ブログ「マクロなポケット」Blog

正食クッキングスクール東京校 岡田校長の「秋の精進懐石」開催

東急田園都市線の桜新町西口から徒歩3分。オーガニック&ナチュラルフードを販売するムスビガーデン桜新町店(東京都世田谷区)2階に正食クッキングスクール東京校が開校しました。   プレオープン的に「マクロビオティックのおはなしと試食」や「マクロビオティック1DAY教室」を実施してきましたが、920日シルバーウイークの真っ只中、本格的な料理教室スペシャルクラス第一弾「秋の精進懐石」が開催されました。講師は正食クッキングスクール岡田昭子校長。   マクロビオティック料理を食べるのも学ぶのも初めてという方が多い参加者の中に、マドンナのパーソナルシェフをしていた西邨マユミさんの姿もあり、まさしくスペシャル感溢れる授業となりました。   岡田校長は、はじめての方たちのために、正食=正しく食べることの意味を、夏が終わって秋に入った今の季節から分かりやすく話し始めました。 「夏は体を冷やすためのものを食べていたから快適に過ごせましたが、秋になると涼しくなります。夏の食べ物をいつまでも続けていくと体が冷えすぎてしまいます。そろそろ夏のものとはお別れして控えていきましょう」   ますます寒くなり青物が手に入りにくくなる冬の季節は、自身が育った福井での雪の多い暮らしを例にとって、日本人の様々な食の知恵を語りました。 「春夏秋冬季節に応じたお野菜を自然界は作ってくれます。それを上手に摂れば季節に合った体ができるのですが、今の人たちはお母さんたちに和食を教わっていません」「海外の食事やジャンクフード、コンビニエンスの食事が多くなっています。 日本の食、旬のものを食べる大切さをもっと知っていただきたいですね」   この日のメニューは、「胡麻豆腐」「菊、蓮根団子、青菜の清汁」「車麩、しめじ、生湯葉煮」「えびフライもどき」「菊としめじ、人参の白和え」「菊と芋御飯」「柿の甘露煮」でした。   参加者の方に感想をお聞きしました。「今回友人の誘いで初めて参加させていただきました。マクロビオティックとは無縁で生きてきたので不安でしたが、身近な食材を使って少し工夫するだけで身体が喜ぶ料理ができるということを知り、とても興味深かったです。 お料理の合間の岡田先生のお話も大変参考になりました。和食の国に生まれ育ったのだから、もっと和の味を大事にしようと思いました」。                                                                                                                                    山口 徹平   
  • 2015年09月22日 18時40分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

9月13日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「望診からわかったからだの不調の改善法」の第1回「肝臓と胆嚢の病気と改善」が開催されました。   マクロビオティックは充実した人生を送るための食事法ということですね。人生はいろんなことがあるじゃないですか。関東では豪雨で川の氾濫があって家が流されたり、続いて結構大きな地震もありました。いろんな問題を乗り越えていくと強い人になっていけます。   夢が大きければ大きいほど、大きな試練がくるんですよ。それにチャレンジすることが喜びになってきますからね。艱難辛苦が自分を強くしてくれると桜沢先生も言っています。「苦労よもっと来い、もっと強くなりたい、もっと幸せになりたい」と。   陰と陽というのは幸せと苦労が表裏一体になっているんですよ。苦労を避けると幸せは来ないんですね。不満足で不完全燃焼の人生を送らざるを得ない。病気も誰かにおまかせしたりすると、ずっと誰かの言うとおりにならなきゃいけないんですよ。例えば病院の先生の言う通り。   自分の進むべき道は自分で決めるべきなんですね。病院を選んでいるときりがないです。どこまでいっても迷いなんです。自分で決めるしか方法はないんです。人に決められるより自分で決めた人生のほうが絶対いいですよね。   そういうことで、今回は肝臓病。つまり私の病気ですね(笑)。アルコール性肝炎です。どの本見ても肝硬変にならないように気をつけましょうと書いています。なぜなら肝硬変になると次は肝臓ガンです。肝臓ガンは亡くなる人が結構多いので、そういうマイナスの本は見なないようにしています。だってどうなるかわかりませんからね。   先日京都で、夜においしいお酒をいただきました(笑)。いいことだけ選んでいいことだけやっても病気は治らないなということは食事指導の経験から分かっています。やっぱり心と体は一つですから、「あ~楽しい」というのもすごく必要なんです。   次回は、10月11日(日)です。足・腰・肩・頭の痛み、疲労、やる気が出ない、あるいは心臓、肝臓、肺の病、そして増えている心の病気。その原因は何か、一目でわかります。何が多すぎて何が足りないのか? 家族の体調が分かればしっかり対策ができますね! 質問もどんどん受けつけます! 単発受講もできますので是非ご参加ください。                                                      山口 徹平                 
  • 2015年09月17日 17時55分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー、マクロビオティックの極意(症状別編・?)を開催

9月6日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編・?)」の第1回「消化器の病」が開催されました。   夏も去り涼しくなりました。二十四節気でいうと処暑といってそろそろ暑さが止まります。今週には白露といっておりてくる霜に寒気が入って透明な水分が濁ってきます。それを過ぎると今月の終わりがいよいよ秋分、いわゆる彼岸です。   秋分の時期は、日中と夜間の時間がほぼ一緒。マクロビオティックでもよくいう陰とか陽で言うと、この日は陰の気と陽の気はイコールになるわけですよ。今はまだ陽の気が強いですが、どんどん減っていって秋分を過ぎると陰のほうが強くなります。   そういう時なので、気分が落ちていくことやふさぎ込んでいったりすることも含めて、自然現象だから当たり前なんです。体が動きません、しんどいですと言われても心配いりません。季節にのっているわけです。   この時期になると農作物の収穫があって、あちこちのお祭りがあります。お祭りというと神様を祀っている前にお供えものをしますが、お野菜だったりお菓子があったり地方によっていろいろです。   どこの土地にもお供え物として共通しているのは、塩と米と水の3つは必ずあるんですね。ということは、日常はこれが不可欠なものなんです。 病気について、食に関する観点から話しをすると、このお水お塩お米、この3つの過不足がほとんど原因になっていることが多いです。   なぜか・・・。お塩というのは陽性の代表格であり、水というのは陰性の代表格であり、お米というのはその間にある中庸の代表格です。 中心軸となるものと陰と陽、この3つのバランスがきちんととれていれば、そんなに大きく体調を崩すはずはないということがいえると思います。   今の世の中に出ている情報のレベルから言うと、体が不調というほとんどの人は水分が多過ぎて塩分が少な過ぎる、ということが言えるでしょう。 実際問題、水分をとるのをやめさせて少しお塩をきちんととりましょうと言って指導すると体調のよくなる人が多いです。これは日々感じていることなので言えると思います。   〈西下先生の感想です〉 今日は、消化器系の病についてお話しさせていただきました。食養から言えば、食べ過ぎを戒めて、よく噛むことが基本になりますが、ではなぜそれが実践できないのか? 日本人の言う「肚」を紐解いていきながら話を進めていきました。「知る」「学ぶ」ことよりも、今日から「実行する」ための力になってくれると嬉しいですね。   〈受講生の感想です〉
  • 先生のお話はいつも、深くて難しいことを話されているはずなのに、とてもわかりやすくて、すーっと入ってきます。心地の良い2時間をありがとうございます。自分を磨くための大事なお勉強だと感じますが、できればたくさんの人に聴いてほしいと思いました。
  • 今日の2時間で、これまでに学んできたことがパズルが組み上がるようにつながってきました。誰にでもわかりやすいように話してくださるので有り難いです。
  • 最後の「食べるために生きるのではなく、生きるなかには食べることがある」という言葉が残っています。学びも生活も本末転倒になってはいけないのですね。
  次回のセミナーは、10月4日(日)。テーマは「婦人科疾患」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。                                                                                                                                                                  山口 徹平  
  • 2015年09月12日 18時51分更新
  • ブログカテゴリー:

スペシャルコース~夏の精進懐石 藤井美千代先生~

こんにちは。 しっとり雨の大阪より 9月5日土曜日。 スペシャルコース~夏の精進懐石~が最終回を迎えました。 講師は、藤井美千代先生。 先生のお料理にとどまらない話にみなさん夢中です! 藤井先生の魅力は、料理を通して人生哲学をお伝え くださる点ではないでしょうか、、、。 そして実習もみなさん真剣。 毎回、参加者の方が持ってきてくださるお花が 教室を明るい雰囲気にしてくれました。 7月から夏真っ盛りの8月を超え、そして最終回の9月は、 お料理もすっかり秋らしくなっておりました。 全3回のシリーズでしたが、続編を楽しみにしています!という お声ががあちらこちらで聞こえてきました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 正食協会 宮本 貴子   
  • 2015年09月06日 15時53分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール 東京校開講

201593日(木)

正食クッキングスクールの東京校が開校いたしました。

 

3日、6日、8日は、岡田昭子校長先生による「マクロビオティックのおはなしと試食会」。

雨の予報でしたが、なんと晴れ間も見える天気に。

この日を祝ってくれているようでした♪

 

事務局の挨拶の後、岡田校長先生によるデモンストレーション。

経験の上に語られるお話には、会場も魅了されていきます。  

基本のお味噌汁では、ネギのひげ根も使うのよ!というお話に、参加者のみなさんも驚き!これぞ一物全体のお料理です。  

蒸し煮で作っていくこのお味噌汁は、正食クッキングスクールが誇る基本のメニューです。  

試食の時には、参加者の皆さんのいろいろな質問に丁寧に答えていきます。

「しっかりと満足感があるのに、なぜこのお料理は、胃にもたれないのか?」などとの声が、、。今後、その極意ぜひ、学んでくださいね。  

 

参加者さんの声

「このお店のことは以前から知っていて一度きてみたいと思っていました。

食について大切なことを聞くことができてよかったです」

「主人と子供にアレルギーがあり、食で身体を整えることに興味があって参加しました。ご飯もとても美味しかったし、もっと詳しく学んでみたいと思いました」

 

みなさん興味津々です。  

みなさんにも実習をしていただく「ワンデー教室」は、13日、15日、17日にスタート♪

基本の味噌汁や切り干し大根の煮つけなど、人気の基本メニューが学んでいただけます。

 

今後、東京校をどうぞよろしくお願いいたします。

 

東京都世田谷区桜新町1-21-15

ムスビガーデン桜新町店 2

 

お問い合わせは、大阪本校へ06-6941-7506 正食協会 宮本 貴子  

 

  • 2015年09月04日 11時46分更新
  • ブログカテゴリー: