ブログ「マクロなポケット」Blog

オーストラリアとイギリスからのお客様が来られました

524日日曜日。オーガニックネットワークを世界に広げる、むそう商事が取引するオーストラリアのシドニーで、およそ30年日本の伝統的な食品を中心に取り扱っている老舗のSpiral Foodsの社長ジェームスさんと、イギリスはロンドンで主にビーガンフードを扱う食品卸会社COMMUNITYのマーケティング担当のトレーシーさんが来訪されました。  (左から)指導員の宮本貴子さん、むそう商事の松田宗道さん、ジェームスさん、トレーシーさん ジェームスさんは、タイのバンコクで開催されていた食品展示会Thaifexに行った帰りで、トレーシーさんはオーストラリアのスパイラルフーズの得意先のお店を回ってこられ、日本で合流されました。トレーシーさんは少しお疲れのようでしたが、疲れを知らないパワフルなジェームスさんに引っ張られる感じで来られました(笑)。   コミュニティは、Sanchiという日本食のブランド、ドライフルーツやナッツのブランドJumble beeなどを4つのブランドを展開されています。いただいた名刺の裏に4つのロゴがありました。   トレーシーさんは、日本でのマクロビオティックの普及について興味をもたれており、どの国でも、女性が料理する時間がなくてなかなか食育が進まないということなどを、正食クッキングスクールの宮本貴子さんと話し合っていていました。   当日は、小松英子先生が担当する初級の教室が行われていて、ゆっくり見学していただきました。食材や調理法にとても興味をもっておられました   二人は、これから日本のたまり醤油やせんべい、豆乳工場などを視察に回る予定で、トレーシーさんは宮本さんに「ロンドンにあるマクロビオティックレストランやビーガンレストランをイーメールで教えるね」と笑顔で帰って行かれました。      ムスビガーデンの前で記念撮影。左から2番目の若手は、むそう商事の江原大貴さん
  • 2015年05月26日 17時52分更新
  • ブログカテゴリー: