ブログ「マクロなポケット」Blog

岡部賢二先生の「陰陽五行による望診講座」が行われました

 

6月4日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・陰陽五行による望診講座の第2回「陰陽五行による心・小腸系の望診~循環器系のトラブルに梅干、醤油、番茶を使った手当て~」が開催されました。

 

DSC06337.JPG

 

5月5日が立夏。暦の上で夏を迎え、8月7日の立秋まで夏の季節が続きます。この季節に、最も負荷がかかりオーバーワークとなり疲れやすくなる臓器が、心・小腸系。心臓と小腸の経絡です。

 

講座の前半は、心・小腸系が弱るとどのような症状が人体に出てくるのかという自己診断の方法についてお話していきたいと思います。後半は、夏場の熱中症とか夏バテの手当てということで、マクロビオティックの三種の神器の一つでもある、梅醤番茶、梅酢を使った手当てのいくつか紹介していきたいと思います。自宅に帰られて実践して初めて生かされるのがこういった理論ですので、しっかり学んで帰っていただくと嬉しいし、有り難いなと思います。

 

心・小腸系の役目、一番大事な働きと何かということをお話しましょう。

五臓六腑という表現がありますけど、心臓と小腸の臓器が合体してひとつの経絡を構成しています。小腸は、腸管造血といいますけど、血液を造血している製造工場と我々マクロビオティック医学では捉えているわけです。骨髄で造血しているのではなく、小腸というところで食べものが吸収されて、それが血液に変わって、全身をまわっていくと捉えます。

 

この造血した血液を心臓というポンプで、全身に循環させるわけで、血液の造血と循環と、この二つが一番大事な役割です。私は、心・小腸系を一言で循環器系と表現して捉えているんですね。

春が終わって夏になると、循環器に関わるトラブルか実は非常に増え始めるんですね。心臓がばくばくするような。動悸がするとか。脳・神経系、具体的に言うと意識とか、思考、睡眠、これも心・小腸系が管理しているとみていきます。

 

こういう捉え方が現代医学にはないですね。東洋医学的な、易学の思想から発展した陰陽五行では、ただ単にポンプとして心臓の経絡が存在するのではなく、脳・神経ですね、意識、思考といったところにかなり影響を及ぼすと捉えていきます。

 

DSC06335.JPG

 

夏場になって心臓が弱ってくると不眠症という睡眠障害。金縛りにあう人、いびきをかく人とか、ないしは睡眠時の無呼吸症候群とか。歯ぎしりをよくするとか。なかなか熟睡できないような状態があれば、どこを睡眠障害改善すればいいかというと、一つは心臓の経絡をケアしていくとぐっすり眠れることができるようになります。

 

 

 

岡部先生セミナーの今後の予定です。

8月6日(土) 「陰陽五行でみる胃・脾臓系の望診~免疫系のトラブルに玄米、葛、甘酒を使った手当て~」

10月1日(土)「陰陽五行でみる肺・大腸系の望診~リンパ系のトラブルに里芋、大根を使った手当て~」

12月3日(土)「陰陽五行でみる膀胱系の望診~内分泌系(婦人科系)のトラブルに小豆に小豆、こんにゃく、海藻を使った手当て~」

 

これから本格的な夏をむかえていくにあたり、ご自分でできる体のケアを覚えて実践してください。簡単で体にも優しいですので安心です!単発受講もできますので、是非ご参加ください。

 

お申し込みはコチラから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S78047950/

 

  • 2016年06月24日 09時32分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生セミナー「冷えと病を遠ざける、姿勢のつくりかた」が開催されました

6月5日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「冷えと病を遠ざける姿勢のつくりかた〈アレルギー編〉」の最終回「アトピー性皮膚炎・湿疹・蕁麻疹」が開催されました。

冒頭、事務局から間もなく上映予定の映画「甘くない砂糖の話」と「シュガーブルース」の紹介がありました。

20160606092059034_01.jpg

シュガーブルース_チラシ初稿_01.jpg

 

 

それを受けて西下先生のマクロビオティックとの出会いと食養体験の話をされました。

 

DSC06354.JPG

 

二十代半ばでマクロビオティックと出会い、元気でしたが健康ではなかったと思います。体重も今より20キロほど多くて、相当大きかった。その頃ぼくを見たある人から「熊や」と言われましたから(笑)。

 

マクロビオティックで病気の人が良くなるのではあれば、元気な自分がどこまで元気になるのか、と思ったのが実践のきっかけです。何カ月かきっちりやった結果、健康診断の数値が正常化するのは当たり前なんでしょうけど、一番びっくりしたのが、視力が0.7から2.0になったことです。食べものを変えて血液の質が変わればいろんなものが変わるんだなと思いました。

 

あと疲れなくなった。二十代なのでしんどかったわけじゃないけど、一層疲れなくなった。めちゃめちゃ元気になったということが立証済みです。もちろん食べものが変わっただけではなく、環境が変わったとかいろいろあると思いますが。

 

DSC06364.JPG

 

今回でこのシリーズも一旦は終わりになるので、「どうしてもお伝えしておきたいこと」を中心に、心構え・基本姿勢から、湿疹や痒みという症状とのつきあい方まで、広く深く話させていただきました。

 

とくに、ありがちな誤解、お手当てでやってしまいそうな勘違いなど、具体例も交えてでしたので、参加してくださったそれぞれの方が、なにかしら持って帰っていただけるものがあれば良かったなと思います。

昨年からずっと続けて参加してくださっている方や、別のところでの講座に参加していただいての再会もあり、とても有難かったです。

 

 

受講者から感想をいただきました。

・先生ご自身とご家族の体験にはじまり、とても心に響く話がいくつもありました。今よりあとほんの少しの知識、ほんの少しの勇気、私ももちたいと思います。

・お手当てに使う保湿剤やオイルにも陰陽があって、その都度使い分ける必要があることなど、目から鱗でした。頭だけで学んでいても、学んだつもりになっていたような気がして、今日は参加して良かったです。

 

私だけでなく、皆さんの質問の一つ一つにも丁寧に答えてくださっていて、それがまたつながっていっていくようで、すごく学びの多い1日でした。ありがとうございました。

 

 

西下先生より以後についてメッセージをいただきました。

今シリーズは、今回で終わりとなりました。次回は、半年先くらいから、また新しいシリーズが始まる予定です。ずっと参加してくださってた何人もの方から、残念とのお声をいただきましたが、一旦は離れて、それぞれがご自身で考えて行動する力を養っていただくときとご理解いただければと思います。また、近いうちにお会いしましょう。ありがとうございます。

 

 

 

  • 2016年06月18日 10時34分更新
  • ブログカテゴリー:

6月5日大阪校師範科コース

2016年春スタートの師範科コース、3回目の教室が6月5日に開催されました。講師は今村圭子先生。今回は醤(ひしお)を使用するということで、醤と発酵の解説もありました。醤とは現在の醤油や味噌の原点ですね。 DSC06357.JPG 盛り付けも素晴らしいです。初夏らしく鮮やかな彩りで華やかですね! DSC06365.JPG ブラウンライストマトピラフ、パワーアップサラダ、いろいろ豆と車麩の香草パン粉焼、柑橘ゼリーオレンジソースの出来上がり♪ DSC06366.JPG お誕生日の生徒さんがいらっしゃったので、みんなでバースデーソングを歌って乾杯! DSC06373.JPG 午後は野口清美先生の食養料理と食箋料理についての講義。 食養料理とは人間の生体や環境、食文化を考慮し、生命を丸ごと陰陽調和して調理した料理。よく噛んで食べることで病気を防いで、身心ともに健康を維持します。一方、食箋料理とは、病気治癒や体質改善のために短期的に行う食事法です。 DSC06374.JPG 師範科コースでは午前に料理実習、午後は講義を行い、季節やテーマに応じた内容の濃い授業を受けることができます!先生方はマクロビオティックの知識はもちろん、人生経験が豊富で生き方のヒントをたくさん下さいます♪料理だけじゃなく、自分に合った生き方の指針を得ることができるのもマクロビオティックの魅力です。 今、初級~上級を受講中の方も、ぜひ師範科めざして頑張ってください! みなさん1日お疲れさまでした! 事務局 添田  
  • 2016年06月14日 10時24分更新
  • ブログカテゴリー:

7月スタート!鈴木敏文先生「操体法で身体の痛みをとる講座」

鈴木敏文先生の「操体法で身体の痛みをとる講座」が7月からスタートします。全三回の講座です。 マクロプラス.jpg 鈴木敏文先生は幼少期より病気がちで、そのため幼稚園児の頃から医学に関心をお持ちだったそう!様々な治療法、健康法を学ぶ過程で、治療というものに疑問を抱き、健康になるのは本人以外には出来ないという結論に至ります。病気と健康の状態を決めるのは生活習慣で、それらの正しい原理を理解し、適用することが健康をコントロールする唯一の方法と考え、指導されています。鈴木総合治療院院長、鍼灸師。真・食養会講師。 鈴木先生から講座のご紹介です。 「宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。整体やカイロプラクティックのように他人から受けることも無く、自分で正すことや痛みを取ることは難しくありません。この講座では操体の息、食、動、想のうち、動きの原理を使って、自分自身で体の歪を正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていきます。また、正しい動作を理解して身体が歪む原因を正していくことができます。痛みが敵ではなく、味方であることを理解することが出来ます」 7/3(日) 10:30~12:30 自分で身体のひずみを正す方法 8/7(日) 10:30~12:30 自分で身体の痛みを消す方法 9/4(日) 10:30~12:30 身体のひずみを作らない正しい動作 ※全三回ご参加いただく講座です。ただし前回の鈴木先生の講座を受講いただいた方は単発参加可能です。 お申し込みはコチラから↓ https://ws.formzu.net/fgen/S9153298/  
  • 2016年06月13日 13時02分更新
  • ブログカテゴリー:

「操体法で身体の痛みをとる講座」開催

5月28日、鍼灸師で鈴木総合治療院院長、真・食養会講師の鈴木敏文先生の操体法の講座第3回「身体のひずみを作らない正しい動作」が開催されました。マクロビオティックは宇宙の秩序を展開した食事法ですが、宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。動きの原理を使って、自分自身で体の歪みを正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていただく講座です。 DSC06287.JPG   人間は地球上に立っています。重力で地面に引っ張られているんですよ。 引っ張られている力に逆らって立っている。二本足の人形を立たせようとしても難しいでしょう。立つためにいろんな筋力ががんばっているから立てるんです。   力学的にはすごいストレスがかかっているんですよ。ストレスがからだの歪みを作るんです。どこからつかれても崩れないような安定した動作で、日常を過ごしていたらからだは歪まないんですよ。日常動作で安定した正しい形で24時間いれば歪まないです。厳密にはかなり難しいですけど。 DSC06285.JPG   重心安定の法則というのは、足は親指側、手は小指側に力が入ると重心が身体の中心にくるんですよ。どんなスポーツとか武術の動きでも、足は親指側にかけます。小指側にかけると外側に重心いきますから。   食事でも身体の歪みはうまれます。陰性なものを食べると小指とかかと寄りに重心が移ります。日常の動作と共に食事をきちんとしていたら、身体の歪みもうまく修正できます。「息食動想」は関連し合っていて、どれか一つが引き上がったらほかも引き上がるという関係です。   手は小指側。野球のバットを持つのもテニスのラケットも剣道の竹刀もゴルフのクラブも小指・薬指側です。強い力を出す時は小指・薬指側で持たないとだめなんです。小指・薬指側に力が入ると中心のほうに重心が来ますから、中心から力で出てしかも安定した動作になるんです。  DSC06278.JPG 雑巾を搾るとき、小指・薬指側で搾ると力が中心のほうに寄りますし、脇も締まるし強い力が出るんです。親指・人差し指で搾ると脇は空くし、力が分散するから、搾り方も弱くなります。昔は家庭の中の躾でも身につけていたんでしょうけど。30年近く前、健康学園を手伝っていた当時でも、子どもたちは雑巾をちゃんと搾れませんでした。どんなスポーツでも芸事でもこの法則に則った形が力強いし疲れにくいし、外から見ていても美しいんです。   鈴木敏文先生の「操体法で身体の痛みをとる講座」はご好評につき7月からも開催されます!正しい動作を理解して身体が歪む原因を正していきましょう。 7月3日(日)自分で身体のひずみを正す方法 8月7日(日)自分で身体の痛みを消す方法 9月4日(日)身体のひずみを作らない正しい動作
  • 2016年06月11日 11時41分更新
  • ブログカテゴリー: