ブログ「マクロなポケット」Blog

6/2元気力を引き出す自然医術パート2 第1回

 

鍼灸院の院長であり、統合医療専門クリニックで 鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の 自然療法セミナー、 元気力をひきだす自然医術シーズン2「症状別編」が スタートしました。

1回目のテーマは、「冷え・浮腫みについて」。

 602西下1.JPG

今日(6月2日)は、歴史的には「本能寺の変」があった日で、 二十四節期で言うと「小満」にあたる日です。小さな満足・・・。 自然の営みにありがとうと思える感謝の気持ちが、 健康や養生の第一歩だと思います。 麦の穂が育ち、田植えが始まり、そして梅雨の走りの時期です、 と話が始まりました。 小満の話は“足るを知る”という言葉が頭に浮かびました。

 

なぜ冷えるのか、浮腫むのか。 冷えるとなぜよくないのか。 ヒトは暑くても寒くても36.5±の範囲の体温に 設定されている恒温動物であり、 その体温でうまく活動できるシステムになっています。

 

35台の低体温になると、消化酵素の働きが半減し、 基礎代謝力が1220%減、免疫力が3037%減となります。 日本人の死因のナンバー1のがん細胞が最も好む体温が 35台と言われています。

 

割と軽く考えている人が多い冷えは、 様々な病気を引き起こす要因であることが分かってきます。

各自の冷えのチェックがあり、講義はどんどん深くなっていきました。

602西下2.JPG 

講座を終えた西下先生の感想です。

いつも終了後に、お一人ずつ質問などで並んでくださるのですが、 皆さんそれぞれが良い質問をされたり、体験談をお持ちなので、 せっかくだから一人でも多くのご参加いただいた人たちを 共有できたらと思い、終了後に時間の許す範囲で座談会風に 皆さんからもお話していただきました。

本当にお一人お一人が貴重な体験をお持ちで、 それをお話していただくことで、共に成長していける「場」 という空気が感じられて、みんながより一層仲良くなれて 帰っていただけたのではないかなと、有難かったですね。

 

参加者の感想です。

・自分でできるチェックポイントや、とくに注意が必要な場合の話、 そして自分でできるお手当ての話まで聞けたので良かったです。

 

・陰陽から詳しく解説してくださって、 『冷え・浮腫みというのは、陰性な症状。広く外の環境から 考えてみたら、地球は温暖化、日本列島は地震の活性期ということで 陽性な時期に入っているので、陰性な人が増えるのは当然。 また小さく内の環境として見ると、陰性な体質のなかで、 硬く固まっていくガンという病気になりやすいのも必然』 というお話に納得がいきました。

 

西下先生から、次回の紹介です。

来月のテーマは「湿疹・かゆみ」について。 春から初夏にかけて出やすい症状のひとつです。

一言で痒みと言っても、本当に治癒するのはとても難しい ケースもあるのですが、根本的な原因から、自分でできることまで、 できるだけ詳しくお伝えさせていただいて、 元気に過ごしていただくのにお役に立てればと思っています。

  次回は7月7日、七夕の日に開催。 単発での受講も可能ですので、ぜひご参加ください。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月05日 11時15分更新
  • ブログカテゴリー:

6/3研修科☆

  連日とっても暑い、大阪です。 今回は、月曜日におこなわれた研修科の模様を お伝えします。 研修科は、師範科を卒業された方が 正食協会認定の指導員資格を取得する目的で、 また「卒業したけれど、もっと学びたい!」という思いで お越しになられます。 今回も、そんな意欲ある皆さんが集まって、 充実した授業となりました。 それぞれ担当の料理をデモし、またアシスタントで サポートし、校長先生やベテランの講師陣に さまざまなアドバイスを受けます。 料理の作り方の手順、ポイント、さらには その食材や陰陽、特徴(効能)まで、 いろいろ勉強されてくるので、お伝えしたいことがいっぱい! しかし、授業時間にはもちろん限りがあるので、 デモにも制限時間があるのです。 いかに生徒さんを情報過多で混乱させないよう、 どこに重点を置いてどこを省くか。 そういったことも、勉強の一環になっていきます。 研修生のデモが終わると、ベテラン講師のデモが おこなわれました。 今回は藤井美千代先生が担当されました。 603研修藤井.JPG その後、ネットワーク三木教室の宮田官往先生による 「魚のさばき方」と「包丁の研ぎ方」の講義。 603研修宮田1.JPG 長身の宮田先生が持つと、出刃包丁も小さく…見えますが、 長年使い込み、研いでいくうちに小さくなったそうです。 少し見にくいですが、左側の鞘と大きさを比べてみてくださいね。 603研修宮田2.JPG 今回の教材の魚たち。 「マクロビオティックは、動物性は絶対食べない!」と思っていらっしゃる方が おられるかもしれませんが、そんなことはありません。 マクロビオティックの源流は、昔から日本人が食べてきた食事。 海に囲まれた日本では、魚は昔から食べられてきました。 ただ、最近はお米や野菜などとの食べるバランスが崩れている 場合(偏って食べ過ぎている)が多く、 そのため料理教室では基本となる料理に、 ほとんど魚など動物性食品が入っていないのです。 海が近かったり、新鮮な魚が手に入る魚屋さんが近所だったり したら、丸ごと1匹買ってきて家でさばくのが日常茶飯事かも しれないですが、 スーパーの切り身しか身近にはない、という方もおられるのが、 最近の家庭料理事情。 「ハレの日のご馳走など、いざというときに スマートに魚も扱えてこそ、お料理の指導者!」(by校長先生) ということで、「みなぎ乃」店主の宮田先生に技を伝授いただきました。 603研修宮田3.JPG ↑真剣に先生の手元を見つめる研修生の皆さん。 3種類の魚の特徴に合わせての包丁の使い方を、実演されました。 見事に魚が三枚おろしにされ、皮のはぎ方も教えてもらったあとは、 包丁の研ぎ方です。 603研修宮田4.JPG 砥石の種類、研ぐ前の砥石のチェックの説明や、 注意事項などを交えながら、丁寧に教えていただきました。 「普段は自分で研ぎますが、定期的に買ったお店の研ぎ師さんに 研いでもらい、メンテナンスしてもらったほうが切れ味も包丁も 長持ちします」とのことでした。 603研修実習.JPG 手分けして料理を仕上げる一方、包丁の研ぎ方の 実習もおこなわれました。 午後からは、野口先生による講義がみっちり。 603研修講義.JPG 皆さん真剣に受講されていました。 次回の研修科は7月1日、この回の講義は特別講師として 橋本宙八さんがお越しになります。 現在上級クラス、師範科クラスを受講の方も、講義に参加できますよ! 受講料は3,000円、まだ定員には余裕がありますので、 「受講してみたい!」という方は事務局までお申し込みください☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月04日 17時13分更新
  • ブログカテゴリー:

6/1実生活に役立つ手当法・望診法講座2

 

正食協会・理事の岡部賢二先生の健康講座です。 601岡部6.JPG

春夏秋冬の各季節に、病気にならない食生活と 手当法・望診法を学ぶシリーズで、今回は第2回。 「季節の変わり目の健康法  豆腐と里芋を使った手当法と胃の望診」です。 601岡部1.JPG

 

最初は、マクロビオティックの手当法の代表選手、 豆腐パスタの説明から入りました。 豆腐には、カリウムという陰性成分が多く含まれているため、 皮膚にあてて熱をとる働きがあります。

そして、小麦粉にもカリウムが多いので、昔から湿布薬として、 小麦粉に酢や焼酎を混ぜて練って使われていました。

そのようなことから豆腐パスタは、物理的ではなく、 “化学的”に冷やします。

 

豆腐の原料の大豆そのものが、陰性が強く、 豆乳や豆腐を食べ過ぎると身体を冷やすことになります。

小麦粉の中に手を入れると、ひんやりします。 天然のラジエター効果です。

夏場の冷や奴はおいしいですね。 冷や麦、そうめんを食べたり、麦茶を飲むのもそのためです。

 

水を切った豆腐と小麦粉と少量の生姜を混ぜて練ったものが 豆腐パスタという湿布法で、1cmくらいの厚みにして ガーゼに包み、おでこに貼ると39を超える高熱を 取ってくれます。冷えを取る力は一番です。

37以下に熱が下がったら、青菜湿布 (キャベツなどの青菜を23枚重ねて貼る)に切り替えます。

 

岡部先生が、キャベツの葉っぱをおでこに貼って説明が始まると 笑いが起こりました。 601岡部3.JPG

「家の子供たちは嫌がりますが、熱がちょっと出た時は、 頭にキャベツを乗せます。 来られたお客さんが見てびっくりされますが(笑)」

キャベツがない時は、他の青菜でもかまわないようです。

 

熱取りの豆腐パスタの実演に続き、 毒の吸い出し効果が強い里芋パスタの説明、実演です。 601岡部4.JPG なぜそうなるのか、というメカニズムを丁寧にゆっくり、 繰り返し解説があり、受講者も納得した様子でした。

601岡部5.JPG 

次回は83日、「夏の健康法 梅干・梅酢を使った手当てと 心の望診」です。単発受講もできます。お待ちしています。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月04日 13時55分更新
  • ブログカテゴリー:

5/29ビオ・マルシェ特別教室☆

 

529日、「マクロビオティック料理教室@天満橋  旬のお野菜を美味しくいただきましょう」と タイトルのついた料理教室が開催されました。 オーガニック100%の品ぞろえをめざす宅配、 ビオ・マルシェと正食協会がコラボして、 ビオ・マルシェの会員様だけを対象にした スペシャル教室です。

 

オーガニックの世界で先駆けのビオ・マルシェさん。

全国でたった0.23%しかない国産の有機農産物の10%が、 ビオ・マルシェさんの畑で育っているそうです。

 

ご家庭で、その有機野菜を食べている会員様に、 野菜や豆や穀物の料理を最も得意とする正食協会で、 さらにおいしくいただく調理法や、レシピを知って いただく機会になればと思いました。

 

当日の担当は、ベテラン島田弘子先生です。 529ビオ教室1.JPG メニューは、大豆と芽ひじきごはん、小豆入り団子スープ、 キャベツコロッケ、青菜と切り干しの和え物です。

529ビオ教室2.JPG 和気あいあいと実習するビオ・マルシェ会員の皆さん。  529ビオ教室3.JPG お料理が完成しました♪ 529ビオ教室4.JPG 皆揃って「いただきます!」

昼食時に、岡田校長が教室に入り、野菜の効用、食べ物と健康、 塩のこと、調理の仕方と四季と調和のとりかたなど、 ワンポイントレッスンがあり、真剣な表情で聴かれていました。 529ビオ教室5.JPG

 

   担当した島田弘子先生の感想です。

   野菜のこと、身体のこと、健康に関心の高い人が多くて、 さすがオーガニックの食材を選んでいる人たちだなと感じました。

   初めての出会いとは思えないくらい、楽しそうで、まとまっていて 良い雰囲気なのが不思議でした。同じ食べ物(オーガニック)を 食べているからでしょうか(微笑)。

 

   後日いただいた、参加された方の感想です。

   親しみやすい先生で、分かりやすかったです。時々、 時間が足りなくなるので、途中で終わったお話を もっと聞きたかったです。 

   初めてのマクロビオティック料理体験でした。 その日から毎日玄米を炊き始めたところ、 体重が落ちてきて驚きです。 主人と子供は、薄味になじめないようですが、 私だけでも続けてみようと思っています。

今回の教室が、ビオ・マルシェさん自慢のお野菜のパワーを更に引き出す お料理となるきっかけとなればいいですね。 初めての会場で、たどり着くまでに迷われた方もいらっしゃるかと 思いますが、皆さんご参加いただき、有難うございました。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月03日 17時18分更新
  • ブログカテゴリー:

5/31スペシャル「食養&お手当て」第1回

  早いもので6月も、もう3日目。 梅雨入り宣言後逆にあまり雨が降っていないような 大阪です。 今週も暑い日が続きそうですね。 さて、今回は5月31日におこなわれた、 岡田校長先生によるスペシャルコース 「食養料理とお手当て」第1回の模様をお伝えします。 531食養1.JPG このコースでは、多くの諸先輩方から正食を伝授された 岡田校長先生自ら、食養料理とお手当てについて指導して いただきます。 参加された方の多くは レギュラーコースなどを現在受講されている方でしたが、 今回がまったく初めて、という方もおられ、 第1回の「基本」となる「玄米ご飯の炊き方」や「基本のお味噌汁」を じっくり学ばれました。 531食養食材.JPG おかずは、この時期にさっぱりといただける 「新玉ねぎと青菜(キャベツ・絹さや)の梅味噌和え」。 531食養土鍋.JPG 玄米ご飯は、圧力鍋での炊き方と、土鍋での炊き方2種類を 実践しました。 531食養味噌汁.JPG いついただいてもほっとする、基本のお味噌汁。 お野菜の旨みが引き出されて、昆布や鰹節といったお出汁が 必要ない、というのは、皆さんご存知の通りです♪ 531食養実習.JPG レシピを確認しつつ、校長先生に調理の具合を見ていただきました。 531食養試食.JPG 試食が完成です! 奥が土鍋ご飯、手前が圧力鍋のご飯で、 圧力鍋ご飯は、校長先生が準備されたよもぎを刻んで、 混ぜご飯となりました。 和え物の野菜はサラダ風なので、 「蒸し煮」は野菜の食感が楽しめる程度にされました。 午後からは、「飲むお手当て」の授業。 全員で、湯飲みの中で梅干しを潰し、「梅醤番茶」を手作りしました。 「このお湯飲みは小さいので、お醤油の量は調整してくださいね」 と校長先生。 531お手当て2.JPG 皆さんとても充実された時間だったようです。 授業後、帰る間際に校長先生とお話される方もおられ、 「食養とは何ぞや」ということをしっかり学ばれたかと思います。 次回の「食養料理とお手当て」は、6月28日(金)。 まだまだ梅雨本番最中の頃でしょうが、 皆さんの元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月03日 12時05分更新
  • ブログカテゴリー: