ブログ「マクロなポケット」Blog

第9回食育推進全国大会に出展してきました

6月21日~22日、長野市の冬季オリンピック施設のエムウェーブで開催された、食育推進全国大会に出展してきました。今回で、9回を迎えるイベントで、昨年は広島、一昨年は横浜、その前の年は静岡県の三島でした。名古屋から中央線の特急「しなの」に乗り長野市に向かいました。梅雨独特のしっとりとした空気の中、緑の山々や田んぼの風景がずっと続く3時間の旅でした。   日本綜合医学会会長の渡邊昌先生が代表を務める、綜合食養推進協議会は、食養を推進する団体の正食協会、日本CI協会、クシ・インスティチュート・ジャパン、日本綜合医学会、統合医療学院が会員になっていて「甦る食養生~食育から食養へ~」をポリシーに掲げ、食養(マクロビオティック・正食)を広める活動をしています。その綜合食養推進協議会として出展しました。 Photo by KAKI   22日は、綜合食養推進協議会が主催のシンポジウム「子どもの未来を創る食育」を開催しました。 昨年、長野県上田市で取材し「むすび」誌の特集(2013年5月号)に登場していただいた、教育食育アドバイザー大塚貢先生と再会。80歳を前に、ますますお元気な様子でした。大塚先生は「学校給食で子どもを変えた」をテーマに講演をされて、日本綜合医学会理事の古矢勝氏、子ども達の明るい未来を創る会会長の池田靖子氏、日本不耕起栽培普及会の岡澤成郎氏、そして最後は渡邊昌先生の講演と続きました。   長野県は、郷土食が豊かなせいか、食育本来のコンセプトに基づいたイベント内容に感じられたのと、来場者が上品でマナーのよい方が多かったです。 このイベント情報は、「むすび」9月号に掲載予定ですので、是非お読みください。 (Terry)  
  • 2014年06月29日 15時47分更新
  • ブログカテゴリー:

大阪ぐりぐりマルシェ@難波神社に行ってきました

6月14日(土)難波神社で定期的に開催されている(毎月第二土曜日)、「ぐりぐりマルシェ」をのぞいてきました。 Green Good Linkを略して、ぐりぐりマルシェ。農産物を育てる人、料理する人、食べる人がつながることをコンセプトとしています。 今回は、正食協会の1階にある自然食品店ムスビガーデンとコラボ出店をしました。   ムスビガーデンの廣田直樹店長に、ぐりぐり・デビューの感想をお聞きしました。 「関西の手作り感を出して、お客さんとの距離感が近いお店が多かったですね。 ブースが西向きだったので、午後からは陽射しが入り込んで真夏のようでした。冷やしたペットボトルのドリンクがよく売れました」   「動物性を使っていない“野菜のおかげ”だけで作ったコンソメスープを冷やして持っていきましたが、おいしいと好評で、よく買っていただけました。 同じジャンルの商品で、塩分不使用の“野菜でうまみ”に、興味を持つ人が多かったです」   「マクロビオティックのイベントではないので、ちょっと懲りすぎたかなと思っています。主催者の方に聞きましたが、来られる方たちの年齢層がどんどん低くなってきているそうです。同じミナミのBIGSTEPで開催されているプチ・マルシェの影響かもしれませんね」   先月、女の子が連れていた超可愛いワンコちゃんと再会です。飼い主とお話しました。 「この子は、静岡県の保健所の前に、ブリーダーに置き去りにされてたんですよ。大人しくてとってもいい子です。子どもみたいに見えるけど11歳です。それと、この子のカットは5000円で主人は1000円なんですよ(笑)」 (Terry)  
  • 2014年06月20日 10時56分更新
  • ブログカテゴリー:

これからのがん対策 ~がんにならない生活習慣~

     
5月24日、土曜日。日本CI協会主催の、第6回マクロビオティック医学シンポジウム「これからのがん対策~がんにならない生活習慣~」に行ってきました。ナチュラルハウス青山店を見学し、けやき並木の緑が美しい表参道を歩いて、会場のシダックスホールに着きました。      日本CI協会 会長 勝又靖彦氏 「協会では玄米を主食とした食養生を勧め、その食生活の指針となる陰陽判断力の育成を提唱しています」 「桜沢如一先生は現代人を克明な地図(知識)は所有しているがコンパスを忘れた旅人に喩えています。陰陽判断力とは人間ならだれもが所有している生来の本能で、その育成のベースは感性です。マクロビオティックはその感性育成のプログラムです」      公益財団法人 日本対がん協会 会長 垣添忠生氏 「わが国も含め、世界の先進国のがん対策は、がん予防、がん検診、がん診療、 緩和ケアの4本柱で進められています。中でも国家的視点に立てば、医療費のあまり大きな増大なしにがん患者、がん死を減少させるには、予防と検診に注力するのが合理的です」       独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター  たばこ政策研究部長 望月友美子氏 「タバコは日本では、紙巻タバコが主流ですが、ニコチンという成分をいかに効率よく体内に取り入れるか、という工夫によって様々な形態の製品になる過程で、保存料や添加物が加えられ、毒性を増しました。紙巻タバコの煙には7000種類以上の化学物質が含まれ、200種類の有害物質、70種類の発がん物質の塊を、喫煙者は繰り返し摂取し、周りの人たちにも浴びせているのです」       公益社団法人 生命科学振興会 理事長 渡邊昌氏 「2003~05年にがんと診断された人の国民全体と比較した5年相対生存率は男性55.4%、女性62.9%であり、まだまだ治る病気とはいえません。がんにならない生活習慣がしめされているのでそれを実行することが、“後悔先にたたず”です。がんになっても進行、悪化、転移を防ぐのにはマクロビオティックな生活が有効です」 (シンポジウムのレジュメから一部編集し抜粋) (Terry)
  • 2014年06月05日 15時29分更新
  • ブログカテゴリー:

山の神仏 吉野・熊野・高野

5月23日金曜日。大阪市立美術館で開催されていた特別展「紀伊山地の霊場と参詣道 世界遺産登録10周年記念 山の神仏 吉野・熊野・高野」に行ってきました。“吉野・大峯、熊野三山、高野山の三霊場を中心として篤い信仰をあつめる「神と仏」のすがた約150件を一堂に展観します”とパンフレットに書いてありました。 入場券を今春、正食クッキングスクール師範科を卒業された、巽伯龍さんからいただいたのです。巽さんは昨年の4月に岡田校長や講師の方たちと吉野の桜を見に行った折に、昼の休憩と見学をさせていただいた、櫻本坊というお寺の住職夫人です。確か「うちの本尊も展示されています」とおっしゃっていました。   地下鉄「動物園前」から、新世界のジャンジャン横町を抜けて、天王寺公園の中に美術館はありました。会場に入ると快晴でまばゆいほどの世界から一転して、薄暗い空間。たくさんの仏像などが間接照明で浮かび上がり、瞬時に古代へとタイムスリップしました。   櫻本坊さんから提供された展示物は、10品近くあり、ご本尊「役行者倚坐像」とも出会えました。そういえば、昨年、吉野で見たような・・・。メモしていると「インクが飛ぶといけないので」と、係員が鉛筆を持って来られました。展示物に細心の注意が払われています。展示されていた中で、8世紀のものが一番古いものでした。     光のある方向に向かい、別世界から現実に戻りました。天王寺公園を少し歩いてみました。池がきらきらと輝いていました。名前はよく聞いていた茶臼山(ちゃうすやま)に登りました。鳥の鳴き声と風が葉を揺らす音だけが聞こえます。ここが、近くにハルカスも見える大都会大阪の真ん中とは思えない静けさがなんとも不思議です。
平日ということもあったと思いますが、誰もいません。静かに散策を楽しむ贅沢をしました。 (Terry)
  • 2014年06月04日 11時36分更新
  • ブログカテゴリー:

「sunaoと」にレシピが掲載されました!

むすび2013年10月号の坂田裕輔先生の記事でも取り上げられていた、 スキンケア商品ブランド「sunao」さんのフリーペーパー「sunaoと」に 正食協会のレシピが掲載されています。5月号はわかめと筍の生姜スープ。 これからも随時発行となり、レシピも毎回掲載予定です。 HPからも見ることができますので、是非ご覧ください。 photo by sunao ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2014年05月26日 11時07分更新
  • ブログカテゴリー:

クロアチアのマクロビオティック企業で、正食協会が紹介されました

4月にオーガニック&マクロビオティック企業のむそう商事が取引するクロアチアのビオベガ社(Biovega)のザナさん(Zana)さんが、正食協会を訪ねて来られました。その模様をブログで紹介しましたが、クロアチアのビオベガのホームページに、ザナさんの正食協会訪問記がありました。 http://www.makronova.com/fullpage.aspx?PartID=1590&PageID=1   Facebookにも、むすび2011年12月号に掲載されたことなども紹介してあります。ずっと下の方、4月11日のところです。 https://www.facebook.com/biobio.hr   正食協会関係を紹介しているページです。 http://www.makronova.com/fullpage.aspx?PartID=1597&PageID=1   最近、正食協会は、いろんな国の方たちとつながりができています。皆さんは、マクロビオティックをもっと広めていきたいという思いがあり、様々な活動をされています。 「むすび」7月号特集の海外オーガニック&マクロ最新事情で、ビオベガ社やクロアチアのことが詳しく紹介されます。お楽しみに。   *4月のザナさんの正食協会訪問についてはブログをご覧ください。http://macropocket.jugem.jp/?eid=516 (Terry)  
  • 2014年05月23日 09時26分更新
  • ブログカテゴリー:

大阪ぐりぐりマルシェ@難波神社に行ってきました

5月10日土曜日の午後、心斎橋界隈に出かけました。太陽の輝きに力が増し、 初夏そのもののオーラを感じました。ぐりぐりマルシェが定期的に開催している難波神社には、大勢の人たちが訪れていて、出店も今まで一番多いようです。   主催者の方に賑わっている理由をお聞きしました。 「口コミやぐりぐりのホームページ(http://green39.jimdo.com)を見て知った方とか、少しずつ有名になってきました。季候も良くなって、野菜の品揃えも揃ってきましたし。今朝、筍を掘って持ってきている人もおられますよ。」   マルシェの魅力ってなんでしょう? 「対面販売のおもしろさもあると思います。ネットの情報ではないライブのような出店者とのやりとりは楽しいです。大手企業から農的な暮らしにチェンジした若い農家なので、農家然としていないから、ビジネスライクでないし、話しやすいのもあると思います」   ついこの間まで、消費者だった農家の人たちは、訪れる人たちの気持ちを理解できてとてもフレンドリーです。出店者同士も仲良くなって、場の雰囲気も温かく、御堂筋を歩く、ふりの客も入りやすいようです。スイーツのお店もたくさんありましたよ。   正食協会のブースでは、7月5日の講演会「食育フォーラムPart?」と「1DAY体験教室」のチラシをお披露目しました。 (Terry)
 
  • 2014年05月14日 17時33分更新
  • ブログカテゴリー:

BIGSTEPのファーマーズ&アルチザンマーケットに行ってきました

4月29日火曜日、昭和の日で祝日。ゴールデンウイークの始まりです。あいにくの雨が朝から降り続いていました。 午後になって、雨が止んだのを見計らって、心斎橋のBIGSTEPに出かけました。雨のせいかアーケード街は、かなり混雑しています。御堂筋は、歩行者天国(長堀通りから難波まで)になっていて、様々なイベントが行われていました。   BIGSTEPのファーマーズ&アルチザンマーケットでは、今回も正食協会のブースを出展しています。店番をしていただいていたのは、中崎義己さん。中崎さんは、若い頃、東京に単身赴任していた時に、食養の指導者で正食医学の大家、大森英桜氏の講座に通っていたことがあって、一時はかなり厳格なマクロビアンだったようです。その経験を経て、現在は、ほどよくマイルドになっておられました。   野菜の販売コーナーには、兵庫県産で農薬を使用せず、路地栽培の赤軸ホウレン草、新玉ねぎ、ワサビ菜、サラダ水菜、からし菜、サニーレタスの赤と緑などが並んでいました。めずらしいイタリア玉ねぎは売り切れていました。ファッションビルと野菜の売り場が、なんともミスマッチで楽しい空間です。   BIGSTEPのすぐ近くにあるビルの壁画。イラストレーター黒田征太郎氏の作品だったはずです。およそ40年前、この界隈は親不孝通りと呼ばれ、サーフショップやアメリカ西海岸から輸入した衣服を売る店がたくさんあって、日焼けしてロングヘアーの若者が大勢闊歩していたものです。 (Terry)
  • 2014年05月04日 17時16分更新
  • ブログカテゴリー:

「旬を愛でる会」に参加しました

4月27日、日曜日。週間予報では崩れると聞いていた天候は外れて晴天です。大津在住の日本画家、鈴木靖将さんの自宅に自生している筍を掘って、その日に料理をして食べるという「旬を愛でる会」に声をかけていただき、参加してきました。初夏を思わせる夏日で、街ではタンクトップの女性の姿を目にしました。   掘った筍を鈴木さんの指導の下(100種類以上の筍料理のレシピをお持ちのようです)、料理して、筍づくしを肴に地酒を呑んでワイワイ楽しむ催しは、今回で5回め。場所は大津市の瀬田の唐橋近くにある、30年の歴史を持つ老舗自然食品店、山岡康人さん、啓子さん夫妻が営むヘルスステーション「けんこう舎」の研修棟「秀山荘」です。   仕事の都合で会場に着いたのは夕方でした。すぐに二階のお茶席に案内され、清楚な和服姿の張?幸子さんが笑顔で迎えてくださり、白味噌の餡が入った手作りの和菓子と抹茶をいただきました。   階下の広間には、様々な種類の筍料理が処狭しと並んでいました。参加者は、筍掘り、筍料理と一日一緒に過ごしているため、和気あいあいの雰囲気です。 同席した中に、淡路島在住でプロのカメラマンからカワラマン(瓦職人)に転身した、山田脩二さんがおられました。同時代の同業者、篠山紀信や鋤田正義、浅井愼平のことをお聞きしました。山田さんが持参して調理した、湯布院のクレソンと小女子の和え物が、とてもおいしかったです。   福島県、南相馬市から来られた管野啓明・幾代ご夫妻の「笛と箏と語り」がメインの催しでした。東日本大震災のお話が、心に響きました。自分たちが長年住んで愛していた土地———田んぼや畑や山々、青い海などの美しい大自然が、一瞬にして汚れてしまったことに対する憤りは、計り知れないものがあると感じました。 (Terry)
  • 2014年05月03日 10時07分更新
  • ブログカテゴリー:

桜沢如一墓参会in京都

4月20日の日曜日。どんよりした曇り空です。雨の予報が出ていましたが、なんとか大丈夫そうな空模様でした。ちょうど二十四節気で言う、春の雨が全ての穀物を潤すという意味の“穀雨”の時期です。   今日は、日本CI協会と正食協会の合同開催で行われる桜沢如一墓参会です。この二つの協会は、1966年4月24日にこの世を去られた桜沢如一先生の思想・哲学を受け継ぎ、普及啓蒙活動を行っています。それぞれの協会から食品販売部門として誕生したオーサワジャパン株式会社とムソー株式会社が、墓参会の協賛企業として名を連ねました。   京都の堀川通り沿いにある本法寺教蔵院に桜沢如一先生のお墓があります。未だに海外から、ジョージ・オーサワ(桜沢氏の海外での呼び名です)を慕ってお墓参りに訪れる方たちがおられることに、住職さんが驚いておられます。 全国から約50名の、主にマクロビオティック料理の指導者層の参加者が集い、教蔵院の広間で、日本CI協会の勝又靖彦会長と正食協会の岡田昭子校長の講演が行われました。お墓参りの時間がくると、少し雨が落ちてきました。誰かが「先生の喜びの涙だな」と言いました。住職の読経の中、墓参が行われ、記念撮影をしました。 新緑が美しく瑞々しい京都の一日を、特別な想いで過ごすことができました。 この墓参会の様子は、「むすび」誌7月号で紹介させていただきます。 (Terry)  
  • 2014年05月02日 10時20分更新
  • ブログカテゴリー: