ブログ「マクロなポケット」Blog

元東京農業大学学長、進士五十八先生が来阪されます

614日、日曜日。「都市、食と農 ~百姓に学ぶ。環境市民として生きるには。」をテーマにしたイベントを開催いたします。大阪ぐりぐりマルシェなどを運営する谷町空庭と正食協会のコラボ企画です。 午前中は、進士五十八先生と中之島公園をスタート地点として街を歩き、風景の見方を教わる「ランドスケープツアー」。(参加費1,000円税込み) 午後からは、正食協会3階セミナールームにて、「百姓を見直そう!」と題した講演会を開催します。(参加費1,500円税込み) 貴重な機会です。ふるって是非ご参加ください。   お申し込み方法は、 ちらしに記載されている必要事項を記入のうえ、谷町空庭(soraniwanowa@gmail.com)にメールでお申し込みされるか、正食協会(main@macrobiotic.gr.jp)にメール、または電話(06-6941-7506)でお申し込みください。 参加費などは、当日のお支払いとなります。   *プロフィール 進士五十八(しんじいそや)。 造園学者、農学者、元東京農業大学学長。20154月、天皇皇后両陛下御臨席のもと「みどりの学術賞」を受賞。そこでの紹介文を下記に引用します。   進士氏の功績において最も特筆すべきは、『みどり』に対する国民の理解増進への貢献である。これまで空白であった都市における「景観の保全・育成」に市民協働による運動を立ち上げ、政策と連動させ国民的運動をつくりだしてきたことは、氏の極めて重要な貢献であり、このような草の根の活動が「景観法」の制定につながった。   ◆「みどりの学術賞」の紹介文 http://www.cao.go.jp/midorisho/gakujutsusho/profile_shinji.html