ブログ「マクロなポケット」Blog

東京校「金沢の雅なマクロお料理教室」

3月20日、東京校でスペシャルクラス「春を呼ぶ~金沢の雅なマクロお料理教室」が開催されました!担当講師はネットワーク金沢校を主宰する玉田由紀子先生です。 2玉田先生.JPG   今回のメニューは、筍ごはん、そば米と蕗のスープ、金沢の郷土料理の治部煮、そらまめ豆腐、いちご大福の5品です。筍ごはんには旬のあさり、スープにはふき、治部煮にはせりも入り、春の華やぎが感じられます! 3炊き込み材料.JPG 金沢の郷土料理の治部煮では金沢独特の「すだれ麩」を使い、鴨肉に代わりには先生お手製のコーフ(グルテン粉と小麦粉を混ぜて蒸したもの)が登場しました。 「治部煮という名前は、“じぶじぶ”と煮るからという由来だとも言われていて、加賀百万石の時代から続いている武家の料理です。おもてなし料理として家庭で作るのが一般的でしたが、最近では郷土料理として料理屋などで出すところも増えているようです」と玉田先生。 デモではいちご大福の作り方を、先生が実際に作りながら丁寧に解説していきました。実はコツさえ掴めば簡単に作れるといういちご大福。生徒の皆さんも興味津々に先生の手元を見つめました。 12大福切り込み.JPG   そらまめ豆腐はそら豆と、葛と寒天をねった生地を流し缶に入れて冷やし固めます。いい緑色が出ていますよね。 16豆腐缶.JPG   全員で手分けして作業をおこない、お料理が完成しました! DSC_0099.JPG  21空豆豆腐.JPG 20治部煮.JPG 試食時間には岡田昭子校長先生が、マクロビオティックの基本の考え方「身土不二」をとても感じられたというマレーシアでの教室の様子をお話されました。 DSC_0082.JPG   参加者の皆さんの感想です。   「金沢の郷土料理に興味があったので、楽しかったです」 「以前1DAY教室に参加して以来、食生活に気をつけるようになって、周囲からとても顔色が良くなったと言われています。また、毎年花粉症がひどかったのですが、今年は全然花粉が飛んでいるのを感じていません。食事でここまで変わるんだと驚き、続けることの大事さを実感しています」 「マクロビ初心者なので内容が高度でしたが、たいへんおいしく楽しくできました」 「親切丁寧に教えてくださいました。わかりやすかったです」   4月の東京校では「始めよう!玄米生活 基礎の基礎」がスタートします。 15日は和風編として、美味しいて玄米の炊き方とお味噌汁の作り方、18日と28日は洋風編として、美味しい分搗き米の炊き方と洋風ポタージュスープの作り方を丁寧にお伝えします。5月にも和風編パート2と洋風編パート2が行われますよ!5才以上のお子様も追加¥500で同伴OKです。お気軽にお越しください♪ 詳細はこちらから↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tokyo.html お申し込みはこちらから↓ 4月開催「始めよう!玄米生活 基礎の基礎」 https://ws.formzu.net/fgen/S89736014/ 5月開催「楽しいから続けられる!玄米生活 基礎の基礎」  https://ws.formzu.net/fgen/S49212065/ 事務局 中島・添田       
  • 2016年04月07日 11時08分更新
  • ブログカテゴリー:

ムスビガーデン大手通店リニューアルオープン!

4月1日にムスビガーデン大手通店がリニューアルオープンいたしました! IMG_3021.JPG 入ってすぐにケーキがずらり♪ IMG_3023.JPG 店内は明るく、おしゃれです! 商品も以前より少しずつ増えていくようです。 でも気になるのはやっぱり、これですよね!ナナハコさんの美味しいケーキがムスビガーデンで購入できます♪とてもとても美味しかったです!材料にこだわっていますのでお土産としても喜ばれそうですね。 4月3日まではリニューアル特典開催期間で5000円以上お買い上げの方にムスビガーデンオリジナルのエコバックをプレゼントします。ぜひお越し下さい! 事務局 添田さやか  
  • 2016年04月02日 17時25分更新
  • ブログカテゴリー:

3月集中コース上級クラス無事終了しました♪

5日間に渡り開催された集中料理教室の上級クラスが3月23日に無事に終了いたしました! 初級から15日間続けて参加された方、各地のネットワーク教室から来られた方(ネットワーク校では初級~中級まで受講できます)、レギュラーコースを受講されていて初めて集中コースに参加された方など総勢25名の頑張りをご覧下さい! 正食協会の上級クラスといえば鯉こく。おっかなびっくり扱い方を教わっています。 P1120771.JPG 実習が始まったら先生が各班をまわって細かいアドバイスをくださいます。 P1120776.JPG シンガポール、香港、上海、北京、台湾からいらっしゃった中華圏の受講者の方たちの熱心さと丁寧さにはビックリでした! P1120781.JPG P1120783.JPG 自分の役割に集中! P1120796.JPG 和やかに会話しながらの作業。 P1120804.JPG 男性が料理する姿はかっこいいですね! P1120850.JPG 盛り付けに凝る中華圏チーム。 P1120827.JPG 講義もしっかり勉強します。 P1120838.JPG 上級で作った数々の料理をご覧下さい! P1120785.JPG P1120791.JPG P1120822.JPG P1120842.JPG P1120854.JPG ご飯の時間はとってもにぎやか。年齢が違っても一緒に料理をすると仲良くなれます。 P1120856.JPG P1120859.JPG P1120858.JPG P1120866.JPG 恒例の集合写真。みなさんの表情が満足感にあふれていていいですね! みなさん、お疲れさまでした!またお会いしましょう! 事務局 添田さやか
  • 2016年04月01日 14時39分更新
  • ブログカテゴリー:

東京校「春のマクロDEエスニック」教室

大阪本校で毎年好評の小松英子先生のエスニック料理教室を3月12日東京校で初開催しました! 寒の戻りで肌寒い日。エスニック料理は暑い国の料理なので、「体が冷えるのでは?」と思われるかもしれませんが、そこは正食を探究している小松先生。正食のテクニックを取り入れ、冷やさない方法をわかりやすく、丁寧に説明されます。 P1120558.JPG   インドで暮らした経験のある小松先生のお話に皆さん、興味津々。イメージとの違いに「えぇ~っ!」と驚きの声があがる場面も。 P1120559.JPG   チベット料理のモモ(蒸し餃子)の中身。 P1120579.JPG それを生地で包みます。 P1120588.JPG みなさん丸くするのは難しい…と悪戦苦闘。 P1120620.JPG 頑張った甲斐があって美味しいモモが出来上がりました! P1120630.JPG パラタ(チャパティの一種)は今回はきな粉を使っておやつになりました。 P1120631.JPG スパイスの効いた料理の数々。三年番茶のチャイが辛さをやわらげてくれる、と大好評でした。 P1120627.JPG おもてなしや、休日に家族みんなでつくるのも楽しいエスニック料理。大阪本校でも4月に開催されます。是非、ご参加ください。 教室の詳細情報はコチラ↓ http://macrobiotic.gr.jp/cookingschool/koukai.html お申し込みはコチラ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S55878767/ 事務局 金城・添田
  • 2016年03月27日 14時17分更新
  • ブログカテゴリー:

東京校「親子で楽しむお豆腐作り!」教室

2月28日(日)、正食クッキングスクール東京校でスペシャルクラス「大豆から手作りしよう! 親子で楽しむ お豆腐作り!」が開催されました。 担当講師は笹浪泉先生です。 1教室遠景.jpg   東京校では初めて開催する親子料理教室ですが、今回は大人の方のみでも参加が可能でした。まずは、それぞれのチームでお互いに自己紹介をおこないました。お豆腐作りにチャレンジするのは、皆さん初めてとのこと。皆で協力しながら作業を進めていきます。 4自己紹介(2).jpg メニューのメインは、もちろんお豆腐の作り方。そして、お豆腐作りの過程で出来る「おから」を使ったおからボールと、デザートに焼きリンゴを作っていきました。 まずは、焼き上がりに時間がかかるデザートからスタートです。「リンゴは底を残して、芯をくり抜きます」と笹浪先生。抜き型やスプーンを使って、芯を取っていきます。 5リンゴくりぬき.jpg 中にレーズン、練りごまを詰めて、オーブンで焼きあげます。 6リンゴ天板.JPG   そして、お豆腐作り開始です。 北海道産の大豆、笹浪先生の地元京都産の大豆を、チームごとに作り比べをしながら実習が進みました。先生のデモでは、黒豆で作るお豆腐も。合計3種類のお豆で挑戦です!   ひと晩浸けた大豆と水を、ミキサーで細かく攪拌していきます。 8ミキサー(1).JPG クリーミーになったら、お湯の入ったお鍋に入れて火にかけ、煮ていきます。火が通ったら、さらしで作った漉し袋に入れて、絞ります。絞ったお汁が「豆乳」、絞った後の大豆のカラが「おから」になります。 12鍋OUT.JPG 出来たての豆乳とおからの味を、食べ比べしてみました。「へえ、味がちがう!」、「この豆乳の味、好き~」、「出来たてのおからって、こんなにクリーミーでおいしんだ!」さまざまな感想が飛び交い、盛り上がります。 17豆乳比べ.jpg   味見タイムが落ち着いたら、後半戦、いよいよお豆腐を固める手順の説明です。 「温度はしっかり測ってくださいね」「豆乳とにがりの分量も、きちんと量りましょう。にがりは少ないと固まりませんし、多いとお豆腐がにがくなってしまいます」笹浪先生からポイントがきちんと伝えられます。 19先生温度.JPG   とうとうお豆腐が完成しました! 27木枠外し.JPG 黒豆のお豆腐は、おぼろ豆腐になりました。 29黒豆おぼろ.JPG すべてのお料理が完成です。 30料理完成.JPG   待ちに待った試食の時間。自分たちの手で作ったお豆腐をじっくりと味わっていきました。 31試食風景1.JPG 参加者の皆さんの感想です。 「とても楽しかったです。とてもとてもわかりやすくて、小さい子どもでも参加できるクラスがまたあれば、参加したいです」 「興味はありながらもなかなかトライできずにいるマクロビオティックの食事ですが、今日はとっても勉強になりました。素材を大切にして、そのものの良さを引き出す大切さがよくわかりました。今後の家庭の食卓を見直すきっかけにもなりました」 「以前、よその親子教室に参加したことがありますが、その時はちょっと混ぜて固めるだけで、今回の教室は全然違っていました。子どもと一緒に学べて良かったです」 みなさんお疲れさまでした!   東京校では4月に「春からはじめよう玄米生活」の和風編と洋風編の料理教室が開催されます♪ 和風編では美味しい玄米の炊き方とお味噌汁の作り方、洋風編では美味しい分づき米とポタージュスープの作り方が学べます!料金も¥2,000とお手軽にご参加いただけます。5才以上のお子様も追加¥500で同伴OKです! お申し込みはこちらから↓ https://ws.formzu.net/fgen/S89736014/ 事務局 中島・添田
  • 2016年03月24日 08時00分更新
  • ブログカテゴリー: