ブログ「マクロなポケット」Blog

8月の研究会

83日(月) 研究会も今期5回目の開催になりました。 当日は30名を超える先生方のご参加で、会はスタートしました。   トップバッターの鶴見恵子先生は、テキスト料理から「コーフ」の作り方を。 蒸し器の蓋をあけるタイミングの違いでふくらみがどう変わるかなど実験されながら、「コーフ」料理を伝えてくださいました。みなさんからは、保存方法などの質問やアレンジ料理の紹介などがあり、とても盛り上がりました。  そして、7月からの連続企画「グルテンフリーを考える」では、5グループに分かれて7月にレシピ考案をしていただいたものを今月それぞれの代表者さんが発表してくださいました。  チーム和楽代表の春口真智子先生は、「夏野菜のグラタン」をご披露。夏野菜をたくさん使われ、ホワイトソースには、ヒヨコマメの水煮や玄米粉を使った一品です。  大林洋子先生のチームは、「野菜蒸し餃子」を。皮にはうき粉を使った本格的餃子です。  チーム線香花火代表の岡田美樹先生は、野崎恭子先生と一緒にデモされ、「はとむぎ粉を使ったクレープペキンダック風」をご紹介。グルテンフリー料理に求めらている大切な部分もお話しくださいました。  そして靏久ちづ子先生チームからは、林富美先生がデモをされ「玄米ミルク蒸しパン」をご紹介。生玄米から玄米ミルクを作られ、山芋粉などとミックスした工夫の一品でした。  そして最後にチームメンバー皆さんの研究会参加交通費の足し算(笑)だというチーム名「103900」チームからは、野口清美先生がデモを。教室の残りの白玉粉や上新粉を使ったくださり生地に仕上げられナッツ類でプラスしてこくのあるクッキーでした。  チームからのデモの後、永原味佳先生が、レギュラーコースでグルテンがNGな生徒さんの担当になったご経験をふまえて、グルテンフリーと我々がどう向き合っていけばよいかをお話ししてくださいました。  皆さんの知恵が詰まった発表ばかりで、とても刺激的な一日でした。  そして、午後は、岡田校長先生の手当法の講義とみなさんの体験談のシェアを!  今まで共有できていなかった貴重な経験談を共有し、有意義な時間となりました。  今後も講師&指導員一同、研鑽を続けていきます♪                           正食協会                                                                             宮本 貴子
  • 2015年08月09日 18時05分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナーが開催されました

8月2日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編)」の第3回「リウマチ、膠原病、自己免疫疾患」が開催されました。   世に言う健康法は大きく分けて三つあります。一つ目は物を売らんがために発信した情報による健康法、二つ目に政治的政策的絡みのある健康法。輸入自由化になった場合、輸入されてくるものの中からこれが体にいいよ、と仕掛けてきます。三つ目にほんまもんの健康法です。   直感で感じて、自分が腑に落ちたものを取り入れるかどうか。それが本当の意味での秩序。各家庭にルールがあるでしょう。その地域にルールがあるでしょう。日本人としてのルールがあって、全部をひっくるめて言う宇宙の秩序。本来のただ一つの世界観にたどり着けるかどうかを自分で確かめてもらうために、前回に引き続き、健康度を診断する「健康の七大条件」を資料に入れさせていただきました。   ①疲れない。「あ~しんど(疲れた)」といつも言っていませんか。 ②ごはんがおいしい。おいしいごはんでなく、何を食べてもおいしい状態。11食だと必ずおいしい。お腹が減っているから。 ③よく眠る。ふとんに入ってすっと眠れる。 ④もの忘れしない。記憶力は生きていく上でかなり大切です。 ⑤愉快でたまらない。これは大事です。楽しく生きていますか。笑いがありますか。 ⑥思考も行動も万事スマート。「何やらせてもどんくさいな(ドジが多い)」と言われていないか。「あなたよく気がつくわね、ありがとう」と言ってもらう人いますよね。 ⑦ウソをつかない。「ウソも方便でしょ」もいりませんから(笑)。それを含めてウソをつかない。 ①~③が生理学的条件。生き物(動物)としてどうですか。 ④~⑥が、心理学的条件。人としてどの程度健康ですかというものを推し量る尺度になります。 最後、⑦は、絶対条件。自由というものを手に入れている人がどうか。 ①~③が15点、④~⑥が110点、ここまで45点満点です。⑦が55点。 ということは、ウソをついてしまった段階でどれだけがんばっても、かなり高いレベルの健康度と言われる60点の点数はとれないですね。ウソをつくということは、宇宙の秩序に反するからです。不自然なことをするからです。   秩序で考えたら、リウマチとか体に炎症を起こす病気。炎症、火でしょう。火が燃えていたら水をかけて冷やしますよね。冷やし方の取り扱い方にウソがないかどうかです。大事なポイントです。火は火だけどデリケートに扱ってあげないといけないのです。   関節に炎症を起こす病気ということで、痛風があります。痛風と関節リウマチどこが違うでしょう。見極めるのはふだんの日常生活しかなくて、痛風になるのは贅沢な食べ物、お肉食べている人です。お肉はあまり食べていないけれど関節が腫れてきて、体が冷えている人はリウマチの可能性があります。   〈西下先生の感想です〉 リウマチを始めとした自己免疫疾患についてですが、これは自分が自分の身体を傷つけるという免疫システムのエラーで起こることなので、まずは自分が自分自身を認めることが大切なんですね。   病院にかかって治るとか治らないとか、そういう次元とは違う領域に行かないことには本質的には良くなっていかない病なんです。 自身の頑なな考え方を改める、言いたいことを言えない自分と向き合う、そういうことを実際に始めていかないことにはなかなか快方には向かっていかない。   まずはそこがありきで、そこからお手当てを始めていくと、現代医学では説明がつかないような勢いで快方に向かっていくこともあります。 そういう意味で今日は、自分自身との向き合い方ということを中心にお話しさせていただきました。   講座の時間の中で、実際にこの病に苦しまれた方からの体験談もあったりして、非常に内容の濃い2時間になったのではないかと思います。   〈参加者からの声です〉 ・ゆっくりていねいに説明してくださいました。最初ついて行けるかなと思ったけれど、理解できて嬉しかった。先生と受講生の距離感がなく「あなたたちの健康に役立つことは何でもしますよ。大事なことなので、一緒に大切にしましょう」というスタンスに好感が持てました。 簡単に説明できないことなのに、省略せずに大切に大事なポイントをひとつずつ説明してくださいました。 お話の中にあった土用に合う食材とか料理を教えていただけたら嬉しかったです。(海外から観光で日本に来られて受講された女性)   ・リウマチに苦しんでいる家族がいるので参加させていただいたのですが、今日の内容はリウマチという病の原因から、出てきやすい症状との向き合い方、根本的に治っていくために必要なことまでわかりやすくて深いお話で、来て良かったと思いました。   ・病気の話を聞いてきた後の、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」がとても心に響きました。先生が前回にも言われていた「何をするかよりも、どうあるかが大切」ということが理解できた気がします。   ・今日は冒頭に「火の用心」と言われ、どういうことかと思ったのですが、炎症という「火」に対して、お手当てで温めるという温かい心での「火」で向き合っていくのだということに、得心しました。本当にとてもわかりやすくて良い時間でした。ありがとうございました。   〈次回講座のご案内〉 マクロビオティックの極意(症状別編・?) 第1回 9月6日(日)消化器の病 第2回 10月4日(日)婦人科疾患 第3回 11月1日(日)自律神経系 単発受講もできますので、是非ご参加ください。                                                      山口 徹平
  • 2015年08月06日 14時29分更新
  • ブログカテゴリー:

新月の日に~月のリズムでデトックス~

7月の新月の日! 正食クッキングスクールでは、初めての新月イベントが実施されました。 九州で「ムスビの会」を主宰され、全国でご活躍中の「月のリズム」で有名な岡部賢二先生に、ご担当いただきました。 当教室では、講義&料理という初のコラボレーション企画でもありました。   台風が関西に接近していたこの日。岡部先生は、浄化の意味あいが強い新月の日に、「台風」という「地球を浄化できる」状況もやってきてみなさんとてもラッキーですよね♪と開口一番、岡部節がさく裂でした。 満月、新月の意味合い、そしてその月のリズムに合わせた暮らし方をご提案され、みなさんとても熱心に聞き入ってました。 特に、「新月には、体を浄化するだけではなく、願い事を2個以上10以内書いて、祈ること」を勧められたタイミングでは、教室内のテンションがマックスになりました。「祈る」のは、「人に思いを任せる、頼る、寄りかかる」ことではなく、「自分の意図を乗せること。それが、本当のい・の・るということだ」と先生が力強くおっしゃいました。   その後、調理室に移り、料理デモンストレーションに。正食クッキングスクールから私、宮本貴子がデモを担当し、みなさんに食べていただく試食は、浅野里香指導員、今井麻優子さん(ただいま、指導員養成講座受講中)が担当しました。料理のレシピも、岡部先生の新刊「玄米甘酒ダイエット」(パルコ出版)からの提案でした。 講義で、月のリズムでの過ごし方を聞いた後、実際、新月にはどんな食事を頂けばいいかを提案し、その後、みなさんで試食。充実の一日で、とても和やかな雰囲気でした。  岡部先生のソフトで、ウィットに富んだトークで、試食後も質疑応答が続き、台風だということも忘れる素敵な時間をすごされました。受講者のみなさんも口々に「今日は、この食事だけにしてプチ断食しよう」ととても明るい笑顔でお帰りくださいました。    心も身体も洗われる新月の一日。これからも、「月のリズムシリーズ」企画を考案中ですので、お楽しみに♪  正食協会   宮本 貴子      
  • 2015年07月19日 10時42分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

7月12日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「家庭で役立つやさしい望診法・実践編」の第4回「手足・・・体の末端は内臓をあらわす」が開催されました。   病気を治すという時は、あれもこれもいろいろやりたいという気持ちはよくわかります。食べるもので言うと、アーモンドオイルは不発に終わり、ココナツオイルも塩麹ほどには話題にならなかった。商品のライフサイクルが短いんですね。今、たぶん紅茶きのこをしかけてきていると思うんですけど。紅茶きのこというのは私がこの仕事を始めた40年前頃ブームになったやつです。   桜沢如一先生が言っている“山高ければ谷深し”は、急に上がった株は暴落するように、一歩一歩進んでいかなくてはいけませんよ、ということを言っているんだと思います。やっぱりすごく大事なのは、マクロビオティックの7つの法則と12の定理です。この軸がないので、ブームに振り回されて右往左往しているんですね。一番大事なことは、基本のところだと思います。   山積している問題を一度に片付けようと思っても無理です。例えば指は10本しかないし、手は2本しかないわけですよ。とすれば自分のできること、やらなきゃならないことの優先順位を決めてやれば、あとは大きな問題に付随してくっついているんですよ。   問題を起こしている原因は一つなんです。よく考えてください。自分の一番マイナス部分、弱いところがいろんな問題を起こしているんですね。 病気もそうです。よく考えて整理して細かい症状を除いていくと、例えば砂糖に行き当たるとか、高タンパク食に行き当たるとか、あるいは排泄がうまくいかないとか、そこらへんに問題があってですね、いろんな症状というのはそれにくっついて出てきているんです。   望診は、やることは単純なんですけど、奥行きが深くて微妙に絡み合っていますので、そこを見定めていくには経験がどうしても必要です。たくさんの人を見ていく必要があるんです。結局頭で覚えたことと現実が全然違うということがいっぱいあるわけですよね。でも4回でどこまで伝えられるかと思ったんですけど、今回は末端で「手足」です。   9月から「望診からわかったからだの不調の改善法」を4回シリーズで開催いたします。足・腰・肩・頭の痛み、疲労、やる気が出ない、あるいは心臓、肝臓、肺の病、そして増えている心の病気。その原因は何か、一目でわかります。 何が多すぎて何が足りないのか? 家族の体調が分かればしっかり対策ができますね! 質問もどんどん受けつけます! 単発受講できますので、是非ご参加ください。   ・第1回 9月13日(日)肝臓と胆嚢の病気を改善 ・第2回10月11日(日)心臓と脳の病気を改善 ・第3回11月8日(日)胃と膵臓の病気を改善 ・第4回12月13日(日)心の病と不妊(生殖器)を改善                         山口 徹平        
  • 2015年07月16日 17時15分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナーが開催されました

7月5日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編)」の第2回「糖尿病、痛風、ガン、生活習慣病」が開催されました。   今日は七月五日です。太陽が出ている時間帯が一番長い夏至が過ぎ、二十四節気でいうと小暑で、一番暑い大暑(723日頃)までをいいます。 また、雑節では半夏生にあたり「夏が半分過ぎましたよ、田植えは終わっていないといけませんよ」という時期です。関西、特に兵庫県では、タコを食べる習慣があります。タコは足が八本あるので、そのくらいイネが地に根を張ってほしいという思いもあるそうです。   今日のテーマは生活習慣病です。自然のリズムから大きく離れた生活をしていると、身体の調子がおかしくなっていきます。 綜合医学会会長の渡邊昌先生は不規則な生活や美食が続いて、50代に糖尿病になってからは、外食を減らし、玄米を食べ、運動をして、20年以上血糖値をコントロールなさったまま、食育という言葉を世に広めた第一人者です。渡邊先生がいらっしゃらなかったら、ここまで食育とか食養という言葉が広まることもなかったのかもしれない。そういう意味での貢献はすごくなさった先生だと思います。   鍼治療というのは、簡単に言うとツボに鍼やお灸をすることによって、血流を変えるんです。気の流れというのを整えて、血流を整えます。冷えていて血流が悪いところに、きちんと血が届くようにしていきます。   治療だけで届かなかったら家に帰って、温めていただいたり養生してもらいます。これだけで患者さんを治せると思っていた時代もありますが難しいです。なぜかというと流れは変えることはできるけれど、血液の質は変えることができないからです。   血液の質は、ふだんの食べ物の積み重ね、思い考え方の積み重ねでしか変えることはできないんです。食べ物の質、もしくは食べる量、食べ方、あるいは過度のストレスがかかることによって発生する活性酸素を何とかしない限り、血液の質が変わらないから、流れが変わっても体は変わらない。   ということで、ご本人にある程度やってもらうこともあります。患者さんに対する働きかけをいろいろやっているわけですけど、基本的にはまず体のケアをします、だけど同時に心のケアもします、今どういう精神状態ですか、という問いかけもします。   もう一つ無意識レベルの問いかけもしないといけないのです。無意識にやっている動き方の癖、考え方の癖というものも。我が強い人は、我が強いままだとなかなか病気が治らないのです。   〈西下先生のコメントです〉 生活習慣病、糖尿病・痛風からガンまで、ということで難しい病気ではあるので、少しでも理解してもらえればと、いろんな角度からお話しさせていただきました。   生活習慣病というからには生活習慣をあらためれば治るはずなのに、それができないのはなぜなのか、を知っていただくために、「病気が治るうえで、最も大切なことは?」との質問に考えていただく時間もつくりました。   正しいかどうかでなく、それぞれの「こたえ」を持ち帰ってもらえて、病気になることを必要以上に恐れることがなくなったのかなと思います。   〈参加者の声〉
  • 砂糖や動物性脂肪が良くないとは知っていましたが、なぜなのかがよくわかりました。ラードの話は分かりやすかったです。
  • 「健康の七大条件」がどのように病気と関係があるのか、初めて腑に落ちました。正直に生きたいと思いました。
  • がん検診による被ばく、抗がん剤の副作用など、わかりやすく説明してもらって、治療を受けることも良いことばかりではないことを改めて知ることができて良かったです。
  • がんになっても食養をきちんとしてきた人は最期まで痛みで苦しむ人が少ないと聞き、これからも続けていく決心ができました。
〈次回に向けて〉 今日も出たことですが、すべての病気は血液の質によるもので、日頃の姿勢・習慣によるところも大きいものです。次回も続けてご参加いただいて異なる角度から病気をとらえ、病気を遠ざける生き方についてお役に立てればと思います。ありがとうございます。   次回、マクロビオティックの極意(症状別編)は、82日(日)です。テーマは「リウマチ、膠原病、自己免疫疾患」です。単発受講できますので、是非ご参加ください。                                                        山口 徹平
  • 2015年07月11日 13時52分更新
  • ブログカテゴリー: