ブログ「マクロなポケット」Blog

朝霧高原診療所に行ってきました

 

一昨年、大阪で行われたホリスティック医学協会の シンポジウムで、医師、山本竜隆先生の講演をお聞きして、 いつか訪れたいと思っていた富士山麓の朝霧高原。

標高700mの土地に診療所を開設されていて、 近くに購入した自然林や湧き水、清流などがある 約2万坪の土地に、滞在型の養生施設を作りたいと 話されていました。 そのリトリート施設、富士山静養園が、 今年の4月にオープンしたのです。

 

527日、梅雨入りしたかもしれない湿度と、 どんよりした空でした。 新幹線の新富士駅を降りて、駅前でレンタカーに乗り、 ひたすら富士山の方向へ車を走らせました。

山本竜隆先生は、アリゾナ大学統合医療プログラムの 代表であるアンドルー・ワイル博士の著書『癒す心治る力』を読んで、 大きな影響を受けました。

そして、本当の医療のあるべき姿、先生が目指 す医療の方向性が正しいことを確信されました。

 

自分の理想とする医療を実現するためにヨーロッパの 自然環境を活かした郊外型医療施設を視察されました。

そして何年も土地探しをした結果、 朝霧高原にたどり着いたのです。

 

登り一辺倒の道をドライブして、カーナビの指示通り 曲がったところに、朝霧高原診療所がありました。 IMG_7420.JPG

診療所の中には、何人もの患者さんがおられました。 先生に到着のご挨拶だけして、富士山静養園に移動しました。

鳥の鳴き声と風が葉をゆらす音だけの世界がそこにありました。IMG_7401.JPG

IMG_7383.JPG 一羽の鷺が静かに飛来し、我々を歓迎してくれました

  早速、山本先生の奥様に案内していただき、 敷地内を散策しました。 IMG_7384.JPG

あいにくの曇り空で、ふだんなら目前に迫る富士山が、 見えないのが残念です。

広葉樹が茂る原生林の中を歩きました。 清流がきれいです。ひんやりした空気が心地よく、 草や土の香りと共に深く吸い込みました。 IMG_7390.JPG 

IMG_7387.JPG 野生のクレソン 

IMG_7392.JPG 

奥様の心づくしの玄米菜食の夕食を堪能した後、 診療を終えた山本先生が来られ、ゆっくりお話をお伺いしました。

「“下医は病気を治し、中医は人を治し、上医は社会を治すとも言われているように、自然環境や社会、生活全般を含めた 幅広い視点で、人の健康や医療をとらえて実践していくことが、 本来の医療の有り方、医師としての活動ではないかと考え、 目指しています。」(朝霧高原診療所のホームページより)

テレビも新聞も何もない夜を贅沢に過ごそうと 早めに寝室に入りました。 そして、ほどよい疲れと共に、深い静寂と漆黒の闇に 沈んでいきました。

  

 翌朝、山本竜隆先生に、村の聖地・陣馬の滝に連れて行ってもらいました。

 IMG_7416.JPG

「むすび」8月号の特集にて詳細をお伝えします。どうぞご期待ください。

IMG_2751.JPG (Terry) 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

  • 2013年06月02日 10時21分更新
  • ブログカテゴリー:

能楽教室に行ってきました♪

  5月23日、大阪梅田から程近い、大阪能楽会館にて おこなわれた「見て・さわって・楽しめる 能楽教室」に 参加して来ました。 以前ブログでもご紹介させていただきましたが(4月25日の記事)、 小鼓方の上田敦史さんが正食クッキングスクールの上級クラスに 通われていることがご縁となり、この教室のチケットをプレゼント いただいたのです。 無人舞台.JPG ↑上演中は撮影できないため、始まる前の無人の能舞台。 客席には、外国の方も多く見かけられました。 開講式では、大阪能に親しむ会の会長能村光太郎氏が挨拶。 「大阪は吉本だけじゃありません(笑)、 能楽もあるし、文楽もある、かつては歌舞伎もありました。 ここに座っておられる方(外国の方)は、ニューヨークで能を見て、 興味を持っていただいたそうです。 このような機会を通して、もっと、皆さんに親しんでいただければ」 と語られました。 そしてプログラムスタート。 この教室の見所は、タイトルの通り、「見る」だけでなく 「さわれる」体験があるということ。 「お囃子の部屋」として、笛と大鼓、小鼓と太鼓を実際に さわって演奏してみるというプログラムがありました!(先着各30名申し込み) 開場は18時でしたが、17時半からこの体験の申し込みだったため、 17時過ぎには会館の前に10数名の列が出来ていました・・・。 能楽1.JPG 上田さんには「僕なら写真OKです!」と許可をいただいていたため、 小鼓体験の様子を撮影させていただきました。 右肩に乗せるので、右手で持つかと思いがちですが、 小鼓を持つのは左手。 紐部分を握って、その握りの締め具合で音の高低を出すのだそうです。 能楽2.JPG 右手で鼓を打ちますが、打った後の手指は皮からぱっと離すのだそう。 そうすると、「ポンッ」という心地よい音が響きます。 音を変えるときには、中央でなく縁側を打ち・・・ と、簡単そうに見えて、 「掛け声もつけて、さあ、やってみましょうか」と始まると、途端に 「あれ??」となってしまいました。 (楽器音痴なだけかもしれませんが:汗) 能楽3.JPG 流れに乗って、謡が重なります。 そうなると、ちゃんと演奏しているように聞こえてくるのが不思議なところ。 外国の方も参加されていましたが、途中足がしびれてきたのか 立ち膝姿勢に。でも最後まで熱心に演奏しておられました。 交代制で小鼓を持たない人は、「エア小鼓」で動作を予習・復習しました。 太鼓のほうは、4台の太鼓で順番に、太鼓方の先生がおっしゃる動作を 真似ていきました。 ここでも、「エア太鼓」で覚えたと思ったはずが、本番でバチを持つと、 「ありり?」。 中央の皮目掛けてバチを振り下ろすのもままならず、ひと苦労でした。 やはり何事も、「1日にして成らず」だなあ、と痛感。 お囃子体験をしている最中、 能舞台では狂言の「梟(ふくろう)」が上演されていました。 狂言鑑賞をしていた編集部Aさんによると、 「楽屋から楽器の音とかが舞台まですごく聞こえてきていて、 もしかしたら初めてこの舞台で狂言を知った海外の人は これがBGMかと思うかも(笑)」 とのことでした。 そして舞台がひと段落すると、質問コーナーへと移りました。 休憩を挟んで、後半は全員揃っての能楽鑑賞「天鼓」。 それに先駆けて、装束付けの実演と解説がありました。 1人の演者に、3人がかりで衣装を着付けていきます。 また、能面に表情がない理由も説明されました。 能は1曲がとても長いので、今回は“半能”という 部分的に抜き出しての上演。 始まる前に、「宝生流」の方による前半部分(一部)の 独吟が披露されました。 上演されたのは観世流で、やはり流派によって 謡い方などの特徴が違うのだそうです。 始まると、先ほどお囃子指導をされていた方の姿も 舞台上にあり、少し見る目が変わります。 謡、囃子、そして舞に引き込まれていきました。 能楽4.JPG 終了後、舞台を前に記念撮影をされる海外の方の姿も。 実はこの教室に、岡田校長先生もお孫さんたちを 連れて参加されていました。 「小さい頃にこういった文化に触れる機会があるのは、 とてもいいことですよね」とにっこり。 能楽が現在の形となるまでに、さまざまな歴史があり、 神への祈り(豊穣や繁栄、鎮魂を祈る)、大衆に楽しまれる芸能が 混ざり合い、観阿弥・世阿弥親子によって完成された型が、 現代に至るまで洗練されていきました。 「マクロビオティック」というと、ついつい「料理」のことばかりに なってしまいがちですが、その「料理」ひとつとっても、 農や、習慣、文化、主義、思想、歴史などの背景が 横たわっています。 「陰陽」や「効能」ももちろん大事な要素ですが、 全体を理解するには、背景も知っていると、より深く知ることが できる、と思います。 「マクロビオティック」は東洋思想や日本文化が背景と なって生み出されたもの(=「無双原理」)。 食文化を知るには、文化も知っていて損はありません。 そうすると、また新しい発見があるかも知れませんね。 さて、そんなクロスオーバーなイベントが、 6月8日、丹波市内にておこなわれる「農ライフ能ミュージック」です。 豊穣の祈り=田楽、そして田植え体験、 農家レストランの昼食を満喫して、能楽ライブを堪能する、という。 大阪、神戸から車で約1時間ほどの距離。 ご興味がある方は、ぜひぜひご参加してみてくださいね! ※イベントに関しては、以前ブログの記事でご紹介しましたので、 こちらをご覧ください。↓ http://macropocket.jugem.jp/?day=20130516【5月16日の記事】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年05月31日 17時52分更新
  • ブログカテゴリー:

校長先生皐月の旅【福井・石塚左玄塾編】

  5月12~14日と九州(福岡・佐賀)に行かれていた岡田昭子校長先生。 翌週の18日には、福井県へと向かわれました。 正食クッキングスクールのネットワーク教室を 開催しているNPO法人フードヘルス石塚左玄塾の総会に 参加するためです。 JR武生駅から車で約30分の距離(大阪~武生は特急で約2時間)の 会場、朝9時からスタートとのことで、17日の夜に武生入りしました。 翌朝、 校長先生は日課の散歩で早朝に起き、 武生駅前の町並みをぐるっと見てまわられたとのこと。 福井出身の校長先生、 「福井市内は戦争の空襲と大地震で古い建物は 壊れてしまったけれど、武生には今も古いお寺や 建物がたくさん残っていて、風情がありますね」 とおっしゃっていました。 8時にクッキングスクール指導員の野坂淳一先生に迎えに来て いただき、車での移動となりました。 福井は車社会で、基本、どこに行くのでも車なのだそうです。 晴天に恵まれたその日は遠くまで景色がはっきりと見え、 山々には満開の藤の花が咲き誇り、道すがらにも色とりどりの 花々を見かけました。 518gaikan.JPG 会場の、越前市エコビレッジ交流センターに到着。 道路沿いから少し奥に建物があり、瓦葺きの屋根は完全に周囲の 家々と溶け込んでいました。 総会に先駆けて、校長先生のミニ講演がおこなわれました。 校長福井.JPG 石塚左玄という存在があったからこそ、桜沢如一がマクロビオティックを 世界中に広めることが出来たこと、また、この前の週に福岡の 高取保育園に行き、そこで目にした子どもたちの様子、 食事を預かる栄養士の先生方がクッキングスクールの卒業生・受講生たち ばかりで、子どもを健全に育てる要である「食育」に情熱を注いで 頑張っている様子に、自らも気が引きしまる思いがしたことなどを語られました。 早速総会が始まります。518soukai.JPG 理事長の岩佐勢市先生は、石塚左玄食育研究家。 以前「むすび」でその研究の成果を連載していただき、 「石塚左玄物語」という本にまとめられました。 岩佐先生.JPG 石塚さん.JPG 副理事長の石塚憲治さんは、左玄の一族である石塚家の方。 左玄塾では、「食育の祖・石塚左玄」が福井(大野市)出身であることを 地元福井の人々にもしっかりと知ってもらうため、墓前法要式典を含めた 顕彰祭もおこなっています。 総会では、山東参議院議員や渡邊昌日本綜合医学会会長なども 参加した「石塚左玄を語る会」や、 桜沢如一のお墓参り、正食協会での講義、石塚左玄の石碑を巡った 交流研修会など去年度の活動報告、 そして今年度の活動予定なども発表されました。 ガイド小浜1.JPG ガイド小浜2.JPG また、小浜市で発行された「元気食生活実践ガイド」に 石塚左玄の資料を提供するなど、幅広い活動内容が紹介されました。 総会後は、記念報告として エコビレッジ交流センター職員野村みゆきさんによる 「私の思う、食・農・環境」をテーマにした スライド講演がおこなわれました。 野村さん.JPG 「コウノトリが舞う里づくり構想」を打ち出している越前市。 エコビレッジ交流センターでは、里山体験や田植え体験などの体験学習の ほかに、コウノトリの餌場となる無農薬の水田のビオトープ整備、 巣塔の設置などの取り組みをおこなっています。 絶滅してしまった後、兵庫県豊岡市でコウノトリ保護・増殖活動が 盛んになりましたが、野生に返したのコウノトリが生きていくために 必要な環境作り、種として存続するための遺伝子の多様性は豊岡だけの 取り組みでは補えきれません。 越前市でもコウノトリを飼育し、そして飛来したコウノトリが営巣できる 環境をつくること=人間にとっても、生きていくのに良い環境だということを わかりやすく教えていただきました。 講演後は、いよいよ田植え体験です。 518tauesetumei.JPG それぞれ田植えしやすい格好に着替え、田んぼに向かいました。 518tauekaisi.JPG お手のもの、で田植えをおこなっていく方々。 518田植え.JPG 泥に足をとられながらも苗を植えていく方、皆さんそれぞれのペースで 進んでいかれました。 右手は、6角形の枠を転がして植える目印をつけていく作業。 「枠を転がしたのは50年ぶりかも」とのことでした。 写真はプラスチック製ですが、昔は木枠でとても重かったらしいです。 途中で苗が足りなくならないよう、畦から協力していただいている 農家の方やそのお孫さんが、苗の束を田んぼの中に投げ入れる光景も。 田植えの後は、お弁当タイムとなりました。 地元の農家のお母さんさちが作られたという「里山弁当」。 518ohiru.JPG 左下は、「朴葉ごはん」。朴の葉に、温かいご飯ときなこを入れて包み、 朴の香りを移していただく郷土料理だそうです。 そこで総会はおひらきとなりましたが、希望者は越前市内にある 「マルカワみそ」さんへ味噌工場の見学に向かいました。 518marukawa1.JPG 衛生用のキャップと靴カバーを装着し、工場内へと入ります。 案内してくださったのは、マルカワみその河崎宏社長とその息子さん。 518marukawa2.JPG 大正3年創業、代々家族で昔ながらの味噌作りをおこなってきた マルカワみそさんは、製造工程だけでなくその道具、材料にも こだわり、現在は有機の大豆、米、自家採取で作った種麹で 作った味噌を、木桶で発酵・熟成させています。 麹.JPG ↑味噌の材料となる麹。 518marukawa3.JPG ↑巨大な木桶が並ぶ。桶ひとつひとつにその中身(行き先や量など)の メモがつけられている。 そして今やその味噌の約6割が海外に。 健康的な日本のオーガニック食品として、世界の人々に親しまれているとのこと。 味噌スープ.JPG ↑オーガニックのインスタント味噌汁。 最近では「塩麹」などの麹商品が人気、 また、材料持ち込みの「カスタマイズ味噌」作りも、 口コミで広がっているそうです。 「食育」で大切なことは、目の前に並んだ料理や身体への影響についての 知識を得ることだけでなく、その食材の由来、それに関わった人とのつながり、 そしてその食材や人を育む場=環境など背景も含めて総合的にきちんと理解し、 大切にすることなのだなあ、と実感する旅でした。 こちらは、また「むすび」にもご紹介させていただく予定ですので、 お楽しみに!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5/27・28レギュラーコースコメント☆

  とうとう近畿地方も梅雨入りしましたね! 雨が降ったり止んだり、不安定なお天気で、 どことなく湿気がこもったような空気ですが、 どうぞ体調にはお気をつけください。 さて、今回は月曜日、火曜日におこなれたレギュラーコースの 模様を、先生方のコメントを中心にご紹介します。 27日月曜日は、初級月曜Wクラスがおこなわれました。 午前の第7回を担当されたのは、 兵庫からお越しの森脇敦子先生。 527初森脇.JPG 授業ではこの回登場した食材「グルテンミート」について、 どんなものなのか解説していただきました。 森脇先生のコメントです。 「今日は玄米のおかゆを圧力鍋で炊きましたが、 体調のすぐれないときにとても頼りになる一品ですので ぜひいつでも炊けるように覚えておいてくださいね。 皆さん、初級とは思えないくらい盛り付けまできれいに してくださって素晴らしいです。 次回が最終回となりますが、 この調子で頑張ってくださいね」 午後、第8回を担当されたのは同じく兵庫から お越しの島田弘子先生。 527初島田.JPG お味噌についてのお話も、しっかりとしていただきました。 島田先生のコメントです。 「小豆昆布は正食料理の中でも大切なお料理のひとつです。 腎臓の働きを助け水分の代謝をよくしてくれます。 ただし連続での食用は避けてください。 5日いただき3日お休み、など、 体調をよくみながら調節してください」 翌28日は、中級火曜クラスの第3回目でした。 ご担当は、三重県よりお越しの金子多重美先生です。 528中金子.JPG この回では、いろんなお野菜の旨みがぎゅっと詰まった「そば米の葛煮」が 登場。そこで「重ね蒸し煮」の仕方を教えていただきました。 金子先生のコメントです。 「今日は『炒め蒸し煮』と『重ね蒸し煮』の違いを勉強しました。 陰陽は慣れていくと、とても面白いものになっていきます。 これからもわかりやすくお伝えしていきますね」 次回、初級土曜Wクラスの最終回は6月8日、 中級火曜クラスの第4回は11日です。 ジメジメしたお天気が続くかと思いますが、 また皆さんのお元気な姿をお待ちしております! そして、6月24日からは中級月曜Wクラスがスタート。 中級では大切な食養料理の「ごま塩」「きんぴら」 「ひじき蓮根」を学びますので、ぜひお越しください♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月29日 17時07分更新
  • ブログカテゴリー:

親子料理教室in和歌山「輝きの森学園」

 

525日の土曜日、正食クッキングスクール講師 野口清美先生と、和歌山県の橋本市に行ってきました。

南海高野線の電車に乗りました。 真夏のような強い日差しが、色濃くなってきた山々の 緑を照らしていました。きらきらと輝いてきれいです。 約1時間の乗車。一瞬も会話が途切れることは ありませんでした・・・(笑)。

 

幼稚園と保育園がひとつになった、幼保一元化施設「輝きの森学園」 の依頼を受けての、食育講座です。

会場は、できたばかりの橋本市保健福祉センターという立派な施設で、 調理室を使うのは、今回の教室が初めてとのことです。

親子会場.JPG 

お子さん連れの10家族が揃いました。

 

松井直輝学園長のご挨拶です。 松井せんせい.JPG

「今年度から、健康に育ってほしい、という願いで 玄米和食を始めております。 福岡の高取保育園を見に行って、西福江先生に薦められたのが、 正食協会です。 私も現在、上級コースに通っていて、教えてもらっている 先生の一人が野口清美先生です」。

 

野口清美先生が登場します。 野口せんせい.JPG

「とても簡単な和食の三品です。 とても簡単なんですけど、大切な基本メニューです」と話され、 日本の和食が世界中で見直されていること、 日本はファミレスやイタリアンやフレンチというように、 カタカナの食事が多くなってきていること、 正食協会では、和食、伝統食が日本人の身体に合っていることを、 お伝えし続けていることなどを説明されました。

親子授業.JPG 

「今日は人参さんの皮をむきません。皮にも栄養がありますから、 皮も一緒に食べようね。おネギさんも、 根っこさんを細かく切っていただきます」

お子さんにも分かるよう、ゆっくり丁寧に話されます。  

「お米が日本人に一番合っています。玄米はまけば芽が 出てくるいのちがあるから、強い身体にしてくれます。 玄米の炊き方を学んでいただきます。 プチプチムチムチしたおいしい玄米をいただきます」

 

玄米ご飯、切干大根と高野豆腐の煮付、 基本の味噌汁の三品のデモの後、お子さんたちも参加して、 賑やかに実習が始まりました。

実習親子.JPG 実習親子2.JPG 料理が完成した後は、全員で試食。 親御さんも、お子さんも全員で自分たちの手で作った マクロビオティック料理を噛み締め、味わっておられました。

(Terry)  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月28日 17時01分更新
  • ブログカテゴリー: