、自分だけで終わるのではなくて、家族も元気になってくれたらいいなとか、周りの人にもよい影響を与えたり、困っている人たちを支えられる側に回れたらいいな、ということがあります。 究極を言ってしまうと、自分がやりたいことをやるために、やるべきことをやるんです。  
  • 西下圭一先生からの感想です。
前々から「基本を学びたい」というお声をいただいていたということで、3年ぶりに復活した基礎講座です。「マクロビオティックの極意」というテーマで、基本的な考え方から外せないポイントまで伝わるようにと内容を考えてきました。   初回は「自己を確立する」ことを切り口に、世の情報に惑わされなくなるための必要最低限度のマニュアルとしての食養生の基礎の大切さを、常識を疑ってみる、食養生の基本を知る、何のための健康か、何のために生きるのかを自身に問いかけてみる、という3つの柱からお話しさせていただきました。   作家・五木寛之さんの言葉に「明日死ぬとわかっていても、今日もやるのが真の養生」というのがありますが、「これさえあれば安心!」というような情報に振り回されずに、やりたいことをやるためにやるべきことをやることの大切さが伝わったようで良かったです。  
  • 参加者からの感想です。
・少食が良いと聞いて、一食抜いてみた後にガーッと食べてしまうのが悩みだったのですが、そういうときこそ最初の一口をよく味わって噛んでいただくことが大事と聞いて納得しました。   ・何かを無理して頑張るのではなく、体に負担をかけない生き方と、体が元気になっていく方法は共通するはずだということを聞いて、なるほどと思いました。   ・マクロビの勉強会に参加したのは初めてで、難しかったらどうしようと不安だったのですが、とてもわかりやすく面白くて、これからも続けて来ることが楽しみになりました。   次回31日は「極意を身につける」ために、陰陽論を中心にお話しさせていただく予定です。 陰陽だけで2時間なので、結構内容の深い時間になるのではと思っています。 ご参加いただく方は、『魔法のメガネ』『宇宙の秩序』といった本に目を通されてみて、ご自身なりの感想や疑問に思われることなどを持ち寄っていただくと、さらに深い学びになることと思いますよ。

1月31日 食育フォーラム2015 無事終了いたしました!

  今回で3回目を迎える食育フォーラムが、400名近い来場者で大盛況にて無事終了することができました。ご参加いただいた方たちをはじめ、試食&交流会の料理作りをしていただいた正食クッキングスクールの指導員・講師陣の皆様、協賛していただいた企業各社様、ありがとうございました! このイベントの模様は「むすび」誌4月号で報告いたします。ご期待ください。 どんなフォーラムだったのか知っていただくために、取り急ぎ、速報としてスライドショー的に画像をアップします。 たくさんの指導員・講師の皆様が早朝から夜遅くまで、心を込めたマクロビオティック料理を作ってくださいました。 寺口正人さんが育てた自然栽培の玄米ごはん用の、ごま塩も手作りしました。 試食&交流会の料理の配置図です。 会場は、アリーナ席に100席追加して、500席用意しました。 MCをお願いした、クッキングスクール講師の森脇敦子先生の、よく通る声でスタートしました。 事務局長の山口徹平氏が挨拶。50年以上発行し続けている「むすび」誌の紹介をしました。 大塚貢先生の講演「子どもたちを立ち直らせた給食改革」。1936年生まれですから、ほぼ80歳。数日前には東北に出張されておられました。お元気です。 元音楽プロデューサー、寺口正人さん。マドンナのパーソナルシェフ、西邨マユミさんとの出会いで桜沢如一と福岡正信を知り、意識と生き方が大きく変わりました。自称、ネオ百姓(新米)。講演は「21世紀~農的暮らしのススメ」。 講演前の打ち合わせで、「関西のノリは楽しい」と言う畠山千春さんの笑顔が素敵でした。東日本大震災を横浜で遭遇後、中島デコさんと交流し、田舎での満ち足りた暮らしに目覚めました。講演タイトルは「食と暮らしを自分の手でつくる」。フォーラム前日、朝日新聞朝刊に畠山千春さんの記事と、この食育フォーラムの告知が掲載されました。 4時講演終了後、スタッフたちの手で会場に料理が運び込まれました。 試食&交流会は、皆さんマナーが良く、混雑することなく、とてもスムーズに始めることができました。 「おいしい!」という声が聞こえてきます。テーブルの周りにはクッキングスクールの講師の方たちに質問に答えていただきました。 今回、試食の料理チームの責任者としてお願いした、クッキングスクール講師野口清美先生に料理の説明をしていただきました。 正食クッキングスクールは同じ教材で学べるネットワーク校が全国に22カ所あります。当日、来られていた主宰者の先生たちの紹介をしました。 サイン会は、6時近くまで続きました。丁寧に対応される大塚先生と畠山さん。 書籍コーナーも賑わいました。 畠山千春さんと寺口正人さんファミリー。食育フォーラムのちらしの田んぼで稲刈りする子どもたちの写真は、寺口さんのお子さんでした。 今回、3回めの開催となった「食育フォーラム」。企画をして準備を始めてからずいぶん長い時間が経過したように感じられますが、1月31日という1日は、あっという間に過ぎ去ってしまいました。 無事開催し、終了できたことに関係されたすべての人に感謝いたします。ありがとうございました!! photo by KAKI