ブログ「マクロなポケット」Blog

フランスから5名のお客様が来られました

JUGEMテーマ:マクロビオティック  
6月3日、オーガニックネットワークを世界に広げる、株式会社むそう商事が取引するフランスのお客様が、正食協会に来られました。 オーガニック商品を扱うCelnat社から2名、小売30店舗、レストラン4店舗を持つオーガニックチェーンストアSatorizから2名、寿司レストランのシェフの5名です。   その日行われていた、クッキングスクール・中級コースの授業を、興味津々に見学されました。教室で指導していた岡田校長にも、いろいろ質問されていました。受講生にフランス語が堪能な方がおられ、いきなりネイティブな会話が始まりびっくりする場面も。   調理が終わり、試食用の料理をみんなで分けて一緒に食べていただきました。メニューは、いなり寿司、小豆入りだんご汁、ひじきこんにゃく、玉ねぎと車麩の梅酢和え、ごぼうスティックでした。箸を器用に使い、おいしそうに食べておられました。 ふだんあまり接することのないフランスの方ですが、皆さんは、おだやかでとても親しみやすい方たちでした。   ▽Celna社のシステム関連責任者、Matthieuさんからのコメント 正食協会への訪問はとても興味深いものでした。料理教室では出来上がった料理をいただきましたが、とてもおいしかったです。マクロビオティックの料理は健康にいいだけでなく、グルメな人たちにも喜びを与えると思います。むそう商事が料理教室に案内し、うまく運営されているところを私たちが見れるのはとても良い事だと思います。 料理教室の雰囲気はよく、生徒の方々もとても熱心そうでした。訪問を受け入れ ていただき、また、実際のメニューを試食させていただき本当にありがとうございます。 ▽Satoriz社の広報関係責任者で料理家のClaireさんからのコメント マクロビオティックの料理教室が2階に、自然食品店が1階にあるコンセプトがとても素晴らしく、このアイディアをフランスでも是非導入すべきだと思いました! ムスビガーデンはとてもきれいで買い物しやすかったです。お店では日本独特のマクロビオティック全商品(梅干し、味噌、甘酒や酢など)があってうれしかったのですが、同時にフランスで販売しているものと同じものもいくつかあることに気づきました。 マクロビオティック料理について先生とも楽しく情報交換できました。印象的だったのが、生徒のみなさんが料理に真剣に取り組んでいることとレベルに合わせて初級・中級・上級があることです。いつか料理教室を受けられたらと思っています!当日にいただいたメニューも非常においしく、特に車麩の酢味噌和えとヒジキのサラダがお気に入りです。 温かく受け入れていただき、おいしい食事を出していただき本当にありがとうございました。   通訳・翻訳すべて、むそう商事の細川美由希さんにしていただきました。ありがとうございました!
  • 2014年06月19日 09時38分更新
  • ブログカテゴリー: