ブログ「マクロなポケット」Blog

岡部賢二先生の陰陽五行による望診講座が行われました

 

8月6日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・陰陽五行による望診講座第3回「陰陽五行による胃・脾臓系の望診~免疫系のトラブルに玄米、葛、甘酒を使った手当て~」が開催されました。

 

 

季節の変わり目を管理するのが胃・脾臓系です。脾臓といっても現代医学の脾臓ではなく、胃・膵臓系と私は呼んでいますが、その経絡が弱るとどのような症状が出てくるのでしょうか。

 

明日が立秋なので、ちょうど今日までが土用ということになります。土曜日の土曜じゃないですよ(笑)。立春24日頃、立夏55日頃、立秋87日頃、立冬118日頃の前、約18日間を土用といいます。合計して年間で72日間あります。土用と聞くとまずイメージすることはなんですか? うなぎですね。一般の人は土用をうなぎを食べる日と誤解しているんですね。

 

明日から秋に入りますけど、季節と季節の調整期間なので、陰陽の気が安定しない、体調不良が起こりやすい時期が土用の時期です。なんとなく胃腸の調子が悪いとか、下痢が続く、食欲不振。夜眠れない、気分的に落ち込む、引きこもり状態、人に会いたくない、なんとなく自信がなくなる、精神的にも気が滅入りやすい時期が土用の頃です。

 

土用の時期に何が起こるかというと、胃・脾臓系の疲れる状態、停電状態が引き起こされるといったらいいかもしれません。胃・脾臓系は土用の時期に非常に関わる経絡であるわけですが、何を管理しているかというと、簡単に言うと人体の発電所、生命エネルギーの発電を行っている経絡だととらえます。

 

東洋医学では生命エネルギーのことを“気”と呼んでいるんですね。伝承インド医学、アーユルヴェーダの世界ではプラーナと呼んだりすることもあります。目に見えない一つのエネルギーの流れというものが人体にあり、その気のエネルギーを創り出す大本が胃・脾臓系の働き。気のことを物理学、科学的に申し上げると私は生体電気と呼んでいます。

 

胃・脾臓系の働きは、家に例えるとブレーカーに相当します。食べ物から「地の気」が胃と膵臓で取り込めなくなると、ブレーカーが落ちて慢性的な生命エネルギー不足の症状が現れます。

 

 

次回の手当て法講座は、10月1日(土)「陰陽五行でみる肺・大腸系の望診~リンパ系のトラブルに里芋、大根を使った手当て~」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。

  • 2016年08月08日 11時40分更新
  • ブログカテゴリー:

体験レッスン Meet Macrobiotics!

 

(English is below)

 

正食クッキングスクールの体験レッスンが始まります♪

 

 

「食」を変えて健康になりたい方、お料理を楽しみたい方お待たせしました。料理が苦手な方も、主婦歴何十年の方も、新米ママさんも、もちろん男性の方も、是非正食クッキングスクールの美味しいマクロビオティックを体験してください!もちもちの美味しい玄米の炊き方、出汁なしなのにふかーいお味のお味噌汁など、シンプルでありながら素材の旨味を引き出すマクロビオティック料理を体験していただけます♪ペアでご参加いただくとお得な特典もあります!

 

 

日程:7/30(土)・8/20(土)・9/8(木)・9/30(金)

時間:10:30~13:00(その後、個別相談時間あり 最終14時まで)

メニュー:玄米ご飯・基本の味噌汁・おかず(車麩のフライ、れんこんボール、かぼちゃコロッケのうち1品)

料金:3,000円 ※お友達と参加いただくとペアで5,500円に!

 

詳細はコチラ↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/taiken.htm

 

お申し込みはコチラ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S42082597/

 

 

Meet Macrobiotics! New Cookery Trial Lessons for all at the Japan Macrobiotic Association

 

We are pleased to announce that we are starting our new macrobiotic trial classes, designed to fulfill the needs of all those who want to restore their health by changing their diets, or even for those who just like to enjoy natural cooking!

 

Even if you don’t particularly like cooking, or you already are an expert in the kitchen, or even in case you just want to learn how to cook healthy and delicious dishes for yourself and your family, our hands-on introductory lessons will help you finding new and inspiring ways to create delicious and healing plant-based dishes, using high quality ingredients and macrobiotic energetic cooking methods.

After each trial class, consultation time is available between 13:00 and 14:00 for all those who wish to ask questions privately.

 

 

Trial Lessons Schedule:

July 30th, Saturday, 10:30~13:00 August 20th, Saturday 10:30~13:00 September 8th, Thursday, 10:30~13:00 September 30th, Friday, 10:30~13:00

 

Price Single ticket: 3000 yen Promo 2-persons ticket: 5500 yen

 

Menu Brown Rice Basic Miso Soup (made with no dashi) One side dish (chosen among: deep-fry gluten wheals, pumpkin croquettes, lotus root balls).

Interpretation service available (English, Italian) upon request. For further details and enquiries please contact: main@macrobiotic.gr.jp

 

We are looking forward in hearing from you soon.

 

 

 

 

  • 2016年07月20日 15時52分更新
  • ブログカテゴリー:

大阪校「ホットな夏を楽しもう!マクロdeメキシカンパーティ」

 

 

7月9日大阪校で野﨑恭子先生のマクロメキシカン教室が開催されました。先生は現在香港に在住!正食クッキングスクールのネットワーク校香港教室を主宰されていらっしゃいます。今回は多種多様な人種が集まる香港で人気のメキシカン料理を教えていただきました。

 

図2.jpg

 

図1.jpg

 

たっぷりのお野菜、小豆、乾物などマクロビオティックならではのメキシカン料理です。

 

DSC_0002.JPG

 

ライム、パクチー、チリソースなどメキシカンぽい食材も!

 

図6.jpg

 

とにかく野菜を切って切って切りまくります!

 

図3.jpg

 

今回は長年マクロビオティックを実践されてきた80代のご夫婦が参加してくださいました!

 

図4.jpg

 

 

DSC_0045.JPG

 

米粉のクレープ風トルティーヤに乾物de味噌チリコンカン、豆乳カッテージチーズ、切干大根のサルサメヒカーナ、クリーミーなワカモレなどの具材をはさんで食べます!ほかにもライムのさっぱりスープとサクッとカリッとフリットも!

 

DSC_0032.JPG

 

DSC_0033.JPG

 

 

DSC_0041.JPG

 

みんなでワイワイと作って大皿に盛り付けて、パーティっぽい雰囲気で楽しめる教室でした!

お疲れさまでした!

 

 

8月の公開料理教室は夏休み企画「親子料理教室」が開催されます。8月1日、または8月5日の親子料理教室に参加されると、8月25日の料理コンテストにエントリーしていただけます!「コンテストはちょっと…」という方はもちろん、料理教室のみの参加もOKです。お子様の対象年齢は5歳~中学生までです。夏休みの思い出に親子で料理作りに挑戦してみませんか?

 

2016親子教室表面_最終版.jpg

 

詳細はコチラ

https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/koukai.html

 

お申し込みはコチラ

https://ws.formzu.net/fgen/S41682626/

 

 

事務局 添田

  • 2016年07月18日 09時40分更新
  • ブログカテゴリー:

7月8日大阪校師範科コース

 

2015年10月スタート師範科コースの最終回10回目の教室が7月8日に開催されました。

 

講師は大浦隆司先生。大和リゾート株式会社が運営するロイトン札幌の総支配人であり、正食協会の理事もしていただいています。先生は辻調理師専門学校卒業後、西洋料理の料理人として兵庫・大阪・岐阜のホテル等で研鑽を積まれ、大和リゾート㈱橿原ロイヤルホテル(奈良県)で料理長として在任中、正食協会にて岡田定三会長、岡田昭子校長にマクロビオティックの理論と料理を学ばれました。現在「むすび」誌にて連載していただいています。

 

図3.jpg

 

実習スタートです!

 

DSC_0012.JPG

 

 

DSC_0019.JPG

 

 

DSC_0015 (2).JPG

 

先生に色々と質問できるのも嬉しいですね。

 

DSC_0020 (2).JPG

 

今回は大浦先生の直弟子で橿原ロイヤルホテル在籍の菊池猛さんもサポートでいらっしゃり、美味しい天然酵母パンと胡麻豆腐アイスをお持ちくださいました!

 

図1.jpg

 

美しく盛り付けをして最後の仕上げです。

 

DSC_0050.JPG

 

完成しました!とうもろこしの冷たいスープ、夏のスプリングロール、2種の蓮根ボールと季節野菜のトマトソース、ココアクレープと豆腐チーズクリーム、ひよこ豆のディップの5品です。

 

DSC_0001 (2).JPG

 

図2.jpg

 

DSC_0002 (2).JPG

 

図1.jpg

 

みなさんお疲れさまでした!

 

 

 

事務局 添田

 

 

 

 

 

  • 2016年07月15日 11時10分更新
  • ブログカテゴリー:

「操体法で身体の痛みをとる講座」開催

 

7月3日、鍼灸師で鈴木総合治療院院長、真・食養会講師の鈴木敏文先生の操体法の講座第1回「自分で身体のひずみを消す方法」が開催されました。マクロビオティックは宇宙の秩序を展開した食事法ですが、宇宙の秩序を動きに応用したのが操体といえます。動きの原理を使って、自分自身で体の歪みを正し、痛みを自分で消すための実技を身につけていただく講座です。

 

DSC06644.JPG

 

食養や操体の道に入ったきっかけは、小さい頃とても身体が弱かったんです。薬もカプセル、錠剤、粉薬なんでも水なしで上手に飲めました。(笑)

具体的につらかった症状は、鼻炎、蓄膿症です。膿んでいたので透明な鼻水を見たことがなかったです。5分おきに洟をかんでいました。病院で手術するかどうかというところでした。今と違って当時の手術はかなりおおがかりでした。体温は低くて35.5℃くらい。夏でも手足が冷たかった。血圧も70mmHg/30mmHgくらいでした。健診の時に看護婦さんが測ったあと「ん?」と首を傾げてもう一回測りなおしていました。いつも体がだるくてずっと頭痛がありました。

 

子どもの頃から好き嫌いが激しくお肉が苦手でした。親は食べさそうとしてカレーにミンチにした肉を入れたりしましたが、そのミンチを残していた。今でも焼きめしにハムとか入っていたら、お米は一粒も残さずにハムを口に入れずに食べることができます。しかも箸でなくスプーンで(笑)。今でもそのくらい肉は嫌いです。

 

5~6歳まで育った家の庭にイチジクと柿の木があったんですよ。昔の言い伝えに(健康のためには)「生りものの木を庭に植えるな」というのがありました。

肉とか動物性のものを食べないので、親が栄養を摂らそうとして庭のイチジクと柿のほとんどがぼくの口に入っていたんですね。すると、さっきお話しした症状が食養の理論通りとなります。のちに果物を控えたらみるみるよくなりました。

 

玄米に最初興味を持ったのが、小学5年の時に学校の先生が「玄米のほうが白米よりも栄養がある」という話をしていたんです。その時、なんで栄養あるのに玄米食べないのか聞くと、「栄養はあるけど消化が悪いから一般的には白米なんや」という話でした。それから親に玄米炊いてくれと頼んで、5年言い続けて中2の時にやっと炊いてもらったんですね。

 

DSC06650.JPG

 

そんな子ども時代から体や健康には人一倍興味を持っていて、その後、いろんな治療法とか健康法を調べまわって、桜沢如一先生の食養や橋本敬三先生の操体と出会いました。そして、世界中にあるほとんどの健康法とか治療法は使いこなせるまでは勉強できていないけれど、だいたいこのような考えでこういうことをやるということがわかるぐらいには触れていたと思います。

 

 

〈参加者の感想です〉

・異常を探し求める現代医学と健康を求める正食と操体の切り口が分かりやすかったです。

・実技は、痛みに関してぼんやりした感覚での比較しかできなかったので、家で繰り返しやってみて、クリアに判断できるようになりたいと思います。

・操体法の根底には、正食の考えがあり、それがつながっていることもよく分かりました。

 

  • 2016年07月11日 10時00分更新
  • ブログカテゴリー: