ブログ「マクロなポケット」Blog

1/11セミナー「食・開運講座!」

  本日は3連休の中日。 お正月明け最初の土日ということで ゆっくりお休みされている方もいらっしゃるかと思います。 明日は「成人の日」。 成人式に出席される方、 そのお手伝いで大忙しの方もおられますよね 翌週にはセンター試験が待ち構えているので、 受験生のご家庭は最後の追い込みに 入られているかと思います 今回は11日におこなわれたセミナー 「食・開運講座!」の模様をお伝えします。 講師の岡部賢二先生は マクロビオティックについての講座や 月のリズムに合わせたプチ断食セミナーなどでご存知の方も 多いかと思いますが、 今回のテーマは「開運」。 “運を自分に引き寄せるためにはどうしたら良いのか??” というお話を、マクロビオティックの観点から していただきました。 13111開運講義.JPG ↑参加者ひとりひとりに向けて、熱心に語りかける岡部先生。 「マイナスの感情は、血液がドロドロになる原因に。 逆にプラスの感情は、血液をサラサラにして、 モルヒネの50倍の鎮痛作用もあるそうです」 「腸があるおなかを、昔の日本人は“ハラ”と呼んでました。 “腹が立つ”“腹を割って話す”“腹を決める”のように 自分の思いと直結する言葉が多いというのは、 そこに“精神”や“魂”が宿ると考えられていたから。 また、私利私欲に走り人のことを貶めようとする人は“腹黒い”。 侍が“腹を切る”のは、自分の腹が黒くはないことを 証明する方法。 腹が黒いというのは、腸が汚れてしまっている状態で、 本当の自分に曇りが生まれ、“エゴ”や“病み”が出てきます。 腸がきれいな状態だとひらめきやインスピレーションが 湧き、本当に自分がしたいことがわかるようになります」 その腸をきれいにするには、 365日食べても飽きないもの(=中心軸がしっかりしたもの)を 食べることが必要。 日本人なら、「ごはん・味噌汁・漬物」の和食が中心軸。 (※最近のお漬物は保存料など添加物が多いので、 ご注意を!) ただし、「身体にいいから!」と苦手なものを無理やり食べたり、 嗜好品を「これ食べたら身体に悪いからなあ」とわだかまりを 持ちながら食べていたりすると、 先にお話されていた“マイナスの感情”が生まれるので、 逆効果なことに…。 いただくときは、何でも感謝の心でいただくこと、がミソ。 そして運を引き寄せるために必要なこと、不可欠なことを 教えていただきました。 ちょっと努力が必要なこと でしたが、感謝の心と自分の身体に合ったごはんと、 その秘訣があれば、誰でも活き活き毎日が過ごせるゾ! と思いました。 (実際はもっともっと幅広く奥深く、お話いただいたのですが、 一部のみのお伝えです…) 13111サイン.JPG 終了後には参加された方に、 著作にサインをしていただきました。 岡部先生、受講された皆さん、どうも有難うございました 4月からは、隔月で岡部先生の「実生活に役立つ手当て法・望診法」の セミナーが開催されます 今度のテーマは「お手当て」と「望診」。 ホームページに近々アップ予定ですので、皆様のご参加お待ちしています (「むすび」2月号巻末に掲載しています) ちなみに事務局では、 正食クッキングスクールのロッカーロームに 「ご意見BOX」を設置いたしました 「こんなセミナーしてほしい!」「こんな料理教室してほしいなあ」 「ちょっと気になったんだけど…」 といったこと、皆さんの声をぜひお聞かせください

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年01月13日 10時26分更新
  • ブログカテゴリー:

食・開運講座!のお知らせ

  今日は十日えびす、本えびすの日ですね 昨日今日明日、福を求めて参拝される 方も多いかと思います と、阪神間にいると年中行事のひとつなのですが、 馴染みがない方もいらっしゃるかと思いますので 少しだけご説明を。 えびす様をお祭りする神社は全国各地にあるかと 思いますが、特に大阪・兵庫・京都では、 商売繁盛の神として信仰を集め、「えべっさん」と親しまれて 1月9.10.11日に盛大にお祭りをします。 お仕事関係の方だけでなく、一般の方もたくさん 参拝するため、西宮神社などは、最寄り駅からの道が、 神社境内と周辺含めて一方通行になったりもします。 (もちろん車は交通規制されています) そのちょうど「残り福」にあたる明日11日、 岡部賢二先生のセミナー 「食・開運講座!」が開催されます 神社にお参りして心身を清めるのもひとつの手段ですが、 食べ物や食べ方でも、「人生が変わった!」という方が 実はたくさんいらっしゃいます 自分自身の中に眠っている能力を引き出す秘訣と、 自分でできる開運方法について、 岡部先生が食の立場から、わかりやすくお話されます。 当日のお申し込みも受け付けていますので、 ぜひご参加ください 日時:1月11日(金) 会場:14時~16時 受講料:正食協会会員(「むすび」定期購読者)3,500円      非会員4,000円 インターネットでもお申し込みできます。 詳細は、こちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/shokukaiun/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年01月10日 15時32分更新
  • ブログカテゴリー:

12/16マクロビオティック基礎講座最終回

 

基本セミナー、 マクロビオティック基礎講座第3ステージ応用編の最終回 「食は運命を左右する」が行なわれました。 冒頭ホワイトボードに、 食 → 血 → 肉 → 体 → 心 → 相 → 運命  と書かれて、これらはつながっていて、 ばらばらに捉えるところに問題があると話されました。 1216西下先生.JPG

断食をした後、食事をすると胃腸が動くことが感じられ、 日常、何気なくしている食事が、結構な負担をかけていることが 分かるそうです。 その負担の蓄積が、細胞の質を変え、血液が変わり、 体を変えていくことになります。

断食の効果として、血液から雑物がなくなりきれいになって、 雑念もなくなり、ひらめきが起こってくるのでしょう。

「“食は血となり肉となる”の言葉通り、 食べたものが血液・細胞、身体をつくるのだから、 食は健康状態に深く関わります。そして、健康状態は精神、 心の持ち方にも影響します。 その積み重ねが、「相」(手相・人相)として現れるので、 未来・運命にも影響します」

食べるものを変えるだけで、自分の未来が変わるのなら、 なんとなくできそうな気がしませんか?

参加者の声です。

「どんな出来事も陰と陽の二つの意味合いがあって、 それを汲み取れることが、人が二つに寄り添う姿として仁、 思いやりのもてる人になれる」という話に納得しました。

「健康というのは日々の生活の中での実践からできるものであって、 努力のできる人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」 という話が心に響きました。

今回がシリーズ最終回でしたので、 西下先生に1年間を振り返ってもらいました。

「基礎講座ということで難しい話をしないように、 できるだけ易しく・優しくを自分に課した課題として 取り組んできました。

実は難しい話を簡単にするというのが、 難しいところもあるのですが、あまりにも当たり前 すぎる話にもなったりして深く反省した回もありました。 ただ、当たり前のこと故に、気づきが一層深くなり、 その体験を皆さんと共有させていただけて、 とても有り難かったと思います」

 

来年から始まる「自然療法セミナー」については いかがでしょう?

「趣を変えて、症状別に、専門的な領域に踏み込んで いこうと思います。 とかく自然医術というと、東洋医学的、または民間療法的な 内容に傾きがちですが、本当のリアルな「実際」のところを お伝えするために、現代医学的、西洋医学的な解説も交え、 また、お手当てに関しては、体験談として、失敗例もお話 できたらと思っています」

新シリーズに、ご期待ください! (Terry) 西下先生の新講座は、こちら↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/genkiryoku/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月18日 11時48分更新
  • ブログカテゴリー:

12/9山村流食養診断力アップ法第3回

 

昨日、128日はマクロビオティックと出会い、 ライフスタイルを転換したジョン・レノンが 32年前に亡くなった日でした。彼が生きていたら・・・。

 

強い風が吹いて寒い日曜日でした。 健康セミナー、山村流食養診断力アップ法の第3回 「望診法の考え方」が行なわれました。

 

山村先生がファンだった、数日前に亡くなられた 歌舞伎役者、中村勘三郎さんのことから講義は始まりました。

いつも元気で若々しく素敵な笑顔の方でした。 突然の訃報にショックを受けた方も多いと思います。

 

最初に先生から問いかけがありました。 「がん年齢が下がってきています。 近頃ホクロのある人がやたら多いと思いませんか?

1209山村講義.JPG 

30歳を過ぎる頃から、疲れがとれなくなりました。 40歳を過ぎるとさらに疲れが残るようになりました。 50歳を過ぎると、60を過ぎると・・・というように、 節目に体力が落ちたことを話されることが多いと思います。 80歳を過ぎると、どんなんだろう(笑)。

 

加齢と共に排泄力、消化能力が落ちてきます。 体温が下がってくるので、内臓の機能が衰えてきます。 たんぱく質の吸収(消化)力が弱まるので、 若い時は何ともなかったお肉などが、だんだん 負担になってきます。

 

現代は、情報過多の時代です。 相談に来た人に「○○を食べるのをやめればどうですか」と 話しても、「あの先生がこう言ったから」と、 学者の意見に耳を傾けて右往左往している人が少なくありません。 素直に聞いて実行した人に良い結果が出ることが多いです。 実行しない人は、常に実行できない理由を考えています。

 牛乳や卵、油脂分などを摂り過ぎて吸収できないものが蓄積して、 ホクロやイボ、シミとなって体の表面に現れてきます。 実際に顔や手に出るさまざまなサインを例に、 望診の考え方について解説が進んでいきました。

 

先生のお話は、豊富な経験からの具体例がたくさん出てきて、 その様子をリアルに再現されるので、とても分かりやすく面白く、 ためになります。是非、受講してみてください。 (Terry)

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月10日 16時59分更新
  • ブログカテゴリー:

11/18マクロビオティック基礎講座 第3回

11月18日、鍼灸師でもある西下圭一先生の マクロビオティック基礎講座がありました。 先週14日(水)に新月を迎え、 物事の変化やスタートには最適な 時期であり、 ちょうどそのタイミングで衆議院が解散したという 話で始まりました。 今回のテーマは、「マクロビオティックと進化論」 1118西下先生.JPG 進化論の内容については、 世の中は、便利さ・快適さに向かってきて人が動かなくなったこと、 そして、いろんなものが複雑化・分化していくのが進化と 考えられてい ることがある。 その進化が進んだ先には、動けなくなってしまう、 人類の植物化の未来となるかもしれないという話に驚きました。 しかし、陰陽を理解して「魔法のメガネ」を持つことは シンプルなので、そんな世の中の流れに適応せずに 自由でいられることだという話に納得 しました。 マクロビオティック的な進化は「ムスビ」であり、 こうやって集まっていただいた方々とのご縁に 感謝することです、と締めくくられました。 また、西下先生は断食4日目! 終了後は参加者の方々と断食につ いて盛り上がりました。 断食となるとハードルが高いので、 まずは夕食を抜いたり甘酒のみにするプチ断食から 挑戦してみたいと思います。 (A)
  • 2012年11月22日 09時36分更新
  • ブログカテゴリー:

11/11山村流食養診断力アップ法

  今先ほどから、雨と雷です 天気予報がばっちり当たっています。 さて、本日はまず日曜日におこなわれた 山村先生の講座の様子をお伝えします。

雨がしとしと日曜日。 実際の気温より、ずっと寒く感じられる天候でした。 ユーミンの「12月の雨」という歌が聞こえてきそうです。

山村慎一郎先生の健康セミナー、 山村流食養診断力アップ法の第3回、 「幸を手に入れる陰陽五行の基礎2」がおこなわれました。 講義前に、受講者にアンケートが配られました。 今までの人生で経験した困難、乗り越えたかどうか、 その経験でわかったことは?  というような内容で、提出後、お話は始まりました。

山村先生1111.JPG

通常、私たちの生活は不平不満だらけで、 うまくいかない理由を外に見つけることが習慣になっていますが、 思いもかけぬ事故や病を体験することで、 生きていることの有り難さや、周囲の人たちのお世話に なっていることに気づくことがあります。

いい面と悪い面は必ず同居しています。 表裏をしっかり見つめることが大切です。 悪いことは、いいことに気づくキッカケととらえれば 物事は違って見えてきます。

人は孤独だということを一回見つめる必要があります。 孤独を知ってはじめて人の温かさが分かります。

40年前に盛岡で自然食品店を始められた山村先生は、 その当時まさしく奇人変人でした。 その後の苦難、困難、孤独を乗り切ってこられた 体験からのお話は、ピンポイントで心に響きます。

ニューヨークでユニークな座禅体験から得た境地、 先生が学んでいる仏教から引用される例も、 東洋思想がベースのマクロビオティックの考え方と 自然に馴染み、納得できました。

厳しい時代、生きている限り続く困難に立ち向かう ヒントがたくさんあったと思います。

(Terry)

  • 2012年11月13日 16時25分更新
  • ブログカテゴリー:

出産&子育てセミナーのご案内

  2013年まであと2ヶ月… 皆さん、来年の準備は何かなされていますか? 来年、さらに4月以降となると 「すごい先・・・!」という気分にもなるますが、 ちょっと早めのお知らせをさせていただきます クッキングスクールのベテラン講師、 野口清美先生の講座です。 「マクロビオティックで安心な出産&子育て」 野口先生はご結婚直後からマクロビオティックを学び始め、 3人のお子さんをマクロで育て上げた経験者。 以前協会が開催していた「母と子の健康学園」を スタッフとして10年経験されました。 そんな豊富な経験を基に、具体的なアドバイスも お話いただく講座になっています。 第1回:4月13日(土) 赤ちゃんのために何を食べたらよいか? 第2回:5月11日(土) 母乳で育てよう 第3回:6月8日(土) 離乳食 時間:10時半~12時半 会場:正食協会3F講義室 定員:30名(赤ちゃん・お子様連れ可) 全3回受講料:会員(「むすび」年間購読者) 6,000円          非会員 7,500円 単発受講料:会員 2,400円         非会員 3,000円 ※1回ごとの参加も可能です。 小学生以下無料:会場の都合により、 同伴のお子様は2名まででお願いします。 お申し込み時にお子様の年齢・人数をお申し出ください。 なお、駐車場および託児・授乳スペースはありませんので、 ご了承ください。 お申し込み・お問い合わせは、 TEL:06-6941-7506(9時~17時半) FAX:06-6941-7039 mail:main@macrobiotic.gr.jp 協会ホームページの専用申し込みフォームは 中旬までに完成の予定です
  • 2012年11月04日 10時45分更新
  • ブログカテゴリー:

新春セミナーのご案内♪

今日はよいお天気ですね 今回は、タイのセミナーでも熱弁をふるっていただいた 岡部先生の新春セミナーのご案内です 「食・開運講座! ~食が変れば意識が変わる!人生が変わる!~」 思い込みや決めつけにとらわれた潜在意識を リセットし、眠っている能力を引き出す秘訣と、 自分でできる開運法について食の立場から お話いただきます。
岡部さん.jpg  日時:2013年1月11日(金)    14時~16時 定員:50名(要事前申し込み) 受講料:会員(「むすび」年間購読者)3,500円      非会員 4,000円 お申し込み、お問い合わせは TEL:06-6941-7506(9時~17時半) FAX:06-6941-7039 mail:main@macrobiotic.gr.jp なお来月11月には、協会ホームページのセミナーの ページにもお申し込みフォームをアップ予定です 1月11日といえば、鏡開きの日(地方によって異なります) また、旧暦の1月11日に上杉謙信が武田信玄に塩を送ったことから、 「塩の日」なのだそうです。(「敵に塩を送る」の語源だそうですよ) 来年こそ、心機一転新しい自分になろう! とお思いの方、 今のままでもいいけれど、もうちょっと充実したいな~? とお思いの方も、 皆様のご参加をお待ちしております ちなみに…、 タイセミナーのエピソード番外編。 福岡空港から出発された岡部先生、 免税店の店員さんから英語で話しかけられた そうです ・・・もしかしてタイの方と思われたのかも? とのことでした
  • 2012年10月26日 09時47分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロビオティック基礎講座第2回♪

1021日、鍼灸師でもある西下圭一先生の マクロビオティック基礎講座がありました。 3ステージ応用編2回目のテーマは 「東洋思想とマクロビオティック」。
DSC_0038.JPG  東洋思想とマクロビオティックの本質は 同じことを伝えています。 どちらも「人間を磨いていく道」を説いていて、 とりわけマクロビオティックは「食」という 日常生活の中で、よき生活習慣を身につけて いくことを通して高めていくので、より実践的です、 と西下先生は桜沢如一氏や荘子の言葉もまじえて、 和やかな雰囲気で講義は進みました。 マクロビオティックとは何か? 分かっているつもりに なっていないか? とあらためて考える機会となり、 当たり前と思っていることの中にある大切なことに 気づかせていただきました。

受講生からも 「宝石を散りばめられたようなお話でした」 との感想があり、参加された方たちはそれぞれに キラリと光るものを持ち帰っていただけたのでは ないでしょうか。

岡田定三会長が、生前よく話されていたことを 思い出します。

「食事法・健康法としてのマクロビオティックが 広がっているのはいいが、欲を言えば、根底にある 東洋的な考え方を伝えることのできる日本人が 出てきてほしい」 今回初めて参加したので、 理解できるか不安もありましたが、 西下先生の丁寧でわかりやすい話に 引き込まれました。 1回だけの単発受講もできますので、 お気軽にご参加ください。 (A)
  • 2012年10月23日 17時30分更新
  • ブログカテゴリー:

山村流食養診断力アップ法スタート!

 

正食協会の理事、山村慎一郎先生の 5回シリーズセミナーがスタートしました。

1回目は、「厄を克服する陰陽五行の基礎1」。

 

「厄の年齢に差し掛かる頃には、 精神的・肉体的に変化が起こりやすく、 人生の節目になっています。

この苦難を、自分以外の何かのせいにするところに、 本当の救いはありません。

イエス・キリストの言葉 「この苦しみは、誰のせいでもない。 その人が経験するための機会となる」を引用し、 その苦難を乗り越えた先の喜びを見出すことができれば、 もっと人生は素晴らしく、光り輝くものに変ります。 桜沢如一先生も、同じことを言われています」

  山村先生1014.JPG

61歳の本厄を乗り越えてきた先生は、仏教で言う四苦八苦や、 般若心経の解説を様々な例えを使い、時折、 いや頻繁に親父ギャグを入れ(失礼!)、 面白く分かりやすい解説をしながら、 後半の陰陽五行の内容に入っていきました。

 

いろんな年代の受講生がおられましたが、 それぞれに課題や試練を抱えている方にとって、 今日の講義は、きっとその苦難に立ち向かう ヒントと具体策がたくさんあったはずです。

昨年逝去された、岡田定三会長が よく話されていたことを思い出しました。 「60歳を過ぎてから見えるものがあります。 そして、その年齢になったからこそ、 話せることがあります」 (Terry)

  • 2012年10月14日 17時22分更新
  • ブログカテゴリー: