ブログ「マクロなポケット」Blog

西下圭一先生のセミナー、マクロビオティックの極意(症状別編・?)を開催

9月6日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編・?)」の第1回「消化器の病」が開催されました。   夏も去り涼しくなりました。二十四節気でいうと処暑といってそろそろ暑さが止まります。今週には白露といっておりてくる霜に寒気が入って透明な水分が濁ってきます。それを過ぎると今月の終わりがいよいよ秋分、いわゆる彼岸です。   秋分の時期は、日中と夜間の時間がほぼ一緒。マクロビオティックでもよくいう陰とか陽で言うと、この日は陰の気と陽の気はイコールになるわけですよ。今はまだ陽の気が強いですが、どんどん減っていって秋分を過ぎると陰のほうが強くなります。   そういう時なので、気分が落ちていくことやふさぎ込んでいったりすることも含めて、自然現象だから当たり前なんです。体が動きません、しんどいですと言われても心配いりません。季節にのっているわけです。   この時期になると農作物の収穫があって、あちこちのお祭りがあります。お祭りというと神様を祀っている前にお供えものをしますが、お野菜だったりお菓子があったり地方によっていろいろです。   どこの土地にもお供え物として共通しているのは、塩と米と水の3つは必ずあるんですね。ということは、日常はこれが不可欠なものなんです。 病気について、食に関する観点から話しをすると、このお水お塩お米、この3つの過不足がほとんど原因になっていることが多いです。   なぜか・・・。お塩というのは陽性の代表格であり、水というのは陰性の代表格であり、お米というのはその間にある中庸の代表格です。 中心軸となるものと陰と陽、この3つのバランスがきちんととれていれば、そんなに大きく体調を崩すはずはないということがいえると思います。   今の世の中に出ている情報のレベルから言うと、体が不調というほとんどの人は水分が多過ぎて塩分が少な過ぎる、ということが言えるでしょう。 実際問題、水分をとるのをやめさせて少しお塩をきちんととりましょうと言って指導すると体調のよくなる人が多いです。これは日々感じていることなので言えると思います。   〈西下先生の感想です〉 今日は、消化器系の病についてお話しさせていただきました。食養から言えば、食べ過ぎを戒めて、よく噛むことが基本になりますが、ではなぜそれが実践できないのか? 日本人の言う「肚」を紐解いていきながら話を進めていきました。「知る」「学ぶ」ことよりも、今日から「実行する」ための力になってくれると嬉しいですね。   〈受講生の感想です〉
  • 先生のお話はいつも、深くて難しいことを話されているはずなのに、とてもわかりやすくて、すーっと入ってきます。心地の良い2時間をありがとうございます。自分を磨くための大事なお勉強だと感じますが、できればたくさんの人に聴いてほしいと思いました。
  • 今日の2時間で、これまでに学んできたことがパズルが組み上がるようにつながってきました。誰にでもわかりやすいように話してくださるので有り難いです。
  • 最後の「食べるために生きるのではなく、生きるなかには食べることがある」という言葉が残っています。学びも生活も本末転倒になってはいけないのですね。
  次回のセミナーは、10月4日(日)。テーマは「婦人科疾患」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。                                                                                                                                                                  山口 徹平  
  • 2015年09月12日 18時51分更新
  • ブログカテゴリー:

スペシャルコース~夏の精進懐石 藤井美千代先生~

こんにちは。 しっとり雨の大阪より 9月5日土曜日。 スペシャルコース~夏の精進懐石~が最終回を迎えました。 講師は、藤井美千代先生。 先生のお料理にとどまらない話にみなさん夢中です! 藤井先生の魅力は、料理を通して人生哲学をお伝え くださる点ではないでしょうか、、、。 そして実習もみなさん真剣。 毎回、参加者の方が持ってきてくださるお花が 教室を明るい雰囲気にしてくれました。 7月から夏真っ盛りの8月を超え、そして最終回の9月は、 お料理もすっかり秋らしくなっておりました。 全3回のシリーズでしたが、続編を楽しみにしています!という お声ががあちらこちらで聞こえてきました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 正食協会 宮本 貴子   
  • 2015年09月06日 15時53分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール 東京校開講

201593日(木)

正食クッキングスクールの東京校が開校いたしました。

 

3日、6日、8日は、岡田昭子校長先生による「マクロビオティックのおはなしと試食会」。

雨の予報でしたが、なんと晴れ間も見える天気に。

この日を祝ってくれているようでした♪

 

事務局の挨拶の後、岡田校長先生によるデモンストレーション。

経験の上に語られるお話には、会場も魅了されていきます。  

基本のお味噌汁では、ネギのひげ根も使うのよ!というお話に、参加者のみなさんも驚き!これぞ一物全体のお料理です。  

蒸し煮で作っていくこのお味噌汁は、正食クッキングスクールが誇る基本のメニューです。  

試食の時には、参加者の皆さんのいろいろな質問に丁寧に答えていきます。

「しっかりと満足感があるのに、なぜこのお料理は、胃にもたれないのか?」などとの声が、、。今後、その極意ぜひ、学んでくださいね。  

 

参加者さんの声

「このお店のことは以前から知っていて一度きてみたいと思っていました。

食について大切なことを聞くことができてよかったです」

「主人と子供にアレルギーがあり、食で身体を整えることに興味があって参加しました。ご飯もとても美味しかったし、もっと詳しく学んでみたいと思いました」

 

みなさん興味津々です。  

みなさんにも実習をしていただく「ワンデー教室」は、13日、15日、17日にスタート♪

基本の味噌汁や切り干し大根の煮つけなど、人気の基本メニューが学んでいただけます。

 

今後、東京校をどうぞよろしくお願いいたします。

 

東京都世田谷区桜新町1-21-15

ムスビガーデン桜新町店 2

 

お問い合わせは、大阪本校へ06-6941-7506 正食協会 宮本 貴子  

 

  • 2015年09月04日 11時46分更新
  • ブログカテゴリー:

キッズ・ミート・アート2015–パトマ幼稚園で出店させていただきました

 

830日土曜日、曇り時々雨でした。 大阪の天王寺にある仏教保育園のパトマ幼稚園と浄土宗大蓮寺、應典院が主催された「キッズ・ミート・アート2015」のイベントに、ムソー株式会社とコラボーして共同出店致しました。

親子で参加する14のプログラムが2930日の2日間に渡って行われていました。私たちはその2日目のイベントに参加させていただきました。

右→左:正食協会事務局長の山口徹平さん、講師の笹浪泉さん、ムソー株式会社営業部の新谷暢敏さん、正食協会通販――MUSUBI倶楽部の金城典子さん。

●ムソー㈱が取り扱っている無添加のジュースは子供たちには大受けです。 ●笹浪泉先生が炊いた玄米おにぎりは子供たちの「取り合い」になっています。「うちの子は普段、玄米を絶対食べないのに、ここの玄米おにぎりを食べるんだ?!」と不思議に思った保護者の方は何人も居られました。玄米の炊き方や、銘柄等もこと細かく聞かれていました。 ●「昔ながらの醤油Vs一般的な醤油」の飲み比べコーナーに、大人も子供も興味津々!明確にその違いを感じていますけども、やはり子供たちのほうが正確率は高いね。 こういった親子一緒に参加できる楽しいイベントを通じて、玄米や自然食の良さがもっとたくさんの人に伝わればと思う今日この頃です。 (FAN)  

マクロビオティック手当て法・望診講座が開催されました

8月8日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・望診講座の1回「炎症や腫瘍、体の毒出しに~里芋・豆腐を使った手当て、体質の望診~」が開催されました。   今日は立秋ですから、暦の上では秋に入ります。肺・大腸系という経絡が疲れてきて呼吸器系のトラブルや皮膚のトラブルが増えやすい時期になり、これから約3カ月、不調が続く季節になります。今日、実践する手当てを知っていただくと、薬やお医者さんに頼らずに自分でトラブルを治すことができたり、予防することができたりします。   おばあちゃんの知恵として、マクロビオティックの中で受け継がれてきた手当て法をいくつか紹介してみたいと思います。 夏の炎天下、太陽の光を受けると日焼けというトラブルに陥ったりすることもあります。陽に当たってシミが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、今からやる青菜の手当てを知っておくとすごく重宝します。   今日は三種類の冷やす湿布を紹介させていただきますけど、湿布には体を温める温湿布と、体を冷やすタイプの冷湿布の二つあります。こんにゃく湿布とか生姜湿布、大根干葉の腰湯などは温湿布に入ります。特に慢性疾患、がんとか糖尿とかメタボ、リウマチ、膠原病とかずっと長く続く慢性疾患というトラブルはたいがい体が冷えているケースが多いので、冷えを解消し血液の流れをよくし、固まったところをほぐしていくという意味では温湿布が非常にいいのです。慢性疾患といって固まって冷えていくような長期にわたるトラブルというのは主に温湿布を使って治していくのがいいわけです。   急性疾患、例えば骨折とかねんざとか炎症とか急性のものは熱を持つんですね。そういう時に熱を冷やしてあげる冷湿布が必要になるんです。 特に風邪の時に出る熱も急性な症状ですので、発熱した時には冷やす手当てが必要です。その時に冷やし方には二通りあって、物理的な冷やし方。物理的というのは例えば氷枕とか、氷嚢水枕とか、濡れタオルとかを使って物理的に熱を取るというのが一般的解熱法として流行っています。 ところがマクロビオティックの手当てというのは物理的ではなく化学的に熱を取ります。なぜ化学的に冷えるかというと体を冷やす成分が働くんですね。それは何かというとカリウムという成分です。カリウムというものはそれを皮膚に当てただけで化学的にどんどん冷やしてくれる。冷蔵庫で冷やさなくても、カリウムの多い野菜、素材を熱を持っている患部に貼るだけでカリウムというものが化学的に熱を取ってくれる。これがマクロビオティックの冷湿布の意味であるわけです。   カリウムを最も多く持っている植物はなんでしょう。一つは青菜です。青菜はカリウムが多くて冷やします。緩めるとか細胞を溶かすとか、拡散する、広がって行く働きを陰性と言います。俗にいう陰性なものを熱を出しているところに貼ると、熱が化学的に取れる。その代表的な食材の一つが青菜です。風邪の時に熱が出ていますよね。38℃くらいまでの熱だったら、青菜を頭に貼るだけで熱が取れます。   次回は、10月3日土曜日。「呼吸器やアレルギー疾患、リンパ系のトラブルに~大根やレンコン、干し椎茸を使った手当て、肺・大腸系の望診~」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。                                                 山口 徹平              
  • 2015年08月17日 12時14分更新
  • ブログカテゴリー: