ブログ「マクロなポケット」Blog

春期集中料理教室

 
先日から集中料理教室が始まりました。

ご自身やご家族の健康が気になって…という方や、
春からの一人暮らしのために料理を、
など みなさまの受講理由や年代もさまざまですが、
和やかな雰囲気で進んでいます。
 
短期間で学べるので、遠方の方にも好評の集中料理教室。 今回はマレーシアからもご参加いただいています。 春からのレギュラーコースも受付中です! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2014年03月11日 13時24分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生の自然療法セミナー開催

鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する 西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました。 「元気力をひきだす自然医術」シーズン4〈実践編〉、 第2回のテーマは「予防医学の実情」です。          16年ほど前、マクロビオティックと出会い、玄米食をやってみた西下先生は、 ものすごく調子よくなったことによって、以前の調子のよさのレベルが低かった ことに気づいたそうです。体調も、こんなものだろうと無関心のままでいると、 悪くなることがあるので、どこかで気づく、気づかせてもらうきっかけがあればいいですね。   西下先生は、「病気を、治る・治らない、良くなる・良くならない というところだけにとらわれてしまうと、そこまでなんですけど、 そのことをきっかけにして、何に気づいて導き出すかが結構大事 じゃないかなと思うんです」と言われました。 「明日は3月3日でおひな様。私も菱餅色のシャツを着てきました(笑)。 去年からの約束だったんですけど。三段重ねの菱餅の色ってご存じですか。 下から緑、白、赤。昔は合成着色料なんてないので、もっと自然界の 淡い色だったと思います。緑は植物の葉の色、自然からいただいている命の色、 白はお清めの色、命を育てるおっぱいの色、赤は命を養っていくための色、 おっぱいの元である血液の色じゃないかなと思っています」   「今日は、予防医学がテーマです。なぜ皆さんはここに来ておられるのか。 病気を予防したい。病気になりたくないから。なぜ病気になりたくないか ということを考えていきながら、今日、お話していきたいと思います。 実際、予防医学とはどういうものなのか。現代医学ではどのようなことが 行われていて、それにどう対応していけばいいのか、ということについて 進めていきたいと思います」と話され、ストレス・チェックシートの 取り組みから始まり、ふだんあたりまえに受けている「健康診断」について、 深く解説をされていきました。             ●講座を終えて、西下先生の感想です。 世の中では医師不足が叫ばれる中での予防医学の問題について、 本質的な原因をシンプルに紐解いてみました。病気の予防にはお金はかかりません。 「知らぬが仏」や「腹八分目に医者いらず」など、古くからの格言を交えての 解説で納得された方も多かったのではないでしょうか。   ●参加者からの感想です。 ・素直であるということは倫理的なことだけでなく、自分自身にとって  精神的にも肉体面にも影響があるということが腑に落ちました。  ・予防接種やワクチンについて、具体的に効果の期待できるものと  そうでないもの、副作用のリスクなどを教えてもらい、ただなんとなく  受けていたのではダメだと、自分できちんと考えていこうと思いました。   ●次回に向けて 次回のテーマは「病気とどう向き合うか」。 どんなに気をつけていたとしても、いざ自分や家族、身近な人が 病気になってしまったときにどうしていけばよいか、考え方のヒントや 病院との上手な付き合い方などをお話させてもらえればと思っています。   次回、4月6日(日)は、桜が満開か、それとも散り始めている頃でしょうか。 大きく季節の変化を感じる時期です。躍動感溢れる春を謳歌いたしましよう。 講座の帰りに大阪城の散策もいいと思います。是非、ご参加ください。 (Terry)
  • 2014年03月07日 15時35分更新
  • ブログカテゴリー:

名古屋で川口さんと辻さんの対談を開催(赤目自然農塾主催)

赤目自然農塾を主宰し、「耕さず、草や虫を敵とせず、農薬や肥料を用いない」 自然農を実践している川口由一さんと、文化人類学者で環境運動家でもある 明治学院大学教授の辻信一さんによる対談が3月30日、 JR名古屋駅そばの県産業労働センター「ウインクあいち」で開かれます。 (赤目自然農塾主催、朝日新聞社後援、グループ現代とナマケモノ倶楽部協賛) 川口さん.jpg辻さん.jpg 赤目自然農塾主催の自然農シンポジウム「人類の明日を悟る」は 今回で3回目の開催となり、最終回となります。  毎回、多分野から多彩なゲストを迎えられており、 自然農の心根とともに、これからの個々の生き方、持続可能な社会づくりに 向けて大きな学びを得られる大変意義深いイベントです。 是非皆様足をお運びください。 自然農.jpg 当日は午前9時開場、9時50分開演。記録映画「自然農 川口由一の世界  1995年の記録」(約2時間半)の上映と休憩後、 川口さんと辻さんが午後2時〜6時まで、自然界のことや人間の歩むべき道、 農や芸術、教育など、幅広い分野にわたって語り合います。  参加(予約制)前売り二五〇〇円(2月28日までで、翌日以降は二八〇〇円)。 入場は中学生以上に限られます。定員は八〇〇名。 申し込みの受け付けは3月20日までで、残席があれば当日券も用意されます。 詳しくはホームページ「気楽に自然農」(http://iwazumi.nsf.jp/)を 参照にして下さい。 申し込みと問い合わせは、 渡さん(ファックス052-804-9288、akame330@outlook.jp) ▽加納さん(☎090-3997-8844、2014330@gmail.com) ▽北村さん(☎090-3975-1177、@yahoo.co.jp)へ。 月刊むすび誌では第1回、2回の開催時にレポート取材をさせていただき、 昨年年1月・2月号では、赤目自然農塾主宰の川口由一さんと 半農半Xの塩見直樹さんの対談を特集として掲載いたしました。  「自然農人類の明日を悟るⅢ」公式facebook https://www.facebook.com/asuwosatoru3 にてむすび誌をご紹介いただいております。  イベントの詳細につきましてもこちらを是非ご覧下さい。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  

アメリカ村ビッグステップのマルシェに正食協会も出店しました

 

223日は、クッキングスクール師範科の 卒業制作発表会と卒業式のため、 心斎橋のビッグステップに行くことが できませんでした。 代わりに、「ぐりぐりマルシェ」のスタッフ、 中崎義己さんがレポートしてくださいました。 この日曜日は、春の訪れを思わせる好天で、 太陽の光がとても気持ちよい1日でした。

 

このマルシェは、BIGSTEP Farmers & Artisan Market が正式名称で「お気に入りのシャツや音楽を選ぶように、 食べるものもワクワク選んでみませんか」がコンセプトです。 ともとき.JPG

アバンギャルドなポスターに丹波の無農薬の農家さん。 一見ミスマッチに見えますが、今、マルシェはファッション、 マルシェでオーガニックなものを買うことがおしゃれ、 という風潮になってきています。

BSC.JPG

特に、アメリカ村(この界隈の通称です)は昔から 流行の最先端を行く若者が集まる街。 その中心のビッグステップでマルシェをすることは とても意義深いことだと思います。 正食協会.JPG 正食協会2.JPG

正食協会は無人ブースでの出店ですが、 スタッフのイケメン君が「むすび」の配布をしてくれていました。 受け取ってくださるお客様はみな「え〜、いいんですか〜」と 嬉しそうにされます。 リピーターの方が、先月に続いて「今月号も」という場面も ありました。 このようにしてマクロビオティックが広がっていくといいですね。 にぎわい.JPG

この日は最初から最後まで快晴で、大勢の人がマルシェを訪れました。 次回は3月23日(日)です。 (Terry)

2/23春期師範科卒業制作発表会&卒業式

  今週はいよいよ春に向けて良いお天気の大阪です。 今回は、日曜日におこなわれた2013年度春期師範科クラスの 皆さんによる卒業制作発表会、そして卒業式の模様を お伝えします。 その前の週末(ホワイトバレンタイン!)とは打って変わって、 とても良いお天気に恵まれた23日。 各地から、出品のための作品や器、飾りの花などを手に 来校された卒業生の皆さんは、それぞれのブースに 力作をディスプレイされていきました。 223卒制準備.JPG お昼には全員の作品が揃い、ひとまず大撮影会(笑)。 自分自身の作品だけでなく、ほかのチームの作品も 撮影して回る方が多くいらっしゃいました。 開会の挨拶を、岡田校長先生からいただきます。 223校長挨拶.JPG 皆さんに、作品の特徴や苦労した点などをコメントしていただき、 一斉に試食が始まりました。 223卒試食.JPG 一部ですが、今年出品された作品の数々です☆ 223卒料理8.JPG 223卒料理7.JPG 223卒料理6.JPG 223卒料理4.JPG 223卒料理2.JPG 223卒料理3.JPG 223卒料理9.JPG 223卒料理1.JPG 223卒料理2.JPG 223卒料理10.JPG どれもおいしそう!! そう、実際にどれもおいしかったです♪ (さすがに全部は食べられませんでしたが…) みんなでわいわいと楽しく試食し、お腹いっぱい、心もいっぱいになりました。 そして、後片付けを終えて、会場を移動。 協会の裏手の公園にある公民館で、卒業式をおこないました。 223卒業式.JPG 師範科クラスの皆様、ご卒業、おめでとうございます!! 近隣の方も、遠いところからも通っていただき、本当に有難うございました。 またぜひ、遊びに来てくださいね。 詳細は、「むすび」5月号にてご紹介します。 (出品された皆さんの作品全部、お写真を掲載いたします) どうぞ、お楽しみに!!
  • 2014年02月25日 13時51分更新
  • ブログカテゴリー: