ブログ「マクロなポケット」Blog

4/29研究会☆

  本日から5月ですね とはいえ、陽射しはさんさんとしているものの、 5月とは思えない寒さ 連休には平年どおりになってくれるようですが、 皆さん、気温差での体調不良にはご注意ください。 さて、今回は先月29日におこなわれた 講師・指導員による研究会の模様をお伝えします。 前回3月は、研修科との合同で、午前午後と講義がありましたが、 今回からはまた通常の形態に。 初級・中級のテキストに登場する料理を中心に デモを持ち回りで担当し、手順や材料・分量変更などの 確認をおこないます。 429研究会1.JPG ↑その最中に出た質問を解説する岡田校長先生(右奥)と野口先生(右) また、校長先生による正食の伝統料理の紹介もありました。 429山菜白和え.JPG ↑春の山菜の白和え。 ひじき蓮根。 指導員クラスになると、ひじき蓮根、きんぴらなどは、 テキストを見なくても作れるのが当たり前~(と、聞いております)。 429ひじれん比べ.JPG デモや料理紹介などのあと、参加した先生方全員で、料理を仕上げていきます。 429研究会実習.JPG 完成したお料理の数々。 テキストのメニューだけでなく、校長先生が持参された野草や、 29日以降連休明けまで教室がないので冷蔵庫の整理も 兼ねた創作料理も、食卓に並びました 429研究会2.JPG 試食の後、3階の講義室に移動して、テキストをもとにした講義を 持ち回りで発表。 429研究会3.JPG また、料理、講義ともに、「研究課題」を設定して、 テーマについての研究発表も、おこなわれました。 連休のお休み、またお仕事などでお忙しい中 先生方、ご参加有難うございました 次回の研究会は、5月20日。 郷土料理のご紹介も復活しますので、 どうぞお楽しみに ちなみに、こちらのブログも次回は連休明け7日の予定となります。 ご了承ください 休み明けからも、また協会や料理教室の話題を お届けしていきますので、よろしくお願い致します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

“森の集い”in靱公園&“hitomizu”1日カフェin北九宝寺町

  急に冷え込んでいる、午後の大阪です。 さて、今回は5月中旬におこなわれるイベント情報を 2件お伝えします 「森の集い・春」 日時:5月18日(土)・19日(日) 10:30~17:30 会場:靱(うつぼ)公園 東園(大阪市西区本町1丁目) ※小雨決行・雨天中止 森のつどい.jpg 2012年9月号の「むすび」でご紹介させていただいた ことのあるイベントですが、 震災復興支援をきっかけにつながった、関西一円に在住する 土に近い暮らしをする人たちが、マチとムラのつながりを つくり対話するためのマーケットです。 公園で毎年恒例の「バラ祭」の一環でもあります。ので、 その頃はバラも身ごろ、お散歩がてらにぴったりですね 詳細は、「森の集い」HPへ↓ http://morinotsudoi.org/ 「hitomizu―陽土水― 1日カフェ」 日時:5月19日(日) 11:00~15:00(ラストオーダー14:00) 会場:ヒトノワ―hitonowa―(大阪市中央区北久宝寺長2丁目) ひとみず表.jpg こちらは、今年2月に正食クッキングスクール師範科を 卒業された方が料理ユニットを結成。 そのユニットによる1日カフェです (「むすび」5月号をお持ちの方は、P.52~55をご覧ください。 その方たちの卒業作品も載っています!) 今回はランチプレートが2種。 ・「陽hi」1250円(野菜をたっぷり食べたい方に) パン・玄米キッシュかドリア・野菜のおかず3種・具だくさんスープ・ デザート・ドリンク ・「水mizu」950円(デザート好きな方に) パン・野菜のおかず1種・具だくさんスープ・デザート盛り合わせ・ ドリンク お料理はもちろん、すべてマクロビオティック。 (お子様用のミニプレートも検討中とのことです) ひとみず裏.jpg 4/20より、予約も受け付けされています。 同じく春期師範科卒業生(アロマセラピスト)による アロマハンドマッサージ(500円)もあるそうです 詳細は、 mail:hitomizucafe@gmail.com FB:http://www.facebook.com/hitomizu.cafe “森の集い”とバラ祭を満喫した前後、足をのばして マクロのカフェでのんびり、というのもよいですね 皆さん、どうぞ有意義な休日をお過ごしくださいね

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

マクロ&ヨガイベントin阿倍野

  ゴールデンウィークのお休みのお知らせです。 (と、早い方はこの3連休からGWですよね) 正食クッキングスクール&正食協会事務局は、 5月3日~6日の4日間、お休みをいただきます。 ※授業は本日29日まで。、5月7日より再開します。 ちなみに、下のお店「ムスビガーデン」は、 5月3日~5日がお休みとなります。 さて、今回はそんなゴールデンウィークの イベント情報が届きましたので、 お知らせいたします。 “YOGA KULA GW Special” 5月6日10:00~16:45 阿倍野区民センター ヨガ、骨盤調整、マクロビオティックがコラボした、 セルフケア・セルフチェックの方法を学ぶイベントです。 第1部は10:00~12:00「ビューティ・ベルヴィス(骨盤調整)」、 第2部は13:00~15:00「マクロビオティックの取り入れ方」※座学、 第3部は15:30~16:45「Yin&Yanヨガ」 となっています。 3セッションセットで5000円、 1セッションのみの参加は2000円。 この第2部を、現在香港在住のクッキングスクール指導員 野崎恭子さんが担当。 ちなみに、香港のスイーツ付き、とのことです (野崎さんて、どんな人? とお思いの方は、協会サイトの 「指導員紹介」「卒業生の声」ページをご覧くださいね~) なお、ビューティ・ヴェルビスやヨガにご参加の方は、 ヨガマット、ウエアは各自持参とのこと。 ヨガ阿倍野.jpg お問い合わせなどは、 yogakula2010@yahoo.co.jp までどうぞ。 連休最後のお休みで身体を整えて、 休み明けに備える、というのはなかなかいいアイディアですね

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

吉野のお花見

 

幽玄な世界と表現される奈良県の吉野へ 桜を見に行ってきました。 早くに近鉄特急を予約したのですが、 ほぼ満席になっていました。

始発駅の阿倍野橋から乗りました。 ほとんど空席でしたが、橿原神宮駅で 沢山の人が乗ってこられ一杯になりました。 終点の一つ前の駅、吉野神宮で下車。 岡田校長、野口清美先生、島田弘子先生、 そして師範科を卒業された参加者の皆さんと無事合流。

 

予約していたタクシーに分乗して、山頂へ。 ドライブしながら周りを見渡すと例年より 10日ほど早い開花で、ほとんど散っていて、 ところどころ葉桜でした。 吉野1.JPG ↑山頂(出発地点)の金峯神社にある、義経隠れ塔 吉野2.JPG ↑金峯山寺などを開いたといわれる役行者の像

今回の花見は、山の上からゆっくり下りながら、 ひたすら満開の桜を鑑賞する予定でしたが、 そんなわけで美しいライムグリーンの新緑と、 他の草花を眺めながら、楽しいおしゃべりをして 山道を下りました。 吉野3.JPG

 吉野4.JPG吉野5.JPG ↑吉野水分神社の境内で

天候は曇りでしたが、暑くもなく寒くもないちょうどよい気温です。 前日は25℃ぐらいの夏日でしたから、暑かったと思います。 吉野10.JPG 森の中の散策は、フィトンチッドやマイナスイオンがいっぱいで、 本当に気持ちいい。清々しい気分になっていきました。 吉野8.JPG ↑新緑の木々 吉野7.JPG ↑展望台からの眺め

島田先生は道ばたに生える野草に関心があるようで、 時折、味見をして「おいしい」とつぶやいておられました。

吉野9.JPG 吉野11.JPG

お昼過ぎに、昼食と休憩をさせていただくことになっていた、 大峰山護持院、櫻本坊(さくらもとぼう)に到着。 吉野12.JPG 庭には濃いピンクの八重桜がきれいに咲いていました。 吉野13.JPG

櫻本坊は、壬申の乱で天武天皇となった大海人皇子によって、 建立された寺院です。

正食クッキングスクールに通われている、 住職夫人の巽伯舟さんに広い部屋に案内していただきました。 桜をはじめとする木々が茂る素晴らしい景色が見えました。

吉野16.JPG 

それぞれが用意してきてお弁当を広げ、楽しいひと時です。 吉野14.JPG さすが料理を指導する人や学ぶ人ばかりのメンバーだけに、 おいしそうです。 手作りのクッキーやケーキ、まんじゅうも配られ、 豪華なランチタイムとなりました。

吉野15.JPG  

食後、本堂にお参りをしました。巽良二住職の法話をお聞きしました。

 

出発時間になり、記念撮影です。 住職さん、伯舟さん、長女の和加奈さんも入っていただけました。

吉野17.JPG 

腹ごしらえもできて、またゆっくりと下ります。 お土産物屋さんが見えてきました。 さらに歩くスピードはスローになりました。

しばらくすると、国宝の金峯山寺蔵王堂に到着。 吉野18.JPG 秘仏本尊特別開帳の期間でした。 ここで帰りの電車に乗る吉野駅に集合ということで、 自由行動に変更。それぞれが思い思いの時間を楽しみました。

 

蔵王堂から吉野駅までは、坂道が急になりますが、近道がありました。 山の下のほうなのに桜がきれいに咲いていました。 吉野19.JPG きっと日陰になっていたのでしょう。素晴らしい新緑の並木道がありました。 きっと紅葉の季節に来てもいい場所だと思いました。

 

全員、無事吉野駅に集合。曇り空はきれいな青空に変わっていました。 ふだん教室でしかお会いしていないメンバーで、 一緒に過ごすのも楽しいものですね。

下りだけとはいえ、ずいぶんな距離を歩きました。 身体を動かした爽快感も格別な旅でした。

(Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ロイトン札幌よりお便り

  ロイトン札幌の大浦隆司先生より、 4月16日にホテルでおこなわれたヨガ&マクロビオティックイベントについて お便りをいただきました。 *************************** 「ムーンヨガ&マクロビオティック」
4月16日より1泊2日で、夕朝食で行いました。
限定20名で行いましたが
おかげさまで、21人の方にお越しいただきました。
お客様は30代から70代まで。男性は3名いらっしゃっていました。
小樽から1名と夕張から1名、あとは札幌市内の方です。
 
朝食の小豆かぼちゃ、ひじき蓮根、お味噌汁の味に、
皆さん驚かれていました。
朝ヨガをおこなったあと、朝食を召し上がってから 出勤される方もたくさんいらっしゃいました。
ロイトンイベント.jpg 写真は夕食の弁当です。
筍のすりおろしスープや焼きりんごも好評でしたよ。 (ロイトン札幌 支配人 大浦隆司) ****************************** ヨガとマクロビオティックのお食事で、 身体も気持ちもすっきり。 そして日常とは違う、ホテルの空間。 とても皆さんリフレッシュされたでしょうね 大浦先生、お便り有難うございました!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4/4・5関西健康産業フェア2013

  桜が徐々に葉桜になってきている大阪。 今週末までは散らずにいてほしいですよね 昨日、今日、明日と、教室はお休みの日です。 昨日はまたちょっと工事が入っていました。 (さて、今度はどこがリニューアルされたのか!? それは協会にお越しになってからのお楽しみということで) 今回は、イベントのご紹介です。 その名も、「関西健康産業フェア2013」 ニューマガジン社さんが主催する、 健康に関連する企業が多く出展しているイベントです。 会場は、天満橋駅前のOMMビル2階、Dホール。 会期は、 4月4日・5日の2日間で、 明日5日の開催時間は10:00~16:30です。 会場の一角には商談コーナーもあり、 基本的には企業さん同士のイベントですが、 招待状がない一般消費者でも、受付をすれば入ることができます 404フェア1.JPG 404フェア2.JPG 正食協会は、このイベントの後援を他の団体さんと 一緒にさせていただいています。 自然食品、健康食品・サプリメント、自然化粧品や美容関係、肌着、 健康補助器具などなど、多くのメーカーが出展。 なかには、通販の「Musubi倶楽部」や1階のお店「ムスビガーデン」でも 取り扱いのあるメーカーさんも 404フェア3.JPG 404フェア4.JPG サンプルや試食・試飲などがあるブースもあり、 「健康」好きはわくわくしてしまうかもしれません 写真協力:ニューマガジン社代表斉藤氏

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3/27研修科・講師指導員合同講義

 

研修科と研究会の参加資格者を対象にした 合同講義が27日にありました。 第一部は、近畿大学経済学部教授の坂田裕輔先生。 坂田先生は、2006年の1年間、「むすび」誌に 「環境問題の歩き方」というタイトルで連載を 執筆していただいていました。

  327坂田先生2.JPG

講義テーマは「食品の科学と倫理的な生き方」で、 副題として、“安全な食生活、地球環境と生きる 楽しみ方を考える”でした。 倫理と聞くだけで、まじめそうで固そうで道徳的で、 なんとなく肩が凝るのではと思っていましたが、 身近な食をとりまく環境のお話から始まりました。

 

環境汚染、有機農産物、フェアトレード、遺伝子 組み換え作物の問題、食糧危機、農村の危機、TPPなど、 次々と直面している課題や問題について取り上げていかれました。

 

講義の後半、倫理的な消費者とは、地球環境から社会貢献など、 広範な社会問題や社会責任に配慮したものやサービスを積極的に 消費する人のことで、エシカルスタイルと呼び、世界への影響を 判断材料に加えた自らの価値観にしたがって、積極的な選択を するとこと解説されました。

 

受講者は、ふだん食事や料理、健康について深く考えている メンバーだけに、そのことだけをマニアックに追求してしまい、 世界を俯瞰することを忘れがちになることも多いと思います。 そのような状態を、坂田先生の講義は、風穴を開けていただいた ような気がいたしました。

  327坂田先生1.JPG

受講者の感想です。

「とても分かり易い講義でした。もっとたくさんお話を伺いたく、 続編の機会を是非お願いしたいです。情報の多さに惑わされる人 の多さ(私も含めて)、また、リスクに対しての考え方がとても 共感できました。選択の自由を後世に残すという点は、考える、 ということを大切にする正食の柱とも重なり、非常によい刺激を いただきました」

「機会費用という言葉が納得!! すごく共感しました。 60歳を超えた方の中にも行動を変えよう! と思ってくださる方も いらっしゃるのです。いくつになっても新しいことを知り、 勉強し続けたいという気持ちを持っていたいと思います」

「自分→社会→未来という視野を大切にしていくことが とても大切だと実感できました」

「坂田先生がお話された内容が分かりやすく、私自身の考えも 近くなっていると感じました。時代でもあると思いますが、 研究者、学習の場、そして実践の場が世界的に増え、多くの市民が 活動できる事に私も参加したいです」

 

第二部は、正食クッキングスクール・師範講師の西森寿美子先生。 テーマは「私のマクロビオティック」。指導者を目指す人たちに 必要な視点として、近き眺めと遠き眺めが必要と話されました。

327西森先生2.JPG 

西森先生がお姑さんの、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞の病を玄米で 改善していくお話は、何度お聴きしても迫力満点です。先生が、 自然食品店で買い物をして、商品の包み紙が「健康道場」という、 マクロビオティックの健康情報紙だったことから、玄米とのご縁が 始まります。しばらくして、さらにマクロビオティックを深める ために高知県から正食協会に訪ねてこられました。 その運命的な日が平成1111日だったことを、鮮明に覚えて おられるようです。

 

数年前、正食協会がネットワーク教室の展開をスタートした時に、 先生が「むすび」に寄せた「新しい時代の扉を開ける、ささやかな挑戦」 という言葉が印象に残りました。

 

受講者の感想です。

「実体験からくる、正直なブレのないお話は、幾度伺っても、 背筋がピンとさせられる素晴らしいお話でした。“足下を大切に、 もっと普通のことをする”といった内容は、坂田先生のお話にも 重なり、大変教えられ、また勇気をいただきました」

「治病体験のお話は、やはり、なるほど! と思うことばかりでした。 東洋的思想観を大切に、生活したいと思いました」

「先生のお話は心、魂に響きました。体験することの素晴らしさ、 深めていくこと、自然であること、あるがままを大切にして ゆきたいと思いました」

「率直な心と態度であること。自分の直感を大切にすることなど、 お話からもよく理解できました。自分の仏教や東洋哲学の自己学習で、 漠然と持っていた感覚を言葉と文章で確認できたこと、 また物理学とのつながりなども学べたことはとてもよかったです」 327西森先生1.JPG (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロイトン札幌☆マクロビオティックイベント

  昨日から徐々に平均気温が上がっています。 今日はなんと最高気温20度 更に、午後から大阪は雨風の予報… 「春の嵐」かもしれませんので、ご用心ください! さて、今回は正食協会理事の大浦隆司先生から イベントのお知らせです。 「月のリズムに合わせてキレイ☆を目指す! ムーンヨガ&マクロビオティック」 “新月~満月の時期”に 初心者でも無理なくできるヨガで心身をしっかり整え、 マクロビオティックに基づいた夕・朝食で良質な 栄養を摂る。 そんな経験ができる1泊2日のイベントです。 むーんよが.jpg 会場:ロイトン札幌 日時:2013年4月16日19:00~17日7:45 1泊夕・朝食付き (チェックインは14:00~、チェックアウトは11:00) 料金:1室2名・おひとり12,000円     1室1名・おひとり15,000円 申込締切:4/10 お問い合わせ・ご予約 ロイトン札幌 宿泊課 Tel:011-271-2711 Fax:011-207-3344 HP:http://www.daiwaresort.jp/royton/ E-mail:royton@daiwaresort.co.jp マクロビオティックのお食事の監修を、 大浦先生がされています。 ヨガマット・タオル・ミネラルウォーターはホテルで 準備されているそうですよ。 春の札幌とデトックスを楽しんでみたい方は、 ぜひチャレンジしてください

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

12/12研究会補足…

  昨日お伝えした研究会の内容について、 間違いがありましたので ここで訂正とお詫びを申し上げます。 「かぶら寿司」の材料で、「寒ブリ」と するべきところを「カツオ」としておりました。 大変申し訳ございません・・・! (特に玉田先生、すみませんでした!) 最近魚偏のつく漢字と親しんでいない、というのは 言い訳にしかならないのですが… 使わない(目にしない)と、忘れるものなんだ! と痛感しています。 記憶違いや思い込み、というのも文章を書いたり読んだり するうえで出てくるものなので、 気を引き締めて「確認」することにしていきたいと 思っております。 この回を読んで「どういうこと?」と思われた方には、 ぜひ前回と併せてお読みいただければ幸いです。 (転んでもただでは起きない・・・) そして。 昨日、実はクリスマスの回ということで、 参加された先生方には校長先生から マクロのケーキがクリスマスプレゼントで ふるまわれました 1212ケーキ.JPG (毎回こういったサプライズがあるとは限らないですよ~、 ということでお伝えを控えようかと思ったのですが、 やはりクリスマスですから) 奈良市内にあるお店、 カフェ&アートフラワー「FLOWERISHフラワリッシュ」さんのスイーツです。 以前校長先生に正食を教わっていらした方がされていて、 かぼちゃパイ、アップルパイ、豆乳プリン、豆腐チーズケーキの ラインナップでした スタッフもひとつずつ、おいしくいただきました 本日は、校長先生の「基本のおせち」教室。 仕込みから受講の方にしていただく、がコンセプトなので 長丁場になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

12/12研究会☆

  そういえば、今日は2012年12月12日、 12が3つ続く…なんだか縁起のよい日ですね 今回は、本日おこなわれた指導員・講師陣の研究会の 模様をお伝えします。 今回、郷土料理をご紹介くださったのは、 金沢の玉田由紀子先生。 1212玉田先生.JPG 冬ならではの「かぶら寿司」と、「じぶ煮」について 教えていただきました 1212かぶら寿司.JPG かぶらと、寒ブリと、糀のハーモニーのかぶら寿司、 加賀藩のころからの贈答品だったそうです。 1212かぶら寿司皿.JPG ぺロッといただいてしまいそうですが、 完成までにはとても手間がかかっている一品 校長先生いわく、「手作りのものをいただいたら、 おいしすぎて市販品が食べれなくなってしまいます」 とのこと。 味わって、いただきたいですね~! こちらは、じぶ煮の材料の一部です。 今回、鴨肉の代わりにコーフでつくって いただきました。 (というか、なんと立派な本わさび1212じぶに材料.JPG 写真中央の、結ばれているものは、 「すだれ麩」という、加賀特有のお麩だそうです 1212すだれ麩.JPG こちらのレシピは、来年冬の「むすび」に掲載予定ですので、 どうぞお楽しみに! 校長先生から、今月も正食の伝統的なお料理を 教えていただきました。 1212校長.JPG 久々に顔を合わせる先生方もおられ、 お話に花が咲きながらも手際よく調理、盛り付けを進めて いかれました。 1212盛り付け.JPG 午後は、みっちり講義室で2時間半以上の講義 年末のお忙しい中、先生方ご参加有難うございました! 次回の研究会は、年を越して1月16日。 来年も、どうぞよろしくお願い致します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++