ブログ「マクロなポケット」Blog

西下圭一先生の1DAYセミナーが開催されました

  97日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の1DAYセミナー「冷えない生き方から一歩踏み出す」が開催されました。講座と読書会の二部構成です。   Part1は“冷えを徹底解剖!”の講義ですが、Part2の読書会“冷えないヒントをつかみとる”は本を読みながらご自身の気づきを得てもらおうという時間です。なぜそんなことをするのかと言いますと、鍼などを使って患者さんの体の気を巡らせることはできるのですが、血液の質を変えることはできません。食生活を変えることは、ご自身でやっていただくしかないのです」   「こうやってお話させてもらって、いいお話聴いたなと、帰って何もしない人が一杯いるわけですね。自分もかつてそうだったし、人間とはそういうものだと思います。そこでもう一歩動いてみる。その一つとして、本を開いた中から感じたことをお互いに話し合ってみるということもそうですし、さらに言うならば、『今回本をご持参ください』と書かれていて、実は本を選ぶところから今日の勉強会は始まっているわけですね。受け身ではなくて、積極的に、かつ主体的に関わってほしいなということがあって、初の試みとさせていただきました」   「今日は97日。明日が8日、二十四節気でいう白露。いよいよ葉っぱの上に水滴がつきだして、本格的な秋が始まりますよという時期です。 明後日が満月で、99日、重陽。東洋医学的に言うと奇数が陽で偶数が陰と言われています。奇数の中で一番大きな数字が9、その陽の9が重なる日ということで、一年の中で最も陽の日です。   日本人には古くから伝わっている陰陽の智恵みたいなものがあって、それを理解していくと今日のテーマの冷えなんかもすごく分かりやすくなってくるし、いろんなことが見えてきて、陰陽についても本当に理解することができるようになります。陰陽については、時間があれば詳しく話したいと思います」   ●西下先生からのコメントです。 今日は、前半・後半と長丁場でしたが、参加してくださった人たちが皆さん元気な笑顔で帰っていかれたことが何より嬉しかったです。   読書会の後半では、対話の中から「当たり前のことは当たり前じゃない」「目の前の小さなことに気づいていく」といったところに落ち着いてきて、冷え対策とか陰陽とかいうことを難しく考えすぎずに『いま』を大事にするという、とても大切なことに気づいていかれたのではないかと思いました。   講座でこちらから一方的に伝えるのではなく、読書と対話を通じて自分たちで導き出した気づきなので、ちょっとずつでも変わっていく力を持ち帰られたのでないかと思います。   ●参加者の感想です。 ・前半の講座で陰陽を丁寧に説明していただいていたこともあって、後半の読書会では、本が読みやすかったように感じました。陰陽って難しく考えることではなくて、いまあるものから感じていけばいいのだと思いました。   ・本を読むことはあまり得意ではなかったのですが、今日はすいすいと読み進めることができて、とても楽しい時間でした。これから本を読むのが楽しくなりそうです。   ・自分がこの本を通して何を得たいのかという目的を先に決めるということが最初はどういうことか分からなかったのですが、やっていくうちになんだか分かってきました。読書会を通して、自分が目標を持つことの意味がつながってきた気がします。   ●次回講座の案内と西下先生のコメントです。 「未来が開ける生活習慣の極意」 112日(日) 前編:思考を変える 127日(日) 後編:行動を変える   「食を変えれば運命が変わる」と言いますが、本当に変わっていける人とそうでない人との差はどこから出てくるのでしょう。僕自身が、脱線と修正を何度も繰り返してきてあらためて感じることも含め、いろんな角度からお話できると思います。それら一つ一つがパーツとしてではなくつながってきたときに、元気に前へと踏み出せる力になるのではないかと思っています。 また11月にお会いできることを楽しみにしています。    
  • 2014年09月10日 15時54分更新
  • ブログカテゴリー:

春のレギュラーコースが最終回を迎えております

9月に入り、急に秋らしい天気になったりまだまだ湿度の高い日があったりで皆様体調管理はできてらっしゃいますでしょうか? こんなときこそ、正食で体を整えたいものですね。   さて、正食協会本校では、8月下旬から9月頭にかけて、最終回を迎えたクラスがございます。 その模様をお伝えいたします。   まずは、8月29日に最終回を迎えた上級金曜クラス。 皆様、感慨ひとしおなご様子でした。 感想発表では、「今まで、流行の健康法にとびついては試して、体がかなり陰性になっていましたが、ここで塩の大切さを知り本当に大事なことを学びました」というご意見や、「アトピーがだんだん良くなってきた」というご意見が聞け、皆様それぞれ体の変化を感じてらっしゃることが分かりました。 そして、核家族化の中で、この協会で校長先生をはじめとして先生が伝えていることは、今の日本にとても大事なことだとおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。   進級される方、また初級に戻ってじっくり学びなおしたいとおっしゃる方様々でしたが、皆様がそれぞれの正食道を着実に歩んでらっしゃることに感動致しました。 そして翌日は、初級土曜日クラスの最終回、9月2日は、初級火曜クラスの最終回と初級の2つのクラスが終了致しました。 「体が軽くなりました」とか「病気の数値が良くなりました」といった体の変化に加えて、「お野菜をとても大事にするようになりました」とか「丁寧に作るということを学びました」といった心持ちの変化を語ってくださる方も多くいらっしゃいました。 そして、自分の健康だけでなく、世の中をよくしたいという熱い思いを語ってくださる方も少なくなく、本当に素晴らしいなと思いました。 初級の時点で感じたことは、これから正食の道を歩む上で、とても大事な基礎の部分になるんだろうなと思うのですが、初級の10回を終えたばかりと思えないような感じ方をされていることに驚きを覚えました。 これから、上級日曜クラス、中級火曜クラスと最終回を迎えますが、皆様のご意見、ご感想をお聞きするのがとても楽しみです。 これからも皆様と一緒に素敵な教室づくりをしていきたい気持ちを新たにする事務局員でございました。 終了された皆様、本当におめでとうございました。そして、今後とも皆様お一人お一人のスタイルで、正食道を歩まれていかれることを願ってやみません。 事務局 宮本    
  • 2014年09月06日 18時18分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんが正食協会に来られました

8月後半に「プチマクロキャラバンin淡路島~太陽と共に生きる~」を終えたばかりの西邨マユミさんが主催者の方たちと一緒に正食協会に来られました。 ちょうど、岡田校長もおられたので、桜沢如一先生の活動の軌跡や世界に羽ばたいたお弟子さんたちのことなど、マクロビオティックのディープな話がしばらく続きました。   お話をしていて、いつか公開料理教室「Mayumi’s Kitchen」を正食協会で開催したいなと思いました。西邨さんが実践してきた世界各国の人たちの嗜好や健康や伝統を考えたマクロビオティック料理はとても興味深く魅力的です。 2012年の7月に福岡県うきは市で開催された西邨さんの料理&トークイベントを取材した時は、マドンナのワールドツアーで訪れたイスラエルのテルアビブからの帰途で、暑い夏にぴったりの中近東風料理でした。イベント終了後のインタビューで、時折にっこりする笑顔がとても素敵でした。   現在、アラスカを拠点にアクティブに行動し、マクロビオティックを世界に広め続ける西邨マユミさんのプロフィールを、改めて淡路島・プチマクロキャラバンのフライヤーから引用させていただきます。 「歌手マドンナの御用達のパーソナルシェフであり、ゴア元副大統領、スティング、ブラット・ピット、ガイ・リッチー、ミランダ・カーをはじめ多くのセレブリティにマクロビオティックの食事を提供してきた傍ら、アラスカにてティピ(テント)での生活、がん患者への料理指導、キューバ政府への有機農業や海洋調査の指導と協力、そして日本発信のライフスタイルを普及させるために国内外での積極的な啓蒙など世界中を股にかけ多岐にわたる西邨マユミの活動には“太陽と共に生きる”というテーマがあった」 (Terry
  • 2014年09月03日 09時09分更新
  • ブログカテゴリー:

2013年度秋期師範科卒業制作発表会&卒業式

 
8月23日土曜日、2013年度秋期師範科卒業制作発表会と卒業式がおこなわれました。朝から、出品の作品や器、飾りの花などを手に卒業生の皆さんが来校。力作ばかりです! その後、場所を公民館に移して卒業式。 師範科クラスの皆様、ご卒業おめでとうございます。 長いあいだ通っていただき本当に有難うございました。 是非また遊びに来てくださいね き 制作発表の作品は、全て「むすび11月号」に掲載いたします。 どうぞお楽しみに! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年08月26日 11時17分更新
  • ブログカテゴリー:

野口清美先生の食育講演会「つよい体をつくる 和食の魅力」

8月17日(日)、お盆休みの最終日。野口清美先生の食育講演会「つよい体をつくる 和食の魅力」に行ってきました。今回、野口先生とは姫路で合流するので、事務局スタッフの宮本貴子さんとJRで静かに向かいました。   会場は、JR姫路駅近くのイーグルひめじの“あいめっせホール”です。工事中のため、屋根まで白い姫路城が見えました。 打ち合わせをしている控え室に、正食クッキングスクール師範科を卒業して、虹色キッチンを運営している八島規子さんが作ったお弁当が届き、みんなでおいしくいただきました。   開会にあたり主催のアイキ・スポーツスクールの専務取締役、中村隆司さんの挨拶がありました。 高校・陸上部の元監督の講演で、部員の食生活の善し悪しが大きく結果に影響することに気づき、ジュースやアイスクリームなどの甘い物を禁止したところ、良い結果が出るようになったと聴いたことが、今回の講演会を企画したきっかけの一つと話されました。   ステージに登場した、野口清美先生は、自己紹介のあと、「和食とは何なんでしょう」と会場に問いかけました。 「この国でできた作物、この国で伝統的に伝わる調味料を使って料理したもの、という定義でした。今の若いお母さんたちは、マヨネーズとかケチャップ、ウスターソースというカタカナの調味料が多いから、日本古来の調味料といっても分からないのが現状かもしれませんね」   「私の家には、醤油、味噌、塩のように平仮名か漢字しか使わないものが多いんです。一汁三菜が昔から言われる基本の形になります。ご飯が入っていないのは当たり前だからです。これが和食の基本です。そして、素材の持ち味を大切にする、料理を入れる器や盛り付けや掛け軸も含めて四季の風情を盛り込みます」   次に食生活の問題点として、農薬や添加物の多用がアレルギーなどにつながること、和食離れをしてジャンクフードが増え、現代版栄養失調になっていること、個食、孤食、固食、小食、粉食、濃食などの問題点を指摘しました。 そして、食育基本法に触れ、食育の言葉の由来を説明し、石塚左玄、桜沢如一の名前を出して、食養、正食、マクロビオティックの考え方に話が進んでいきました。   野口先生は、今回初めてパワーポイントを使用した講演をされました。自宅で調理する過程を写真に撮り、スクリーンに映しての料理の説明は、初めての方たちにとても分かりやすかったようです。   講演会が終了し、研修科に通っておられる浅野里香さんとお子さんにお会いしました。夏休みの間、朝ご飯を作り続けた小学校1年生のお子さんから野口先生に花束贈呈です。お子さんは、野口先生のお話がとても分かりやすかったそうです。すごいな~と感心しました。 (Terry)
  • 2014年08月25日 10時15分更新
  • ブログカテゴリー: