ブログ「マクロなポケット」Blog

大阪ぐりぐりマルシェ@難波神社に行ってきました

 

28日(土)、難波神社で定期的に開催されている(毎月第二土曜日)、 「ぐりぐりマルシェ」をのぞいてきました。 ご縁があって正食協会のブースを出してもらっているのです。 IMG_7773.JPG IMG_7771.JPG Green Good Linkを略して、ぐりぐりマルシェ。 農産物を育てる人、料理する人、食べる人がつながることを コンセプトとしています。

大地になるべく負担をかけない自然によりそう農法で つくられた農産物や加工品、旬を大事にした地元野菜の販売や、 加工者や料理人によるワークショップやカフェが 行われています。

 

今朝は、夜間降り続いた雪がシャーベット状になって 道路に残っているので、つるつる滑って危険です。 よちよち歩きで会社に辿り着きました。 歩幅を小さくして歩くといいと北国の人に聞きました。

 

とても寒くて、霧雨が降り続く真冬の大阪でしたが、 難波神社は、元気に様々なブースが出店されていました。

IMG_7767.JPG IMG_7763.JPG IMG_7785.JPG  

「ほかほか♡米粉チョコ蒸しパン」の作り方を学ぶ、 ワークショップが行われていました。 バレンタインデーのための企画でしたが、 なぜか男性の姿が・・・。

IMG_7776.JPG 

岡山の山中にある自然食料理宿「百姓屋敷わら」で 研修をしていたという強者、土師有香子さんと 「難波葱」の看板が出ているブースでお会いしました。 IMG_7782.JPG わらのオーナー船越康弘さんは、 ますます元気溌剌に活動されているとのこと。

集英社から出た船越康弘さん・かおりさんご夫婦の 新刊「未来につなぐわらごはん」も、 正食協会に届いています。

 

「いかがですか」と、熱々の鴨なんば(鴨南蛮)を ごちそうになりました。 IMG_7769.JPG 「う〜ん、うまい」。 冷えた身体の芯まで染み入るおいしさ。

「難波葱を使った鴨なんばを難波神社で、 とはすごいですね」と言うと、 もともと鴨なんばは、難波葱と鴨を併せたのが はじまりという説もあるとか。

 

ブースに立つ人たちと、気軽に会話が楽しめるのも、 ぐりぐりマルシェの魅力です。 223日は、心斎橋のBIGSTEPとコラボしたぐりぐりマルシェです。

きっと新しい発見があるはずです。 是非、一度行ってみてください。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

晴美台幼稚園に出張食育講座に行ってきました

 

26日(木)、寒い朝でした。 一旦春めいた天候になっただけに、 よけい寒さが厳しく感じられます。

久しぶりに、野口清美先生との同行です。 行き先が、堺市の泉ヶ丘駅でしたので、 あっという間に着きました。 ゆっくりお話が聴けずに残念です。

  今日訪問するのは、先日の「食育フォーラム」で 挨拶をしていただいた、松井直輝先生の運営する 晴美台幼稚園です。 「0歳児の離乳食」をテーマにした講座の依頼を受けました。

 

幼稚園では、「おはようございます」という大きな声の挨拶や、 弾けるような子どもたちの歓声と笑顔の歓迎を受けました。

IMG_7750.JPG  

会場には、赤ちゃんを抱っこした、若いママさんたちが集まりました。 IMG_7753.JPG

正食クッキングスクールの初級に通っていただいた永見智子先生が

「食の大切さについて具体的にできることを教えてくれた、 私の大好きな野口先生です。皆さんに是非聞いていただきたくて お呼びしました」と挨拶されました。 IMG_7749.JPG

 

野口先生は三人の子育て経験があって、一番上の息子さんは30歳です。 IMG_7757.JPG

0歳児の離乳食がテーマですが、本当は妊娠中の食や ライフスタイルから考えないといけません。 取り巻く環境は体にとって不必要なものがたくさんあります。 例えば行き過ぎた消臭や、香りをつけたりすることが、 赤ちゃんたちにとってどうなんでしょう。 生活のヒントを持って賢いお母さんになるといいですね」と、 何気なく使用する利便性用品や生活環境の問題点から講義は始まりました。

 

「私は学んだことを実行し、気をつけることによって、 子どもたちは、ほとんど病院のお世話にならずに過ごしてきました。 風邪とか熱を出したりもしましたが、安易に薬に頼らずに、 少々の熱ならキャベツの葉っぱを頭に巻くとかして、 自然療法で治してきました」

 

「自然の中で、生かされているんだな、と感じながら、 子どもたちと向き合い、

一緒に過ごす時間を大切にして暮らしてきたら、 おかげさまで大きなトラブルもなくやってこられました」

 

家庭におけるお父さんとお母さんの役割について、 食事のハレ(祭りや年中行事)とケ(日常)のメリハリについてなど、 自分の子育てを振り返りながら、大切なポイントを紹介された後、 正食(マクロビオティック)との出会いの話となり、 心身共に健やかな正しい食のあり方について、具体的なお話となりました。 IMG_7755.JPG

 

(Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2014年02月10日 16時26分更新
  • ブログカテゴリー:

1/24~2/4レギュラーコース☆

  昨日今日と再び寒波が来ていますね! 3日の節分、4日が立春でしたが、冬の気候に逆戻り…。 まだまだ気は抜けません! 皆様、寒さ対策を充分に しましょうね。 さて、今回は1月24日から2月4日にかけておこなわれた レギュラーコースの模様をお伝えします。 1月24日は、上級金曜クラスの第8回がおこなわれました。 担当は小松英子先生。 124上まがたま.JPG この回では、「まがたま巻き」にチャレンジしていただきました。 「まがたま」は日本古来からある形ですよね。 2つ合わせると「陰陽」のマークにも見えます。 小松先生コメントです。 「まがたま巻きは、少し難しかったですか? 上手にできると、盛りつけした時に楽しくなりますね。 そして美味しいし! 切り干し大根と小松菜の煮物は手軽にできて、 これも美味しいので重宝します。 普段のお惣菜の一品に加えてください。 きんぴらは、何度でも作ってくださいね」 翌25日は、中級土曜クラスの第5、6回目。 午前中の担当は尾道でネットワーク教室をされている 藤原祐子先生、午後の担当は京都の野口清美先生でした。 125中ドリア.JPG こちら、第5回の玄米ドリア、あわのスープ、ひよこ豆のサラダ。 時々ご飯ものでも洋風だと、気分転換で嬉しくなりますね☆ また、午後からは茶飯やごま塩といった、和もののお料理を みっちり作っていただきました。 野口先生のコメントです。 「正食料理の中でとても重要な『ごま塩』の実習でした。 少し時間はかかってしまいましたが、班の中で皆さんが ひとりひとり交代をして、ごまの炒り方を練習してくださり、 各自が実習の中からたくさんの学びをお持ち帰りくださった ことを、とても嬉しく思いました。 微粉末になった塩の粒子を、上手に炒ってすった細かい ごまの粒子が覆うことにより、本当に上手に調和の とれたごま塩が出来ると、塩辛くなくてほのかに 甘ささえ感じる美味しいごま塩になります。 私もなかなか自分の満足いくものが出来ないので、 一生勉強だよなぁと思っています」 23日木曜日と26日日曜日は、 春期師範科クラスの第10回。 授業としては最終回を迎えました。 担当は、岡田昭子校長先生。 メニューは、昔ながらの冬の正食料理。 皆さんには、大根の桂剥きなどにも挑戦していただきました。 そして午後からは、ひとりひとり教壇に立って、 感想発表をおこなっていただきました。 ちなみに2月23日には、本当の意味での最終回、 「卒業制作発表会」がおこなわれます。 今も試作の最終段階だったり、盛りつけのイメージを 固めていたり、という方もおられるかと思います! どうぞ頑張ってくださいね! 1月27日は、講師・指導員の研究会でした。 こちらはまた別でご紹介しますね。 28日火曜日は、中級火曜クラスの第8回。 担当は藤井美千代先生でした。 この回では「コーフ」作りにチャレンジしたり、 食養料理の「きんぴら」を作っていただきました。 藤井先生のコメントです。 「皆さん、今日のメニューはいかがでしたか。 コーフもしっかりふくらんで、ひえドーナツもふわっと仕上がり おいしかったですね。 大切なきんぴらごぼう、丁寧に作られていましたね。 とっても大切な一品ですから、作りこんでくださいね。 次の担当となる10回目にお会いできるのを 楽しみにしています」 29日は、スペシャルコース「根菜づくし」。 こちらの様子も、別にご紹介予定です。 2月に入り、「食育フォーラム」翌日の2日は 上級日曜クラスの第7、8回目がおこなわれました。 午前中の担当は、小松英子先生。 この回では、炒り玄米の小豆粥「おめでとう」や、そば寿司に 取り組んでいただきました。 0202上N.JPG デザートはココナッツ団子。 生地のやわらかさ具合や蒸し具合など、コツをつかんで おいしく仕上げていただきました♪ 午後の担当は、岡田校長先生。 この回では冒頭(上級金曜クラス)と同じく、まがたま巻きや きんぴらごぼうにチャレンジしていただきました。 0202上N2.JPG デザートは「さつま芋のお菓子」。 外側の生地はシンプルに包むことが多いのですが、このクラスでは 写真のようにプレゼントをイメージして蝶むすびのリボンを作られた方が いらっしゃいました☆ かわいらしいですね~。 3日節分の月曜日は、中級月曜クラス第5、6回。 午前中の担当は、今村圭子先生でした。 今村先生のコメントです。 「節分の日に、皆さん仲良く楽しく、お料理が進みました!! 玄米ドリア、あわクリームスープ、ひよこ豆のサラダ、 黒ごま豆乳プリンと、パーティやおもてなしのお料理として バッチリのメニューでしたね。 玄米粉と油、豆乳の入れ方、玉ねぎのみじん切り、 重ね蒸し煮、葛粉の火入れとマスターしていただき、 とってもおいしいお昼ご飯となりました。 有難うございます」 午後からの担当は、森脇敦子先生でした。 森脇先生のコメントです。 「今日はごま塩、お疲れ様でした。 皆さん大分要領をわかってくださったようで 嬉しいです。 しばらくやらないと、ごまをあたる(する)時の力の抜き加減を 忘れてしまいますので、今日のお持ち帰り分がなくなったら、 必ず作ってくださいね。 他のお料理もとっても上手にできていましたよ。 また寒くなるようですが、次回も元気にいらしてくださいね」 そして立春。春の初日の4日は、初級火曜クラスの第9回目でした。 担当は小松英子先生。 この回では、三色おはぎやけんちん汁などに取り組んで いただきました。 小松先生のコメントです。 「皆さん、蒸し煮がとても上手にできるようになりました。 けんちん汁も、どの班とも味つけが美味しくできましたね。 お家でまた復習してください」 早くも次回が最終回。10月から2月まで、 長いようであっという間でしたね!! 次回、上級金曜クラスは今週末の7日におこなわれます。 中級土曜日クラスは8日開催、中級火曜クラスは11日の祝日です。 上級日曜クラスは3月2日、中級月曜クラスは2月17日、 初級火曜クラスの最終回は18日です。 そして師範科の卒業制作発表会と卒業式は、23日日曜日。 インフルエンザも、そろそろ花粉のシーズンにもなってきて いますが、どうぞ免疫力を高めて、元気に最終回、 終盤の授業を迎えてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月06日 14時04分更新
  • ブログカテゴリー:

2/1食育フォーラムをおこないました☆

  2月1日、正食協会からほど近い 大阪商工会議所にて、 「食育フォーラム2014」を開催いたしました! テーマは「子どもに身につけてほしい“良い食習慣と生きる力”」。 福岡の高取保育園で40年以上にわたり玄米和食の給食を 実践され続けてこられた、西福江園長先生による講演会と、 午後からはマクロビオティック料理の試食会、 西先生や正食クッキングスクール講師陣による質疑応答の時間と なりました。 21フォラム松井園長.JPG 講演会の冒頭で挨拶をされた、学校法人泉新学園 理事長、園長の松井直輝先生。 高取保育園を見学して、とても感動されたそうです。 (後ろは、総合司会の永原味佳先生) 21フォラム校長.JPG 挨拶で高取保育園を見学した時のお話をする、岡田昭子校長。 21西先生2.JPG 西福江先生が登壇。85歳になられても、とてもお元気です。 講演では、テレビで紹介された園のVTRや、園児の活動を記録した 写真をスライドで提示しながら、お話が進められました。 21一部会場.JPG 真剣に聞き入る参加者の皆さん。会場は満席でした。 午後からは、会場を移して、料理の試食がおこなわれました。 21フォラム試食風景1.JPG 皆様が入場される前に撮影したお料理の数々です。↓ 21フォラム料理1.JPG 21フォラム料理2.JPG 温かいお味噌汁もありました♪ 21フォラム見本.JPG こちらは、高取保育園の給食を再現したお膳です。 これらのお料理は、クッキングスクールの講師・指導員、研修生の 有志の皆さんによって作成されました! (また、後日舞台裏の模様もお伝えしたいと思います) 入口の近くには、お塩の「海の精」さん、おせんべいの「アリモト」さん、 お醤油の「ヤマヒサ」さん、お豆や高野豆腐などの乾物や調味料を扱う 「ムソー」さんのブースが設置され、にぎわいました。 第二部では試食前に参加者の皆様からいただいた 質問に、先生方に回答していただきました。 (手前は進行の山口事務局長、 左より西先生、高取保育園の松枝先生、岡田校長、 正食クッキングスクールの野口清美先生、愛媛でクッキングスクールの ネットワーク教室をされている元養護教諭の鶴見恵子先生) 21フォラムパネル1.JPG 西先生への質問や、玄米食を実践する中での悩みや疑問、 保育園での取り組みなど、じっくりお話していただきました。 21フォラムパネル2.JPG 「玄米食を続けて苦労だと思ったことはありません」と おっしゃる西先生。 信念を持った西先生の言葉ひとつひとつに、元気と勇気をいただいた 1日でした。 21フォラム後.JPG 終了後は、受付で販売していた高取保育園の本で 急遽サイン会がおこなわれました。 この模様は、「むすび」4月号特集にてご紹介いたします! どうぞお楽しみに!! お忙しい中お集まりいただいた皆様、どうも有難うございました。 会場環境や設備、スタッフの段取りなどでご迷惑をおかけした 場面もありましたが、多くの方々に喜んでいただけ、 スタッフ、関係者一同より厚く御礼申し上げます。 また、試食料理準備や作成に携わっていただきました先生方や研修生の皆様、 サポートいただきましたメーカーの皆様、 無事開催できましたのは皆様のご尽力のおかげです。 本当に有難うございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2/2セミナー「元気力をひきだす自然医術」シーズン4

 

鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで 鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の 自然療法セミナー「元気力をひきだす自然医術」 シーズン4症状別編の第一回が開催されました。 テーマは「病の根本原因を考える」です。

0202西下先生1.JPG 

初めての参加者が多かったので、自己紹介をされました。 正食協会とご縁ができてから20年近く経つ中で、 世の中の変遷とマクロビオティックの広がりについて、 昔は、奇異な目でみられることが多かったマクロビオティックが、 目に見えないものの力を認めざるをえないことになる背景もあって、 受け入れやすくなってきているのでは、と話されました。

 

「今日は22日で、明日が3日で節分です。 節分は豆もまきますが季節の分かれ目です。 そしてその翌日、4日が立春。暦の上では春です。

季節が4つあります。春夏秋冬。 夏秋春冬という人はいません。 ということは、春から一年のスタートですよ、 ということで、2月のこの日を節分としているのが、日本の風習です。 言ってみれば明日が大晦日で、実質的には立春から始まるわけですから、 1月に目標を立てたけれど、何もできていない人は、 ここで仕切り直してもらうといいと思います(笑)」

 

「鍼灸という治療は、何を重視するかというと、 脈に触れて、その人の状態を推測します。 推測していく中に、季節の影響を受けているか いないかを推測し、季節から離れた生活をしているか どうかがある程度分かるし、 今、その人がどのような状況にあるのか、ある程度分かります」

 

「感情というのは身体に出てくるし、逆に身体は感情に影響します。 それを全く別の物と考えていることのほうが不自然なんです。

そういう意味で、今日の“根本原因を考えていきましょう” という2時間は、まさにそういうことをそれぞれが 持ち帰ってもらったらいいかなと思います」

 

参加者に渡された資料の1ページめの 「体調チェック・リスト」に取り組むところから 本題に入っていきました。

0202西下先生2.JPG

○参加者の声です。

・病気の原因って、いろいろ考えてましたけど、 自分自身に対して無自覚でいることが良くないのだな ということがよく分かりました。

 

・失恋したら髪が切りたくなるのにもちゃんとした 理由があるのだということを知り驚きです。 とても楽しかったです。次からも続けて来ようと思います。

 ・どんな質問にも一つ一つ親切に答えてくださって、 いろんなことが腑に落ちました。ありがとうございました。

 

○西下先生のコメントです。

一口に「病気」といっても、体を調整しようとして 出てくる側面もあるので、病を忌み嫌うのではなく、 むしろ受け入れていくのも必要なこと。

その上で見えてくるものがあって、 自分の生活習慣や思考行動パターンを 修正していけばいいのです。

 

逆にいえば、そこを無視したままで クスリをはじめ対症療法に向かってしまうと、 正すべきことに対し無自覚でいることを 助長してしまいます。 それでは本質的に「治った」とは 言い難い状況になってしまいます。

今回の講座のシリーズでは、 そういったことを伝えていければと 考えているのですが、基礎となる部分を 今日はお話できたかなと思います。

  今日ご参加くださった方々は 回を重ねるごとにより理解が深まっていくでしょうし、 また今日は残念ながらご参加いただけなかった方も、 いつもとは違う視点に触れることで 参考になることがあることでしょう。

○次回は「予防医学の実情」について。

現代医学では、早期発見・早期治療が予防と 思われていますが、本来の予防とは 発見されないことのはず。 そうした本当の健康になっていくための 養生についてお話できればと思っています。

 

2回は、32日。もう春が山に里に野に訪れている頃です。 身も心も軽く弾んだ気持ちでいらしてください。お待ちしています。 (Terry)

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

  • 2014年02月03日 11時54分更新
  • ブログカテゴリー: