ブログ「マクロなポケット」Blog

マクロビオティック手当て法・望診講座が開催されました

12月5日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・望診講座の3回「婦人科・内分泌系の病気に~ビワの葉やコンニャク、そばを使った手当て、腎・膀胱系の望診~」が開催されました。   寒くなると弱りやすい経絡、臓器、腎・膀胱系についてお話しさせていただきます。後半の解決編では、腎の改善法・強化法としてこんにゃくを使って足腰を温める温熱療法の手当てを実践していきたいと思います。   水はけの悪い状態、これも腎の疲れから出てくる症状なので、そば粉をお湯で練って貼る、そばパスタという水抜き剤という水はけをよくする手当ても実践していきたいなと思います。   腎・膀胱系というとなんとなく、おしっこを作る器官かなというイメージしかないかなと思うんですね。血液を100ℓろ過するとやっと1ℓのおしっこが出てきます。おしっこが多いという人は150ℓとか200ℓも、ろ過しなくてはいけなくなるので、腎が疲れてくる。ということは水も飲み過ぎると腎が疲れますよということで、特に冷えやすい腎が疲れやすい冬場については、がぶがぶ水を飲むんではなくて、小さなカップを使って、水を摂りすぎないという対策も大事なポイントですね。   東洋医学、陰陽五行から見た腎の働きは、単におしっこを作る、体液を浄化するだけではなく成長とか発育、赤ちゃんを作る生殖、このような働きがあると見ていきます。成長、発育、生殖を支えるものが何かというと内分泌の働きです。私はこれを腎臓系統の内分泌系と呼んでいます。   何が内分泌系を管理しているかというと、ホルモンのバランスです。体内の女性ホルモンとか男性ホルモン、インスリンというホルモンを含めて甲状腺ホルモンとか副腎皮質ホルモンとかあらゆるホルモンが腎臓の管理の中で分泌されるということです。ということは、もしホルモン系の病気があった時には、どこを正せばいいか、強化したらいいかというと、腎臓を温めたり、腎臓を強化する食材を使うとホルモンのアンバランスな状態から来るトラブルが治せるということです。   2016年の岡部賢二先生の手当て法講座は、下記の日程で開催いたします。是非、ご参加ください。お待ちしています。
  • 42日(土) 陰陽五行でみる肝臓・胆のう系の望診  ~生姜、青菜、野草を使った手当て~
  • 64日(土)陰陽五行でみる心・小腸系の望診  ~梅干、醤油、番茶を使った手当て~ 
  • 86日(土) 陰陽五行でみる胃・脾臓系の望診  ~玄米、葛、甘酒を使った手当て~
  • 101日(土)陰陽五行でみる肺・大腸系の望診  ~里芋、大根を使った手当て~
  • 123日(土)陰陽五行でみる腎・膀胱系の望診   ~小豆、こんにゃく、海藻を使った手当て~
   
  • 2015年12月10日 20時42分更新
  • ブログカテゴリー:

東京校スペシャルクラス「Bio Veggie Cooking」(ビオベジクッキング)

12月2日に正食クッキングスクール東京校でスペシャルクラス「Bio Veggie Cooking」が開催されました。 担当は島田弘子先生です。 島田先生.JPG 人参、白菜、大根、蓮根、里芋、ブロッコリー、カリフラワーといったお馴染みの冬野菜と、切り干し大根や雑穀のひえで、身体がほっとする洋風の料理を作っていきます。 食材.JPG マクロビオティックにあまり馴染みがない方にもわかりやすく「一物全体」、「身土不二」そして「自然に沿って生きる」といったキーワードでわかりやすくレクチャーされました。 デモンストレーションで島田先生の手元を真剣に見つめる受講生の皆さん。 デモ風景.JPG いよいよ、実習開始です。 中には「お料理教室自体初めて!」という方もおられました。絶妙なチームワークでレシピに取り組んでいかれました。 実習.jpg 今回はクリスマスディナーでも使える洋風のおもてなし料理ということで、盛りつけも工夫していきました。 前菜3種を、形良くお皿に盛りつけます。 盛りつけ.jpg 前菜3種.JPG 体に優しく、美味しく、そして彩り豊かに食欲をそそります! 全体横長.JPG タルト.JPG 試食が始まると、「おいしい!」「身体にやさしい味がする」の声があちこちで上がり、笑顔があふれます。 試食2.JPG デザートのりんごとさつま芋のタルトをいただきながら、校長先生によるマクロビオティックのお話をお聞きしました。 「マクロビオティックは、『○○を食べてはいけない』ということはありません。穀物、お野菜、どれも良いバランスが大事ですね」 校長お話.JPG マクロビオティックが“特別”なものではなく、日常的に身近な取り組みから始められる、という内容に、皆さん興味深く頷かれていました。   参加者の皆さんの感想です。 「沢山の品数を作り、食べることで内容が充実していた! 今まで“和”のメニューが主でしたが、今回“洋”の料理でしたのでまた新鮮でした」 「野菜を沢山摂れておいしかったです。家でも作ってみたいです」 「子どもがいて肉類・魚類の食事が多くなってしまっているので、今日は新鮮でした。細かいことがたくさん勉強になりました。とても楽しかったです」 「応用やアレンジも都度教えていただけたり、またなぜその調理法なのか、理由を知ることができ、ほかの料理でも使えそうなことがたくさんありました」 「マクロビオティックの概念も含め、野菜のことなど食事、食材以外のことも説明していただき、大変おもしろかったです」 次回、東京校のスペシャルクラスは、 12月10日(木)今村圭子先生の「おやつレッスン」 13日(日)岡田校長の「からだにやさしいおせち」です。 9日(水)からは、戸練ミナ先生の「バラエティー重ね煮教室」もスタートします。 ぜひ、ご参加ください。   (申し込みはこちらから↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tokyo.html  
  • 2015年12月07日 19時55分更新
  • ブログカテゴリー:

11月に初級コース短期集中クラス開催

毎年3月と9月に開催しております短期集中クラス。 年々、短期で学びたいという方が増えていっており、 要望にお応えして初級コースのみでしたが、初めて11月に行われました! 今回も海外在住の方が一時帰国を利用して参加して下さったり、 男性の参加者も1名いらっしゃいました。 先生の説明を熱心に聞く生徒さん。 P1110936.JPG 各班にわかれ、それぞれが分担して料理をすすめていきます。 班の人達に相談したり、先生からアドバイスをいただいたり。 とても有意義な時間です! P1110958.JPG 調理の基本や調味料についての講義もしっかり行います。 P1110996.JPG 洋風メニューも人気です。 P1110976.JPG 筑前煮やおはぎ。 身体に優しく、胃にしみわたる美味しさです。 P1110982.JPG 最終日に記念撮影! P1110998.JPG とても熱心で質問も多く、エネルギッシュなクラスでした! みなさま、お疲れさまでした♪  
  • 2015年12月03日 13時34分更新
  • ブログカテゴリー:

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

  11月8日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー「望診からわかったからだの不調の改善法」の第3回「胃と膵臓の病気を改善」が開催されました。先生のお話は、いつも本題に入る前のいわゆるマクラの部分がとても面白くためになります。   私には夢があります。その夢が実現に近づいてきたかなと思っていますので、もう一踏ん張りしないといけないです。好きなことを努力するというのは喜びですよね。好きなことは長いことをしても平気です。嫌なことをやるのは苦しみですけど。   例えば私はギターを弾くんですけど、しばらく出張してギターを触らないと腕が落ちるんです。弾けなくなっています。帰宅してギターを手にとり手を動かしているうちにミスタッチがなくなってだんだん調子が戻ってきます。これは苦でもなんでもない。   それから子育てが大変と言いますけども、苦ではない。思うようにいかないんだけど、子どもを育てている時にいろいろ学んでいきます。好きなことをやるというのは、悪いことでさえうまくすればいいことになるなと思います。   一番わかりやすいのは病気なんです。普通は生老病死ですから、苦になるんですが、病気が教えてくれることって一杯あるんですね。見方によっては病気さえ喜びに変わってくる。病気のおかげで放楽な人生していたのにまとまりがついたみたいな。この世は全部必要なもので出来上がっているんだなとすごく思います。   自分の夢とか、こういうことやりたいというのは、自分が作り出したものでしょうか。私はそう思わなくて、私の父と母がいて、父方にはまた父と母がいる、母方にも父と母がいる。そうすると誰でもそうなんですけど、みんな経験があると思うんですけど、子どもになんとか幸せになってもらいたい。ものすごくたくさんの先祖が自分の幸せを願ってここまで辿りついてきたわけです。 これやりたいなと思った自分というのは、もしかしたら先祖の想いがずっと流れてきているものかもしれません。   自分がやりたかったことというのは、人と比べる必要がない。比べるとつらくなるのです。よく話すんですけど、春に咲く花は桜を代表にいろんなのがありますけど、花は春に咲かなきゃいけないものではない、秋に咲く花もあるし、冬椿みたいに冬に咲く花もあるように、自分の季節というものがあるんだなと思うんですね。   自分の花が咲く季節に向かってなんとか花を咲かせよう、ということだけに専念しなさいというのが禅の教えなんです。 難しいことを言ってないんです。あなたの花を咲かせなさい。人と比べなくていいですよ。   次回は、今年最後の講座で12月13日日曜日。テーマは「心の病と不妊(生殖器)を改善」です。是非ご参加ください。
  • 2015年11月30日 13時49分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生のセミナー、マクロビオティックの極意(症状別編・2)を開催

11月1日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「マクロビオティックの極意(症状別編・Ⅱ)」の第3回「自律神経系」が開催されました。   今日は真冬並みで寒さです。二十四節気では霜降(そうこう)といって寒い時期に入りました。こういう季節の変わり目こそ、自律神経が非常に大事なんです。自律神経とは一言でいうと、身体の今の状態を保つために勝手に働いてくれる神経です。自らを律する神経。動かそうと思わなくても心臓は動いてくれています。水を飲んだら勝手に消化していってくれます。自律神経のおかげで今の自分のこの状態を保っていられるわけですから、それが病むということは相当やばいんです。   基本的に養生ということを考えた時に、食息動心。行き着くところはこの4つです。「食」は、食べものの質と量と食べ方の問題です。「息」は、鼻呼吸せずに口呼吸していたり浅い呼吸になっているとよろしくないです。 「動」は、運動し過ぎしなさ過ぎの問題、姿勢の問題。そして「心」。現代では特に自律神経を病む最大の原因、もったいないけど最初に言いますけど、首ですから。   まさに下向いてものを書いている姿勢。下を向くことをうつむくと言うでしょう。まさにうつという病気の方向に身体が向いているわけです。精神が病んできます、この状態がずっと続くと自律神経がおかしくなってくるのは当たり前なんです。想いの世界で言うと、ストレスに対して弱すぎるんです、今の人がね。もちろんそれ以上の負荷がかかった時もなるんですけど。こういうことが相まって結局、身体が冷えていますというのが最大の理由になります。   〈参加者の感想〉
  • 毎回思うのですが、とても貴重なことをさらっと話されるのですが、大切な気づきをもらって帰ります。
  • 前回の婦人科系のときに、病院で言われたこととあまりにも違うので驚いたのですが、今日も参加してみて、こちらで聞くことのほうが理にかなっているというか、納得できると思いました。
  • いかに「常識」に縛られていたのかを思い知らされました。ありがとう。
  • お話の中で出てくる具体例が、あまりにも自分の友人のケースと被ってビックリしました。自分も上手く伝えられるようになりたいと思いました。
  〈西下先生の感想〉今年は前半にマクロビオティックの基本的な考えについての講座で、後半からは症状別に進めてきました。マクロビオティックに限ったことではないのですが、学びの大切なことは、いかに「自分ごと」にするかです。基礎については基礎なりに、症状別についてはそれぞれに、参加される人たちの求めるものにはお応えできたのかなとは思います。自分が、本当にさまざまな悩みを抱えておられる患者さんと日々接してきているなかで感じることを、こういう場で与えていただいて、できれば病気になる前に気づく人が増えてくると嬉しいですね。その意味で、来年からも続けていけたらと思っています。今年一年間、ありがとうございました。                                                      山口 徹平                       
  • 2015年11月16日 17時21分更新
  • ブログカテゴリー: