ブログ「マクロなポケット」Blog

野口清美先生と三石台幼稚園に行ってきました

7月23日水曜日。野口清美先生と南海電車に乗って三石台幼稚園に行ってきました。今回は、園児の保護者の方たちではなく、園で働く先生方が対象です。「伝統食に学ぶ食生活のすすめ」をテーマにした講義と、玄米と味噌汁の試食があるので、玄米と圧力鍋を抱えて出かけました。   二日前に、地元京都でご長男、直史君の結婚式を終えたばかりの野口先生は、いろいろ気苦労があったと思いますが、その疲れをものともせず、いつもの快活さで楽しいお話が続きました。   林間田園都市駅のすぐ近くにある三石台幼稚園は夏休みで、静かなことこのうえなし。研修会場には職員の方たちが約30名おられました。   「全国の保育園、幼稚園を視察して、育てにくい子どもが多いということが、分かってきました。なぜだろうと考えているときに出会ったのが、福岡で玄米和食を給食にしている高取保育園です。そこの子どもたちは本当に落ち着いているわけです。驚きました。そこで玄米食の話を聞き、正食協会を知り、正食クッキングスクールに通い、マクロビオティック料理を学んでいるうちに、やっぱり食がとても大切で、いのちの源であることが分かってきました」と、現在師範科コースに通う園長の松井直輝先生が熱く語られ、野口先生を紹介されました。   「日々、子どもたちのいのちを育んでおられる親御さんも大切ですが、子どもたちの教育に関わっておられる先生方にお話させていただけるということで、今日は熱い想いを抱いてやって来ました。一人の先生がたくさんの子どもさんや保護者の方と関わる影響はすごく大きいと思うんです。皆さんにお伝えしたいことが山ほどあります。ちょっと早口ですけど、ついてきてください」   「削り取る糠の部分こそ栄養価が高く、噛み心地がよくて、おいしくて腹持ちがよい。健康になる大きなポイントである少食にもつながります。できるだけ精白しない米(玄米・分搗き米・胚芽米)を主食にしましょう。食べることで体を養うことが食養生です」と、のちほど試食する玄米について、新設丁寧に、かゆいところに手が届くような話から講義は始まりました。 (Terry)  
  • 2014年08月05日 13時18分更新
  • ブログカテゴリー:

「むすぴ」誌でおなじみの坂田裕輔教授の講義が行われました

7月21日、海の日。指導員を目指す人たちを対象にした研修科で、近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科教授坂田裕輔先生の講義が行われました。 坂田先生は「むすび」誌に隔月連載で「虫のいる森 ~生命を守る経済学研究室から~」を執筆していただいています。   坂田先生は、現在、熊本に住まれていますが、大阪在住時に、正食クッキングスクールに通われて師範科を卒業されています。大阪の十三にある参加型オーガニックカフェ×コミュニティスペース「カフェスロー」と関わり、体験ワークショップや環境トークライブなどの活動をされていました。   今回のお話のテーマは「森が守られる仕組みをつくる」です。 「食と森。食べものというのは、塩以外はすべて命あるものをいただくということなんですけど、森というのはいのちの源なんです。落ち葉が分解されて、養分になって、森が豊かになるんですけど、雨で養分が流れて行きます。流れた先にあるのが海。そこの海が豊かになることで、牡蠣が育つ。小魚が育ち、それを食べる魚が育つという循環を繰り返すわけです。まさしく「森は海の恋人」ですね。「エジプトはナイルの賜物」という言葉もあります。毎年大水があって、上流から黒土を運んでくれて農作物ができる。森と食は強く関わりがあるものなのです」   「昔は、森と生活は深く関わっていて、ないと困るものでした。江戸時代の村八分で一番しんどいのは何かというと、村の共有林とか共有の場所に入れなくすることだったんです。それは、共同の水が使えないと畑ができない。共有林に入れないと燃料の確保ができない。食事の煮炊きができなくなり、やがて村にいられなくなってしまう。村で暮らす人たちの、命を支えてくれるものが森だったんです」   森がはたしてきたさまざまな役割、森の現状、森林保護の問題、森が守られない原因、多面的機能をお金に換える、森を守るためにできることについて、プロジェクターを使った講義が行われました。 講義終了後、質疑応答の時間に、開けた窓から雀の子どもが迷い込んできました。なんとかつかまえることができて、心配そうに見守る親のいるところに、逃がすことができるというハプニングがありました。「ここも森になりましたね」と坂田先生が締めくくると、会場は笑いに包まれました。 (Terry)
  • 2014年08月01日 18時18分更新
  • ブログカテゴリー:

夏真っ盛り!夏野菜を上手に使いましょう

みなさま、こんにちは! 事務局の野川です♪ 梅雨も明け、夏真っ盛りですねおてんき 各地でお祭りや花火大会が開催されてます。 先日、我が家のベランダから花火大会を見ることができました。 人混みに行かなくても見られて、 妊婦の私にとっては、すごくラッキーでした手 さて、今日は上級8回目の料理教室が開催されました。 ピッツァ、トウモロコシのポタージュ、ラタトゥイユetc・・・ おもてなしの料理がずらっと並びました。 トマト、キュウリ、ナス、トウモロコシなどなど、 夏野菜をたっぷり使って、とっても美味しいお料理でしたDocomo102  
お祭りに、花火大会に、海水浴・・・。 イベント目白押しで、体調管理も大変なこの季節。 夏野菜は身体のクールダウンにも一役買いますので、 暑い夏、夏野菜をたっぷり使ったお料理を作ってみられてはいかがでしょうか。  
  • 2014年07月25日 15時49分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生の講座が開かれました

7月13日の日曜日、正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生の講座、「山村流・食養診断力アップ法」第4回「望診法の基本と診断力ワークショップ」が開催されました。冒頭、7月5日の食育フォーラムについて「とても勉強になりましたし、竹下和男先生と食でつながる不思議なご縁を感じました」とコメントされました。   私が主宰している山村塾で、“16人の獅子”と称した、ドクターと管理栄養士で組んだ食養指導のチームを立ち上げました。一つ必要だと感じたのは、心理学・カウンセリングです。やろうと思っているけれど、なかなか実行できない。また、途中であきらめてしまったり、それを人のせいにしてしまったり。   例えば、私は甘い物をやめたいんだけど、必ず誰かに誘われるとか。それは、本人が気づいていないだけで、深いところはカウンセリングが必要だなと思っていたのです。とっかかりで、心を開かせていくという作業がどうしても必要です。こうしたいと思っていても、なかなかできない。やってもすぐに挫折してしまう、という裏側にいろんなものがあって、それは心を解放する必要があります。   旦那さんとか奥さんとか子どもとか、ご近所でお世話になっている人が、どうも調子が悪い、という時に、望診法を知っていれば、ここにこういうのが出ている時には、こういうのが多すぎるんだよ、と、食事のアドバイスができます。   同じ食べものを食べても、全然体に影響が出ない人がいます。逆に、ちょっと食べただけで調子を崩す人もいます。お酒を飲んで、肝臓を悪くする人もいるし、腎臓を悪くする人もいるし、心臓を悪くする人もいます。 それは体質があるからです。私は、お酒で調子を崩すとしたら腎臓だなと思っていたんですけど、肝臓が悪くなりました。   甘い物とお酒をダブルでとっていると怖いですよ。私、ダブルでやっていましたから。どっちかに重点を置いて、片方をできるだけセーブする。そうしないと夢と希望があって、幸せになりたいと思っていても、その手前で挫折してしまうことになりかねない。   ちょっと簡単ではありますけど、望診をやってみましょう。希望者があれば・・・。 私を観てという人、隅々まで観ます(笑)。ちょっと調子が悪いんだけど、という希望者はいますか? とても調子がよくて、何も出ていない人はちょっと遠慮してください(笑)。   ●お知らせ 山村慎一郎先生の講座は、しばらく夏休みをさせていただき、次のシリーズは、10月12日(日)から、始まります。タイトルは「山村流食養の奥義を公開」です。詳細は、むすび誌9月号をご覧ください。 (Terry)
  • 2014年07月22日 16時28分更新
  • ブログカテゴリー:

太陽のマルシェに行ってきました

 
7月12日(土)、東京の“勝どき”で月1回、定期的に開催されている「太陽のマルシェ」に行ってきました。地下鉄大江戸線の勝どき駅で降りて地上に出ると、接近していて開催が危ぶまれた台風8号が去り、朝から強い太陽の光がギラギラと照りつけていました。   駅に隣接している公園に白いテントがたくさん並んでいました。入り口付近に、スムージーやフレッシュジュース、ハンドメイドアイスキャンデーなどを販売するキッチンカーが数台目に止まりました。暑い陽射しをものともせずに、元気な接客をしている人たちと、若いカップル、家族連れの来場者で賑わっていました。 このマルシェは毎月、テーマが決まっていて、今回はフルーツです。そういえば、宮古島のアップルマンゴーとか、北海道のまぼろしのメロン・キングルビー、愛媛の甘夏、和歌山の桃と、おいしそうな果物がたくさん並んでいました。   会場は100店舗ほどでしたが、新鮮な農産物が豊富でした。今朝採ったばかりのとうもろこしが、生で試食できました。通りすがりの女性が、差し出されたトマトを口に入れて「あ、おいしい!」と足を止めました。生産者と直接のやりとりがスーパーマーケットにはない、マルシェの楽しみです。    有機農法、自然栽培、炭素循環農法など、こだわり農法の野菜も見かけられました。このイベントの関係者にお聞きすると、「オーガニックを目指しているマルシェなので、クオリティが高いのです。それと、他のマルシェは観光客向けですが、ここは地元の住民が多くリピーターとなっているのが大きな違いですね」。   この太陽のマルシェから徒歩3分の所に、太陽のマルシェの流れを汲む常設の屋内マルシェスペースがあると聞いていました。行ってみましたが、あいにく休業でした。静かな倉庫街のすぐそばに運河が流れていました。時折吹く潮風が気持ちよかったです。 (Terry)  
  • 2014年07月21日 10時08分更新
  • ブログカテゴリー: