ブログ「マクロなポケット」Blog

杉樽醤油を作る、小豆島のヤマヒサへ見学に行ってきました

  1113日、木曜日。正食クッキングスクールの講師陣の皆さんと、JR姫路駅に集合し、レンタカーで姫路港からフェリーに乗りました。小豆島の福田港までの時間、わいわい賑やかに楽しくおしゃべりしながら過ごしました。メンバーは、野口清美先生、島田弘子先生、今村圭子先生、そして指導員&事務局の宮本貴子さん。冬将軍到来とあって、風が強く波があるものの、太陽がまぶしく素晴らしい天候でした。   ヤマヒサの四代目社長、植松勝久さんに迎えられて、最初に案内されたのは、小豆島産オリーブオイルを搾っている工場でした。建物の中は青い果実の香りが溢れていました。工程をざっくり説明すると、果実をすり潰してペースト状にしたものを搾り、その果汁を遠心分離器で油と水に分け、油を濾過してできあがりです。   できたてのオリーブオイルを口にした野口清美先生の感想です。 「普段、私がいただいているものとは違って、何のくせもなく、オイルなのに少しさわやかな風味で、後口に少しだけ苦みを感じましたが、それさえもさわやかな感じがして、美味しいものでした。オリーブオイルが、果肉ごと一物全体を搾って作ることを初めて知りました」   そして、発酵食品が大好きな講師陣が興味津々の醤油工場に案内していただきました。ヤマヒサ醤油の伝統製法を、かいつまんで説明させていただきます。 蒸した大豆と炒って砕いた小麦を混ぜ、種麹(麹菌の胞子)を入れて、室屋(むろや)という部屋に入れます。 そして、温度や湿度を与え45時間ぐらいかけて、麹が作られます。その麹を杉樽に移して、塩水と混ぜます。これをもろみといいます。それから発酵熟成の段階に入り、濃口醤油で、1年半くらい時々混ぜながら寝かせます。そして、生醤油であれば、搾って火入れをせずに、濾過して瓶に詰めて出来上がりです。     今村圭子先生のコメントです。 「醤油蔵に入ると、深い香りと年代物の木桶に遠い昔にタイムスリップをしたような感覚を覚えました。木桶には仕込まれたもろみが発酵・熟成し、琴の音色をBGMに季節を重ね静かに変化し生きている力強さに満ちていました」 「一般ではステンレスでの仕込みが普通ですが、ヤマヒサ醤油さんは昔ながらの木桶を使われ、原材料も確かな物を使用され、私達に良い醤油を作り続けてくださるポリシーを感じました」   ヤマヒサを訪れるのは二度目の島田弘子先生の感想です。 「悠久の時がまるでそこだけ止まったようなこの蔵は、言葉にならない不思議な感覚がします。建物全体がまるで大きなひとつの生命のようです。生き物を育てるような人の優しさやぬくもりを感じました。自然にすべてをゆだねて見守り、丁寧に造り上げ送り出されるお醤油たち。今まで以上にお醤油に“いのち”を感じるようになりました。ここのお醤油はきっと自然にもカラダにも一番近い・・・いや私たちと同じ生命そのもののように感じました」   指導員の宮本貴子さんの感想です。 「醤油蔵の中で、お琴の音を聴きながら、フツフツと心地よさそうに育っているお醤油たちは、まるでお昼寝している赤子のような感じでとっても幸せな雰囲気でした。こんな命あふれる環境で育ったお醤油をいただける幸せを改めて感じました」     農産物などで、よく顔が見える関係ということを言いますが、料理や食卓で使う醤油を、海に浮かぶ島の風景や蔵のことや作っていただいている人たちの顔を思い浮かべながら味わう喜びは格別なことだと改めて感じた今回の旅でした。                                                       (Terry)
  • 2014年11月27日 12時55分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび12月号

正食協会が発行する月刊誌「むすび」 今月の特集は〝現代の食を知るブックガイド 和書編〟 立ち読みコーナーでは、「身体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか」 「やせる!」という書籍の紹介記事の一部を読むことができます。 本誌ではほかにも紹介していますので、通勤・通学・コタツのおともを 是非見つけてください笑顔 定期購読は随時受け付けておりますが、1冊からでも購入いただけますき ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年11月25日 10時04分更新
  • ブログカテゴリー:

~石塚左玄先生の顕彰会参加~

朝晩の冷え込みがぐんと厳しくなって来ました。 そんな中、秋晴れの土曜日に福井に行って参りました。 京都からサンダーバードに乗り込んで約1時間30分で福井駅に着きました。 そこから、とっても気持ちいい天気の中、レンタカーを借りて山口事務局長の運転で目指すは、大野市。稲刈りが終わり、広々とした田んぼの中を走る大きな道を抜け、1時間ほど走りました。そして、阪谷公民館に到着。 阪谷といえば、“食育の祖”石塚左玄先生のゆかりの地。この地で、石塚左玄先生の顕彰祭が行われました。主催の「食育のふるさと阪谷をよくする会」や共催の「NPO法人フードヘルス石塚左玄塾」の皆さんが出迎えて下さいました。  式典が始まると、次々に阪谷をひっぱってこられた皆様方が挨拶されました。そして、石塚左玄先生のゆかりの地で行われているさまざまな活動が披露されました。阪谷小学校では、「学校田」と言われる田を作り、先生方、生徒さんが一体となり米作りを行っているとのこと。そしてできたお米は、給食のごはんとして提供されているようです。そして、給食のメニューも「食養道」に基づいた食事になっているとのことです。さすが、食育を叫ばれた左玄先生のゆかりの地だなと感心致しました。左玄先生の親族の代表の方は、左玄がといた食養道の活動を、「誇り高き日本人の人格形成に役立ててほしい」とおっしゃられました。  そして、NPO法人フードヘルス石塚左玄塾の理事長である岩佐勢市氏が、「食育の祖石塚左玄とゆかりの地阪谷」という演題で、講演されました。石塚左玄先生の歩みをお伝えくださいました。「食医」と呼ばれた理由がよく分かりました。そして、現代食の問題点を指摘され、それをどうしていけばいいのかの問題定義をして下さり、とても刺激を受けました。我々正食協会の役割の大切さも改めて実感致しました。マクロビオティックという言葉も自然な流れでご説明され、一般の方々にもとてもすんなりと受け入れられているのがよく分かりました。 講演される岩佐理事長  その後、席を移して、食養に基づいたお食事を提供して下さいました。ネットワーク校講師の野坂淳一さんがメニューの説明、素材の作り手のことなどを丁寧に詳しくお話してくださり、身体も心も喜ぶ食事を頂きました。のっぺい汁に入っているこんにゃくひとつとっても前日に手作りしてくださったというもてなしぶりには、頭が下がる思いでした。  その後、山口局長と私は、岩佐理事長、野坂さん、研修科に通われている吉江幸子さんに同行頂いて、左玄先生のご先祖のお墓参りをさせて頂きました。これからも「マクロビオティックの普及に邁進していきなさい」とお墓の中から声がするような気が致しました。  帰りは、高台まですこし足を伸ばし、自然豊かな阪谷地区の全体を拝んでから、福井駅と帰ってきました。  マクロビオティックのルーツを探るとてもいい旅となりました。  阪谷の皆様ありがとうございました! (Taka)      
  • 2014年10月26日 10時45分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび11月号

 
むすび誌11月号が完成しました。 今月号の特集は、「楽しんでいます、マイマクロライフ」 岩手県で自然食レストラン、マクロビオティックカフェを経営する 畠山さゆりさんとイラストレーターせきねゆきさんが登場。 素敵な生活をしているお二人の記事を読むと、元気をもらえました笑顔 立ち読みコーナーで一部を読むことができますのでどうぞご覧くださいビックリマーク ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年10月21日 13時25分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんが正食協会に来られました

8月後半に「プチマクロキャラバンin淡路島~太陽と共に生きる~」を終えたばかりの西邨マユミさんが主催者の方たちと一緒に正食協会に来られました。 ちょうど、岡田校長もおられたので、桜沢如一先生の活動の軌跡や世界に羽ばたいたお弟子さんたちのことなど、マクロビオティックのディープな話がしばらく続きました。   お話をしていて、いつか公開料理教室「Mayumi’s Kitchen」を正食協会で開催したいなと思いました。西邨さんが実践してきた世界各国の人たちの嗜好や健康や伝統を考えたマクロビオティック料理はとても興味深く魅力的です。 2012年の7月に福岡県うきは市で開催された西邨さんの料理&トークイベントを取材した時は、マドンナのワールドツアーで訪れたイスラエルのテルアビブからの帰途で、暑い夏にぴったりの中近東風料理でした。イベント終了後のインタビューで、時折にっこりする笑顔がとても素敵でした。   現在、アラスカを拠点にアクティブに行動し、マクロビオティックを世界に広め続ける西邨マユミさんのプロフィールを、改めて淡路島・プチマクロキャラバンのフライヤーから引用させていただきます。 「歌手マドンナの御用達のパーソナルシェフであり、ゴア元副大統領、スティング、ブラット・ピット、ガイ・リッチー、ミランダ・カーをはじめ多くのセレブリティにマクロビオティックの食事を提供してきた傍ら、アラスカにてティピ(テント)での生活、がん患者への料理指導、キューバ政府への有機農業や海洋調査の指導と協力、そして日本発信のライフスタイルを普及させるために国内外での積極的な啓蒙など世界中を股にかけ多岐にわたる西邨マユミの活動には“太陽と共に生きる”というテーマがあった」 (Terry
  • 2014年09月03日 09時09分更新
  • ブログカテゴリー:

野口清美先生の食育講演会「つよい体をつくる 和食の魅力」

8月17日(日)、お盆休みの最終日。野口清美先生の食育講演会「つよい体をつくる 和食の魅力」に行ってきました。今回、野口先生とは姫路で合流するので、事務局スタッフの宮本貴子さんとJRで静かに向かいました。   会場は、JR姫路駅近くのイーグルひめじの“あいめっせホール”です。工事中のため、屋根まで白い姫路城が見えました。 打ち合わせをしている控え室に、正食クッキングスクール師範科を卒業して、虹色キッチンを運営している八島規子さんが作ったお弁当が届き、みんなでおいしくいただきました。   開会にあたり主催のアイキ・スポーツスクールの専務取締役、中村隆司さんの挨拶がありました。 高校・陸上部の元監督の講演で、部員の食生活の善し悪しが大きく結果に影響することに気づき、ジュースやアイスクリームなどの甘い物を禁止したところ、良い結果が出るようになったと聴いたことが、今回の講演会を企画したきっかけの一つと話されました。   ステージに登場した、野口清美先生は、自己紹介のあと、「和食とは何なんでしょう」と会場に問いかけました。 「この国でできた作物、この国で伝統的に伝わる調味料を使って料理したもの、という定義でした。今の若いお母さんたちは、マヨネーズとかケチャップ、ウスターソースというカタカナの調味料が多いから、日本古来の調味料といっても分からないのが現状かもしれませんね」   「私の家には、醤油、味噌、塩のように平仮名か漢字しか使わないものが多いんです。一汁三菜が昔から言われる基本の形になります。ご飯が入っていないのは当たり前だからです。これが和食の基本です。そして、素材の持ち味を大切にする、料理を入れる器や盛り付けや掛け軸も含めて四季の風情を盛り込みます」   次に食生活の問題点として、農薬や添加物の多用がアレルギーなどにつながること、和食離れをしてジャンクフードが増え、現代版栄養失調になっていること、個食、孤食、固食、小食、粉食、濃食などの問題点を指摘しました。 そして、食育基本法に触れ、食育の言葉の由来を説明し、石塚左玄、桜沢如一の名前を出して、食養、正食、マクロビオティックの考え方に話が進んでいきました。   野口先生は、今回初めてパワーポイントを使用した講演をされました。自宅で調理する過程を写真に撮り、スクリーンに映しての料理の説明は、初めての方たちにとても分かりやすかったようです。   講演会が終了し、研修科に通っておられる浅野里香さんとお子さんにお会いしました。夏休みの間、朝ご飯を作り続けた小学校1年生のお子さんから野口先生に花束贈呈です。お子さんは、野口先生のお話がとても分かりやすかったそうです。すごいな~と感心しました。 (Terry)
  • 2014年08月25日 10時15分更新
  • ブログカテゴリー:

「むすぴ」誌でおなじみの坂田裕輔教授の講義が行われました

7月21日、海の日。指導員を目指す人たちを対象にした研修科で、近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科教授坂田裕輔先生の講義が行われました。 坂田先生は「むすび」誌に隔月連載で「虫のいる森 ~生命を守る経済学研究室から~」を執筆していただいています。   坂田先生は、現在、熊本に住まれていますが、大阪在住時に、正食クッキングスクールに通われて師範科を卒業されています。大阪の十三にある参加型オーガニックカフェ×コミュニティスペース「カフェスロー」と関わり、体験ワークショップや環境トークライブなどの活動をされていました。   今回のお話のテーマは「森が守られる仕組みをつくる」です。 「食と森。食べものというのは、塩以外はすべて命あるものをいただくということなんですけど、森というのはいのちの源なんです。落ち葉が分解されて、養分になって、森が豊かになるんですけど、雨で養分が流れて行きます。流れた先にあるのが海。そこの海が豊かになることで、牡蠣が育つ。小魚が育ち、それを食べる魚が育つという循環を繰り返すわけです。まさしく「森は海の恋人」ですね。「エジプトはナイルの賜物」という言葉もあります。毎年大水があって、上流から黒土を運んでくれて農作物ができる。森と食は強く関わりがあるものなのです」   「昔は、森と生活は深く関わっていて、ないと困るものでした。江戸時代の村八分で一番しんどいのは何かというと、村の共有林とか共有の場所に入れなくすることだったんです。それは、共同の水が使えないと畑ができない。共有林に入れないと燃料の確保ができない。食事の煮炊きができなくなり、やがて村にいられなくなってしまう。村で暮らす人たちの、命を支えてくれるものが森だったんです」   森がはたしてきたさまざまな役割、森の現状、森林保護の問題、森が守られない原因、多面的機能をお金に換える、森を守るためにできることについて、プロジェクターを使った講義が行われました。 講義終了後、質疑応答の時間に、開けた窓から雀の子どもが迷い込んできました。なんとかつかまえることができて、心配そうに見守る親のいるところに、逃がすことができるというハプニングがありました。「ここも森になりましたね」と坂田先生が締めくくると、会場は笑いに包まれました。 (Terry)
  • 2014年08月01日 18時18分更新
  • ブログカテゴリー:

太陽のマルシェに行ってきました

 
7月12日(土)、東京の“勝どき”で月1回、定期的に開催されている「太陽のマルシェ」に行ってきました。地下鉄大江戸線の勝どき駅で降りて地上に出ると、接近していて開催が危ぶまれた台風8号が去り、朝から強い太陽の光がギラギラと照りつけていました。   駅に隣接している公園に白いテントがたくさん並んでいました。入り口付近に、スムージーやフレッシュジュース、ハンドメイドアイスキャンデーなどを販売するキッチンカーが数台目に止まりました。暑い陽射しをものともせずに、元気な接客をしている人たちと、若いカップル、家族連れの来場者で賑わっていました。 このマルシェは毎月、テーマが決まっていて、今回はフルーツです。そういえば、宮古島のアップルマンゴーとか、北海道のまぼろしのメロン・キングルビー、愛媛の甘夏、和歌山の桃と、おいしそうな果物がたくさん並んでいました。   会場は100店舗ほどでしたが、新鮮な農産物が豊富でした。今朝採ったばかりのとうもろこしが、生で試食できました。通りすがりの女性が、差し出されたトマトを口に入れて「あ、おいしい!」と足を止めました。生産者と直接のやりとりがスーパーマーケットにはない、マルシェの楽しみです。    有機農法、自然栽培、炭素循環農法など、こだわり農法の野菜も見かけられました。このイベントの関係者にお聞きすると、「オーガニックを目指しているマルシェなので、クオリティが高いのです。それと、他のマルシェは観光客向けですが、ここは地元の住民が多くリピーターとなっているのが大きな違いですね」。   この太陽のマルシェから徒歩3分の所に、太陽のマルシェの流れを汲む常設の屋内マルシェスペースがあると聞いていました。行ってみましたが、あいにく休業でした。静かな倉庫街のすぐそばに運河が流れていました。時折吹く潮風が気持ちよかったです。 (Terry)  
  • 2014年07月21日 10時08分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび8月号

むすび8月号が完成しました! 特集はオーガニック・ワールド。 オーストラリア、台湾、スウェーデン、スペインなど世界の 最新オーガニック情報が満載の8月号は、バッタの表紙が目印です。 今年の1月号にご登場いただき大人気だった、エリカアンキャルさんの トークショーレポートや、自然農実践家の川口さんと文化人類学者で 明治学院大学国際学部教授の辻さんの対談の後半も掲載。 是非一度ご覧下さい スマイル ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2014年07月14日 15時06分更新
  • ブログカテゴリー:

野口清美先生の食育講座in三石台幼稚園

  7月1日、野口清美先生と、和歌山県橋本市にある三石台幼稚園に行ってきました。南海電車に乗って和歌山県の林間田園都市へ。緑が濃くなった山々を見ながら、心地良い京都弁を聴いて楽しい時間を過ごしました。   ドラマに出てきそうな都会的な駅前の風景を歩いて5分のところに幼稚園があります。集まった参加者に「できたら朝食は、パンと牛乳はやめて、味噌汁がいいですよ。今日の講座では、出汁を使わずとも、こんなに味噌汁がおいしいという体験をしてもらいます」と学園長の松井直輝先生が話されました。   味噌汁のデモに入る前に、野口先生が、“伝統食に学ぶ食生活のすすめ”の考え方について、分かりやすく話されました。   私たちは、世の中のたくさんの命をいただいて、健やかに毎日暮らしています。 マクロビオティックは伝統的な和食のことです。自然界のルールを大切にしています。その土地に準じて生きていく。日本に住んでいれば和食をいただくというのが健康にいいわけです。   あれを食べたらだめ、これを食べたらだめとは言いません。何でもおいしくいただいたらいいと思います。ただ、どのくらいの頻度で、どういうタイミングでいただくかを心得ているだけで、少しぐらい熱を出しても、自然治癒力で何日かで治るか、いつまでもグズグズと長引くかの違いが出てきます。   昔の日本人は、今よりずっと味噌汁を飲んでいました。味噌汁で栄養を摂っていたんですね。お味噌は、微生物が豊富な栄養素を作り出してくれます。発酵によって、大豆のタンパク質がアミノ酸に変わって、身体を元気にしてくれます。日本人の生活に密着していたんですね。   植物にも命があります。大根も人参も皮をむかない。栄養学的にも皮や皮と身の部分に栄養、抗酸化物質がありますよと言われています。そのような表現はしていませんでしたが、マクロビオティックの料理法は理にかなっていたんです。そして、土地でできる季節のものをいただきましょう。   玉ねぎとか人参を使って、野菜のうまみを引き立てると、お味噌がおいしかったら、出汁を使わなくてもおいしくいただける、というのを今日は、皆さんに体験してもらおうと思っています。 この味噌汁だけでも覚えて帰られたら、すごくお得です。 (この日の味噌は、松井直輝先生の手製のものを使用しました) (Terry)    
  • 2014年07月10日 09時49分更新
  • ブログカテゴリー: