ブログ「マクロなポケット」Blog

田植え&能楽体験イベント「農ライフ能ミュージック」

 

68日、兵庫県丹波市春日近郊の大路にて

田植えと能楽を体験するイベント

「農ライフ能ミュージック」がおこなわれました。

 

このイベントは、

丹波市で農家レストラン「三心五観」を営む藤本傑士さんと

若手能楽師上田敦史さんの出会いから実現しました。

 

当日は爽やかな晴天。

9時半に大路小学校の駐車場にいったん集合し、

そこからスタッフさんの案内で、会場となる

「三心五観」さんの田んぼへと向かいます。

 

広い原っぱの駐車場では、赤ちゃんの手のひらほどの

大きさのカエルが出迎えてくれました。

 

各自受付を済ませて、田んぼへと移動。

まずは「お田植え祭」がとりおこなわれました。

丹波市春日にある兵主神社さんが今回のイベントの趣旨に

賛同し、協力していただいたとのこと。

古来より稲作を中心とした文化を形成してきた日本、

田植えの前に豊作を祈る神事はとても重要なものでした。 農能1.JPG

↑神事について解説をする神主さん(中央) (写真右より、藤本さん、上田さん、丹波市で野外保育などの 活動をされている「マリオ」さんこと山崎春人さん) 農能2.JPG

田んぼに立てた竹につけられた、神様の依代(お札)。 収穫が終わるまで、田んぼを見守ってもらいます。

代表者3名が苗を植えた後、玉串を奉納し、 豊穣を祈る祝詞が読み上げられました。

農能3.JPG

そして駐車場につくられた野外舞台にて、

「鼓舞志座」の皆さんによる能楽ライブが始まります。

神事にも通じる「式三番」:翁・三番叟(三番三)は、

国家泰平、五穀豊穣を祈る演目。

能楽の源流ともされ、古来より重視されてきました。

また、能楽の源流のひとつでもある田楽は、田植えの際に

豊穣を祈るものです。

農能4.JPG

「能」と「農」には相通ずるものがある、

それが、このイベントのコンセプトのひとつでもあります。

農能5.JPG

農能6.JPG 農能7.JPG 農能8.JPG

演奏を堪能した後は、いよいよ田植え開始。 農能9.JPG

田植えの手順を藤本さんとマリオさんに教えていただき、 いざ田んぼへ。

今回植えるのは、“奇跡の米”と呼ばれる「イセヒカリ」。

伊勢神宮の神田でコシヒカリから突然変異したとされる、

とても病気にも強い品種です。

農能10.JPG

意外と深く、泥に足をとられてしまいます。

お子さんたちも、田んぼの冷たいどろどろを感じながら、 チャレンジ。

農能11.JPG

木枠につけられた印を目安に、苗を植えていきます。 農能12.JPG

老いも若きも関係なく、

先ほどまできりりと袴姿だった能楽師の皆さんも、

一緒に泥んこになって、田植えに励みました。

農能13.JPG

田植えが佳境に入るころ、

スタッフの皆さんはお昼の準備に。

農能14.JPG

こちらがいただいた昼食(大人用) 農能15.JPG

左から時計回りに、去年とれたイセヒカリの玄米おむすび、

七分づき米のおにぎり、人参・玉ねぎ・椎茸の重ね煮、

そばの間引き菜の和え物、レタスと野菜ドレッシングのサラダ、

こんにゃくの味噌田楽、中央に野菜チヂミ。

野菜は基本自家菜園のもの(間引き菜はご近所から)。

お茶も、丹波で作られた番茶とのことでした。

田植えを終えた畦に腰かけ、

労働後ののどかな昼下がりを満喫しながら

いただきました。

そのまま少し休憩に入り、最後は雨乞いを祈願しての、

能楽ライブとなりました。

農能16.JPG 再び、袴姿に着替えて登場の「鼓舞志座」の皆さん。 農能17.JPG

水の神様といえば、龍神。

お能で龍神が登場するときの曲「早笛(はやふえ)」が、

苗がそよぐ田んぼの傍で響きます。

また、笛、小鼓、大鼓、太鼓の特徴や、

なぜ金属製の楽器や三味線などの

弦楽器が能楽で使われていないのか、

といったお話がありました。 農能18.JPG 農能19.JPG 農能20.JPG

「能には、この世のものでない存在が多く登場します。

金属の音は霊を祓うといわれ、これは木火土金水の陰陽五行の

考えにも通じます。

また、三味線などは、生きている人間が舞い歌う音。

そのため、神様や幽霊とともに舞う能では、

それらを使わずに笛や鼓、太鼓で演奏します」

締めは、龍女が登場するときの「盤鐘調早舞」。

力強く、かつ包容力のある囃子の音色に、

“恵みの雨”を全員で願いました。

 

そしてアンコールは、「石橋」。

獅子が岩山に遊ぶ威勢の良い曲で、 最後を盛り上げていただきました。

農能21.JPG

農能22.JPG

主催者である藤本さんに、お話を伺いました。

「元々は神戸市灘区で塩ラーメンのお店をしており、

その頃から無添加のラーメンを出すなど『食』には気をつけていました。

あるとき、お客さんに『舎爐夢ヒュッテ』を教えてもらい、訪れて

『こんな農的な生活がしたい!』と思って、 縁あって丹波市に移住しました。

レストラン『三心五観』は去年8月から始めましたが、

イセヒカリを自分で栽培してお店で出したり、

自家菜園の畑での農業体験などをしたりと、

来られたお客様にも喜んでいただいています。

今日のような田植え体験のイベントは初めてですが、

能楽とのコラボレーションは、お店に来られた上田さんと話していて、

『農』と『能』には相通ずるものがある、とお互いに思ったことから

企画しました。

田植えは今やほとんどが機械植え。効率はいいですが、効率や結果を

重視しすぎて自然への感謝や、自然と調和する意識が薄れてしまって

いる気がします。

 今回のコンセプトは、“原点回帰”と“自然との調和”。

兵主神社さんや、『マリオクラブ』のマリオさんなど、地域の方や

移住者の先輩がたとのご協力もあって、実現できました」

 

盛況に終わった田植えイベント。

今後は収穫イベントを目標に、草取りボランティアなど、 継続的に皆で米作りをサポートしていけるように 取り組んでいきたい、とのことでした。

 

海外より定評のある、日本の「ものづくり」。

その品質の良さは、もちろん厳選した材料や精密な機械、

合理的な工程によるものかもしれません。

しかし、決して一朝一夕には出来上がらない熟練の職人技は、

毎日毎日、つくりあげるものとの対話を積み重ねて

生み出されるもの。

それは、お米や野菜といった農作物、

そして料理や、その料理を食べて日々を過ごす人の心身にも、

同じことが言えるのではないでしょうか。

 

このイベントの模様は、「むすび」にも

ご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6/9セミナー「意志を強くするヒケツ」第3回

 

このストレスいっぱいの時代を、楽しく活き活きと 過ごして行くために欠かせない、 柔軟な心と強い意志力について学ぶ、 山村慎一郎先生の講座「意志を強くするヒケツ・・・ 崩れやすい自分を立て直す四つの方法」の第3回、 “意志力を強くするコツは「失敗を許す」”が開催されました。

 

今回は、テーブルのセッティングを変えて、 先生を囲むワークショップスタイルで始まりました。

山村先生が「こうするぞ! と決めているけれど、 うまくいかないこと何かありますか?」と、 参加者に問いかけました。

609ヤマムラ先生.jpg 

最初に先生自身の過去の失敗例を話されました。 何度聞いても笑ってしまう、“魔の鯛焼き事件”。 これを達成したら良いことがあると信じて、 3年間、甘いものを我慢していたけれど、 ある日10匹の鯛焼きを盗むように買って、 雑木林で隠れるようにして食べた事件(笑)です。 夢にまで見た甘いものでしたが、その割には 食べながら後悔しつつ「やっちゃった」感が後を引いたそうです。

 

参加者からは、 早寝早起きをしようと決めているのに、 することもないのに夜更かしをしてしまう。 朝も目が覚めるけれど、なかなかふとんから 出ることができない。

 

甘いもの、特にエクレア、シュークリームなどの カスタードクリーム系が好きで、どうしてもやめられない。 主人も甘党なので、会社の帰りに買って帰ってくると、 どうしても手が出てしまう。

 

嫌なことが起こっても、ネガティブにとらないように 心がけているのだけれど、知らず知らずのうちに考え込んでしまう。 プラス思考の言葉を声に出して、そのパターンを消そうとは しているけれど、ついつい戻ってしまう。 など、様々な実例が話されました。

 

心理理学者と依存症研究者が行ったある実験では、 前の晩にお酒を飲み過ぎてひどい気分で起きたのですが、 多くの人は後ろめたさを感じました。 しかし落ち込んだ人ほど罪悪感の反動で、その日の夜も 飲み過ぎてしまうという結果が出ました。 これを「どうにでもなれ効果」と名付けました。

 

失敗したことについて、自分に対して思いやりを持って 振り返った場合の方が、自分を厳しく批判した場合よりも 「失敗したのは自分のせいだった」と認めやすくなります。

 

自分をゆるすことで、苦しみにさいなまれることがなく、 事実をありのままに見つめるようになります。 何度も同じ事で失敗し、自分は何をやってもダメな どうしようもないやつ、と思ったりすれば、 自分がどんどん嫌いになります。

行き過ぎた自己批判は逆効果なんです。

 

次回、このシリーズ最終回は、714日(日)、 「やる気をため込む」です。 幾多の試練を乗り越えてこられた人生経験豊富な食養家、 そして正食協会理事でもある、山村慎一郎先生の講座に 是非いらしてください。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月11日 09時21分更新
  • ブログカテゴリー:

6/7~9レギュラーコースコメント☆

  先週はずっとよいお天気でしたね。 今週はやや下り坂。 “恵みの雨”は、やはり降るときには降ってほしいものですね。 さて、今回は先週金曜日から日曜日にかけておこなわれた クッキングスクールレギュラーコースの模様を、 先生方のコメントや受講生の皆さんの感想を中心に お送りします。 7日金曜日は、上級金曜クラスの第5回。 担当は、はるばる久留米からお越しの鶴久ちづ子先生です。 鶴久先生は、自然食品店「産直や蔵肆」のかたわら、 ネットワーク教室を開催、そして福岡の地方教室 (※現在地方教室はおこなっていません) のお世話役などで活躍されてこられました。 607靏久先生.JPG 第5回は初夏に嬉しいそうめんの寒天寄せや、 華やかな変わり寿司“藤の花”を作っていきました。 精進料理には欠かせない、ごま豆腐も、この回で手作りに挑戦です。 授業後、鶴久先生よりコメントをいただきました。 「テキストをしっかり読んできてくださいね。 段取りが分かるようになりますヨ!」 6月21日の第6回は、「玄米クリーム」が登場します! ぎょうざも作りながらと、ちょっと忙しい授業になりますので、 段取り力アップ、目指してみてくださいね。 翌8日は、初級土曜Wクラスの第9回、10回がおこなわれました。 早くも最終回のこのクラス、午前中の担当は 大阪府下からお越しの永原先生。 608初W土永原.jpg 第9回はかぼちゃコロッケとかぼちゃのニョッキという、 かぼちゃが大活躍の回です。 今はまだちょっとかぼちゃの旬には早いですが、 かぼちゃの盛りの時期に、ぜひお家でも作ってみてくださいね。 午後の第10回の担当は、兵庫からお越しの藤井美千代先生です。 608初W土藤井.jpg 最終回でも、三色おはぎの餡として、ふたたびかぼちゃが登場。 そして、「蒸し煮」の集大成の「筑前煮」を作りました。 この日は、テキストのメニュー以外にも、もう1品加わりました。 608hooba.JPG 福井の「NPO法人フードヘルス石塚左玄塾」会員の黒田さんより、 「朴葉」を送っていただいたので、郷土料理の「朴葉ご飯」を 校長先生と藤井先生が作られました。 608朴葉ごはん.jpg 608ごはん.jpg 朴葉の上に、ご飯を乗せてきな粉をかけます。 608ほおば.jpg 包んで出来上がり! 本当は、炊きたてのほかほかご飯を乗せて蒸らした状態にすると、 朴葉のよい香りがご飯に移り、それを楽しんでいただきます。 お昼の試食のときには、最終回ということでクラスの 皆さんに感想を発表してもらいました。

「悩まされていたアレルギーや花粉症などが、 少しずつ改善されていきました。体温が上がったので、 抵抗力がついたと思います。これからも玄米食、 正食を続けていきたいと思います」

「今まで好きな食べ物を好きなだけ食べていましたが、 教室に来てから、身体に良いものを選ぶようになり、 スーパーで無駄なものを買わなくなりました。 習ったことを母に伝えて、一緒に作ったりして、 毎日食べることが楽しくなりました」

「ジャンクフードの好きな夫が、『うまいやん』と 言ってくれました。また、ある日の朝ご飯の味噌汁を 『めっちゃ、うまいやん』。 実習で作った串だんごが固かったので、 再度材料を買ってトライしました。上手にできて、 子どもがおいしいと言ってくれたのが嬉しかったです」

「蒸し煮を覚えたことがよかったです。 カレーとかも蒸し煮するとおいしくできます。 今までは、とりあえずお酒とかみりんを放り込む、 ということをしていましたが、使わなくても おいしくできるようになりました」

「息子が一人暮らしを始めたのですが、 料理はまだ無理なので、まずは塩(ミネラルを残したもの) からと思い、渡しました。子供から『調子がええね』と 電話がありました(笑)」

「ここに来て変わったことは、3つあります。 食材を選ぶようになったこと。調子が悪いとすぐに 薬を飲んでいたことをやめたこと。そして、 丁寧に生活するようになりました」 授業後、先生よりコメントをいただきました。 永原先生からは、 「10回本当にお疲れ様でした。 とてもステキな熱心な皆さんに私も楽しく料理が できました。 細く長く続けていきましょう。 またお会いできるときを楽しみに・・・」 藤井先生からは、 「あっという間に最終回。 皆さんお疲れ様でした。 クラスの雰囲気も良く、熱心な皆さんと 中級でお会いできることを楽しみにしています」 中級土曜Wクラスのスタートは、6月29日。 皆さんのお越しをお待ちしております♪ さて、9日は初級日曜クラス。こちらはちょうど折り返し

地点の第5・6回です。 609初日柳澤.jpg 第5回の担当は、和歌山からお越しの柳澤幸代先生。 和歌山といえば、今は梅の収穫まっさかりのようです。 そろそろ梅干し漬けの準備で忙しくなる方も、多いかもしれませんね! 第5回では、夏に嬉しいさっぱりとした「きゅうりとわかめの梅和え」や 「青菜と豆腐の炒め煮」を学びました。 609試食.jpg 朴葉は、車麩のフライのお皿にも使わせていただきました! 午後の第6回は、その前日に3回コースのセミナーを終えた 野口清美先生が担当。 609初日野口.jpg この回では、作る過程も楽しい「チャパティ」を学びました。 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「金時豆の扱い方、初めて出てきましたね。 圧力鍋の玄米の炊き方も、復習してくださいね。 蒸し煮の具合はまだまだ分かりにくいかもしれませんが、 回数を重ねて上手になってください。 ごまの炒り方、コツをつかめばおいしく炒れますよ。 鍋を熱くしてからごまを入れましょう。 次回はまたごまの炒り方が出来てますよ。 練習しておいてくださいね」 野口先生からは、 「今日のどんよりとしたお天気のように、 皆さん少しお疲れ気味に見えましたが、大丈夫ですか? 6回目ということでちょうど半分が済んだところで 身体のほうも少しずつ、何か変わりかけていて、 少ししんどい方もいらっしゃるのかも知れませんね。 それに、急に暑くなって来て、身体のついていかない こんな時期こそ、無理をしないで、少食で、 よく噛むようにして、気力、体力、両方の 充実をはかってくださいね!」 次回初級日曜クラスは7月7日、七夕の日です。 「星に願いを」ではありませんが、マクロを始めてから より“ご縁”を得られるようになった、 アンテナが広がって興味あるものに出会えるようになった、 というお話をよく伺います。 そんな出会いを楽しみながら、また次回もお元気に ご参加いただければ、と思います☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年06月10日 17時20分更新
  • ブログカテゴリー:

6/8マクロビオティックで安心な出産&子育て最終回

 

68日、正食協会講師の野口清美先生が、 豊富な体験を基にお話しする出産と子育て講座が 行われました。

1回「赤ちゃんのために何を食べたらよいか?」、 第2回「母乳で育てよう」に続き、第3回、 Part1最終回のテーマは「離乳食」です。

 

ホワイトボードに次の三つのポイントが書かれていました。

  はじめてのひとくちは玄米クリームから

   モグモグゴックン・・・生命力は咀しゃく力

   三つ子の魂百まで・・・正しい食事で元気に育てる

 

冒頭、野口先生は「正食協会の講師として、 ひとことで言わせていただくと、おうちで正食を実践されている ところなら、あえて離乳食は作らなくていいですよ、 と言い切ってもいいと思います」と、ずばり本音を 話されました。

野口先生6081.jpg 「今、病院や保健所などの現場ではどのようなお話がされていて、 お母さんたちは、どんな情報を持っておられるのかということを 知っておかないと、私が正食の道で学んだものと比べようもない ので、少しお勉強させてもらいました」

 

「自分が子どもを育てていた頃から、30年近く経つと、 こんなにも情報が違っているんだ、ということもあり 驚きました」

 

「私の子育ては、正食とのご縁の始まりですが、 昔の正食の世界は、“一を聞いて十を知る”みたいな ところがありましたので、一所懸命子どもを観察して、 発信していることを受け取りながら、少ない知識で 右往左往しながらやってきたかなと思います。 今のマニュアル的な育て方から見ると、私の子育ては 失敗だったのかなと思ったりすることもあります」

 

野口先生は、離乳食について桜沢如一先生や 久司道夫先生の言われていることと、お二人とも男性なので、 女性側の視点や現代のものと対比しながら、ガイドライン として知っておくといいと思うことをお伝えしたいと言われました。

 

そんな中で、桜沢如一先生の言葉が心に響きました。

「子どもから学びなさい。子どもよく観察していると、 教えられることがたくさんある。子どもからの要求は多い。 少なめに与えること。与え過ぎてはいけない」

いかがでしょう?

野口先生6082.jpg 受講者の感想です。

   生まれてから一番気になる離乳食のお話で、 とても楽しく聞けました。正食とかを抜きにしても、 やはり子どもを見る、というのがとても大切だと感じました。 そろそろ子どもがほしいな、と思っているので、 今から玄米クリームを練習して、美味しい(子どもが喜ぶ) 玄米クリームが作れるようになろうと思いました。

 

好評のこのシリーズは、Part2が企画されています。

1713日(土)「すべては正しい食事のルールから」

2817日(土)「マクロビオティックで育む元気な体」

3914日(土)「お母さんこそが、わが子の主治医」

 

単発受講もできますので、是非一度、野口清美先生の 面白くてためになり、体験からの貴重で生きた役立つ 情報満載の出産&子育て講座にいらしてください。 お待ちしています。 ↓ 詳細は、こちらまで https://www.macrobiotic.gr.jp/seminars/kosodate2.html

(Terry) ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月10日 09時40分更新
  • ブログカテゴリー:

6/2~4レギュラーコースコメント☆

  今日は教室がお休みの日です。 「むすび」7月号制作がひと段落つき、 夏からの1日体験教室、9月の集中料理教室に むけての募集チラシ作成が佳境に入りました。 という状況ですので、ホームページでの募集については、 もう少しだけお待ちくださいますよう、 よろしくお願い致します! 今回は、2日と4日におこなわれたレギュラーコースの 模様を、先生がたのコメントを中心にお送りします。 6月2日は、上級日曜クラスの第3・4回目。 午前中の担当は、京都からお越しの野口清美先生です。 602上級野口.JPG 第3回で一番大事なのは、「鉄火味噌」。 「鉄火は、とても強い、という意味です」と野口先生。 材料となるのは、味噌の中でも一番陽性な豆味噌、 そしてごぼう、蓮根、人参といた根菜。それらに火を通して さらにふりかけ状にすることで、パワーが凝縮されていきます。 野菜を細か~くみじん切りし、木べらで味噌となじませて いく過程を、しっかり実習していただきました。 販売されているものと、手作りのものとでかなり味が違うと 驚かれた方も多いかもしれません♪ 午後のご担当は、兵庫からお越しの小松英子先生。 602上級小松.JPG この回の目玉はなんといっても手作り豆腐。ですが、 大切な食養料理のごま塩も忘れてはいけない、という少し 忙しい授業。 しっかりとごま塩の復習をしつつ、大豆をミキサーで潰した「呉」を 絞って豆乳とおからに分ける作業、にがりを打ってお豆腐として 固める作業を実習していきただきました。 デモ用につくられたお豆腐を味見させていただきましたが、 やはりお豆腐も手作りのほうが、ほっとする味がします。 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 野口先生からは、 「人数も多く、皆さんが一生懸命かつ思いやりのある クラスですね。 鉄火味噌お疲れ様でした。 皆さんに市販品と手作りはこんなに違うんだ!! とわかってほしかったので、先に市販品のものを 味見してもらえばよかったナァ・・・と思いました。 真心を込めて作ったものは最高です☆ ぜひ、おうちでも作ってみてくださいね」 小松先生からは、 「初めての豆腐作りはどうだったでしょうか。 皆さん大変上手にできましたね。 自分で作った豆腐はおいしかったでしょう! ごま塩も、とても大事なものですから、 ぜひご自分で作ってくださいね」 6月4日は、初級火曜クラスの第5回目でした。 2週間に1回ペースのこのクラスも、早いもので もう折り返し地点に。 ご担当は、三重からお越しの金子多重美先生です。 604初級金子.JPG 冒頭には、お塩についてのお話がありました。 「世間では減塩が騒がれていますが、お野菜を中心とした食事には、 ミネラルの点で、ある程度のお塩は必要です。 もちろん摂り過ぎには注意が必要ですので、 いいお塩をきちんと選んで、適度な量を使うようにしましょう」 この回では、1日体験教室でも好評の車麩のフライや、 お豆の甘さがうれしい金時豆ご飯などを実習していただきました。 授業後、金子先生よりコメントをいただきました。 「5回目が終了し、正食の味に慣れてこられましたか? 塩という大切な調味料で料理していることを感じながら、 野菜やご飯のおいしさを味わいたいですね」 次回、上級日曜クラスは7月14日、初級火曜クラスは6月18日です。 皆さんの元気な姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月06日 08時57分更新
  • ブログカテゴリー: