ブログ「マクロなポケット」Blog

ケアハウスれんげ荘で「クッキングライブと食の健康講座」

3月23日。春うららかな日曜日。今年はじめてコートを脱ぎました。 正食クッキングスクール講師の野口清美先生と一緒に、 高槻市の淀川沿いにある福祉施設ケアハウスれんげ荘に行ってきました。 野口先生が鍋釜と食材を詰め込んだキャリーバッグを引きながら 河原に沿って歩いていると、土手にはたくさんの土筆(つくし)が見えました。 「帰りに土筆摘んでいこか」と野口先生。 きっと土筆料理のイメージができているのでしょう。食べてみたいな。   ケアハウスとは「身体機能の低下により自立した日常生活を 営むことについて不安があると認められる方で、 家族による援助を受けることが困難になった方が入所する施設」のことです。   正食クッキングスクールの師範科を今春卒業した、 しもむら鍼灸整骨院の下村文則さんとのご縁で、 今日、施設の入居者を対象に「クッキングライブと食の健康講座」 をすることになったのです。 下村さんは、以前、この施設の職員だったそうで、 今も週に二回、訪問リハビリをされています。                       挨拶をされるケアハウスれんげ荘施設長の?橋弘充さん。   「日頃皆さんの健康を外から治療させていただいていますが、 中からより健康になってもらいたいと思いまして、 野口先生をお呼びして、実演とお話をお願いしました。 見て楽しんで味わってください」 と挨拶されました。 健康に役立つ情報を一つでも二つでも身につけて いただけたらと嬉しいなと思いました。                                               下村文則さん   野口先生の登場です。「日本人が大事にしてきた和食、 伝統的な食事を大事に伝えていく料理教室を中心にやっている団体です。 今は、お肉やお魚がメインのおかずになるんですけど、 ふだんはお野菜を中心にいただいほうが、体は安心して喜ぶと思いますよ、 ということをお伝えしています」                                                野口先生   「ふだんからごちそうばかりいただいていると、 胃腸とかが疲れるそうです。そうすると風邪をひいても 治す力がなくなってしまいます。そのために季節のお野菜を食べましょう」   「今日は、春めいてとても暖かい日ですが、 冬から春にかけて旬の蓮根を使ったハンバーグを作ります。 季節のお野菜には、皆さんがその季節を十分に元気に やり過ごせるだけの、いろいろな栄養とか力を持っていますから、 いただきましょう」                                                         イベント全景   野口先生は、噛んで含めるように、ゆっくりとした京都弁を使って、 マクロビオティックの考え方や、食材の旬と性質を解説しながら、 蓮根のつくね焼き丼(「むすび」2月号「滋味SUN菜」に掲載)と 豆乳ムースのデモンストレーションがはじまりました。                                                            デモのできあがり。 入居者の方たちには、厨房でレシピ通り作られた ものを食べていただきました。   昼食後、希望者に無料でアロマオイルを使ったハンドマッサージが 行われました。優しい笑顔でマッサージするのは、 しもむら鍼灸整骨院のスタッフの保育士でアロマセラピスト小嶋亜紀子さん。 正食クッキングスクールの上級卒業生と聞いてびっくり!  デモのアシスタントもしていただきました。                                                                          小嶋亜紀子さん (Terry)  
  • 2014年04月01日 13時56分更新
  • ブログカテゴリー:

食育マンガ新連載!

むすび4月号より、監修:渡邊 昌先生・作画:矢口 桃先生による 食育マンガ「サエとワタルのごはん冒険記」の連載が始まりました。   第1話は“ごはん”について。2号にわたって1つのテーマを取り上げ、 偶数回には渡邊昌先生に解説をしていただきます。 続きが気になるので、小さい頃マンガ雑誌をドキドキしながら 読んでいた気持ちがよみがえります。 是非ご家族で楽しんでくださいね。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年03月22日 10時24分更新
  • ブログカテゴリー:

野口清美講師の食育講座in晴美台幼稚園

3月5日、正食クッキングスクールの野口清美先生と 堺市の晴台幼稚園に行ってきました。 朝からあいにくの雨。三寒四温という言葉をよく耳にする季節です。 一雨ごとに暖かくなって、あと二、三週間すれば桜が咲くことでしょう。   中百舌鳥から乗った泉北高速鉄道は、 野口先生のお話は序章のさわりで目的の駅に着いてしまい、 続きは残念ながらまたの機会となりました。 2月1日に行われた「食育フォーラム」の第一部で ご挨拶をしていただいた松井直輝先生が運営されている 晴台幼稚園は、食の大切さを小さなお子様、そして、 その親御さんたちに知っていただこうと、様々な取り組みをされています。   「今回、講座のテーマは“0歳時の離乳食”です。松井学園長が 食の大切さに気づき、現在、正食協会のクッキングスクールに通っています」 と、司会の永見智子先生が言うと 「へぇ~」 と参加者の驚きの声が上がりました。 「その料理教室の先生が野口清美先生です」 と紹介されました。                       二十歳頃にマクロビオティックとの出会い。 妊娠、三人の子育ての経験、姑との同居の生活、母乳の大切さ、 玄米の重湯を入院した姑の病院に届け続けたこと、玄米食の子育ては 楽だったことなどを、結婚後の人生史を自己紹介として話されました。   赤ちゃんやよちよち歩きのお子さんと一緒に参加した 若い母親の参加者に、野口先生が質問します。 「妊娠中にどうしても食べたくてしょうがなかったものがある人?」。 早速手が挙がり 「ポテトチップスです」。 「やめられない、止まらないスナック菓子ですね。他におられますか?」、 「揚げ物・・・」 「おいしいもんね。他は?」 「コカコーラ!」 と一際大きな声で言う方がおられ、 会場は笑いに包まれました。そして次は 「つわりがひどくってなんとかならないかなと思った方?」 と、質問が続き、それに対しての対応策やコメントを話されました。         今回は食品添加物についても、時間をとって説明されて、 胎児や小さなお子さんには、特に食品添加物を とらない食生活を心がけることを勧めました。 そのためには、できるだけ家庭で料理をして 食事をすることが大切だと話されました。   そして「日本に住んでいる人にとって、 合うのは和食なんです。自分たちが住んでいる 環境のものをいただくのが一番いいということなんです」 「野菜の旬に興味を持つことから始めましょう。 旬を意識すること。旬のものをいだくこと。 その季節に合った食べものを摂ることによって、 体の調子が整います」と、身土不二の説明をされました。   そして、昨晩の野口先生の家の食卓を思い出しながら 「分搗米のご飯に、小松菜を湯がいて ピーナツだれで和えたものと、ほうれん草とシラスに みかんの絞り汁とお醤油をかけたもの、そしておつゆ」 と、すらすらとメニューを言われ、 「春先に青菜をいただくこと、一般的に 小鉢もの扱いする野菜料理をメインに考えること」 というポイントを言われ、時間をかけて作られた 味噌や醤油などの調味料、昔ながらの漬け方をした 本物の梅干しや沢庵などが体によいので、できるだけ そういうものを使うことが望ましいと話されました。 (Terry)
  • 2014年03月13日 18時14分更新
  • ブログカテゴリー:

春期集中料理教室

 
先日から集中料理教室が始まりました。

ご自身やご家族の健康が気になって…という方や、
春からの一人暮らしのために料理を、
など みなさまの受講理由や年代もさまざまですが、
和やかな雰囲気で進んでいます。
 
短期間で学べるので、遠方の方にも好評の集中料理教室。 今回はマレーシアからもご参加いただいています。 春からのレギュラーコースも受付中です! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2014年03月11日 13時24分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生の自然療法セミナー開催

鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する 西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました。 「元気力をひきだす自然医術」シーズン4〈実践編〉、 第2回のテーマは「予防医学の実情」です。          16年ほど前、マクロビオティックと出会い、玄米食をやってみた西下先生は、 ものすごく調子よくなったことによって、以前の調子のよさのレベルが低かった ことに気づいたそうです。体調も、こんなものだろうと無関心のままでいると、 悪くなることがあるので、どこかで気づく、気づかせてもらうきっかけがあればいいですね。   西下先生は、「病気を、治る・治らない、良くなる・良くならない というところだけにとらわれてしまうと、そこまでなんですけど、 そのことをきっかけにして、何に気づいて導き出すかが結構大事 じゃないかなと思うんです」と言われました。 「明日は3月3日でおひな様。私も菱餅色のシャツを着てきました(笑)。 去年からの約束だったんですけど。三段重ねの菱餅の色ってご存じですか。 下から緑、白、赤。昔は合成着色料なんてないので、もっと自然界の 淡い色だったと思います。緑は植物の葉の色、自然からいただいている命の色、 白はお清めの色、命を育てるおっぱいの色、赤は命を養っていくための色、 おっぱいの元である血液の色じゃないかなと思っています」   「今日は、予防医学がテーマです。なぜ皆さんはここに来ておられるのか。 病気を予防したい。病気になりたくないから。なぜ病気になりたくないか ということを考えていきながら、今日、お話していきたいと思います。 実際、予防医学とはどういうものなのか。現代医学ではどのようなことが 行われていて、それにどう対応していけばいいのか、ということについて 進めていきたいと思います」と話され、ストレス・チェックシートの 取り組みから始まり、ふだんあたりまえに受けている「健康診断」について、 深く解説をされていきました。             ●講座を終えて、西下先生の感想です。 世の中では医師不足が叫ばれる中での予防医学の問題について、 本質的な原因をシンプルに紐解いてみました。病気の予防にはお金はかかりません。 「知らぬが仏」や「腹八分目に医者いらず」など、古くからの格言を交えての 解説で納得された方も多かったのではないでしょうか。   ●参加者からの感想です。 ・素直であるということは倫理的なことだけでなく、自分自身にとって  精神的にも肉体面にも影響があるということが腑に落ちました。  ・予防接種やワクチンについて、具体的に効果の期待できるものと  そうでないもの、副作用のリスクなどを教えてもらい、ただなんとなく  受けていたのではダメだと、自分できちんと考えていこうと思いました。   ●次回に向けて 次回のテーマは「病気とどう向き合うか」。 どんなに気をつけていたとしても、いざ自分や家族、身近な人が 病気になってしまったときにどうしていけばよいか、考え方のヒントや 病院との上手な付き合い方などをお話させてもらえればと思っています。   次回、4月6日(日)は、桜が満開か、それとも散り始めている頃でしょうか。 大きく季節の変化を感じる時期です。躍動感溢れる春を謳歌いたしましよう。 講座の帰りに大阪城の散策もいいと思います。是非、ご参加ください。 (Terry)
  • 2014年03月07日 15時35分更新
  • ブログカテゴリー: