ブログ「マクロなポケット」Blog

親子料理教室で和歌山に行ってきました

 

615日、野口清美先生と和歌山県の橋本市に 行ってきました。 5月に続いて2回目の、輝きの森学園(幼保一元化施設) 主催の親子料理教室です。

梅雨の晴れ間が続いて農作物が心配ですが、 今日の天気予報は、「雨が50%の確率」ということで、 期待しながら南海高野線の急行で橋本に向かいました。

今回も一瞬の空白もなく、会話が続く車中の移動時間 でした・・・(笑)。 615野口教室 010.jpg

 

会場の橋本市保健福祉センター調理室に参加者が揃い、 身支度を調え終わると、元気いっぱいの野口先生の お話からスタートしました。

  615野口教室 006.jpg

「マクロビオティックとか正食料理というのは、 子どもたちみんなが元気ですくすく大きく育って ほしいなと、昔のおばあちゃん、お母ちゃんたちが 大事にしてきた伝統的な和食を、見直そうというお食事です。

それがなぜ身体にいいのかとか、今のお母さん方は、 いろんな知識で頭でっかちになっていることがあります。 子供は感性が純粋で、本能に従った素晴らしいものを 持っています。

 

私の3人の子どもたちが小さい時の経験ですが、 お誕生日会をした時に、穀物のキビとさつまいもを炊いて つぶして団子にして、きな粉をつけて砂糖を使わずに、 さつまいもの甘味だけで出したら、よその子どもたちは、 取り合うように食べていました。 お口に合うかなと心配していた私のほうがびっくりした ことがありました。 そんな光景を見て、子どもは、いのちが喜ぶ味を知っている んだなと思いました。

 

今は、世界中のおいしい食べ物が溢れています。 時には楽しみとしてごちそうをいただくのもよろしいですが、 ふだんは昭和3040年代頃の、今の子どもさんに多い、 アトピーとか喘息の少なかった頃、大人も今のように、 高血圧、糖尿病などの生活習慣病が少なかった頃の食事に 戻すのがいいですよと、行き過ぎた飽食に警鐘を鳴らして います。

615野口教室011.jpg 

正食協会は、お料理を通して健康のお手伝いをさせて いただいています。 正食と言うと、仰々しく聞こえますが、ごくごく当たり前の ことを言っているだけで、基本は和食を中心としたお料理を お伝えしています。

 

みなさん、玄米を食べたことありますか〜?  すきやきとかカレーとかカロリーが高いものにはあまり 玄米は合いません。 玄米は栄養の宝庫なので、質素なおかずで十分です。 そして何よりまけば芽が出る命がありますので、 自分の子どもたちを考えても、玄米中心のお食事を いただいて抵抗力、免疫力が高まり、 命の力強さが定着したように思います。

 

今日のメニューは、基本の基本です。 玄米ごはん、出汁を使わない味噌汁、切り干し大根と 高野豆腐の煮付けをみんなで作りましょう。 質素ではありますが、ピュアなおいしいさを 味わっていただきたいと思っています」 615野口教室 015.jpg

  

子どもさんたちも積極的に、野菜を切ったり、炒めたり、 塩加減をみたりして、お料理が上手にできあがりました。 615野口教室 020.jpg 615野口教室 024.jpg

野口先生のリードで、 ♪よくかめよ 食べ物を かめよかめよかめよからだがつよくなる♪と 全員で歌ってから、手を合わせていただきました。

615野口教室 027.jpg 

Terry

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月17日 10時04分更新
  • ブログカテゴリー:

6/14スペシャルコース「朝・昼・晩のイタリアン」最終回

  昨日は梅雨入り後ほぼ初めての、 本格的な雨模様でしたね! このまま空梅雨になるのかな?と少し心配していたので、 嬉しい恵みの雨でした。 そして今日は父の日。 日頃家族のためを思って頑張っているお父さんへの 感謝の気持ち、皆さんは伝えられましたか? さて、今回は金曜日におこなわれた スペシャルコース「朝・昼・晩のイタリアン」の第3回目の 模様をお伝えいたします。 第1回が朝食、第2回がランチ、とテーマを決めて イタリアンを学んできたこのコース、 最終回はもちろんディナーがテーマです。 614イタリ1.JPG ↑パスタソースの作り方について説明する、森脇敦子先生。 「むすび」の記事「講師紹介」のインタビューをしたときに 伺った話によると、もともとヨーロッパでは、昼食が1日のうちのメインの 食事だったそうです。 今は働き方が変わって、お昼に家族が集合してご飯を食べる、 ということが難しくなり、晩御飯がメインの食事になった、とのこと。 それでも、家庭によっては昔の名残で、晩御飯はパンとチーズとワインだけ、 ということもあるのだとか。 今回、ディナーのメインとなるのは生パスタ。 全員で手分けしながら、パスタを作っていきました。 614イタリ3.JPG こねた生地を小さく切り分け、形をつけていきます。 614イタリ2.JPG 3本の指で生地を押さえ、くるん、と丸めるとできあがり。 614イタリ4.JPG 作業をくり返して、完成したショートパスタ。 また、パーティのオードブルにも使えそうなカポナータと豆腐のコラボ、 ポテトサラダのジュレ乗せなども、作っていきました。 614イタリ5.JPG こちら、パーティ風の大皿での盛り付け。 614イタリ6.JPG 1人前ずつの盛り付け。 ポテトサラダが、変わり寿司のようにも見えて楽しいですね♪ 614イタリ7.JPG この回では、森脇先生が持参された 最高級オリーブオイルを試飲しました。 「OLIVE JAPAN国際エキストラヴァージンオリーブオイルコンテスト」 というコンテストで2013年度のプレミア賞(最優秀賞)を受賞した オイルの1つということで、スペインはアンダルシア、コルドバ産の 「クラディウン(CLADIVM)」。 試飲させていただきましたが、 ハーブのような爽やかな香りと、さらりとした舌触り、 飲んだ後には、大根おろしのようなピリリとした後味。 「オリーブオイルとひとくちに言っても、全然違う!」と 知ることができました。 そして最後には、記念に集合写真を1枚。 614イタリ集合.JPG 授業後、森脇先生よりコメントをいただきました。 「最終回は大皿ディナーということで、 取り分けやすいショートパスタを作っていただきました。 皆さんでわいわいにぎやかに形を作られて とてもイタリアンらしい陽気な雰囲気が良かったです。 最後の写真撮影まで笑が絶えない、 明るいクラスで私もいっぱい楽しませていただきました。 ご参加、本当に有難うございました」 森脇先生、そしてご参加いただいた皆様、 どうも有難うございました。 この「朝・昼・晩のイタリアン」全3回をふりかえってのレポートは、 「むすび」にて掲載させていただく予定です。 どうぞお楽しみに☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月16日 12時49分更新
  • ブログカテゴリー:

6/10・11レギュラーコースコメント☆

  梅雨入りしたものの、雨も、 台風もどこかに行ってしまい、真夏のような気候の大阪です。 さて、今回は今週月曜日・火曜日におこなわれた レギュラーコースの模様を、先生方のコメントと 受講生の皆さんの感想を中心にお送りします。 9日月曜は、初級月曜Wクラスの最終回でした。 午前、第9回の担当は、兵庫からお越しの森脇敦子先生。 610初月9森脇.JPG 根っからの阪神ファンでもある森脇先生、 梅田を歩くファンの空気で試合の勝ち負けが わかるという特技があったりします。 この回では、炊き込みご飯の王様「五目炊き込みご飯」を 玄米で作りました。 また、夏野菜の定番ピーマンを蒸し煮し、甘さを出したサラダも 学びました。 午後からの最終回は、同じく兵庫からお越しの島田弘子先生が 担当。 610初月島田.JPG お彼岸だけでなく、行楽弁当にも使えるおはぎや、 ひじきのコクと豆腐のまろやかさが嬉しいひじきの白和えを 教えていただきました。 お昼の試食のときには、最終回ということで皆さんに 受講の感想を発表していただきました。

「切り方から学ぶことができました。 塩加減だけでおいしくなることを知り、料理が楽しくなりました。 家で復習がてら作るので、料理をする回数が増えました」

 

「昆布も、いりこも使わずに、あの味が出たのが驚きです。 タマネギの炒め方(蒸し煮?)で、甘味が出ることを知りました。 今まで砂糖とみりんをふんだんに使っていた料理でした」

 

「家で使う調味料を変えました。今まで毎日アイスクリームを 食べていましたが、61日できっぱりやめることができました」

 

「料理するのが楽しくなりました。食べ物の味が分かるようになりました。 今まで、カロリーばかりを気にしていたり、お菓子のばか食いをしたり していましたが、食事が楽しくなりました」

 

「自己流で、本を読んで頭でっかちになっていたのが分かりました。 実践で学んだことで身についてきたと思います。 レパートリーも増えました」

 

「学校で教えてくれなかったことが学べました。 食べ物のことを知って買うのと知らずに買う違いがあると思います。 これからの人生に役立ちました」

 

「厳格な玄米食の家で育って、おいしくなかったし、 ずっと反発していました。学生時代に偏食していて、 便秘がちで体調もよくなかったです。 母に勧められてここに来て、おいしくて感動しました。 そのことを母に報告しましたが、流されました(笑)」 授業後、先生方よりコメントをいただきました。 森脇先生より、 「皆さん本日で初級修了おめでとうございます。 とても熱心に学んでくださって、感想発表では 調味料のことをよく理解されているのが分かりました。 嬉しい感想をたくさんいただいて、とても幸せです。 このまま月曜の中級に進まれる方は2週間後に またお会いしましょう。 ひと休みされる方も、初級で習ったお料理を 家で作ってくださいね」 島田先生より、 「あっという間の5日間でした。 初級はお伝えすること多く、正食の入口ということで きっといっぱいいっぱいだったことと思います。 中級では、もう少しゆとりを持ち、楽しくお料理できるよう 気持ちを新たにがんばります。 お休みされる方も、どうぞ楽しく美味しく、 マクロビオティックを実践してくださいネ!」 翌、11日火曜日は中級火曜クラスの第4回目。 担当は、奈良からお越しの今村圭子先生です。 611中火今村.JPG この回では、ちょっとしたおもてなしにも使える「三色白玉団子汁」や、 玉ねぎの甘みが嬉しい「玉ねぎと車麩の酢味噌和え」を学びました。 また、月曜、火曜ともに岡田校長先生が、いただいた朴葉で 「朴葉ご飯」を作ってくださいました! 610月ほおば2.JPG 610月ほおば1.JPG 土曜は「きな粉」を振りましたが、この回は味噌をつけて。 「やはり、摘みたてが一番香りがよかったですね~」との ことでしたが、葉っぱを広げてご飯をいただくと、 ほんわり香りが広がって、おいしくいただきました♪ 授業後、今村先生よりコメントをいただきました。 「入梅の日に、ご参加有難うございます。 本日はいつものメニューと、校長先生から 朴葉ご飯のお話と実演があり、とても有意義な1日でした。 メニューでは、ふきと高野の煮物が各テーブル、 お味加減もとても良く、さすが中級クラス、と 内心拍手していました!! 早くから皆さん来ていただき、前準備なども熱心に してくださるお気持ちが、お料理に伝わるのでしょうか。 今日のメニューのうち、一品でよいので ご自宅で復習をお願い致します」 次回、中級火曜クラスは6月25日、 そして中級の月曜Wクラスは24日のスタートです。 また皆さんの元気なお姿をお待ちしております。 熱中症などにはじゅうぶんに気をつけて、 お過ごしくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年06月14日 15時17分更新
  • ブログカテゴリー:

田植え&能楽体験イベント「農ライフ能ミュージック」

 

68日、兵庫県丹波市春日近郊の大路にて

田植えと能楽を体験するイベント

「農ライフ能ミュージック」がおこなわれました。

 

このイベントは、

丹波市で農家レストラン「三心五観」を営む藤本傑士さんと

若手能楽師上田敦史さんの出会いから実現しました。

 

当日は爽やかな晴天。

9時半に大路小学校の駐車場にいったん集合し、

そこからスタッフさんの案内で、会場となる

「三心五観」さんの田んぼへと向かいます。

 

広い原っぱの駐車場では、赤ちゃんの手のひらほどの

大きさのカエルが出迎えてくれました。

 

各自受付を済ませて、田んぼへと移動。

まずは「お田植え祭」がとりおこなわれました。

丹波市春日にある兵主神社さんが今回のイベントの趣旨に

賛同し、協力していただいたとのこと。

古来より稲作を中心とした文化を形成してきた日本、

田植えの前に豊作を祈る神事はとても重要なものでした。 農能1.JPG

↑神事について解説をする神主さん(中央) (写真右より、藤本さん、上田さん、丹波市で野外保育などの 活動をされている「マリオ」さんこと山崎春人さん) 農能2.JPG

田んぼに立てた竹につけられた、神様の依代(お札)。 収穫が終わるまで、田んぼを見守ってもらいます。

代表者3名が苗を植えた後、玉串を奉納し、 豊穣を祈る祝詞が読み上げられました。

農能3.JPG

そして駐車場につくられた野外舞台にて、

「鼓舞志座」の皆さんによる能楽ライブが始まります。

神事にも通じる「式三番」:翁・三番叟(三番三)は、

国家泰平、五穀豊穣を祈る演目。

能楽の源流ともされ、古来より重視されてきました。

また、能楽の源流のひとつでもある田楽は、田植えの際に

豊穣を祈るものです。

農能4.JPG

「能」と「農」には相通ずるものがある、

それが、このイベントのコンセプトのひとつでもあります。

農能5.JPG

農能6.JPG 農能7.JPG 農能8.JPG

演奏を堪能した後は、いよいよ田植え開始。 農能9.JPG

田植えの手順を藤本さんとマリオさんに教えていただき、 いざ田んぼへ。

今回植えるのは、“奇跡の米”と呼ばれる「イセヒカリ」。

伊勢神宮の神田でコシヒカリから突然変異したとされる、

とても病気にも強い品種です。

農能10.JPG

意外と深く、泥に足をとられてしまいます。

お子さんたちも、田んぼの冷たいどろどろを感じながら、 チャレンジ。

農能11.JPG

木枠につけられた印を目安に、苗を植えていきます。 農能12.JPG

老いも若きも関係なく、

先ほどまできりりと袴姿だった能楽師の皆さんも、

一緒に泥んこになって、田植えに励みました。

農能13.JPG

田植えが佳境に入るころ、

スタッフの皆さんはお昼の準備に。

農能14.JPG

こちらがいただいた昼食(大人用) 農能15.JPG

左から時計回りに、去年とれたイセヒカリの玄米おむすび、

七分づき米のおにぎり、人参・玉ねぎ・椎茸の重ね煮、

そばの間引き菜の和え物、レタスと野菜ドレッシングのサラダ、

こんにゃくの味噌田楽、中央に野菜チヂミ。

野菜は基本自家菜園のもの(間引き菜はご近所から)。

お茶も、丹波で作られた番茶とのことでした。

田植えを終えた畦に腰かけ、

労働後ののどかな昼下がりを満喫しながら

いただきました。

そのまま少し休憩に入り、最後は雨乞いを祈願しての、

能楽ライブとなりました。

農能16.JPG 再び、袴姿に着替えて登場の「鼓舞志座」の皆さん。 農能17.JPG

水の神様といえば、龍神。

お能で龍神が登場するときの曲「早笛(はやふえ)」が、

苗がそよぐ田んぼの傍で響きます。

また、笛、小鼓、大鼓、太鼓の特徴や、

なぜ金属製の楽器や三味線などの

弦楽器が能楽で使われていないのか、

といったお話がありました。 農能18.JPG 農能19.JPG 農能20.JPG

「能には、この世のものでない存在が多く登場します。

金属の音は霊を祓うといわれ、これは木火土金水の陰陽五行の

考えにも通じます。

また、三味線などは、生きている人間が舞い歌う音。

そのため、神様や幽霊とともに舞う能では、

それらを使わずに笛や鼓、太鼓で演奏します」

締めは、龍女が登場するときの「盤鐘調早舞」。

力強く、かつ包容力のある囃子の音色に、

“恵みの雨”を全員で願いました。

 

そしてアンコールは、「石橋」。

獅子が岩山に遊ぶ威勢の良い曲で、 最後を盛り上げていただきました。

農能21.JPG

農能22.JPG

主催者である藤本さんに、お話を伺いました。

「元々は神戸市灘区で塩ラーメンのお店をしており、

その頃から無添加のラーメンを出すなど『食』には気をつけていました。

あるとき、お客さんに『舎爐夢ヒュッテ』を教えてもらい、訪れて

『こんな農的な生活がしたい!』と思って、 縁あって丹波市に移住しました。

レストラン『三心五観』は去年8月から始めましたが、

イセヒカリを自分で栽培してお店で出したり、

自家菜園の畑での農業体験などをしたりと、

来られたお客様にも喜んでいただいています。

今日のような田植え体験のイベントは初めてですが、

能楽とのコラボレーションは、お店に来られた上田さんと話していて、

『農』と『能』には相通ずるものがある、とお互いに思ったことから

企画しました。

田植えは今やほとんどが機械植え。効率はいいですが、効率や結果を

重視しすぎて自然への感謝や、自然と調和する意識が薄れてしまって

いる気がします。

 今回のコンセプトは、“原点回帰”と“自然との調和”。

兵主神社さんや、『マリオクラブ』のマリオさんなど、地域の方や

移住者の先輩がたとのご協力もあって、実現できました」

 

盛況に終わった田植えイベント。

今後は収穫イベントを目標に、草取りボランティアなど、 継続的に皆で米作りをサポートしていけるように 取り組んでいきたい、とのことでした。

 

海外より定評のある、日本の「ものづくり」。

その品質の良さは、もちろん厳選した材料や精密な機械、

合理的な工程によるものかもしれません。

しかし、決して一朝一夕には出来上がらない熟練の職人技は、

毎日毎日、つくりあげるものとの対話を積み重ねて

生み出されるもの。

それは、お米や野菜といった農作物、

そして料理や、その料理を食べて日々を過ごす人の心身にも、

同じことが言えるのではないでしょうか。

 

このイベントの模様は、「むすび」にも

ご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

6/9セミナー「意志を強くするヒケツ」第3回

 

このストレスいっぱいの時代を、楽しく活き活きと 過ごして行くために欠かせない、 柔軟な心と強い意志力について学ぶ、 山村慎一郎先生の講座「意志を強くするヒケツ・・・ 崩れやすい自分を立て直す四つの方法」の第3回、 “意志力を強くするコツは「失敗を許す」”が開催されました。

 

今回は、テーブルのセッティングを変えて、 先生を囲むワークショップスタイルで始まりました。

山村先生が「こうするぞ! と決めているけれど、 うまくいかないこと何かありますか?」と、 参加者に問いかけました。

609ヤマムラ先生.jpg 

最初に先生自身の過去の失敗例を話されました。 何度聞いても笑ってしまう、“魔の鯛焼き事件”。 これを達成したら良いことがあると信じて、 3年間、甘いものを我慢していたけれど、 ある日10匹の鯛焼きを盗むように買って、 雑木林で隠れるようにして食べた事件(笑)です。 夢にまで見た甘いものでしたが、その割には 食べながら後悔しつつ「やっちゃった」感が後を引いたそうです。

 

参加者からは、 早寝早起きをしようと決めているのに、 することもないのに夜更かしをしてしまう。 朝も目が覚めるけれど、なかなかふとんから 出ることができない。

 

甘いもの、特にエクレア、シュークリームなどの カスタードクリーム系が好きで、どうしてもやめられない。 主人も甘党なので、会社の帰りに買って帰ってくると、 どうしても手が出てしまう。

 

嫌なことが起こっても、ネガティブにとらないように 心がけているのだけれど、知らず知らずのうちに考え込んでしまう。 プラス思考の言葉を声に出して、そのパターンを消そうとは しているけれど、ついつい戻ってしまう。 など、様々な実例が話されました。

 

心理理学者と依存症研究者が行ったある実験では、 前の晩にお酒を飲み過ぎてひどい気分で起きたのですが、 多くの人は後ろめたさを感じました。 しかし落ち込んだ人ほど罪悪感の反動で、その日の夜も 飲み過ぎてしまうという結果が出ました。 これを「どうにでもなれ効果」と名付けました。

 

失敗したことについて、自分に対して思いやりを持って 振り返った場合の方が、自分を厳しく批判した場合よりも 「失敗したのは自分のせいだった」と認めやすくなります。

 

自分をゆるすことで、苦しみにさいなまれることがなく、 事実をありのままに見つめるようになります。 何度も同じ事で失敗し、自分は何をやってもダメな どうしようもないやつ、と思ったりすれば、 自分がどんどん嫌いになります。

行き過ぎた自己批判は逆効果なんです。

 

次回、このシリーズ最終回は、714日(日)、 「やる気をため込む」です。 幾多の試練を乗り越えてこられた人生経験豊富な食養家、 そして正食協会理事でもある、山村慎一郎先生の講座に 是非いらしてください。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年06月11日 09時21分更新
  • ブログカテゴリー: