ブログ「マクロなポケット」Blog

校長先生皐月の旅【福岡佐賀編】

  前回のブログでは、師範科の授業をされる校長先生を ご紹介しました。 今回は、授業以外にも東奔西走される校長先生の 様子をご紹介いたします。 5月12~14日の間、九州は福岡、佐賀に行かれた 校長先生。 その目的は、福岡市内の高取保育園訪問と、 ネットワーク教室である佐賀おひさま教室での 特別授業をするためです。 高取保育園では、園長の西福江先生の方針の下、 長くマクロビオティックを取り入れた給食を実施されて きました。 今では、全国から教育関係者が保育園に視察に来られるまでに。 (ちなみに視察をされた結果、クッキングスクールに通われるように なった方もおられます) 西福江先生本.JPG 2012年には、その食育を紹介する新書も発売されました。 高取みそ.JPG 以前このブログで少しご紹介しましたが、給食で使うお味噌などは、 食育の一環で園児たちが手作りします。 自分たちが作った味噌が食べられるようになるのを、 園児たちはとても楽しみにしているそうです。 某バラエティ番組で紹介された「はなちゃんの味噌汁」の はなちゃんも、この高取保育園の卒園生です。 給食のたびに「食べもの(=いのち)をいただく感謝の心」や 「よく噛むこと」の大切さを学んでいく子どもたち。 その給食を支えるのが、栄養士の先生方です。 実はこの先生方、2012年の春期師範科を卒業された方をはじめ、 地方教室(福岡教室)やネットワーク教室で学ばれた方ばかり。 なぜこの給食が子どものためになるのか、きちんと理解したうえで 日々実践されています。 久々の再会に、校長先生は 「皆さんしっかりと頑張っておられて、逆にこちらの身が引き締まる思いに なりました」とのことでした。 12日、13日は佐賀教室。 デモ3.JPG 佐賀教室の講師西村幸子先生がアシスタントとなり、 12日には公開料理教室がおこなわれました。 参加した皆さんの中には、 10年以上前に佐賀教室で初級・中級を校長先生に 習った方が久しぶりに来られたりして、 大変お話も弾まれたそうです。 翌13日は初級クラスを特別指導されました。 「奥深い正食のお話に皆さん心打たれ、 本当にお会いできて良かった! と 生徒の皆さんが言っておられました」 と西村先生。 とても充実した旅とのことでした。 次回は【福井編】をお届けする予定です。 どうぞお楽しみに!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月27日 17時27分更新
  • ブログカテゴリー:

5/23・25春期師範科クラス第2回

  今日は5月最後の月曜日。 朝は晴れていましたが、今は少し曇り空の大阪です。 明日より雨の予報ですが、九州・四国・中国地方では 本日より梅雨入りのようです。 皆様、気候の変化にはご注意ください。 さて、今回は先週木曜日と昨日におこなわれた 春期師範科クラスの模様をお伝えします。 師範科木曜日クラスの今回のご担当は、 岡田昭子校長先生。 523校長師範.JPG ナスやトマトといった夏野菜や、卯の花(おから)を使い、 組み合わせの工夫たっぷりのお料理を教えていただきました。 中には、桜沢如一先生命名という歴史を持つお料理も。 そして、師範科でもやはり、大切なのは基本の食養料理。 ということで、前回も登場した、ごま塩、きんぴら、ひじき蓮根の実習も おこなわれました。 日曜クラスのご担当は、高知県からお越しの西森寿美子先生。 525西森2.JPG 準備が早く終わり、受講される皆さんも早めにお越しいただいていたので、 授業前に、先生の正食との出会いのお話をしていただきました。 自然食品店で買い物をした時の包み紙が、
玄米食を薦める情報紙だったこと。 義母や実母の病に、正食をすることで現れる数々の新しい発見や驚き。 ますます興味が深まり、玄米正食とは何なのかを 自分自身の目で確認するために、高知から正食協会を訪ねることになりました。
先生の玄米正食治病体験物語に引き込まれるように静かな教室。
このまま聴いていたいという雰囲気になっていた(と思う)頃、 ちょうど開始時間となり、すぐに調理が始まりました。 (by Terry) 午後も西森先生の講義がみっちりとあり、 受講生の皆さんも充実した1日だったと思います。 次回春期師範科は、6月27日と30日。 梅雨真っ只中かと思われますが、皆さん体調には気をつけて、 元気なお姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月27日 14時57分更新
  • ブログカテゴリー:

5/21~25レギュラーコースコメント☆

  連日暑い日が続いていますね。 さて、今回は21日火曜日から本日土曜日までに おこなわれたレギュラーコースの初級・上級クラスの 模様を、先生方よりいただいたコメントを 中心にお伝えします! まず、21日火曜日は初級火曜クラス第4回でした。 ご担当は、奈良の今村圭子先生。 521初今村.JPG 第4回では、玄米を炒ってコクを出す玄米スープや、 春の味を楽しむ春野菜のかき揚げなどを学びます。 また、すき昆布の炒め煮では、ごぼうの蒸し煮が登場しました。 今村先生よりコメントです。 「初級4回目ご参加ありがとうございます。 蒸し煮の復習や初めてのごぼうの蒸し煮、炒り玄米など、 今日は学びが多くありましたが、皆さん上手に作ってくださり、 おいしく出来上がりました。 大切なごぼうの蒸し煮ですので、ご自宅での復習を ぜひにお願い致します」 22日は前回ご紹介した中華料理教室、 23日は岡田校長先生の師範科がありました(こちらは、 また別途お伝えしますね!) 昨日、24日は上級金曜クラスの第4回。 ご担当は、徳島から来られた龍頭佳世先生。 524上龍頭.JPG この回は、手作り豆腐に豆腐ご飯など、豆腐や湯葉を使った お料理が登場しました。そして、忘れてはいけないのが、 中級で習った「ごま塩」の復習。ごまや塩の炒り方、すり方など、 もういちど確認していただきました。 龍頭先生よりコメントです。 「皆さん! 豆腐おいしくできましたね。 ごま塩の復習もしていただけて良かったです。 簡単に豆腐はできますので、ご家庭でもぜひ試して みてください。 私も楽しく授業させていただきました。 有難うございました」 そして本日。 25日は、初級W土曜日クラスの7・8回目でした。 次回が最終回! 早いですね~。 第7回の担当は、大阪府内からお越しの永原味佳先生です。 525初永原.JPG この回では、体調を崩したときにぴったりの小豆粥や、 今日のように暑い日にさっぱり食べられる糸寒天と海藻のサラダが登場。 永原先生からは、「今日作った小豆粥、生活の中に取り入れてみて ください。これから梅雨から夏に向かって、身体作りを楽しんでいきましょう!!」 皆さん小豆粥のおかげで元気ハツラツだったのか、 午後の第8回の授業はほとんど休憩を挟まずに始まりました。 ご担当は、兵庫県からお越しの藤井美千代先生。 ちなみに、午前中は「むすび」講師紹介用のインタビューを させていただいていました。 また「むすび」に掲載されますので、どうぞお楽しみに♪ 525初藤井.JPG 午後からのメニューには、行楽や運動会(近所の小学校から それらしき音楽が・・・)にも嬉しい玄米海苔巻きが登場。 そして、大切な食養料理「小豆昆布」を学びました。 藤井先生からは、 「皆さん、巻き寿司を巻くのが上手ですね。 どの班もきれいに巻けていました。 今日は30分早くスタートしましたので、 その分早く終わりました。 ゆっくりお茶でもしてください。 次は初級最終回ですね。一緒に頑張りましょう」 次回、初級火曜クラスは6月4日、 上級金曜クラスは6月7日、初級W土曜クラスは6月8日です。 皆さんのお元気な姿をお待ちしております☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年05月25日 18時06分更新
  • ブログカテゴリー:

5/22蓮田先生の中華料理教室

  今回は、22日におこなわれた蓮田先生の公開中華料理教室の 模様をお伝えします。 522蓮田先生.JPG 毎回人気のこの教室、22日も多くの方にお越しいただきました。 蓮田マチ子先生は、生野区にある「創華飯店」のご店主。 そして「正食クッキングスクール」で学んだ、受講生の皆さんの先輩でも あります。 教室に通っている間は決してお店をやっているとはおっしゃらず、 卒業間際になって、「あまから手帖」にお店が紹介されて 正体(?)が発覚した!! というエピソードもお持ちの先生。 先生が正食で学んだことや体得したことから生み出された レシピを、伝授していただきました。 522大鍋.JPG ↑素揚げ用の鍋の前でテキパキと指導される蓮田先生。 今回は手馴れた方がとても多く、 スムーズにお料理が完成しました♪ 522試食.JPG 和気あいあいと、楽しいランチタイムとなりました☆ 蓮田先生、ご参加いただいた皆様、どうも有難うございました! 来月の公開料理教室は、龍頭佳世先生の「夏の薬草・野草の会」です。 どうぞお楽しみに!
  • 2013年05月24日 13時50分更新
  • ブログカテゴリー:

hitomizu-陽土水-1日カフェにいってきました。

  5月19日、2012年度春期師範科クラスを卒業された方で 結成された料理ユニット「hitomizu-陽土水-」さんの 1日カフェに行ってきました。 当日は生憎の雨。 ランチの時間は予約でいっぱい、との情報をいただき、 2時過ぎに会場となった堺筋本町のカフェ「ヒトノワ-hitonowa-」に到着。 駅から徒歩5分ほどの距離でした。 お店に入ると、お昼の混雑は過ぎ去っていたものの、 店内奥にはまだランチとおしゃべりを楽しむお客さんが。 519店内.JPG 今回の1日カフェ、メニューは2種類で ランチメインの「陽」と、デザートメインの「水」。 予約時に「陽」をお願いしていたのですが、席について ついついメニューを開いてしまいます。 519メニュー.JPG ↑手作りのメニュー表。 右側には、料理に使われている食材の解説がつけられていました。 しばらくすると、プレートに盛り付けられたランチが登場しました。 519陽ランチ.JPG 左上が、トマトベースにひよこ豆やかぼちゃが入った具沢山のスープ。 プレート時計回りに、ライ麦パンによもぎパン、 人参のサラダ、ひじきと新キャベツの塩麹和え、 新じゃがの葛粉ガレット、玄米ドリア、中央が、豆と重ね煮のマリネ。 もちろん、パンも手作り。 身体が喜ぶ味で、ほっとする感じがしました。 とはいえ、「単に薄味」というわけではなく、ひとつひとつの お料理が、しっかりめの味、優しい味の役割を担っている印象を受けました。 519陽デザート.JPG ランチについているデザートは、レモンケーキと木の実ボーロ。 こちらも、レモンの風味がしっかりとあって、ボーロも素朴な味で おいしかったです♪ ちなみに、頼まなかったほうの「水」のお写真もいただけたので、 ご紹介↓ 519水ランチ.jpg 519水デザート.jpg マクロスイーツ好きには、たまりませんね…(笑) 519物販.JPG カウンターには、パンや焼き菓子の販売コーナーもあり、 こちらも盛況でした。 お客さんが一通り落ち着いた後、手を話せない方以外のメンバーに 集まっていただき、記念にパチリ。 519陽土水.JPG この日準備されていたのは、陽・水合わせて52食。 11時の開店と同時に、お客さんが殺到したのだそうです。 多くは、事前に予約されていた方々だったのですが、 中にはランチタイムに飛び込みで来られ、仕方なく断るしかなかった方も 出てしまった、とのこと。 閉店近くまで残っておられた、メンバーのご主人やお友達の方に お話を伺うことが出来ました。 「以前、過脂肪と言われていたのですが、 妻がマクロにはまってくれたおかげで、自分で何もしなくても、 3~4kg体重を落とすことができました。 普通なら、年齢とともに太っていくのに、それがありません。 玄米や野菜は元々好きですが、おいしい料理を作ってくれて 感謝しています」 「今日のお料理をいただいて、キヌアや酒粕など、 普段使わない食材が使われていて新鮮でした」 「家ではマクロではないものの、割と野菜中心です。 でも、つい簡単に料理しがちなので、 ひじきとセロリの組み合わせなど、 工夫次第で、こんな料理になるのかと感心しました」 「玄米のドリアとかスープは男の人でも満足しそうな味だと 思いました。 マクロのイメージは和食という感じでしたが、 そんなことはないんだ、と印象が変わりました」 「hitomizu-陽土水-」の皆さん、お疲れ様でした! また、お食事に来られた方々、ご協力いただいたご家族の皆様、 会場を提供くださった「ヒトノワ-hitonowa-」様、 マクロビオティックのご縁を分かち合っていただき、 有難うございました。 今後も「hitomizu-陽土水-」の皆さんは、イベントなどで 活動していかれる予定。 おいしいお料理やスイーツを通じて、より多くの方に マクロビオティックの良いところを 発信していただければ、と思っております。 8月には、「hitomizu-陽土水-」の皆さんの半年後輩にあたる 秋期師範科クラスの皆さんの卒業制作発表会がおこなわれます。 また、10月には、「hitomizu-陽土水-」さんたちが中心となった マクロ・バザー(仮名)が、正食協会3階講義室にて開催されることが 決定しました! 詳細は「むすび」や、ブログ、facebookなどでもご紹介の予定ですので、 どうぞお楽しみに☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++