ブログ「マクロなポケット」Blog

姫路で開催された「味覚の展示場」に行ってきました

 

「食・地の座味覚の展示場」は、メンバー各社が 「地の人が地のモノを地の人に届ける」ために、 原材料100%播磨産を目指し開発した新作の商品展示 ・発表会として始まったイベントです。

 

今回は、スローフード・ジャパンの全国大会 (味覚の展示場と共催)が地元で開催されることもあって、 最寄りの山陽電鉄「手柄」駅周辺には、かたつむりの ロゴの入ったスローフードの旗が、風になびいていました。 DSC_0044.JPG

 

会場は、創業明治43年の灘菊酒造です。 駐車場には奈良、広島、豊橋ナンバーの大型バスも 停まっていました。 たくさんのお店が、商品の説明や試食を呼びかけています。

DSC_0046.JPG DSC_0014.JPG DSC_0003.JPG  

先日の「食育フォーラム」で協賛していただき、 手焼きせんべいのブースを出していただいた、 合名会社アリモトの代表、有元年信さんが 元気一杯に接客されていました。

DSC_0012.JPG 

「このイベントは、地元の食材を使った新商品を出品する 宿題があるんですよ」と言われ、試食のかりんとうを一つ いただきました。 口に入れると、何やら奥深いうま味を感じました。 お聴きすると「地元のお酒の酒粕が入っています」と 教えていただき納得です。 商品名を確認すると「大吟醸酒粕かりんとう」ですって。 すごいネーミングです。

 

酒蔵らしく薄暗い会場を歩いていると、 東京でいろいろとお世話になった佐々木俊弥・紀子夫妻と 再会しました。 2000年頃に、「スローフードな人生! 」(新潮社)の著者、 島村菜津さんと出会ったことがご縁で、スローフード運動に共鳴し、 俊弥さんは、スローフードジャパンの副会長をされています。 DSC_0019.JPG

 

きれいな花が生けられた部屋に入ると、 「播磨の伝統野菜を知りたい」、「播磨の伝統野菜を食べたい」、 「播磨の野菜・豆・穀物を知りたい」というタイトルがついた 絵とエッセイがディスプレイされていました。 暖かくて親しみやすい絵と文は、地元の版画家、 岩田健三郎氏によるものでした。

DSC_0030.JPG  

栽培して種を採っているのは一人だけという“こぶ菜”の絵には、 「タネを採って、そこいらへんに播いておけば育つ。 非常食として植えておった。いつということはない。 通年。いつでも。漬け物にしたり、ざっと炒めたりして食べます。」 と書いてありました。どんな菜っ葉なのか食べたくなりました。

DSC_0034.JPG DSC_0049.JPG  

イタリア発で、世界に広がったスローフードの理念は、 簡単にまとめると伝統の的な食材や料理、質の良い食品を守る、 伝統的な味を次世代まで伝える、 質の良い食品を作る小規模な生産者を守る、というものです。

「食育フォーラム」でも感じたことですが、 子どもたちにインスタント食品や、冷凍食品、 ファストフード、コンビニ食ではなく、 ちゃんとした日本の伝統の味を覚えてほしいし、 伝えていきたいと思いました。

DSC_0021.JPG ↑こんなお店もありました。看板には「本業は医師です」 (Terry)  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

  • 2014年02月21日 09時51分更新
  • ブログカテゴリー:

2/16~18レギュラーコースコメント

  今回は、16日から18日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様を、先生方のコメントを 中心にお伝えします。 16日は、中級日曜クラスの最終回でした。 本当に、大阪市内の雪が14日中に溶けていて 良かったです。 午前、第9回は柳澤幸代先生が担当、 午後の第10回は島田弘子先生が担当されました。 柳澤先生のコメントです。 「最終日、お疲れ様でした。中級修了おめでとうございます。 今回はご飯を土鍋で炊きました。 土鍋は圧力鍋とまた違った美味しさ、仕上がりで、 美味しかったですね。 手打ちうどんも、意外と手軽においしくできるので、 お家でもやってみてくださいね。 皆様とお会いでき、ともにお料理できて、 とても楽しかったです。 有難うございました」 島田先生のコメントです。 「中級最終回、お疲れ様でした。 おかず味噌のしぐれ味噌は、重ね蒸し煮を1時間もする 特別なお料理ですが、アレンジや食べ方もいろいろ 工夫して、ぜひ、お家でも挑戦してみてください。 中級は料理も幅広く、レパートリーも増えて、 きっと毎回楽しんでもらえたことと思います。 さらに上級では、正食(マクロビオティック) ならではのお料理もたくさん習います。 楽しみにしていてください」 17日は、中級月曜クラスの第7回、8回がおこなわれました。 午前の7回目は、今村圭子先生が担当、 午後の8回目は森脇敦子先生が担当されました。 今村先生のコメントです。 「中級7回目のお料理、中でも小豆かぼちゃを しっかり学び、復習をぜひにされてください。 水分の量、火加減、塩加減が小豆かぼちゃのコツ。 あとは、土鍋で作ると、いっそう美味しくなります。 かき混ぜすぎると、お味に影響するので、 気をつけましょう!」 森脇先生のコメントです。 「今日も皆さんとても仲良く、素晴らしいチームワークで 手早く上手にお料理できましたね。 きんぴらは皆さんのお体を整えてくれる大事な常備菜です。 家でも作って、ますます上手になってください。 コーフも、ひえドーナツもよく出来ていましたので、 これらも家で作ってご家族にも食べていただいてくださいね」 18日は、初級火曜クラスの最終回。 担当は、野口清美先生でした。 野口先生のコメントです。 「最終回、筑前煮が皆さん美味しく出来ましたね。 中級では、さらにバラエティ豊かなメニューになります。 たくさんの方が、春からの中級でもお目に かかれるようで、また4月からもお会いできるのを 楽しみにしております。 短い間でしたが、初級クラス楽しかったです。 有難うございました」 皆さん、寒い中のご参加、有難うございました!! また、最終回を迎えた皆さんの感想は、追って ご紹介させていただきますね☆ 次回、中級月曜クラスの最終回は、3月3日。 おひな祭りですね♪ 寒さも緩んでいるといいですよね。 皆様の元気な姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月20日 18時32分更新
  • ブログカテゴリー:

2/14・15秋期師範科に沖縄から特別講師

  今回は、週末におこなわれた師範科クラスの模様をお伝えします。 2月14日バレンタインデーとその翌日、秋期師範科の第5回には、 特別講師としてザ・リッツ・カールトン沖縄の和食料理長、 三ツ井裕一先生が指導してくださいました。 214師三ツ井1.JPG 三ツ井料理長も、正食クッキングスクールでマクロビオティックを学ばれ、 受講生の皆さんにとっては先輩にあたります。 実習の内容は“和食のプロのおもてなし料理”。春、そして沖縄をイメージした 会席料理を教えていただきました。 仕込みのため、三ツ井先生は13日に大阪入り。 夕方から、14日、15日のための出汁の準備や、 材料の下ごしらえに、アシスタントを務める講師・指導員の先生たちと 打ち合わせをしながら作業されていました。 214師三ツ井材料.JPG 手前右に見えているのが、南国の海特有の海藻“海ぶどう”。 また、筍やふきのとうといった春の食材がふんだんに登場しました。 214師三ツ井2.JPG デモンストレーションで先生が盛り付けた一品を一斉に 覗き込む皆さん。 授業は丁寧にじっくりと、みっちりとおこなわれました。 214師三ツ井3.JPG お料理のひとつ、竹の子のオイル焼きです。 三ツ井先生のお料理は「むすび」2014年3月号、 そして来年の春の「むすび」にも掲載予定ですので、 お楽しみに! お味は、とてもやさしい出汁がベース、爽やかな風味で、 とてもおいしかったです♪ 215師午後1.JPG 午後からは、三ツ井先生にプロとして、 料理について語っていただきました。 215師午後2.JPG 15日、お帰りになる前には、土曜クラスの皆さんと 記念に一枚お写真も撮らせていただきました! 三ツ井先生、2日半にわたってのご指導、有難うございました。 師範科クラスの皆さんも、雪の影響などで交通面など 大変だったかと思います。 ご参加いただき、有難うございました! 次回、秋期師範科は3月28日29日です。 いよいよ本当に春も間近、皆さんのお元気な姿をお待ちしております☆

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月19日 10時00分更新
  • ブログカテゴリー:

2/7~11レギュラーコースコメント

  先週金曜日はバレンタイン。 この日は大阪も珍しく積もるくらいに雪が降り、 ホワイトバレンタインとなりました。 7日から始まったソチオリンピックも、後半に突入! 深夜~明け方の中継をついつい見てしまっている方も いらっしゃるかと思いますが、どうぞ、風邪や寝不足から くる体調不良にご注意くださいね。 (オリンピックを見ていると「腰痛」という言葉をよく目にしますが、 冷えには要注意ですよね!) さて、今回はそんな7日から11日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様を先生方のコメントを中心に お伝えします。 (周回遅れで、申し訳ございません・・・!) まずは7日。 この日は上級金曜クラスの第9回、担当は島田弘子先生 でした。 この回のメインは、なんと言っても「鯉こく」です。 島田先生のコメントです。 「生命をいただき命を活かす。 鯉こくは大変勉強になり実感できたと思います。 この経験をこれからのお料理に、また人生にも 活かしていただけると、鯉も喜ぶと思います。 とても美味しく、ごちそうさまでした」 8日土曜日は、中級土曜クラスの第7回、8回。 関西でも各地で雪が降っていた日でした。 午前の担当は藤原祐子先生、 午後の担当は野口清美先生でした。 第7回で習う食養料理は「小豆かぼちゃ」、また 第8回で習う食養料理は「きんぴら」。 午前午後と食養料理が入って、 手作りグルテンの「コーフ」も作って、と少し慌しかった かもしれません。 野口先生のコメントです。 「寒さ厳しい時節柄、体調不良か、また本日は 大雪で交通事情が悪かったためか、お休みの方が いらっしゃいましたが、受講の皆さんは仲良く 力を合わせて実習されていて、全品おいしく出来上がりました。 なかでも大切なきんぴらごぼうは、全部のテーブルが上手に 仕上がり、とても良かったと思います。 ほんのひと箸ずつですが、ほれぞれのテーブルのお味をシェア できたことも勉強になったと思います。 3種のお野菜の甘みを十分に引き出した、体の芯から元気に なるおいしいきんぴらを作れるように、何度も作って 練習を重ねてくださいね!」 9日は、初級日曜クラスの最終回でした。 午前第9回の担当は島田敬子先生、 午後、第10回の担当は島田弘子先生でした。 蒸し煮の集大成として、筑前煮にも取り組んでいただきました。 島田敬子先生のコメントです。 「本日が最終日。皆さんの元気なお顔が拝見でき嬉しかったです。 9回目ともなると、さすがに手際もよくなり、皆で協力しあって 仲良く楽しくお料理ができたのではないかと思います。 三色おはぎも、3つとも大きさのバランスが良く、 上手に作られてましたね! けんちん汁のむし煮もしっかりでき、 コツもそろそろつかめてきたのではないでしょうか。 お出汁がなくても、本当においしくなってきました! “継続は力なり”、少しずつでもムリなく、 ご自分のペースで今後も続けてもらえると、 私も非常に嬉しいです。またお会いしましょう!」 島田弘子先生のコメントです。 「初級10回お疲れ様でした。とても落ち着いていて、 いつもしっかり説明を聞き、お料理も上手なクラスでした。 初級は地味なお料理が多いですが、とても大切な基礎を 身につけることができます。 よい献立がたくさんありますので、ひとつでもふたつでも、 普段の日常の料理で作り続けていただけることを 願っています。ぜひ、中級でさらに陰陽を学んでいただけると、 もっと楽しんでマクロビオティックを実践していただけると 思います」 11日火曜は、中級火曜クラスの第9回がおこなわれました。 担当は、大平真紀先生でした。 この回は、「大根づくし」のメニューにチャレンジしていただきました。 大平先生のコメントです。 「寒い中お越しくださり、ありがとうございました。 地粉を使って家庭で簡単に作れる手打ちうどんも、おいしくできました。 次回10回目も、楽しんでお料理してください。 今日は有難うございました」 次回、上級金曜クラスの最終回は、21日、 中級火曜クラスの最終回は25日、 中級土曜クラスの最終回は3月1日です。 どうぞ寒さに負けず、元気な姿をお待ちしております!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月18日 16時27分更新
  • ブログカテゴリー:

1/29スペシャル「根菜」&2/6公開バレンタイン

  今回は、1月末におこなわれたスペシャルコース「根菜づくし」 第1回と、2月6日におこなわれた「バレンタインスイーツ」教室の 2本立てでご紹介致します。 「根菜づくし」は、全3回それぞれにテーマの根菜を決めて、 いろいろなお料理を楽しんでいくコースです。 指導していただくのは、幼稚園や保育園での講習会にも 活躍されている、野口清美先生。 129蓮根1.JPG 1月29日はその第1回、テーマの根菜は「蓮根」でした。 129蓮根2.JPG もちろん、蓮根はきれいに洗って、節の部分も使っていきます。 この回のサブテーマは「中華風」。 蓮根のチャーハン、野菜たっぷりの蓮根スープ、 蓮根団子の甘酢あんかけ、蓮根ギョウザといった ラインナップに、参加者の皆さんにチャレンジしていただきました。 また、茨城、徳島、佐賀と、産地の違う蓮根の食べ比べも。 129蓮根3.JPG (奥が徳島、右が茨城、左が佐賀の蓮根です) ひとつの野菜について学ぶ、有意義な時間を過ごしていただけたかと 思います。 次回は2月26日開催、テーマは「ごぼう」です。 *********************************************** 2月6日には、毎年恒例のバレンタインのお菓子教室 「ほっこりおいしいバレンタインスイーツ教室」が おこなわれました。 講師は、ムスビガーデン店長の廣田直樹先生。 206バレンタイン2.JPG 206バレンタイン6.JPG 今回は、ナッツたっぷりのチョコパウンドケーキ作りです。 写真右手がナッツのボウルですが、1つのボウルで ケーキ2本分のナッツでした☆ 206バレンタイン7.JPG コンロの前で、廣田先生の説明に耳を傾ける、 参加者の皆さん。 「参加したいけれど、どうしても用事があって行けない!」という 奥様のために代理で参加された、ステキなご主人もいらっしゃいました♪ 206バレンタイン3.JPG こちらが、焼きあがったケーキ。 焼きたては生地が落ち着かないので、充分冷ましてからカットしたほうが 良いのだそうです。 206バレンタイン5.JPG ドリンクは、豆乳イチゴミルク。 熱すぎるとおいしくできないそうで、ドリンクが完成したグループから、 「冷めないうちに!」と試食が始まりました。 206バレンタイン4.JPG こちら、試食のケーキ。 やはりナッツがたっぷり入っているおかげで、かなりな食べ応えでした! そして、参加者の皆さんは、各自1本ずつのお持ち帰り。 ご自宅で、ご家族や大切な人と一緒に召し上がっていただきました☆ 皆様、ご参加有難うございました!! 次回の公開料理教室は、「玄米麹の味噌作り」教室。 3月24日(月)13:30~16:00開催です。 (※仕込みの都合により、味噌教室は午後開催となります。 ご注意ください) 是非、ご参加ください♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月12日 17時29分更新
  • ブログカテゴリー: