ブログ「マクロなポケット」Blog

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

  11月8日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「望診からわかったからだの不調の改善法」の第3回「胃と膵臓の病気を改善」が開催されました。先生のお話は、いつも本題に入る前のいわゆるマクラの部分がとても面白くためになります。   私には夢があります。その夢が実現に近づいてきたかなと思っていますので、もう一踏ん張りしないといけないです。好きなことを努力するというのは喜びですよね。好きなことは長いことをしても平気です。嫌なことをやるのは苦しみですけど。   例えば私はギターを弾くんですけど、しばらく出張してギターを触らないと腕が落ちるんです。弾けなくなっています。帰宅してギターを手にとり手を動かしているうちにミスタッチがなくなってだんだん調子が戻ってきます。これは苦でもなんでもない。   それから子育てが大変と言いますけども、苦ではない。思うようにいかないんだけど、子どもを育てている時にいろいろ学んでいきます。好きなことをやるというのは、悪いことでさえうまくすればいいことになるなと思います。   一番わかりやすいのは病気なんです。普通は生老病死ですから、苦になるんですが、病気が教えてくれることって一杯あるんですね。見方によっては病気さえ喜びに変わってくる。病気のおかげで放楽な人生していたのにまとまりがついたみたいな。この世は全部必要なもので出来上がっているんだなとすごく思います。   自分の夢とか、こういうことやりたいというのは、自分が作り出したものでしょうか。私はそう思わなくて、私の父と母がいて、父方にはまた父と母がいる、母方にも父と母がいる。そうすると誰でもそうなんですけど、みんな経験があると思うんですけど、子どもになんとか幸せになってもらいたい。ものすごくたくさんの先祖が自分の幸せを願ってここまで辿りついてきたわけです。 これやりたいなと思った自分というのは、もしかしたら先祖の想いがずっと流れてきているものかもしれません。   自分がやりたかったことというのは、人と比べる必要がない。比べるとつらくなるのです。よく話すんですけど、春に咲く花は桜を代表にいろんなのがありますけど、花は春に咲かなきゃいけないものではない、秋に咲く花もあるし、冬椿みたいに冬に咲く花もあるように、自分の季節というものがあるんだなと思うんですね。   自分の花が咲く季節に向かってなんとか花を咲かせよう、ということだけに専念しなさいというのが禅の教えなんです。 難しいことを言ってないんです。あなたの花を咲かせなさい。人と比べなくていいですよ。   次回は、今年最後の講座で12月13日日曜日。テーマは「心の病と不妊(生殖器)を改善」です。是非ご参加ください。
  • 2015年11月30日 13時49分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー、マクロビオティックの極意(症状別編・2)を開催

11月1日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編・Ⅱ)」の第3回「自律神経系」が開催されました。   今日は真冬並みで寒さです。二十四節気では霜降(そうこう)といって寒い時期に入りました。こういう季節の変わり目こそ、自律神経が非常に大事なんです。自律神経とは一言でいうと、身体の今の状態を保つために勝手に働いてくれる神経です。自らを律する神経。動かそうと思わなくても心臓は動いてくれています。水を飲んだら勝手に消化していってくれます。自律神経のおかげで今の自分のこの状態を保っていられるわけですから、それが病むということは相当やばいんです。   基本的に養生ということを考えた時に、食息動心。行き着くところはこの4つです。「食」は、食べものの質と量と食べ方の問題です。「息」は、鼻呼吸せずに口呼吸していたり浅い呼吸になっているとよろしくないです。 「動」は、運動し過ぎしなさ過ぎの問題、姿勢の問題。そして「心」。現代では特に自律神経を病む最大の原因、もったいないけど最初に言いますけど、首ですから。   まさに下向いてものを書いている姿勢。下を向くことをうつむくと言うでしょう。まさにうつという病気の方向に身体が向いているわけです。精神が病んできます、この状態がずっと続くと自律神経がおかしくなってくるのは当たり前なんです。想いの世界で言うと、ストレスに対して弱すぎるんです、今の人がね。もちろんそれ以上の負荷がかかった時もなるんですけど。こういうことが相まって結局、身体が冷えていますというのが最大の理由になります。   〈参加者の感想〉
  • 毎回思うのですが、とても貴重なことをさらっと話されるのですが、大切な気づきをもらって帰ります。
  • 前回の婦人科系のときに、病院で言われたこととあまりにも違うので驚いたのですが、今日も参加してみて、こちらで聞くことのほうが理にかなっているというか、納得できると思いました。
  • いかに「常識」に縛られていたのかを思い知らされました。ありがとう。
  • お話の中で出てくる具体例が、あまりにも自分の友人のケースと被ってビックリしました。自分も上手く伝えられるようになりたいと思いました。
  〈西下先生の感想〉今年は前半にマクロビオティックの基本的な考えについての講座で、後半からは症状別に進めてきました。マクロビオティックに限ったことではないのですが、学びの大切なことは、いかに「自分ごと」にするかです。基礎については基礎なりに、症状別についてはそれぞれに、参加される人たちの求めるものにはお応えできたのかなとは思います。自分が、本当にさまざまな悩みを抱えておられる患者さんと日々接してきているなかで感じることを、こういう場で与えていただいて、できれば病気になる前に気づく人が増えてくると嬉しいですね。その意味で、来年からも続けていけたらと思っています。今年一年間、ありがとうございました。                                                      山口 徹平                       
  • 2015年11月16日 17時21分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生が正食クッキングスクール東京校でセミナーを開催しました

  正食協会の理事で「むすび」の連載と講座を担当していただいている岡部賢二先生が、世田谷区のムスビガーデンの2Fにある正食クッキングスクール東京校で「マクロビオティック手当て法・望診講座~皮膚のトラブルに大根と生姜を使った手当て法 肺・大腸系の望診~」をテーマに開催し、身近な食物を使った民間療法の知恵を学びました。 岡部先生は、福岡県のうきは市で農的暮らしをしながら、マクロビオティックの講演や健康指導で全国をまわっておられます。豊富な経験をお持ちで、どうしてそうなるのかという食や手当てと健康のメカニズムをきっちり説明できる先生です。   秋口ということで、陰陽五行の中の肺と大腸の経絡が弱りやすい時期ですので、肺・大腸系という二つの臓器の調子をいかに整えるかということを食べものと手当てを中心に進めていきたいと思います。どんな症状が出るかということと、なぜ秋口に呼吸器とか皮膚のトラブルが出てくるのかという理由について詳しく話していきたいなと思います。   陰陽五行が初めてという方、手を挙げてもらえますか。肝、心、脾、肺、腎という五つの臓器の流れで病気というのを捉えていくんですけど、春は肝臓系が弱りやすい時期とか、暑い時は心臓系に負担がかかるとか、秋口になると、肺・大腸系の不調になってきて、冬の寒い時になると腎・膀胱系が悪くなるというように、季節と関係していると五行では捉えています。   夏から冬に移行する期間に不調が出てくるという方がいらっしゃったら、肺と大腸が少し弱っていると見ることができます。季節の合間、18日間ずつ4回、土用というのがあります。ちょうど今秋の土用に入りまして、1021日~117日、8日が立冬。立冬の前、約18日間を秋の土用といいます。   立春、立夏、立秋、立冬とありますけど、その前の18日間が土用ですので、春の土用、夏の土用、秋の土用、冬の土用とくるわけです。この時期になると胃腸のトラブルが非常に増えるんです。体調不良で特に秋口は呼吸器と皮膚のトラブルがとても増えます。   この中で調子が悪いという方いらっしゃいませんか? 何人かいらっしゃるようですが、その時には何が一番効くかというと、食べないのが対策です。とにかく食べない(笑)。全部食べないということではなくて少食にするということですよ。調子が悪い時は、一食、二食抜いてみると胃腸が整って体調が良くなりますね。                                                      山口 徹平  
  • 2015年11月12日 13時35分更新
  • ブログカテゴリー:

クッキングスクール東京校「昭子先生の料理ことはじめ」開催

11月8日、正食クッキングスクール東京校で、岡田昭子校長によるスペシャルクラス「昭子先生の料理ことはじめ」が開催されました。 この日のメニューは、雑穀ごはん、たぬき汁、ひえコロッケ、にんじんドレッシングのサラダの4品。 これから寒くなっていくこの季節、雑穀や根菜類をふんだんに使ったお料理で身体のバランスを整えていくにはぴったりのお料理です。
  「ひとつひとつは普段にも使える難しくないお料理ですが、ちょっとしたひと工夫で、おもてなしにもなります」と岡田校長。 食用菊やいちょうの葉を盛りつけの飾りに使うだけでなく、ごぼうを松葉に、にんじんとさつまいもは型抜きで抜いてもみじやいちょうの形に、すだちの飾り切りに挑戦したりと、秋の風情をお膳の上で表現していきました。 今回は群馬からご参加いただいた方から、ご自宅でとれた立派な柿を差し入れにいただき、一層華やかなサラダになりました。 デザートは、きびと小豆のぜんざい。ひとくちいただくことに気分がほっこりとしていきます。 食後には、雑穀についてのミニ講義もありました。   参加者の皆さんの感想会ではさまざまエピソードが紹介され、和やかな時間となりました。 「食べ物を大切に扱い、感謝の気持ちを込めて調理することで、食材本来の味を楽しめ、心が洗われる体験をしました」 「朝早く主人に車で駅まで送ってもらうのですが、主人がここで習った料理を気に入っていて、ご機嫌で送ってくれます」 「ちょっとしたひと手間、ひと工夫で料理が華やかになり、心も豊かになるなあと思いました」 「前回蓮根づくしの料理を主人が気に入り、今日も『持って帰ってきて』と頼まれましたが、おいしくて全部食べてしまいました(笑)」 「娘が山村留学から舌が肥えて戻ってきて、野菜など食についてより関心が高くなりました。なぜお茶が食後なのかなど、自分の中で落とし込んで、娘たちにも教えてあげたいと思います」 「玄米の洗い方からとても勉強になりました。料理はあまりしませんが、今日のレシピは作ってみたいと思いました」     昨今、人気の「スーパーフード」というカテゴリーでさまざまな食品が注目されています。今回使用した雑穀や根菜、こんにゃくなどマクロビオティックの基本となっている和食の食材は、そのどれもがスーパーフードと言ってもよいかもしれません。そして、感謝の心や気持ちを込めて料理することも、心身の栄養になっている気がいたしました。   12月には、岡田校長直伝のおせち料理教室ほか、思わず作りたくなるレシピ満載のクラスが続々と登場します。 11月の「月のリズムでデトックス」、「基本の重ね煮3」も好評受付中です。 1DAY体験教室も開催予定です。 料理に自信のないという方も、料理好きな方も新しい発見を探しに、是非ご参加下さい!
  • 2015年11月10日 16時40分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生が正食クッキングスクール東京校でセミナーを開催しました

正食協会で「むすび」の連載と講座を担当していただいている鍼灸師で統合医療クリニックで仕事もしている西下圭一先生が、世田谷区にあるムスビガーデンの2Fにある正食クッキングスクール東京校で「マクロビオティックと陰陽のお話」をテーマにセミナーを開催しました。   西下先生が診る患者さんは、重病な方からアレルギー疾患、首の据わっていない〇歳児から90歳くらいの高齢の方、さらにスポーツ選手のサポートまでと、とても幅広い人たちと接しておられます。   なぜそんなに幅広い人たちを診ることができるのかというと、決して器用なのではなくて、本質的にやっていることは一つで、誰に対しても通用することをやっているからと言われます。   西下先生は、マクロビオティックを知った時、「身体の悪い人をよくすることができるのであれば、ある程度健康な人をさらに健康にできるのかな」と思って実践してみたところ、食べものを変えただけで、0.7の視力が2.0になり、体重もぐんと落とすことができたそうです。   今回、東京校でのセミナーは「単なる学びだけで終わらせずに明日から何かやってみようかなと思っていただけるように」ということで、参加者が自己紹介や講座に来た目的を話し、マクロビオティックについてどれだけ知っているかを10点満点で自己評価して、終了後に何点になったかを記すことになりました。   自己紹介の一部です。 「マクロビオティックについて少しわかっているつもりで話したりしていますが、陰陽についてはおぼろげにしか分かっていませんので学びに来ました。生活の中でこれなら試せるかなということが一つでも今日わかったら嬉しいかなと思っています」   「病気をして、いろいろ勉強し始めました。すると自分が正しいと思って生きてきたことが間違っていたことを知りました。あまりよくない体調を改善しなくてはと思っていて、新しく取り入れられるものがあったらいいなと思って参加しました」   西下先生は「日本人は自分自身がどれだけ健康と思うかについて、3人に1人もいなくて30%切っているんです。自分は健康ではないと思っている人が圧倒的に多くて先進国ではダントツで最下位なんです」。 「平均寿命が一番長く、30以上は肥満と言われるBMI(体重・体格指数のことで体重÷身長÷身長)の数値を超えている人が、日本は3%でアメリカは33%です。にも関わらず日本より健康だと彼らは言っています。客観的データで見たら日本人は優等生なんです」   生理的に健康か(動物として健康かどうか)、心理的に健康かどうか(人間として健康かどうか)、健康を目指す上では絶対条件(自由人として健康かどうか) について自己採点する桜沢如一先生の「健康の七大条件」から本題に入りました。                                                                                                                                                      山口 徹平
  • 2015年11月07日 12時58分更新
  • ブログカテゴリー: