ブログ「マクロなポケット」Blog

マクロビオティック手当て法・望診講座が開催されました

66日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・望診講座第二弾の第3回「心臓系の手当てと望診~ごま塩、葛梅醤番茶、還元塩を使った手当て~」が開催されました。   夏場弱りやすくなる経絡、心臓と小腸の望診をお話してみたいと思います。熱中症とか夏バテ、脱水症状対策となるお話と思ってください。   心臓と小腸が一つの経絡を作っていまして、これを心・小腸系といいます。心・小腸系の大事な役目は心臓が担っている血液の循環、血液の流れが滞らないように、循環させるポンプのような働きが心臓です。   小腸というところは、造血を行っている場所とマクロビオティック医学では捉えているわけですけど、その小腸が造った血液を循環させる働きが心臓であるわけなんですね。   もう一つ大事な働きは何かと言うと、血液だけでなく、熱の循環、これがとても大事な心・小腸系の働きです。ところが熱の循環が最も滞りやすくなるのが夏場ですね。   季節で言うと梅雨から一番暑い真夏の頃、6月、7月、8月です。環境の暑さがピークに達するのがこの頃。環境が発する暑さの熱と、体の熱が反発して、オーバーヒート状態になります。熱が滞ってしまって体全体がオーバーヒートを起こすようなトラブルが夏場増えるわけです。   熱がこもってしまってコントロールできなくなってしまう症状を熱中症と呼んでいるわけです。お年寄りに多発して、熱中症で脱水症状を起こして亡くなる方が結構多いわけです。   では、熱中症にならないためには、どうすればよいかと言うと、体を冷却する、これをクールダウンと言いますけど、ほどよく冷やしてあげる必要があるわけです。皆さん何をもって体というのは体温調節をしていると思いますか。 体の体温調節はどこが担っていると思いますか。汗ですね。   暑い時に、玄関先に“打ち水”すると涼しくなるのは、水が熱を吸って蒸発する時に、気化熱という形で熱を奪っていくんです。人間の場合の体温調節は、気化熱を利用した発汗作用ですね。汗が出ることによって熱が放熱、放散された結果、体が心地良い涼しい状態になり、熱中症を予防することができるわけです。だから汗というのは体温調節機能を担っている大事な働きなんです。   どうすれば汗がうまくかけるかというと、汗の成分が大事なんです。汗をなめるとしょっぱいように塩が含まれています。涙も鼻水も血液もおしっこもしょっぱいです。 血液はしょっぱい。太古の海水の成分とほぼ同じ成分バランスと言われていまして、血液や体液の塩分濃度は0.85%ですね。ちなみに海水の塩分濃度は3%です。   体液は、塩分がないと抜けない。体温調節する汗も鼻水もおしっこも、塩気がないと出ていかないんですよ。出て行かない人は“むくみ”という水が溜まる状態が出てきます。   塩気が悪い悪いと言われるので、基本的に塩気を控えていると言う人が全国的に多くなりました。でも、塩気がないと汗がかけないんですよ。それを脱水症状と言います。脱水というのは水が抜けきった症状ではなくて、塩分がなくなった状態です。脱水症状とは脱塩の症状のことを実は言うんですね。   次回の手当て法・望診講座は、 1 88日(土)「炎症や腫瘍、体の毒出しに」里芋・豆腐を使った手当て、体質の望診」 2 103日(土)「呼吸器やアレルギー疾患、リンパ系のトラブルに」大根やレンコン、干し椎茸を使った手当て、肺・大腸系の望診 3 125日(土)「婦人科・内分泌系の病気に」ビワの葉やコンニャク、そばを使った手当て、腎・膀胱系の望診」                                                     (山口 徹平)      
  • 2015年06月11日 13時08分更新
  • ブログカテゴリー:

元東京農業大学学長、進士五十八先生が来阪されます

614日、日曜日。「都市、食と農 ~百姓に学ぶ。環境市民として生きるには。」をテーマにしたイベントを開催いたします。大阪ぐりぐりマルシェなどを運営する谷町空庭と正食協会のコラボ企画です。 午前中は、進士五十八先生と中之島公園をスタート地点として街を歩き、風景の見方を教わる「ランドスケープツアー」。(参加費1,000円税込み) 午後からは、正食協会3階セミナールームにて、「百姓を見直そう!」と題した講演会を開催します。(参加費1,500円税込み) 貴重な機会です。ふるって是非ご参加ください。   お申し込み方法は、 ちらしに記載されている必要事項を記入のうえ、谷町空庭(soraniwanowa@gmail.com)にメールでお申し込みされるか、正食協会(main@macrobiotic.gr.jp)にメール、または電話(06-6941-7506)でお申し込みください。 参加費などは、当日のお支払いとなります。   *プロフィール 進士五十八(しんじいそや)。 造園学者、農学者、元東京農業大学学長。20154月、天皇皇后両陛下御臨席のもと「みどりの学術賞」を受賞。そこでの紹介文を下記に引用します。   進士氏の功績において最も特筆すべきは、『みどり』に対する国民の理解増進への貢献である。これまで空白であった都市における「景観の保全・育成」に市民協働による運動を立ち上げ、政策と連動させ国民的運動をつくりだしてきたことは、氏の極めて重要な貢献であり、このような草の根の活動が「景観法」の制定につながった。   ◆「みどりの学術賞」の紹介文 http://www.cao.go.jp/midorisho/gakujutsusho/profile_shinji.html

オーストラリアとイギリスからのお客様が来られました

524日日曜日。オーガニックネットワークを世界に広げる、むそう商事が取引するオーストラリアのシドニーで、およそ30年日本の伝統的な食品を中心に取り扱っている老舗のSpiral Foodsの社長ジェームスさんと、イギリスはロンドンで主にビーガンフードを扱う食品卸会社COMMUNITYのマーケティング担当のトレーシーさんが来訪されました。  (左から)指導員の宮本貴子さん、むそう商事の松田宗道さん、ジェームスさん、トレーシーさん ジェームスさんは、タイのバンコクで開催されていた食品展示会Thaifexに行った帰りで、トレーシーさんはオーストラリアのスパイラルフーズの得意先のお店を回ってこられ、日本で合流されました。トレーシーさんは少しお疲れのようでしたが、疲れを知らないパワフルなジェームスさんに引っ張られる感じで来られました(笑)。   コミュニティは、Sanchiという日本食のブランド、ドライフルーツやナッツのブランドJumble beeなどを4つのブランドを展開されています。いただいた名刺の裏に4つのロゴがありました。   トレーシーさんは、日本でのマクロビオティックの普及について興味をもたれており、どの国でも、女性が料理する時間がなくてなかなか食育が進まないということなどを、正食クッキングスクールの宮本貴子さんと話し合っていていました。   当日は、小松英子先生が担当する初級の教室が行われていて、ゆっくり見学していただきました。食材や調理法にとても興味をもっておられました   二人は、これから日本のたまり醤油やせんべい、豆乳工場などを視察に回る予定で、トレーシーさんは宮本さんに「ロンドンにあるマクロビオティックレストランやビーガンレストランをイーメールで教えるね」と笑顔で帰って行かれました。      ムスビガーデンの前で記念撮影。左から2番目の若手は、むそう商事の江原大貴さん  

チェコからお客様が来られました

516日土曜日、オーガニックネットワークを世界に広げる、むそう商事が取引するチェコのCOUNTRY LIFE社の輸入担当マネージャーUlisesさんが来訪されました。Country Lifeという社名の通り山の中の大自然に囲まれた地にあり、小売店とレストランを9店舗経営し、自社農園、オーガニック&ヘルスストア、ベーカリーと多岐にわたり事業を展開しています。ビッフェ形式のベジタリアンレストランは女性に大人気だそうです。   かつて肉食文化だったチェコですが、近年オーガニック市場は大変伸びてきており、首都プラハには85店舗ものベジタリアンフレンドリーなお店があり、その内25店舗はビーガンレストランです。日本の食もヘルシーな食品として理解されていて、これからの成長が見込まれています。   この日、正食クッキングスクールは師範科コースで、中華料理のプロフェッショナル蓮田マチ子先生の授業でした。Ulisesさんは、テーブルの上の食材を手に取り、先生に質問をするなど興味津々で見学されていました。人なつっこい彼ですが、カメラを向けると見事に伏し目がちとなり、ずいぶん照れ屋のようです。   Ulisesさんは、日本のカラオケが超お気に入り。「島んちゅぬの宝」が大好きで、「あったかいんだから~」もレパートリーに加わったそうです。   (左から)事務局の宮本貴子さん、蓮田マチ子先生、Ulisesさん、むそう商事の細川美由希さん、平川裕佳理さん      

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

  5月10日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「家庭で役立つやさしい望診法・実践編」の第2回「目・・・目に現れる印は全身をあらわす」が開催されました。   病院に行って血液検査しても異常は出ない、でもあきらかに調子が悪い。お医者さんは「気にしすぎじゃないですか」「自律神経が失調しているんじゃないですか、ゆっくり休んでください」と言いつつ、病院ですから一応薬が出てくるわけです。 だるさとかめまいとか頭痛とかあるわけですから、これが未病というやつで、病気に至る前兆のことなんですね。   身体に現れる様々な印は、顔には出ないけど足に出る、目には出ないけど手には出る。人によっては爪に出る人もいますし、手の爪にはでないけど足の爪に出る人がいる。ですから、食事指導をしてほしいという場合は、いくつも見ます。 望診をしたけれど、ここが悪いんだ、と終わってしまうのではなく、どう対応したらいいんだろう、ということを後半に学びます。   私たちの体は、60兆の細胞と100兆個を越える腸内細菌がいます。それと数えきれない数の常在菌が肌に付いています。なぜかというと、敵が来たとなると常在菌が食ってくれるんです。のどや鼻から外敵が入らないように守ってくれています。   それらが元気に働くにはどうすればいいかというと、身体の外側に陽気がないとだめなんです。だから東洋医学では外側が陽だといっているんです。気が陽です。がんばって気が張って、一仕事終えて気が抜けますよね。抜けない場合はお酒を飲んだり甘い物や果物を食べたりして、ほっとしますよね。気が抜けると、邪気が入ってくるんです。 気が張っている時は風邪をひかないんだけど、気が抜けると入ってくる。なぜなら気は熱だからです。熱が体表面を守っているんです。   次回第3回は、6月14日(日)。テーマは「舌・・・どの臓器に熱があるか、冷えているか」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしております。
  • 2015年05月19日 09時12分更新
  • ブログカテゴリー: